痔になりやすい生活習慣とは?

先日、タイに旅行に行ってきました。
しかし、てっきり日本円に両替できると思って、
4000バーツほど残してかえってきたのですが・・
家族に、両替は無理だといわれ、ショックです。
日本国内で、バーツ→日本円に
両替できる銀行を、
都内、または福島県でご存知でしたら
ご教授下さい!!
レートは悪くてもいいので、
どうぞ宜しくお願いいたします。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 東京三菱銀行の外国為替取扱店(トラベルコーナー設置店)でバーツ→日本円に両替できます。



 現在は、1バーツが2円程度ですね。紙幣のみ替えてくれます。

 しかし、福島県内には店舗はないようですね。該当店舗は下記サイトなどでご確認ください。
 また、レートについても毎日、サイトに載っています。(CASH BUYING RATE)

参考URL:http://www.btm.co.jp/tempo/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!
東京に行った特に早速
東京三菱銀行に行ってみます(^^)
どうもご親切にありがとうございました!

お礼日時:2005/07/15 21:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイにいきます!お金はどれくらい必要ですか

毎回、お世話になっています。

今度、3泊4日でタイのバンコクに旅行にいきます。初めての海外で今からドキドキしています。
それに関して、いくつか質問があります。

1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。
ホテル代はすでに払ってありますので、必要なのは食費や観光費のみです。
おみやげも買う予定はありません。また、3泊4日ですが、最初と最後の日は移動時間にあてがわれるので、実質自由に観光できるのは2日のみです。

2.私は、住友VISAカードを持っているのですが、クレジットカードで支払いは可能ですか。
また、現地でお金が足りなくなった場合、クレジットカードで現金を引き落とすことは可能でしょうか。

タイに行ったことがある皆さん、教えていただけると幸いです。
また、両替はここでしたほうがいいよ!とかその他諸々のアドバイスがございましたら、そちらも併せてよろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

>1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。

食費に関しては、どこで何を食べるかによってかなり変わります。
現地人と一緒に屋台で食べるなら、1食50B(現在のレートで約135円)もあれぱOK。ただし、衛生面と味に関しては保障できません。
スーパーやショッピングセンターに併設されているフードコートは屋台より少し高くなりますが、それでも80Bくらい出せばちゃんとしたものが食べられます。
観光客向けのレストランは、料金も味も日本とあまり変わりません。
スターバックスなど外資系ファストフードも日本と同じです。

交通に関しては、やはり電車(BTSやMRT)がおすすめです。手頃な料金で時間も正確、車内も安全です。
タクシーやバスは、タイ語ができないなら、あまり積極的に乗らないほうがいいでしょう。特にタクシーは、ドライバーがタイ語しかできないことが多く、行き先が伝わっていなく全然違う場所に連れて行かれたとか、金銭トラブルも多いです。ち
トゥクトゥクは料金が高いのですが、日本で言うところの「人力車」感覚で、観光用と割り切って乗ればいいかと思います。
不安であれば、タイの名所を巡るオプショナルツアー等を利用するのがいいでしょう。料金は旅行代理店にお問い合わせください。

>クレジットカードで支払いは可能ですか。

VISAを扱っている店なら使用可能ですが、他の回答者の方も仰るように、スキミングなどのトラブルが怖いので、空港の免税店やデパート等、まともな店でしか使わないほうがいいでしょう。
キャッシングも可能ですが、もしキャッシングの機械が故障してカードが吸い込まれてしまったらどうしますか。
自力でセキュリティを呼び、カードが取り戻せるなら、どうぞ使用してくださいという感じです…。
基本、現金を持参して、その日使う分だけ両替するのが賢いと思います。

また、どうでもいいことですが…
○バンコクでは日本語はほとんど通じません。
英語は観光客が多い場所(ホテルや観光地など)では通じますが、屋台や、街中の普通の店では期待しないほうがいいでしょう。
○3月のタイはものすごく暑いと思います。以前、この頃に行ったことがあるのですが、日中、表を30分ほど出歩くだけで汗だくになります。
とにかく体力を消耗しますので気をつけてください。
水分はこまめにとってください。ただしがぶ飲みは避けましょう(下痢を誘発します)。
○あまり話題にならないのですが、タイでは迷彩柄の衣類の着用が法律で禁止されています。民間人が軍隊と同じ衣類を着ていると混乱を招くからという理由です。迷彩柄は避けましょう。
ちなみに私が昨年暮れに渡航した際は、ピンクの衣類が流行していたようで、男女関係なく、ピンクのTシャツを着ている人が多かったです。
また、黄色は王様の色、オレンジ色は僧侶の袈裟の色…など、服の色にはいろいろな意味があります。

>1.お金はどれぐらい持っていけばいいですか。

食費に関しては、どこで何を食べるかによってかなり変わります。
現地人と一緒に屋台で食べるなら、1食50B(現在のレートで約135円)もあれぱOK。ただし、衛生面と味に関しては保障できません。
スーパーやショッピングセンターに併設されているフードコートは屋台より少し高くなりますが、それでも80Bくらい出せばちゃんとしたものが食べられます。
観光客向けのレストランは、料金も味も日本とあまり変わりません。
スターバックスなど外資系ファストフードも日本...続きを読む

Q外貨両替→外貨から日本円の両替について

私は外国のお金を集めるのが趣味だったのですが、興味がなくなったので、日本円に両替をしたいと思っています。そこで質問なのですが銀行によって為替相場(?)が違っていたりするのでしょうか?また、手数料が安いなどの違いはあるのでしょうか?おすすめの銀行があればぜひお教えください。本当に無知で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替してもらうくらいしか手がありません。

【レートの設定】
日本の銀行では前日の為替レート及びその動向を勘案し、午前10時頃にその日のレートを決定します。だいたいは横並びになりますが、それぞれの銀行が独自に決めていますから0.1~0.2%程度の違いは出ます。例えばみずほ銀行[1]と東京三菱UFJ銀行[2]、成田空港での調査例[3]などをご覧になってみて下さい。
売買のレートはそれぞれ別個に決めているわけではなく、決めるのは中間のレート(TTM)のみです。売りレート(TTS)は定められた数字だけTTMに加算、買いレート(TTB)は定められた数字だけ減算することで機械的に算出されます。
また両替のように外貨現金のやり取りをする場合は、TTS/TTBそれぞれの金額に外貨現金取扱いの手数料に相当する額がさらに上乗せされます。実際の例でみてみましょう。

ある日の米ドルのレートが、TTMで1ドル=117.00円に定められたとしましょう。米ドルの場合TTS/TTBはそれぞれ1円加算/減算というのが多いですから、売りレートは1ドル=118.00円、買いレートは1ドル=116.00円となります。
現金の両替にはさらに、1ドルあたり2円の外貨現金取扱手数料がかかります。よって現金売りレートは1ドル=120.00円、現金買いレートは1ドル=114.00円です。
TTMとTTS/TTBの幅や外貨現金取扱手数料の額は銀行によって多少異なりますので、その額が小さい銀行を選ぶのも一つの方法です。なお日本の銀行や両替所の場合、両替1回ごとに決まった額の手数料を取る方式は稀であり、レートへの上乗せ分(マージン)が手数料に相当しているとお考え下さい。

よって「銀行によって相場が違うのか、手数料に高い安いのがあるのか」という質問については「相場は若干だが異なる。手数料はTTMからの上乗せ分が相当するが、これも銀行によって差異がある」というお答えになります。

【具体的な両替法】
○米ドル
上で述べたように現金の買入れレートはTTMマイナス3円というのが標準的ですが、銀行によっては2円80銭くらいのところもあります。
金券ショップではこのマージンが2円のところもあるので[4,5]、お近くにそのような店があれば利用されてもよいでしょう。TTM=117.00円のとき、現金1ドルあたり115.00円で買い入れてくれるということです。

○ユーロ
現金買入れレートはTTMマイナス6~8円というのが標準的ですが、ユーロでは三井住友銀行が特異的に有利で、現金買入れレートはTTMマイナス4円です。また外貨現金の通信販売をしている業者でTTMマイナス3円50銭で買い取ってくれるところもあります[6]。
[4]の金券ショップのユーロの現金買入れレートはTTMマイナス5円なので、三井住友の方が得です。東京三菱UFJはTTMマイナス7円50銭なのでお勧めしません。

○ユーロ圏旧通貨(ドイツマルク、フランスフラン、スペインペセタ、イタリアリラなど)
発行国の中央銀行に持ち込んでユーロに交換する以外、流通させる方法がありません。このため日本国内の銀行はほとんどが両替を終了しています。
現地に行かれる機会があるなら中央銀行で両替する方法がありますが、その機会がないなら例えば[6]の通信販売業者などを使う方法があります。公定レートでユーロに換算した額の半値程度ですが、紙屑にするよりはマシです。

○その他ヨーロッパ通貨(英ポンド、スイスフラン、北欧3通貨)
英ポンド、スイスフランは比較的流通性が高く扱っている支店も多いです。ただし現金での買取レートはあまりよくなく、英ポンドだとTTMマイナス10~12円、スイスフランだとTTMマイナス5円くらいです。前出[4]の業者ですと英ポンドでTTMマイナス8円、スイスフランでTTMマイナス4円なので多少よく、こちらを利用するのも一法です。
北欧3通貨(デンマーククローネ/ノルウェークローネ/スウェーデンクローネ)は扱い支店がぐっと減り、マージンも大きめの設定です。よほど大きな支店か空港の出張所でないと両替不能です。北欧3通貨についても、[6]の業者が銀行より多少有利なレートを出しているようです。

○アジア通貨(中国元、韓国ウォン、台湾元、シンガポールドル、香港ドル、タイバーツなど)
アジア通貨は国際的な通用度が低いため、両替の際のマージンがどうしても大きくなってしまいます。具体的なレートは[1,2,6]で確認頂くとして、シンガポールドルでTTMマイナス4円、韓国ウォンで100ウォンあたりTTMマイナス1円50銭、タイバーツでTTMマイナス50銭といったところです。いずれもかなりの目減りになります。
ただ東アジア・東南アジアでしたら、旅行に行かれる方が近くで見つかるのではないでしょうか。そういう方に買い取ってもらうのが一番です。
これ以外の通貨(マカオパタカ、マレーシアリンギット、インドルピーなど)となると[6]のような業者を使うくらいしか手がありませんが、レートが低くなるのはご承知おき下さい。

○オセアニア通貨(豪ドル、ニュージーランドドル)
豪ドル、ニュージーランドドルは立派な国際通貨なんですが、こと現金で日本に持ち込むとレートがかなり落ち、銀行での両替で豪ドル・NZドルともTTMマイナス9~10円程度です。これも[6]の業者が比較的よいレートを出しています。豪ドル・NZドルともTTMマイナス7円50銭です。

○硬貨
硬貨の両替は冒頭述べたようにお手上げですが、米ドルとユーロに限っては両替可能で例えば[4]の金券ショップなどが扱っています。ただしレートは紙幣とは別の設定です。(当然、紙幣よりレートが下がります)
ユーロ圏の旧通貨のうち一部は、硬貨の両替を既に停止しています(フランスフラン、ポルトガルエスクードなど)。詳細は[7]をご覧下さい。これらについては記念として持っておく以外の方法がありません。

[1] 両替レート みずほ銀行 http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/information/market/cash.html
[2] 両替レート 三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
[3] レート調査の例 http://homepage3.nifty.com/mustafa/exnrt.html
[4] 金券ショップ 大黒屋 http://www.ekai.jp/cgi-bin/new/exchangebottom.htm
[5] 金券ショップ チケットキング http://www.tiketking.co.jp/change/
[6] 外貨通信販売業者の例 http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[7] 駐日EU代表部 http://jpn.cec.eu.int/union/showpage_jp_union.emu.php

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html, http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替しても...続きを読む

Qバンコクはブランド品安いですか?

年明けにバンコクに行きます。
ルイ・ヴィトンのバックとカルティエのジュエリーを購入する予定です。
私は、ヨーロッパよりは安くないと思うのですが、最近は
ユーロの高騰ということもあり、一概にどちらが安いとは言えない
ような気もします。
海外には数えるほどしか行ったことがないのでなんとも言えませんが、
一応私の考えも載せておきました。
そもそも、バンコクはどこのブランドがお安いのでしょうか。

バンコクでのブランドショッピングについて、詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

LVやカルティエは、成田で買った方が安いのでしょうか。

Aベストアンサー

 すでにみなさんの回答にあるように、タイではブランド品は安くありません。
免税品店以外にも、エンポリアムやセントラルといった高級デパートや、ゲイ
ソンプラザやサイアムパラゴンと言った高級モールには、高級ブランドがたく
さん入っています。ここでの売価ですが、高級に限らずケイトスペードなどの
中級ブランドでも、明らかに日本より高いです。

 実は、タイにはけっこう富裕層がいます。おもに商売で成功している華僑が
多いのですが、彼らは日本の倍の値段がする高級車をバンバン乗り回すなど、
かなりの購買力を持っています。よってバンコクでは高級デパートが成り立ち
ますし、安さを打ち出す必要がありません。日本と違って、庶民は絶対にブラ
ンド品など買いませんので。

> LVやカルティエは、成田で買った方が安いのでしょうか。

 間違いなく、絶対に安いです。唯一タイで買うメリットを挙げれば、
日本では品切れの商品が見つかる可能性の高さでしょう。ソウルや
グアムほど荒らされていないのもメリットです。

Qタイから日本への送金または日本円の持ち出しについて

タイでモノを売り、少しまとまったお金が入るのですが(200万バーツ程度、約600万円)、それをどうやって日本円に両替して、日本に持って帰ることができるのかをお聞きしたいと思います。もちろん合法的にです。タイの銀行でバーツを売って円を買い、それを日本に送金する際に、上限はあるのでしょうか。また、その際、手数料はどれくらいとられるのでしょうか。あるいは、タイの銀行でバーツの現金を円の現金に換えて、それを現金のまま、日本に持って帰る際に、両替や持ち出しの上限はあるのでしょうか。過去の回答は読んだのですが、数年前の回答でしたので、最新の事情をお尋ねしたいと思います。

Aベストアンサー

きっと一番お得な方法は、以下のいずれかでしょう。

1.お得な両替レートのバンコック銀行でバーツを円に替えて日本の銀行に送金する。
※バンコック銀行の両替レート http://www.bangkokbank.com/BangkokBank/WebServices/Rates/pages/FX_Rates.aspx BuyingTT SellingTTが海外送金に適用されるレートです。

2.カレンシーオンライン http://www.currencyonline.jp/ という会社へバーツで送金し、円に両替して日本の銀行へ送金する。

1.2.のいずれにしても1バーツあたり0.5円程度の両替コストで収まります。
カレンシーオンラインはネットで両替取引ができるので、有利なレートを狙いやすいかもしれません。
なおいずれの方法でも、600万円なら日本の銀行で3千円程度の中継or受取銀行手数料を差し引かれます。

そのほか、三菱東京UFJ銀行とシティバンクにタイバーツの取り扱いがあります。いずれの銀行でもバーツ口座へ送金すれば中継or受取銀行手数料は差し引かれません。しかし円への両替コストは0.08円程度と1.2.の方法より少し割高になります。今回は金額がまとまるのですすめません。

現金の移動は、たしか1万米ドル以上は税関に申告する必要があります。先のバンコック銀行の現金両替レートは海外送金適用レートより割高ですし、何よりも危険ですからお勧めしません。(何百回か何千回に1回でしょうが、トラブルが実際に起こっています。)


 

きっと一番お得な方法は、以下のいずれかでしょう。

1.お得な両替レートのバンコック銀行でバーツを円に替えて日本の銀行に送金する。
※バンコック銀行の両替レート http://www.bangkokbank.com/BangkokBank/WebServices/Rates/pages/FX_Rates.aspx BuyingTT SellingTTが海外送金に適用されるレートです。

2.カレンシーオンライン http://www.currencyonline.jp/ という会社へバーツで送金し、円に両替して日本の銀行へ送金する。

1.2.のいずれにしても1バーツあたり0.5円程度の両替コストで収まり...続きを読む

Qツアー旅行でタイに持っていくお金はどれくらい必要?

お盆に3泊5日で、タイ(バンコク・アユタヤ)に行きます。
食事、オプショナルツアーは、全て付いているのですが、
お金はどれ位持っていけばいいのでしょうか?

大人2人で、10万くらい考えているのですが多すぎですか?
お土産は、日本でいくらか宅配で手配する予定です。
高額なものも買う予定ではありません。

あと常に携帯するバックは、肩掛けのバッグを考えていますが、
貴重品などは別に首にかけたり、お腹に巻いたりした方がいいですか?

本当に久しぶりの海外旅行なので、分からないことだらけです。
すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バンコクには度々女性1人旅ですが行っています。
特に大きな買い物をする予定がなければ、お二人で10万円は十分すぎます。

私はいつも航空券、ホテルを自分で手配して行きます。
ホテル1泊5,000円前後×3泊
食費1日1,000円×3日
市内交通費1日平均500円×3日
空港⇔市内のタクシー往復で3,000円
合計22,500円

3日間だとこんな感じでしょうか。
食費は朝食はホテルの宿泊料金に入っている事が多いので、日中の飲み物や屋台のおやつ代と夕食代(フードコート等で)で1日500円~1,000円位です。

私の場合は結構貧乏旅行なので、上を見たらきりが無いのですが、patapata10さんの今回の旅は食費もホテル代もパッケージとして含まれているようなので、必要なのは自由時間の交通費(タクシー、地下鉄、BTS)と飲み物やおやつ代(おやつを食べられるかどうかは、わかりませんが・・・)、その他にちょっっとしたお買い物くらいですよね。

タクシーは、市内のちょっとした移動なら200円くらいで行けます。
(メータータクシーでです。たまに、メーター付きでも、ぼったくろうとする人がいるので注意して下さい)

また、飲み物等も冷房の効いたカフェのよう所や、スターバックスなどは、日本とさほど料金が変わらないので、このような所に毎日行くと少し多めの出費になります。

それでも、お2人で3万円もあれば十分だと思うのですが、不安でしたら5万円くらいでしょうか・・・
本当に何か大きな買い物がしたくなったら、クレジットカードを使うとか・・・

あとバッグですが、人の多い観光地や市場のような所に行く時は、ショルダーを斜めがけにした方が良いです。

私はよくプラトゥーナム市場に行きますが、そこの歩道橋にもスリに狙われないように「バッグは斜めがけにしましょう。」の看板があります。

バンコクには度々女性1人旅ですが行っています。
特に大きな買い物をする予定がなければ、お二人で10万円は十分すぎます。

私はいつも航空券、ホテルを自分で手配して行きます。
ホテル1泊5,000円前後×3泊
食費1日1,000円×3日
市内交通費1日平均500円×3日
空港⇔市内のタクシー往復で3,000円
合計22,500円

3日間だとこんな感じでしょうか。
食費は朝食はホテルの宿泊料金に入っている事が多いので、日中の飲み物や屋台のおやつ代と夕食代(フードコート等で)で1...続きを読む

Qタイバーツから日本円への両替

海外赴任になり、現地通貨(タイバーツ)での給与支給となります。
海外旅行の再両替はレシートにて再両替ができるのは知っているのですが、
単純に残った給料を日本円に多額の両替をするのはドンムアン空港や成田で両替できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>単純に残った給料を日本円に多額の両替をするのはドンムアン空港や成田で両替できるのでしょうか?

国外に持ち出して再両替すると、レートが悪いということ以外にも、タイ国の法に抵触します。

海外赴任ということですので、ワークパーミットはあるでしょう。それと課税証明があれば、タイ国内での収入は多額であれ外貨に両替可能です。
なお、出国時に多額の外貨の持出しが判明した場合、ワークパーミットや課税証明のほかに、両替時の権威あるレシートの提示が必要になりますので、闇ではなく市中銀行で両替されるほうが安全です。

Qスーツケースにヘアスプレーとムース

スーツケースにヘアスプレーとムース

いつもアドバイスを頂きありがとうございます。
ネットやこちらのサイトで検索してみても、意見が分かれるため良く分かりません。
詳しい方、教えて下さい。

スーツケースの中に、ヘアムースとスプレータイプの化粧水を入れて預けたいと思っています。
ヘアムースの缶には「高圧ガス:LPG」、化粧水スプレーには「窒素ガス」と書かれています。

航空会社のHPで調べても該当箇所が見つからず、関連サイトで探してみたところ、
「少量に限り機内へのお持ち込みが可能」な物の中に、
「少量の液体個人用化粧用品(ヘアースプレー、香水など):100ml以下の容器に入った液体物」
「受託手荷物としての運送は可能な品目」として、
「100mlを超える、あらゆる液体」
が挙げられていました。

ガスを使ったヘアムースと化粧水スプレーをスーツケースに入れて預けても大丈夫でしょうか?
実際に預けた事がある方のお話も伺いたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すでに回答をいているお二人の通り預けるなら問題ありません。
先週ヨーロッパへ出張の際に同様のヘアムースと寝ぐせ直しのスプレー(中身は液体)を持って行きましたが、往復共に何も問題ありませんでした。

Qエアアジアでチケット購入後

東南アジアバックパック初旅行を考えています。
エアアジアでパソコン上でチケットを購入するとします。

その際に、チケット購入したあとにメールが来ると書いてありました。
乗るときは、パスポートと航空チケットが必要とありますが、口頭で予約番号を伝えるだけでチェックインは完了しますか?

または、パソコン画面に保存しておけば、紙に印刷しなくても大丈夫でしょうか?
海外にいると、印刷という作業ができなそうなので不安です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Air Asiaのこのページやリンクを読んでください。
http://www.airasia.com/jp/ja/check-ins/counter.page?
http://www.airasia.com/jp/ja/check-ins/web-and-mobile-web.page
携帯にPDFファイル(搭乗券)が保存できれば保存する、
できなければ紙にプリントアウトしておいた方が安全だと思います。


人気Q&Aランキング