プレートの動きが、ハワイ島周辺を見ればホットスポットが定点にあることより、5000万年前は、プレートの産出が早かったことがわかるそうなんですが、その理由はなんなんでしょう?迷える高校2年からの質問です(笑)
おねがいします。

A 回答 (2件)

時間が遅くなりそうなので、解答を掲示しておきます。


>学生さんだから、と言って容赦しません。
てNo.2ではいいましたが、ごめんね。
でも、自分で調べたほうが、試験のときも、役立ちます。

まず、ハワイ諸島は、”太平洋プレート”の上に乗っています。
そして、そのハワイ諸島の下には、ホット・スポットと呼ばれる、地球のマントル下層部から、高温のマグマが上昇してくるところがあります。
ハワイ諸島の火山は西側に行くほど年代が古くなり、やがて海底に沈み、ミッドウェイ島の近くに行くと、5000万年近くなります。
ですが、それにつづいてミッドウェー島から北西太平洋に向かって、海底火山がアリューシャン海溝付近まで伸びているでしょ。
これを、天皇海山列といいます。これは、5000万年以上前に形成された火山で、以前は、ハワイ諸島のように海面上にありました。
ミッドウェー島が最も新しく、約5000万年前、実際はハワイ諸島の火山より、多量の溶岩を流し、活発に活動していました。
天皇海山列は、アリューシャン海溝に近づくと、白亜紀にまで、形成時期がさかのぼれます。

つまり、ホットスポットの上を太平洋プレートが西に移動するたびに、プレート上に海底火山が生まれていきます。ハワイ諸島も天皇海山列も同じホット・スポットからうまれました。

ミッドウェー島は約5000万年まえの海底火山ですが、ハワイ諸島でさえ、西に行くほど、沈下したり、侵食されたりして、水面下にしずんでるでしょ。
それなのに、ミッドウェー島は、沈下せず、海上に死火山が島になってるでしょう。
つまり、新しい火山が沈下、侵食されて沈んでいくにもかかわらず、ミッドウェー島が海上にあるのは、それだけ、大きな火山で、溶岩を噴出したためだからです。
侵食されても、沈下しても、火山そのものが大きいため、残ってるんです。

がんばて、勉強してください。おやすみなさい。
    • good
    • 0

初めまして。


地学・・・懐かしいですね。
学生さんだから、と言って容赦しません。
自分で調べれる事は、自分で調べましょう。

用意するもの
1、地学か地理の資料集で、太平洋の海底地形の、鳥瞰図を開いてください。
2、ハワイ諸島が、乗っている、「プレート」の名前。
3、プレートは、今、年間何センチの割合で、どちらの方向に進んでいるか。
4、ハワイ諸島の周囲に海底火山がありますが、何処まであるか。
5、ハワイ諸島と、天皇海山列と繋がっているはずですが、天皇海山列の最後に出来た火山の周囲の海底プレートの年代はいつのものか。
6、天皇海山列は、どれくらいの海底火山からなってるか。

以上を調べれば、おのずから簡単に解答がでます。
解らないときは、すぐお礼の欄に質問ください。
自分で調べた事は、いつまでも見につきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今いろいろ調べてました(^_^)
助かりました!本当にありがとうございました♪
がんばります!!

お礼日時:2001/10/16 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都立高校で地学の授業は行われていますか?

専門が地学の高校理科教員です。来年度、東京都の採用試験の受験を少し考えています。
東京都の理科は物理・化学・生物の募集ははありますが、地学での募集はありません。
他の科目で受験することはかまわないのですが、できれば地学の高校教員でありたいのです。

都立高校の先生方および生徒さんに質問です。

都立高校で地学の授業は行われていますか?
行われている場合、専門の地学教員が教えていますか?
そもそも専門の地学教員がいるのでしょうか?
他の科目で受験した地学教員の方はいらっしゃいますか?

回答できる方、お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

東京都ではありませんが、地学を中心に授業等を担当している高校教員です。
私も地学以外の科目で受験し、採用されました。
私のように他科目で採用された教員は、私の自治体をはじめ、全国にいます。
東京都でも、物理で採用され、地学を担当されている方を知っております。

3.11前から、現場では地学教員の需要があります。
私の勤めている高校では、私の着任以降、地学の部活ができましたし、年々地学選択希望者が増えています。
地学の教員が現場にいないから、地学が人気のないように見えるのであって、
地学の教員が現場にいれば、地学の人気はでてくると確信しています。

次のサイトで、東京都内で「地学が学べる高校」が紹介されています。
少なくともこのサイトで紹介されている数以上に、地学担当の教員が東京都にはいるのだと思います。
http://www.ne.jp/asahi/nanto/earth/Chigaku-Manabi-H-index.htm

Qプレート式熱交換器についておききします。 プレート式熱交換器のプレートはどのメーカーもステンレス板を

プレート式熱交換器についておききします。
プレート式熱交換器のプレートはどのメーカーもステンレス板を使用しています。
銅板やアルミ板の方が電熱が良いと思うのですが何故ステンレス製の板にするのでしょうか?

Aベストアンサー

耐腐食性と強度が理由でしょう。
必要な強度を確保する為には、銅版やアルミ板の場合は板厚が厚くなります。(引っ張り強度は、ステンレスはアルミの約10倍、銅の2倍です)
熱伝導率は、アルミがステンレスの約16倍、銅が同じく約26倍です。
耐腐食性は流速によりますが、一般的な流速範囲では、ステンレス>銅>アルミとなるでしょう。
なお、アルミに関しては、耐蝕処理が必要になりますが、耐蝕処理に欠陥がある部分は急速に腐食が進行します。
また、伸縮に関しては、ステンレス<アルミ<銅となります。
熱応力を考えると、厚みが薄くて、伸縮が少ないステンレスが有利になります。
コストは、ステンレス<アルミ<銅となります。
伝熱面積は、ステンレスが最も大きくなりますが、上記の理由やコストを考えると一番有利と言う事では無いでしょうか?

Q中学理科(地学分野)と高校地学Iについて

こんばんは

私は現在社会人なのですが、とある理由があって地学に興味を持ち、勉強しようかなと思うようになりました。

そこで、まず中学校の理科の参考書を見たのですが、どういうわけか地学分野の内容が全く頭に入ってないどころか、習った記憶すらない(特に天気や地震の範囲)状態でした。

こう書くと「学生時代不真面目だったんでしょ」と思われるかもしれませんが、私は学生時代(今から17~18年前)真面目な方で理科の成績も良い方でした(ちなみに私立中高一貫校から旧帝大薬学部に進学しました)

このような状態で、地学の勉強をして、中学校の地学分野の理解をし、さらに高校の地学Iをセンター地学の受験者レベルぐらいまでもっていきたいと考えております。

そこで質問なのですが、センター試験対策の地学の参考書を読み、問題演習をして高校の地学Iをある程度のレベルに仕上げた場合、中学校の地学分野は簡単に理解できますか?
(例えば高校化学が理解できていれば中学の化学分野は簡単だと思いますが、それと同じことが地学にも言えるのでしょうか?)

中学の地学分野および地学Iに詳しい方がおられましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんばんは

私は現在社会人なのですが、とある理由があって地学に興味を持ち、勉強しようかなと思うようになりました。

そこで、まず中学校の理科の参考書を見たのですが、どういうわけか地学分野の内容が全く頭に入ってないどころか、習った記憶すらない(特に天気や地震の範囲)状態でした。

こう書くと「学生時代不真面目だったんでしょ」と思われるかもしれませんが、私は学生時代(今から17~18年前)真面目な方で理科の成績も良い方でした(ちなみに私立中高一貫校から旧帝大薬学部に進学しました)

こ...続きを読む

Aベストアンサー

高校生の時期に地学Iを2年間履修した者です。
ということで地学Iの教科書から中学校の理科の教科書の順に見てみました。
学習してからかなりの時間が経ちますが、この順でも中学校の分野の理解は大丈夫でした。

ただ、中学校の理科の知識の発展と言う形で高校の地学Iは構成されていますから、
中学の知識が不安な状態で高校地学に挑むのはやや辛いかもしれません。

Qプレート熱交換器と保温材の関係ついて教えて下さい。 プレート熱交換器のなかでも保温材が付いている物と

プレート熱交換器と保温材の関係ついて教えて下さい。
プレート熱交換器のなかでも保温材が付いている物と付いていないものとで比率は半々に思うのですが、何故でしょうか?
個人的にはプレートによる電熱面積は外面に比べたらたいしたことないので保温材は不要に思います。

Aベストアンサー

周囲との温度差や、冷水の場合は結露の有無で違ってきます。
蒸気や高温ガスなど、周囲との温度差が大きい場合は、熱損失低減や接触事故を防ぐ為に断熱します。
また、周囲露点温度が高い場合は、冷水でも断熱をした方が結露水の発生を防げる場合があります。
地下で換気しても周囲露点温度が高い場合は、熱交換機の結露は結構すごいですよ。(冷水の場合)

Q受験での地学選択について

現在高校三年生です。国立大の受験にあたって、センター・2次に地学の選択を考えています。
しかし、学校では地学の授業がないので、参考書による独学をすることになると思います。
そこで参考書選びについて質問があります。
私は地学についてはまったくの初心者で、どの参考書を選べばいいのかまったくわかりません。
アマゾンや書店で探してみましたが、「地学I・II」という本が見当たらないです。
受験地学の良書を教えてください。

Aベストアンサー

高校までの地学はとても広く、地球環境学や天文学の分野も地学に含まれています。基本的に今の時期なら、大学近くの本屋さんや大学内での本屋さんにも教科書が置いてありますので見に行って買われるか、売り切れならば予約をすれば取り寄せてもらえます。大学でも文系の人が習う地学の本は高校で使う本に等しいです。高校の理科の先生は地学も教えられるので、その先生になんという本が良くて、どこで買えるかをきいてくるのも良い作戦です。
さて地学の三本柱は
・天文学
・環境科学・地球の仕組み
・火山・地震
ですね!!天文学では太陽や惑星の違いや単語、星間物質から超新星爆発までの流れや星の明るさと大きさをあらわしたHR図の知識が必要です。
地球環境学では地球46億年の歴史を1年間のカレンダーにしたという内容で良く取り上げられます。これはNHKスペシャルを見れば映像と共に知識を楽しく学べます。地球の仕組みとはなぜ自転や公転をするのかとか地殻 マントル 外殻 内角の違いや液体か固体か、とかどうしてそれがわかったのかとか知っておきましょうね!!あとは自治問題としても地球温暖化のことは本や新聞などで知っておきましょう。
最後に火山・地震・石の種類!!
火山や地震はテレビのネタにされていて画像を見る機会が多いはず。そういう番組は必ず見ましょうね。石の種類だけは覚えにくいし、参考資料も少ないですから暗記しましょう。
がんばって下さい。
もし中学校の2分野で学んだ記憶がないのなら中学校の教科書から見直したほうが意外に上達早いですよ。

高校までの地学はとても広く、地球環境学や天文学の分野も地学に含まれています。基本的に今の時期なら、大学近くの本屋さんや大学内での本屋さんにも教科書が置いてありますので見に行って買われるか、売り切れならば予約をすれば取り寄せてもらえます。大学でも文系の人が習う地学の本は高校で使う本に等しいです。高校の理科の先生は地学も教えられるので、その先生になんという本が良くて、どこで買えるかをきいてくるのも良い作戦です。
さて地学の三本柱は
・天文学
・環境科学・地球の仕組み
・火山・...続きを読む

Q中学二年生の女子です。 音楽関係に詳しい方どうぞおねがいします! 私はピアノを習っていて(今年で9年

中学二年生の女子です。
音楽関係に詳しい方どうぞおねがいします!
私はピアノを習っていて(今年で9年目)、将来ピアノの方へ進むか悩んでいます。(音楽療法士やピアノの先生など)

早いかもですが私の学校は中高一貫で高校に音楽科があります。ですので、ピアノの方に行くなら今から考えないとと言われます。

しかし、高校音楽科へ行くともう他の選択肢は捨てられ、音大とかを目指すためだけに勉強するので他の(理系とか)大学へは行けないです。(規則ではないけど普通の大学へ行く勉強はしないので)

そして、ピアノの実力も心配です,,,
中学からいい先生にかわり、最近の発表会で、華麗なる大円舞曲をひきました。
他はチェルニー40番とハノンをしています。インベンションは四曲しただけで今はお休み中です。コンクールは最近は出ていません。練習時間は平日1時間半、休日は4時間くらいです。
学校で音楽科志望の人は私よりはるかに上手いし先生の所の生徒もです。(当然なのかもですが)
華麗なる大円舞曲の前はショパンやモーツァルトなどのソナタをしてました)

このまま行った場合(ピアノの先生になる場合)音大行けるのでしょうか。
また、行けたらどれくらいのレベルの音大ですか?
また、音楽療法士もいいなと思ってますがその場合はどうですか?(上と同じ質問)

あとですが、ピアノの先生になるには音楽科行かないとと思いますが音楽療法士でもやはり行かないと行けませんか?
(色々理由もありあまりこの学校の音楽科に行きたくありません(音楽の道に進みたくないわけではないです))

長くなりましたが、
・音楽の道へ行くのは可能なのか
・今のままでどれくらいのレベルの音大へいけるか?(ピアノの先生、音楽療法士を目指す場合それぞれ)
・音楽科いかなくてもいいのか?(音楽療法士の場合)

どうかご解答お願いします。
正直にお願いします。

中学二年生の女子です。
音楽関係に詳しい方どうぞおねがいします!
私はピアノを習っていて(今年で9年目)、将来ピアノの方へ進むか悩んでいます。(音楽療法士やピアノの先生など)

早いかもですが私の学校は中高一貫で高校に音楽科があります。ですので、ピアノの方に行くなら今から考えないとと言われます。

しかし、高校音楽科へ行くともう他の選択肢は捨てられ、音大とかを目指すためだけに勉強するので他の(理系とか)大学へは行けないです。(規則ではないけど普通の大学へ行く勉強はしないので)

...続きを読む

Aベストアンサー

>音楽の道へ行くのは可能なのか

あなたのおっしゃる「音楽の道へ行く」というのは具体的にどういう意味ですか?
音楽の仕事で自立できるだけの経済的基盤を作れる、という意味ですか?
それとも、日々音楽と接せられるということですか?

まずそこをハッキリしましょう。
中学二年生ではなかなか難しいかもしれませんが。。

話をわかりやすくするため、音楽の道に行くというのは、
音楽を仕事として自立して生活していける(ちゃんとお金を稼げる)、
ということだとしましょう。

そのうえで、じゃあどんな音楽の仕事をしたいですか?
ピアノの先生だとしたら、
じゃあ学校の音楽の先生をやりたいのか、
街でピアノ教室を開きたいのか、
ヤマハの音楽教室で先生をやれればいいのか、
などいろいろです。

何でこんなに細かいことを聞くかというと、
一度音楽の路線に足を踏み込んだら、もう音楽以外に路線を変更できないからです。

一般企業への就職は無理でしょう。
もうこの時点で人生の方向性が決まってしまうと言っても過言ではないです。
となるともう、おおよそ将来の選択肢なんて限られてしまうんです。
だったらキチンとイメージしておかないと、
「こんなはずじゃなかった」「もっといろいろな可能性に満ちあふれているかと思った」
となってしまいかねません。

私個人の意見としては、音楽の道に進まない方がいいと思います。
音大に行かなくても、音楽に関わっていくことは可能です。
音大に行ってしまったら、音楽以外のジャンルに関わることが困難なのです。
失うものが多すぎます。
一気に人生の幅が狭まります。
そうして狭めた結果、非常に苦労している音大出身者をたくさん見てきました。
私の娘が「音大に行きたい」なんて言ったら、土下座してでも路線を変えてもらいたいです。

それこそ、ご両親が資産家で、お金はいくらでもあって、
あなたは働かずに自由にいくらでも音楽ができる環境なら、
ぜひ音楽をなさったらいいと思います。
そうじゃないならやめとけ、です。
逆に言えば、お金を稼ぎたい人が音楽に人生を賭けてはいけません。


>・今のままでどれくらいのレベルの音大へいけるか?(ピアノの先生、音楽療法士を目指す場合それぞれ)

これについては私としては何ともお答えのしようがありません。
すいません。


・音楽科いかなくてもいいのか?(音楽療法士の場合)

まずは以下のサイトを見てみるといいでしょう。
http://careergarden.jp/ongakuryouhoushi/

音楽療法は音楽を使った臨床心理の世界なので、
音楽が主体ではありません。
臨床心理の一手法として音楽が使われているだけです。
音楽が目的ではありません。
介護に興味がある音楽家、ではなくて、
音楽もできる臨床心理学の先生、というポジションを目指すべきだと思います。
この意味でも、音大に進むことはあまりオススメしません。

というわけで、主観が入っているとは思いますが、
私は音大をオススメしません。

ご両親ともよく話し合ってくださいね。

>音楽の道へ行くのは可能なのか

あなたのおっしゃる「音楽の道へ行く」というのは具体的にどういう意味ですか?
音楽の仕事で自立できるだけの経済的基盤を作れる、という意味ですか?
それとも、日々音楽と接せられるということですか?

まずそこをハッキリしましょう。
中学二年生ではなかなか難しいかもしれませんが。。

話をわかりやすくするため、音楽の道に行くというのは、
音楽を仕事として自立して生活していける(ちゃんとお金を稼げる)、
ということだとしましょう。

そのうえで、じゃあどんな音...続きを読む

Q質問です。 国公立大学を目指している友達のことです。 その友達は文系でセンター理科を 化学基礎と地学

質問です。
国公立大学を目指している友達のことです。
その友達は文系でセンター理科を
化学基礎と地学基礎
地学
地学基礎と生物基礎で悩んでるそうです。
ゼロの状態から始めた場合どれが最短でコスパがいいと思いますか?
ちなみに僕は化学基礎と地学基礎をおすすめしましたが、友達には地学だけがいいと言われて混乱してるそうです。
たくさんの意見ヨロシクお願いします

Aベストアンサー

かなり相性だと思うけど短期で伸びるのは化学基礎だと思う。

地学は分からないけど、生物と地学は覚える量はそこそこある。

Q運転免許証の取得者前年増加率が1968年から1970年に一気に減って、1971年にまた跳ね上がった理

運転免許証の取得者前年増加率が1968年から1970年に一気に減って、1971年にまた跳ね上がった理由を教えてください。

Aベストアンサー

日本の人口ピラミッドはご存知ことと思いますが、終戦後昭和23年(1948)から24年(1949)に、ベビーブームというか、
俗に言われるところの団塊の世代が誕生しています。

つまり、免許取得者の年齢が18才から22才ぐらいと考えた場合、
終戦前後(1945)に出生数は激減していますから、
1945+22=1968年の激減現象の理由です。
同様に、1949+22=1971年の急増現象の理由です。

参考までに。

Q地学IIは存在するのか?

「物理I・II」「化学I・II」の参考書は見たことがありますが、
「地学I・II」という参考書は見たことがありません。「地学IB」ならあるんですが。

IBのBってどういう意味なんでしょうか。IAっていうのはあるんでしょうか?
地学IIというのは存在するのでしょうか?

本屋には地学IIという名前の入った参考書や問題集を見たことがないのです。

Aベストアンサー

地学はなぜかマイナーな科目で、ほとんど文系のセンター専用科目みたいになってますよね。

一応地学(2)も教育課程上は存在するのでしょうけど、理系で地学(2)まで勉強して受験につかう人が極端にすくない(または大学が受験科目から地学を除いているので使えない)ので地学(2)の本は一般人の目に触れる機会がないのだと思います。

今は変わったのかもしれませんが、私の時は理科は(1)Aと(1)Bがあって、(1)Bが「いわゆる高校で習う難しい理科」で一般に大学受験に使われるものでしたが、(1)AはIBをかなり薄めたような、知識習得はあまり重視してない、みたいな科目でした(実際に高校時代に教科書をみて思った感想です。文科省の理念がどうだったのかはわかりません)。
それでIBの発展版として(2)があったんです。
だから地学(1)Aも課程上はありましたよ。(履修者は極端に少なかったと思いますが)

地学はセンターで使うだけだからIBまででいいという人が多いので(2)の部分はカットして参考書は売り出しているのでしょうね…。僕も地学(2)の参考書・問題集が店頭に並んでいるのは1回見たことがあるかどうか…忘れたなって感じです。

ただし、チャート式「地学」という、当時の旧課程(今でいうと、旧旧課程?)の、理科に「(1)B」とか「(2)」の文字が付されてなかった時代の参考書が売られているのをみたことがあります。その時代の「地学」は「地学(1)B+(2)」の内容だったので、「ああ…理系2次地学を受ける人はこういう昔の本で勉強するんだなあ…」と、思いました。なんかそのチャート式「地学」は、ほかの「物理(1)B・(2)」とかと違って、ハードカバーで、装丁も古い感じでした。

地学はなぜかマイナーな科目で、ほとんど文系のセンター専用科目みたいになってますよね。

一応地学(2)も教育課程上は存在するのでしょうけど、理系で地学(2)まで勉強して受験につかう人が極端にすくない(または大学が受験科目から地学を除いているので使えない)ので地学(2)の本は一般人の目に触れる機会がないのだと思います。

今は変わったのかもしれませんが、私の時は理科は(1)Aと(1)Bがあって、(1)Bが「いわゆる高校で習う難しい理科」で一般に大学受験に使われるものでしたが、(1)AはIBをかなり薄め...続きを読む

Q1年で撮る単位が取れなかった場合、2年で取るんですか?必修、選択科目どちらも それは2年で取れなかっ

1年で撮る単位が取れなかった場合、2年で取るんですか?必修、選択科目どちらも
それは2年で取れなかった場合も同じように、3年、4年となるのでしょうか?

Aベストアンサー

そうです。
友達は皆無で試験は後輩と一緒に取ることになります。
なにがなんでも1年後にはとっておかないと、
とんでもないことになります。
8年までなら大丈夫のはずですけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報