最新閲覧日:

「ゲルを架橋構造、分子構造、溶液の種類などについて分類せよ。」という設問があったのですが、架橋構造、分子構造については分かったのですが、溶液についての分類がよく分かりません。どのような分類のことなのでしょうか?

A 回答 (2件)

ゲルの網目構造を膨潤させている溶媒が水である場合は「ハイドロゲル」、有機物質であれば「オルガノゲル」と分類したと記憶しています。

身近にあるゲルは、ほとんどハイドロゲルですね。オルガノゲルの例としては、衝撃吸収材として靴の底に利用されているシリコンオイルを溶媒とするゲルがあげられると思います。他にも「リポゲル」、「アルコゲル」等もあります。「ゲル」に関する一般的な解説書を見ると載っていると思います。
    • good
    • 0

水系と非水系では答になりますか?


具体例は0水系では.食品関係を.非水系としてはjisz3284を参照。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報