冬の夜に山をドライブすると、急に霧がでることってあります。それも、ほんの少しだけのときがあります。
あれって、なぜですか。

A 回答 (1件)

霧は気温の変化によってできます。


飽和水蒸気量はご存知ですか?
1立方メートルの中に含むことができる水蒸気の量は、温
度によって異なる、というヤツです。
もちろん温度が低いほど、飽和水蒸気量も低くなります。

冬は夜になると急激に気温が下がり、飽和水蒸気量が実際
の水蒸気量を下回ってしまいます。
飽和水蒸気量が実際の水蒸気量に一致する気温を露点と言
いますが、露点以下になると、水蒸気は水蒸気ではいられ
なくなり、水滴に変化します。湿度は100%の状態です。
これが霧や雲ということです。
さらに下がると水滴は本格的な水になり、あたりはビショ
ビショになります。雲からは雨が降ってきます。

このように冬は霧が発生しやすい時期ですが、山の霧がほ
んの一部だけしかないことがあるのは、山ではその場所の
地形から、下の方の空気が昇ってくる場所があり、そこで
は、他のところより若干気温が高くなるので、霧が出ない
のです。
山の天気が不順であるのも、その辺に起因するところがあ
ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説、どうもありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報