1年前就業中の事故で入院手術をし、労災による休業補償を受けました。
先日労働局に出向き、その後の回復を診察された結果、障害等級14級ということでした(1手の親指・人差し指以外の指の末関節が曲がらない)。
それに伴い一時金を受け取ったのはよいのです。
しかし自分で調べた障害等級をみると、13級にあたるのでは?とちょっと疑問に思うのです(実際は1手の人差し指の末関節も曲がらないから)。

そこでお聞きしたいのは、障害認定の基準は厳しいものなのでしょうか?
また、認定される等級によって一時金の額が変わったり、その後何か補償のようなものが左右されたりすることは、あるのでしょうか?
もしも特別損な事がなければ「そういうものだ」と納得しようと思っています。

知らせを受けて60日以内なら不服申立てができるようなので、どうするべきか迷っています。

A 回答 (3件)

障害による一時金が、等級が第13級だと101日分 で、第14級だと56日分とかなりの差が有ります。


一時金が約半分です。

障害の等級の認定には、医師の診断書を添付されたと思いますが、医師の診断ではどうだったのでしょうか。

いずれにしても、疑問があったら、不服を申し立てて再審査を受けられたらよろしいでしょう。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/hoken/syougai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
医師の診断書を直接見ていないのですが、医師には「指が曲がらない」より「握力の低下」で認定されるかどうか、それでもむずかしいだろうと言われました。
だから14級に認定されたこと自体が良かった方なのでしょう。
紹介されたサイト、大変参考になります。
私は「末関節が曲がらない」に当てはまると思っていましたが、どうやら「局部に神経症状を残すもの」に当てはまっているらしいということが判明しました。
文面で等級と金額を通達されるだけなので、判断の根拠がよくわからないものですね。
どの程度で納得するか、考えてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/16 15:30

http://www.campus.ne.jp/~labor/hoken/nenkin_soud …

労災の年金相談がありますよね。

一度相談されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まず相談機関を利用してみたいと思います。

お礼日時:2001/10/16 15:19

 お見舞い申し上げます。

経験者です。障害等級の判断?認定?は、厳しかったです。が、もし納得がいかないのであれば、不服申し立てをしてみるのも方法ですが、なかなか難しいようです。

 認定される等級によって、一時金の額は変わります。級が上がる(級の数が少なくなる)にしたがって、一時金は上がります。

 その後の保障は、何も影響はしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり認定は厳し目になっているんでしょうかね?
ほんのちょっとの疑問でも追及したくなるのですが、憤るほどの不服ではないので「こういうものか」と思うことにします。
それでもまだ微妙に気にかかるのが本音ですが。

お礼日時:2001/10/16 15:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生障害年金と労災の障害補償一時金の同時給付

厚生年金の障害手当金(3級より軽いもの)と労災の障害補償一時金(8~14級)は同時に給付されない、ということは知っていますが、
厚生障害年金(3級相当)と労災の障害補償一時金(8 or 9 or 10 級相当)は同時に給付されるのでしょうか?

Aベストアンサー

障害等級表から判断すると、労働者災害補償保険法の障害補償一時金の対象となる第8級から第14級の障害の一部は、厚生年金保険法の障害厚生年金3級の障害には該当せず、厚生年金保険法の障害手当金に相当することがあります(ケースA)。
障害等級表については、以下のURLを参照して下さい。

・労働者災害補償保険法
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken03/
・厚生年金保険法
http://www.shougainenkin.com/8_03table.html

このとき、あなたもご承知のように、労働者災害補償保険法による障害(補償)給付を受けられるとき(障害補償一時金も当然含まれます)には、障害手当金を受けることはできません(ケースA)。

一方、ごく一部ですが、障害厚生年金3級の障害に該当する場合もあります。
このときには、労働者災害補償保険法による障害補償一時金は、厚生年金保険法による障害厚生年金との間の併給調整は行わず、どちらとも満額受給できます(ケースB)。

併給調整が行われるのは、労働者災害補償保険法による障害(補償)年金と、厚生年金保険法による障害厚生年金との間です。
障害厚生年金については満額支給し、障害(補償)年金を一定の割合で減額して支給します。

以上のことから、障害補償一時金であれば、あなたの障害がケースAにあたるのかケースBにあたるのかによって、取り扱いが分かれてきてしまいます。
判断はむずかしいと思われますが、障害等級表を参考にされるとよろしいかと思います。

障害等級表から判断すると、労働者災害補償保険法の障害補償一時金の対象となる第8級から第14級の障害の一部は、厚生年金保険法の障害厚生年金3級の障害には該当せず、厚生年金保険法の障害手当金に相当することがあります(ケースA)。
障害等級表については、以下のURLを参照して下さい。

・労働者災害補償保険法
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken03/
・厚生年金保険法
http://www.shougainenkin.com/8_03table.html

このとき、あなたもご承知のように、労働者災害補償保険法によ...続きを読む

Q自賠責後遺障害等級認定について

息子が交通事故に遭い、今回後遺症認定の審査をうけましたが、
今日、書類が届き内容は、

自賠責後遺障害等級別表第二12級13号に該当するものと判断しま
す。とあり結局、後遺障害診断上、左足関節部の可動域についての記載が認められますが、受傷していない側の可動範囲と比較して、4分の3以下に制限されているものには至らないことから、自賠責でいう後遺障害には該当しないものと判断します。とあります。
素人なので解らないのですが12級13号にあたらないのであれば14級9号にあたるのではないかと思ってしまいます。
保険会社に聞こうにも休みに入っているため来週になってしまいますので質問してみました。
実際、事故前より可動範囲は狭くなり痛みも生じています。
このまま受け入れていいものかと考えています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

・「後遺障害14等級」
http://www.jiko110.com/contents/gaisyou/kouishougaitoukyuu/index.php?pid=3004&id=1139473599#1139473599

頚椎捻挫の場合であれば、他覚所見の有無で12等級か14等級か別れますが、それ以外のものに関しては細かく規定されているようです。

※異議申し立てをするのであれば、新たに資料を作成し(最初の資料以上のものを作成)、提出しなければなりません。

Q交通事故の補償に関しての質問です。去年の10月末に交通事故に遭いました。

交通事故の補償に関しての質問です。
去年の10月末に交通事故に遭いました。整形外科で胸椎の圧迫骨折の診断を受けたのですが、それに関して後遺障害として補償を受けることはできるでしょうか?

去年の10月27日に交通事故に遭いました。自分はバイクで相手が車で、自分の過失割合は5%で、相手側が95%です。
昨年末に第11胸椎の圧迫骨折の診断を受けたのですが、その事に関して保障を受けることはできるでしょうか?自分で調べてみたところ、レントゲンで確認できる程度の骨折であれば補償の対象になるとの記述を見たのですが、その点に関して分からない事が有ります。自分はレントゲンで圧迫骨折の診断を受けたのですが、今後時間が経てば骨折は治るのではないかと思っています。そうするとレントゲンには骨折の跡は残らなくなるかと思うのですが、そうなると補償の対象にはならないのでしょうか?
自分で調べてみても限界があり、皆様のお力添えをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

圧迫骨折というものは単純に長い骨が間でポキッと折れたものとは違い、
例えて言うなら、豆腐を上から力を掛けて潰した状態のようになり、
元には戻らないものです。ですから完治とは言わず、
潰れの進行を経過観察しながら、止まった状態になり症状固定となり、
治療終了となるはずです。
レントゲンでも変形は確認できますすが、MRIですとより鮮明に
潰れ具合は分かりますので、その潰れ具合によって、後遺障害等級が
変わってきます。
昨年の10月でしたら、症状固定はまだ先の話だと思いますし、
レントゲンやMRIもしょっちゅう撮るものではありませんので、
養生に専念されたほうが良いかと思います。

後遺障害別等級表抜粋
脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの 第6級5号
脊柱に運動障害を残すもの     第8級2号
脊柱に変形を残すもの         第11級7号
鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨、又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
                     第12級5号

Q借金の時効のその後。  その2

質問としては、

 1 他のC、Dが支払ったり、また返済の意思を示している場合、Bの子供に対しては時間的に債権の時効が成立してる場合にも時効成立を主張出来ませんか?  つまり、C、Dに何らかの理由で、債権の時効の主張が出来ない場合、Bの子供にも時効成立は成り立たないのでしょうか?
 2 時効が成立しているの場合、銀行はなぜそのような電話をしてくるのでしょうか?
 3 成立している場合でも、銀行が裁判をするとか、債権が他に移ると大変な事になるとか言う場合は、銀行としては、本当にそんな事をしてくるのでしょうか?

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=390468

Aベストアンサー

とりあえず、Bの子供さんだけが困っているみたいですから一言だけ。

相続放棄というのがありますので、そちらの方で対処してはいかかでしょうか?
たしかに相続放棄の期間は半年ですが、その期間を大きく超えて請求してくる方も問題があると思います。
確実な事は言えませんが、自分の債権を確実に取り立てる輩がいたために家庭裁判所では相続放棄の期間を過ぎて請求してきた債権は認めないという事例もあった筈です。
一度家庭裁判所にて確認をした方が良いと思います。
家裁に行けば書記官・事務官の人が詳しく教えてくれますよ!!

Q労災の障害補償について

主人が仕事中に右手人差し指の腱を切る怪我をしました。
縫合手術と治療費を労災で負担し、一応通院は終わりました。
しかし、すでに怪我から4ヶ月が経っているのですが、神経がビリビリするらしく
最近病院で再度見てもらったところ、もうすこし経過を見てくださいとの事でした。
#神経は1ヶ月に1mmペースで伸びて行くので春には治ってるかもとの事でした。

そこで、問題になってきてるのですが、、、
会社側が最近になって、この怪我の労災を労災扱いじゃなくて社会保険で請求して欲しいと言ってきました。
#主人に労働省に連絡して、労災を取り下げると言ってほしいとの事・・・
病院に聞いたところ、出来ないことはないが社会保険だと障害が残った時に
(このまま治らないと14等級にあたると思われます)
障害一時金を貰えないとの事。
そこでお聞きしたいのが、もし、今会社の言うとおりに社会保険に切り替えて
1年6ヶ月した後でも障害が残った場合は、医師の診断書をもとに、「障害補償給付支給請求書」を労働基準監督署長に出せばそれは受理されるのでしょうか?
やはり治療も労災でしていないと、障害一時金はもらえないのでしょうか?
ご回答、宜しくお願い致します。

主人が仕事中に右手人差し指の腱を切る怪我をしました。
縫合手術と治療費を労災で負担し、一応通院は終わりました。
しかし、すでに怪我から4ヶ月が経っているのですが、神経がビリビリするらしく
最近病院で再度見てもらったところ、もうすこし経過を見てくださいとの事でした。
#神経は1ヶ月に1mmペースで伸びて行くので春には治ってるかもとの事でした。

そこで、問題になってきてるのですが、、、
会社側が最近になって、この怪我の労災を労災扱いじゃなくて社会保険で請求して欲しいと言って...続きを読む

Aベストアンサー

会社側の依頼が的外れなので、少しに理解に苦しみます、会社にとって決して良い結果になるとは思えません。私が会社側の立場のスタッフであっても、このような示唆はしないと思います。

>1年6ヶ月した後でも障害が残った場合は、医師の診断書をもとに、
>「障害補償給付支給請求書」を労働基準監督署長に出せばそれは受理されるのでしょうか? やはり治療も労災でしていないと、障害一時金はもらえないのでしょうか?

1年6月というの何ですか、治癒し障害が残った(確定)時点で障害補償給付の対象です。

(1)被災後、縫合手術~通院治療の完了 ==> 労災保険(認定済み、ですね?)
(2)しびれ発生~再通院        ==> 健康保険に変更
(3)障害が残った           ==> 労災保険(???)

ご質問は、「(1)はそのままで、(2)を災害とは別件の治療として健康保険で通院し、(3)の場合、障害補償給付を受けることができるか?」
、という意味でなら、可能だと思います。
災害の発生事実や(1)の労災が確定していますから、(1)に対して障害が残れば(3)の申請が認められる可能性は高いと思います。(1)と(3)の間に、色々と病院に行き、健康保険で、様々な体の部位の治療をすることもあるでしょう。

しかし、不審に思って、調べれば分かることですので、「労災の隠蔽」がばれるリスクがあり、会社がダメージを受けます。
医師も、「労災保険」と分かりつつ「健康保険」で手続きをするのは、隠蔽に協力することになるので困ると思います。

また、無いと思いますが、もし、(1)自体を遡って取り消したいなら、実際は無理です。
そのためには、「実は、被災者がプライベートに被災しケガをした」、など、ウソにウソを重ねることになります。会社のためにも、お勧めできません。

----------------------------- 参 考 -------------------------------
障害補償給付の時効・・・・5年
14級の「障害補償一時金」・・・56日分(目安:1日当りの給与の日額)
14級の「障害特別支給金」・・・8万円
14級の「障害特別一時金」・・・56日分(目安:1日当りの賞与の日額)

給与が1日当り1万円程度、賞与が1日当り5千円程度なら、合計で約92万円をいただけることになります。

会社側の依頼が的外れなので、少しに理解に苦しみます、会社にとって決して良い結果になるとは思えません。私が会社側の立場のスタッフであっても、このような示唆はしないと思います。

>1年6ヶ月した後でも障害が残った場合は、医師の診断書をもとに、
>「障害補償給付支給請求書」を労働基準監督署長に出せばそれは受理されるのでしょうか? やはり治療も労災でしていないと、障害一時金はもらえないのでしょうか?

1年6月というの何ですか、治癒し障害が残った(確定)時点で障害補償給付の対象で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報