SXRD(表面X線回折法)の、原理と、その用語のCTR(crystal trancation rod)、q値、β値について分かりやすく教えてください。初心者ですから・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

このホームページはどうでしょうか?わかりやすいとおもうのですが。

(q値、β値については記述されていません)
私の手元にある表面分析の本を探してみましたがSXRDについては見つかりませんでした。XRDはあるのですが。。。

参考URL:http://mswebs.aist-nara.ac.jp/center/LABs/hashiz …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「表面的なこと」は英語にどう訳すか?

以下の例文のような意味合いで「表面的なこと」という場合は、英語ではなんと言えばよいでしょうか?

以下の訳は同でしょうか?
Surface facts
Surficial facts
Facts on surface

例文)
表面的なこと(事実)ばかりにとらわれないで、根本的な原因を解決しようとしなさい

Aベストアンサー

facts on the surface
superficial facts
the surface
the superficial
いろんな言い方があり得ると思います。

例文を翻訳すると、
Try to solve the basic cause of the problem
instead of paying your attention to the facts
on the surface.
このようになると思います。

Qβ-壊変及びβ+壊変について詳しく述べた情報源を紹介してください また、高校物理で習ったβ壊変は、β

β-壊変及びβ+壊変について詳しく述べた情報源を紹介してください

また、高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

Aベストアンサー

どの程度詳しく知りたいのでしょうか?
概要なら、こんなサイト。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B4%A9%E5%A3%8A
http://eman-physics.net/elementary/beta.html
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=08-01-01-06

もっと詳しく知りたければ、原子物理、原子核物理、素粒子物理などの本を購入ください。

>高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

だと思います。高校物理レベルでは「反物質」は習わないと思いますので。
↓ 反物質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E7%89%A9%E8%B3%AA

>昔の高校生って、β-壊変とβ+壊変を習っていたのでしょうか?

昔も同じだと思います。

どの程度詳しく知りたいのでしょうか?
概要なら、こんなサイト。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B4%A9%E5%A3%8A
http://eman-physics.net/elementary/beta.html
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=08-01-01-06

もっと詳しく知りたければ、原子物理、原子核物理、素粒子物理などの本を購入ください。

>高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

だと...続きを読む

Q「地球温暖化とは、温室効果ガスの濃度が上昇することで地球の表面温度が上昇することです。」 を英語に訳

「地球温暖化とは、温室効果ガスの濃度が上昇することで地球の表面温度が上昇することです。」
を英語に訳してください。

Aベストアンサー

Global warming means the rise of the surface temperature of the earth accompanied with the increase of density of greenhouse gas.


この一つ上の回答を、
I've heard that we might pick up some coins at Ohmicho market in the weekend.
と訂正させて頂きます。大変失礼致しました。

Q表面張力の理科年表値と実験値

先日ジョリーのゼンマイ秤を利用した表面張力の測定の実験を行ったのですが、実験値が理科年表の値を下回ることがあっても、上回ることはないと聞きました。なぜでしょうか・・・?

Aベストアンサー

 
 
 定番の回答ですが;引っぱり上げられてリングに接してる所の液面が完全に鉛直ではないんでしょ?それを鉛直だとした単純な式では方向余弦の分小さい値になる。
 
 

Q紙の表面

1枚の紙の裏表に情報があるとします。紙の裏面は"... on the opposite page/side"と言えるかと思います。
反対に、「表面」は英語ではどういうのでしょうか?

on the facing pageなどでしょうか?

Aベストアンサー

1枚の紙で裏表に情報があるもので、一番最初に頭に浮かぶのは、チラシ=flyer でした。
その場合は、a front sideが「表面」、a back sideが「裏面」となります。
https://www.google.co.jp/?gfe_rd=cr&ei=BYzuVPr9IYaT8QfhsYC4Ag&gws_rd=ssl#q=front+and+back+side+of+flyer

Q薄膜X線回折の原理を教えてください。

薄膜X線回折と粉末X線回折の違いは何ですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

粉末X線回折法は、
結晶を粉々にして結晶方位がランダムに向くようにしてそのX線回折を調べる方法。

薄膜X線回折法は、
基板上に形成した薄膜のX線回折を調べる方法。

同じ結晶の薄膜と粉末のX線回折を比較することで、薄膜が基板に対してどの結晶方位に優先的に配向して成長しているかどうかがわかります。

僕はこんな感じに理解してます。

Q英語に詳しい方、翻訳なのかどうかはわからないけどご教授おねがいします。

英語に詳しい方、翻訳なのかどうかはわからないけどご教授おねがいします。私は「モノグラムの表面にいくつかの汚れ、いくつかの汚れ、いくつかの色あせ、いくつかのかき傷、いくつかのしわ」のように英語圏の方に伝えたいのですが下記の英文で通じますか?

また、下記の英文ではsomeを1つしか使っていないのですが大丈夫でしょうか?

The monogram of surface has some dirt, fading, scratch and wrinkle.

ご教授お願いします

Aベストアンサー

「The surface of the monogram has some stains, faded spots, scratches and wrinkles.」です。ただし、モノグラムの「表面」以外にそういう汚れやシワがあるということはあり得るのでしょうか? 「表面(the surface of)」は要らないような気もしますが? ちなみに#2さんの例文だと、「there are」以降がモノグラムを指しているのかどうかが曖昧になってしまうと思います。それから#2さんが気をきかせて付けてくださった後半は、事実とは一致しませんよね。
 
わざわざ新しく投稿せずに、前回の補足欄に書いてくれればよかったのに。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5919935.html

Q回折現象の力学的な原理がわかりません。

回折現象の力学的な原理がわかりません。
なぜ波がスリットをとおると同心円状に広がっていくんでしょうか?

Aベストアンサー

ホイヘンスの原理によります。

参考URL:http://www15.wind.ne.jp/~Glauben_leben/Buturi/Hadou/Hadoubase2.htm

Q無機化学の仏語→英語→日本語の翻訳

今、仏語から英語にした技術文献(無機化学)の翻訳をしていますが、以下の文章のところで困っています。

英語
It is also stated that the fluorosulphides ... are products fluorinated in the mass, that is to say, the fluorine is present in the entirety or all the mass of the products and not solely or essentially on the surface thereof.

仏語(原語)
On precise aussi que les fluorosulfures ... sont des produits fluores massiques, c'est a dire que le fluor est present dans l'integralite ou toute la masse des produits et non pas uniquement ou essentiellement a la surface de ceux-ci.
(アクサン・テギュなどは表記できませんので省かせて頂きました。)

なお、fluorosulphideとはこの文章より前に出てきたrare earth fluorosulphideを省略したもので、希土類フッ化硫化物、例えばLaSFなどです。類似物質として硫化塩化ビスマス(?)(BiSCl)などがあったようです。(欧州ではsulfideはsulphideと書くことが多いようです。)希土類フッ化物と希土類硫化物との組合せ物のようです(化学反応したのか単純な混合物なのかはよくわかりません)。

"the entirety" と "all the mass" は(英語的には変だと思うのですが)前後関係からたぶん「全体」と「大部分」を言いたいのではないかと思います(仏語のtoute la masseがよくわかりませんので推測です)。でも、最後の"and not solely or essentially on the surface thereof"が何を意味するのかよくわかりません。
推測としては、「フッ素が物質の表面のみに存在していなくてもよく、また必ずしも表面に存在していなくてもよい。」ということではないかと思うのですが、自信がありません。なぜ表面云々の話になるのか?というのが疑問です。(これは純粋に無機化学の話です。)

今、仏語から英語にした技術文献(無機化学)の翻訳をしていますが、以下の文章のところで困っています。

英語
It is also stated that the fluorosulphides ... are products fluorinated in the mass, that is to say, the fluorine is present in the entirety or all the mass of the products and not solely or essentially on the surface thereof.

仏語(原語)
On precise aussi que les fluorosulfures ... sont des produits fluores massiques, c'est a dire que le fluor est present dans l'i...続きを読む

Aベストアンサー

 フランス語は全く知らないので、完全に憶測です。

 LaSFといえば、光学ガラスとかの原材料ですから、おそらく、光学素子用の物質か、光学素子そのものを製造することに関しての文献ではないかと思います。

 こういうものでは、光を導波させるため、均質さが結構重要になったりします。このことから察するに、ご質問の文は、できたLaSFがどの程度うまくフッ化されているかを言いたいが為のものではないか、と。

 つまり、「フッ化は、表面のみならず、内部まで進行している」=「表面のみがLaSFであるということではなく、内部までフッ化されており、生成物はほぼ全体にわたって均質にLaSFである」ということではないでしょうか?

 前後の文脈が分かりませんので、あくまでLaSFの用途からの推測です。もしかしたら私の勘違いかもしれませんので、そのときはご容赦下さい。一応、参考URLを載せておきます。

参考URL:http://www.kogakugiken.co.jp/seihin/shisaku/hikari/doharo.html

Q光の回折 (回折格子)

回折格子に光線を当てると離れた壁のところに干渉縞ができます。そもそも、干渉縞というのは壁に光が当たったために現れるのですよね?では回折格子と壁の間の空間に粉のような小さい粒子をばらまいたらどうなるのですか?予想としては、水面に多数の点波源をつくったときのような強めあう場所ができるとおもうのですが、自信がありません。どのようになるのかということと、その理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

予想の通りです。
煙を入れてみれば、縞が壁までずっと続いているのがよく見えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報