自分の両親の兄弟はご先祖様に含まれるのでしょうか?その子供は?

A 回答 (2件)

補足説明。



例外をいうと分かりにくくなりますので、この際直系と考えてください。 従ってあなたの子供の従兄弟従姉妹はあなたの家の先祖にはなれません。
    • good
    • 3

広義では含められる場合もあるでしょうが、通常は家系の直系の人々です。


また通常先祖、ご先祖さまという場合、最近亡くなった人以前の人々全てを指しますが、xx家の初代を指して使われることもあります。ここの家(ふぁみりー)が「氏」に所属していた時代の先祖は「氏」全体(すなわち、兄弟、従兄弟など)を含めていたと思われます。

「その子供?」だれから見て子供ですか?例えば五代前の当主の子供は四代前なので先祖になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおくれてすいません。直系の人をさすのですね。
子供とは、例えば私の父の兄弟は私の子供のご先祖にあたるのかなぁ?と思いまして・・・基本的には自分の両親、そのまた両親・・・と言う捕らえ方でよいのでしょうか?

お礼日時:2001/10/24 08:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の供養すべきご先祖様がわかりません。

母の両親は母が幼少のころに母を里子に出しています。

母は不倫の末,私を産みました。
私は母方の連れ子で養父の家に入りました。

どうもその養父側の家系になじめません。

しかし私も もう成人して独立しておりますが
結婚して離婚してしまいました。

肉親との縁が異様に薄い気がします。

でも ご先祖様の供養を行っていきたいと
思っておるのですけど
私はどの祖先に対して供養を行っていけばよろしいのでしょうか。
そして どのようなことをすればよろしいのでしょうか。

実際 実父の顔も知らず 実の祖父祖母にも会ったことがなく,名前もわからず どうしていいかわからないで困ってしまってます。。。

母とも 気が合わずなじめず話せず どうしようもないんですけど。。。

Aベストアンサー

先祖の供養は気持ちの問題でしょう。
お墓や位牌が無いとできないようなものではない。
何よりも気持ちが大事です。
どうしても偶像がほしいのであれば、仏壇でも買って、拝んでおけばどうですか。
それか自分の気に入ったお寺に相談するかですね。
一緒に解決してくれると思いますよ。
くれぐれも変な数珠や壷など買わないように。

Q家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!

家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!
家系図作成のため可能な限りの原戸籍を取り寄せたところ、6代前(自分を含めて)の1811年生まれのご先祖様とその両親(生年月日は不明)まで記載されていましたが、素人が独力でそれ以前を調べることは、出来ないでしょうか? 祖父母が出身地を離れて既に80年以上が経過していて、菩提寺も不明なので、宗門人別改帳?にたどり着くのも難しいと思います。両親・祖父母も既に故人で親戚も付き合いがありません。平家の落人の末裔??という眉唾の噂も小耳に挟みました(汗)。アドバイスをお願いします。カテゴリーが間違っていたら、申し訳ありません。

Aベストアンサー

200年以上前の日本というのは一般の人は苗字も持たない人が多かった時代で
※ 苗字が全員に付いたのは明治から。
ほとんどの人は名前や屋号、あだなで呼び合う程度だったので
名のある武将や地位のある人以外はなかなか難しい問題になります。

今の役所の戸籍を辿る方法では、この明治ぐらいからの記録が限界になり、
それ以前の記録となると、先祖代々のお墓を管理するお寺で
昔の戸籍に該当する台帳のようなものが残されていることもあるので
そういうものを辿って行くしか方法としてはありません。
現段階で先祖代々の墓が不明なのであれば
そういうルートでの検索も難しいと思います。
先祖の墓が解っても台帳が残っているかは不明なので
運に任せるというほどの確立ではありますが、
先祖を辿りたいのであれば、まずは先祖のお墓探しから・・だと思います。

Qご先祖様の供養について

お墓参りについて質問したいのですが、私の両親は離婚していて少し複雑な事情で父方とは全く連絡を取っていません。
その上で、母方の先祖のお墓まいりには行けるのですが父方のご先祖様には何も出来ていませんので、もし直接お墓参りに行けなくても供養出来たりする方法があれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大体、どこの和尚さんでも、供養は形ではなく心で行うものだというアドバイスをくれると思います。

そうは言っても、形にして供養したいという気持ちもあるかもしれませんね。また、そういう意味では形も大切だとも言えるかも知れませんね。

たとえば、高野山の奥の院というところがあります。ここでは少額のお金を納めれば、先祖一体(一名)につき何日かお経を読んで供養してくれたり、お灯明を上げてくれます(朝の勤行の時に先祖の名前を読んでくれるといことです)。

こういうことをしている寺はたまにあります。どこの地方か存じませんが、その地方を代表するような大きな寺で行っていることが多いです。真言宗や天台宗が、割合やってそうに思いますね。

同時に、卒塔婆供養というのもやっている寺もあります。卒塔婆とは、寺に立っている細長い木の板です。これも一枚1000円とかで、先祖のお名前を書いて、寺に納めるものです。近隣では、どこの寺でやっているか見当もつかない場合は、高野山や比叡山などに電話して紹介してもらっても良いと思います。

供養というのは、もともとは回向という概念と対になっています。死んだ人に代わって功徳を積み、死者にその功徳を回す(送ってあげる)という意味ですね。葬式や法事などでは、子孫が仏事を行うことでその功徳を先祖に送るというよう解釈になっていますが、何か良いことをした後に、「この功徳を誰それの菩提(悟り)のために」と祈ることは、仏教ではごく普通のことです。卒塔婆にも、よく見ると、そう書かれています。ですから、何か良いことをして、その功徳を「誰それのために」と祈れば、供養していることになります。これは形のない方の、供養の一つの方法ですね。

大体、どこの和尚さんでも、供養は形ではなく心で行うものだというアドバイスをくれると思います。

そうは言っても、形にして供養したいという気持ちもあるかもしれませんね。また、そういう意味では形も大切だとも言えるかも知れませんね。

たとえば、高野山の奥の院というところがあります。ここでは少額のお金を納めれば、先祖一体(一名)につき何日かお経を読んで供養してくれたり、お灯明を上げてくれます(朝の勤行の時に先祖の名前を読んでくれるといことです)。

こういうことをしている寺はた...続きを読む

Qわたしのご先祖様

 わたしの生家は、父の代で20代以上(おそらく22代くらい)になります。

 一番初めのご先祖が、何時代くらいの人か知りたいです。

 ちなみに父の年齢は50代半ば。祖父母の間に遅く出来た子供(?)で、祖父の産まれは明治の末年、祖母は大正です。

Aベストアンサー

だいたい昔と今との違い、兄弟何番目かによっても変わりますが、
25歳で生まれた子供、と平均して仮定すると
25才×20代=500年
ということで500年前くらいでしょうか・・・

となると1500年なので室町時代ですね。
すごい!歴史のある生家なんですねえ。

あくまで推測ですが。

Q風水 ご先祖様

ご先祖様を祀る方向はどこでもいいのでしょうか。鬼門はダメとかはありますか?なにか教えてください。

Aベストアンサー

ご先祖様を供養する心さえあれば場所はあまりこだわらなくてもいいと思います。
家族の集う場所がいいと思います。
ほとんど使ってない部屋や寝室は避けたほうがいいでしょう。
西側に東向きで安置することが最も良いと言われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報