ネットが遅くてイライラしてない!?

こんばんわ。
最近精神的なゆとりが出たのか、落ち着きのあるインテリアや暮らしに興味が出てきました。しかし、哀しいかな、子供の頃からの貧乏性故に「ハイソな生活」「大人の暮らし方」「優雅」「ゴージャス」・・・がイメージできません。

そこで、ご相談ですが、以下の点で教えてください。
●大金持ちの生活ってどんなもの?
●優雅な暮らしってどんなもの?
●セレブやハイソな方々の暮らしぶりってどんな感じなのでしょう?

どんな家に住み、どんな風に一日を過ごし、どんな趣味をもっているのかとか・・・

あと、そういうセレブの暮らしについてホームページがありましたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

学生時代の友人の話しです。



当時高校生だった私の友達ですが、芦屋の高級住宅街に住んでいました。
遊びに行くと、必ずすぐにケーキが出てきました。突然遊びに行ってもです。常にケーキのある家なんて凄い!と高校生の私は感心してしまいました。
それぞれの部屋にトイレとお風呂がついていたのにも、当時の私には驚きでした。
彼女の部屋はベットルームと勉強部屋(?)と応接間(?)があり、バルコニーだけでも一部屋ありましたね。

高校では、その子はバレーボール部に入部していました。
丁度その頃彼女の家は引越しして、新しい家に遊びに行くと、家の地下室にバレーボールのコートがありました!!!びっくり(@@;;
庭は森のようで、滝が流れていて、温水プールもありましたね。
それと、ティールームっていうのでしょうか?
日本的に言えば、離れ?お茶室?みたいなのもありました。

新しく引っ越した家は、有料道路の中にありまして、冬場は年に何回か道路が凍るので、普段使いのベンツ・ジャガー・コルベット・フェラーリ(他にも数台)以外に4WDが2台、家の駐車場は車だらけでした。
でも、お父さん・お母さんには、お抱え運転手がおりまして、それらの車はあまり使われていなかったような気がします。

勿論住み込みのお手伝いさんが数人いて、お抱えのコックさんまでいました。
夕食をご馳走になったことがあったんですが、食べたことのない物が多く出現!その後、キャビアやフォアグラを知りました。
まるでレストランに来ているようでしたね。常にナイフ・フォークの食事なのか、いまだに疑問です。

週末は家でしょっちゅうホームパーティが行なわれていたようで、彼女は「疲れるわー」と言ってました。

もちろん習い事はたくさんしていたようです。
私が知っている範囲では、英会話・ピアノ・バレエ・茶道・華道などなど。

彼女はその生活が当たり前なので、えらぶったところもなく、とにかく上品でしたね。
生まれついた品がありました。
私は羨ましいを通り過ぎて、ただひたすら凄い!と思っていました。

あの彼女、今はどうしているのでしょうか・・・。
私の知っている、ハイソな暮らしのお話しでした。
    • good
    • 13

まずは言葉の定義から・・・。



[セレブ]は一代でもなれますが【ハイソ】は最低三代以上続かないと[上流社会]とはいえません。

【ハイソ】は貧乏でも【ハイソ】、コトワザ通り「腐っても鯛」なのです。

【冷泉家】を失礼ながら例に引くと、現世的には貧乏でなくても金持ちとは云えないでしょう。
しかし日本を代表するトップクラスの家系で知的上流社会に属し、1000年以上も書と歌の世界の文化を守りつづけた名門です。

[大金持ち]は成金やセレブでもなれますが、直ぐには絶対【ハイソ】にはなれません...何代か後では、子孫の教育次第で可能性はあります。

[優雅な生活]と[ゴージャスな生活]、これも考え方次第で比較になりません。
親の残した事業や遺産で暮らす方と、自分が切り開いた仕事をバリバリこなしながら自分の時間を楽しむのと比較しても本人次第です。
また「優雅な生活」には精神的な余裕を感じさせる響きがあるのに対し、「ゴージャスな生活」には西欧的物質文明に支えられている感じがします。

交友関係に目をやれば【ハイソ】は、数代前からの姻戚関係、出身校や避暑地や特殊な環境での交友関係とか過去の蓄積があります。
残念ながら【セレブ】さんには、そのような[過去][名誉]的なものは買えないのです。

戦後、ある成金さんが没落貴族のお嬢さんか未亡人だかを嫁にした事業家がいましたが、いつの世もお金が出来ると買えない[名誉]と[過去]を欲しがるもののようです。
    • good
    • 7

ご質問には矛盾があるように感じるのですが。


「最近精神的なゆとりが出たのか」とおっしゃっていますが、「精神的なゆとり」が出て「落ち着きのある暮らしに興味が出てきた」のであるにもかかわらず、ご関心が物欲的な「ゴージャス」「セレブ」に向いているのは何故ですか?
「落ち着きのあるインテリアや暮らし」が、イコール「ハイソな生活」「大人の暮らし方」「優雅」「ゴージャス」だとは、必ずしも思いませんが。
私に言わせれば、叶姉妹もデビ夫人も「優雅」という言葉にはほど遠く、あまり趣味がいいとは思えません。
お金がなく、質素な生活をしていても、「優雅」な方はたくさんいますし、「大人の暮らし方」もできるはずです。
私自身は、質素でも、自分のスタイルがある方、マナーが押しつけでなく、完全に自分の一部になっているしつけの行き届いた方を見ると、趣味がいいな、育ちがいいんだなと思います。

大金持ちのお嬢さん的な生活についてお知りになりたければ、元華族出身の酒井美意子さんの著作を読むといいですよ。特に主婦と生活社から出ていた「ほんものマナー秘訣集」は、良くも悪くもツッコミ甲斐があってお薦めです。
この本の内容を鵜呑みにすると、タイトルにある「ほんものマナー」や育ちの良さ、優雅でハイソな暮らしとは、「精神的なゆとり」ではなく、物質面で決まるようです。そういうものなのでしょうか?
    • good
    • 4

私が考えるお金持ちの生活って、いわゆる元巨人監督の長島監督一家


みたいなイメージかな。
昔、巨人軍の皆さんを引き連れて料亭のような所に行った時、鯛のお造りが
出てきて、普通だった切り身20枚くらい(かな?)一度にサーって取って
お醤油つけて食べるけど、監督はその量がものすごかったらしいです(笑)。
でも、本人にしてみたらそれが当たり前。周りにいた人間は目がテンになった
らしいですけど、当の本人はその周りの反応にも気付いてない!
それが、当たり前。なんでしょうね。普段の生活で。
あと、息子の一茂氏の通帳には「常に」500万円入っていたそうです
(学生時代!)。いわゆるお小遣いってやつですね。それが、当たり前。
お金持ちにしかできません!もう一般庶民とは金銭感覚が違いますね。

優雅な暮らしといって思いつくのは、何といっても中村江里子かな。
あの人は、もう根っからのお嬢様。小さい頃から良い服着てるし、もちろん
礼儀作法云々言っても(もちろん一般庶民との金銭感覚の違いとかからの
ある意味での非常識的なところがあるのかもしれないけど)まわりの環境が
環境なだけに、洗練された都会的な女性っていうイメージがありますね。
お金持ちっていうよりもこっちの方がまさにハイソ(ハイソサエティー)
な人って感じかな。実家も良い家だし。アナウンサーになったけど、
いろいろとバッシングはされるは何やらで原因はわからないけど、
結局やめちゃった。私は、何であの人がいろいろとマスコミに騒がれるのかが
わかりません。結局妬みなのかなって。あの人はあれで普通だし、芸能人にはない
品の良さがあると思います。で、自分の好きなことやって、でもお金もあるし…
みたいな。お金もあって時間もあって自分の好きなことできるのが優雅だと
思います。

でも、ハイソ=お金持ち=セレブ=優雅(順不同)っていう公式は
成り立たないと思います。ハイソな生活、とか豪華ってその人それぞれの価値観で
変わってくるものだから一概には言えませんね。
お金持ちっていっても、もともと代々家がお金持ちっていう人と、
1代で築き上げたお金持ちだと(いわゆる成金)全然違いますよ!
しいて言えば、本当のセレブ、ハイソな方たちというのは、全てにおいて
豪華という事かな。もともとお金を持ってなかった人だと、絶対に
どこかでケチケチしてるところがある!!昔からの金銭感覚って絶対に
死ぬまで変わりません。あと、礼儀作法にもその人の育ちがモロに出るので、
たとえどんなにお金持ちでも私は、ハイソだとは思いません。
(芸能人がいい例ですね)
こればっかりはしょうがないですね。品の良い、悪いはどうしても出てきて
しまいます… でも、年を重ねれば重ねるほど生き方が表に出てくるので、
良い方にいけば大丈夫!かな?
お金含め、人間的な心の余裕と、美しい振る舞いなどが必要なのでは
ないでしょうか。だって、どんなにカッコイイ部屋に住んでいようと、
住人がマッチングしてなかったら超カッコワル!になっちゃいますもの。

生活にゆとりがあるというのは素晴らしいことですね。
たまの晴れた日にゆっくり青い空を眺めてみたり、自然などにも目を向けて
みるとさらに心が豊かになって、暮らしをもっと良いものにしてくれると
思います。
    • good
    • 4

私は普通の貧乏人なのであくまで想像ですが・・・



きっと車は、「ふぇらーり」や「じゃがー」や「めるせです」あたりをTPOに応じて使い分けていそうですね。
普段は「きゃでらっく」の後部座席に座っていそうですが。

家には暖炉のあるカーペット敷きの部屋は必ずありそうですね。
(もちろん、本当に火をくべる暖炉です。)

これ以上は私には想像できません。
    • good
    • 2

ゴージャスといえば、叶姉妹やデビ夫人が似合いそうな感じですけど、落ち着きのあるインテリアっていうと、それじゃ落ち着かない人も多そうですね。



例えば、家具はアンティークでロココ調とかの様式や年代で統一するとか・・・
都心なのにリビングは最低でも20畳以上(もちろんDKは別にある)とか、そんな感じですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/20 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイソな感じ

よく、おしゃれな雰囲気とかを『ハイソな感じ』とかいうのを聞きますがこのハイソって漢字があったりするんですか?

普通にPCで変換しようとしても出てこないのでない&gooの国語辞典でも出てこないしないのかな?とか思ったりするのですがそれはそれで微妙ですしご質問させて頂きました。

Aベストアンサー

ハイソサエティー 4 [high society]


上流社会。また、上流階級の人々が集まる社交界。

↑グー国語辞書より。

ハイソサエティーの略なので漢字はありません。

Qセレブな女性、ハイソな女性

こんばんは、皆さんが感じるこのような女性の条件とな何でしょうか?
私は来月結婚を控えているのですが、そのパートナーが「お嬢様」とは言われますが
決して「セレブ」とは言われないのです。この違いはどう捉えるべきしょうか?

Aベストアンサー

はいこんばんは。1番4番の方の意見が、妥当だと思いますね。5番の方の意見も尤もだと思います。
どうも日本人はなんでも外来語を使いたがる、それも簡略化して・・・悪い癖ですね。最近気になった、その最たる物が「ステマ」です。何ですか、ステマって捨て間でしょうか(笑)。こういう変な言葉、変な略し方をするから、言葉が独り歩きするのです。

それでですね、以前のご質問に答えた時に申し上げたと思いますが、「お嬢様」の条件は、家柄が良いということに尽きます。つまり旧華族の家柄というような物です。ですから、親が社長、家に資産があるというだけでは「お嬢様」の資格はありません。
「ハイソ」も言わば同じです。上流家庭ですからね。ハイソな家庭の娘がお嬢様なのです。ですから資産は関係ないんですよ。たとえ没落貴族であってもハイソには違いないのです。また、仮に幾ら皇室と親しい関係であっても、家柄が良くなければ絶対ハイソではありません。

上流家庭と資産家は違います。一般的に、そこを混同している方が多いのです。よく日本人総中流意識というような話題が新聞等をにぎわすことがありますが、それは中産階級という意味です。つまりお金がどれだけあるかという意識にしか過ぎません。

「セレブ」に関しては、資産階級という意味には一応当てはまっています。ですが、「セレブ」と言われる人がハイソかどうかは分かりませんからね。むしろ逆の場合が多そうです。

言ってしまえば、あなたの家柄がハイソで、あなたのお姉さまのような方が本当のお嬢様なんですよ。大体あなたの結婚披露宴に、お姉さまが主催する仮面舞踏会が行われるというだけで、一般庶民とはかけ離れた物だと思いましたからね。そういう事が、何の衒いも無くできて、それに同調されるご家族や、ご親族、ご友人方・・・そういう家庭を上流階級と、つまりハイソサエティと言うのです。但し、セレブかどうかは情報が不足していますのでお答えできませんね。

パートナーの方が「お嬢様」といわれるのは、ハイソな家庭に嫁がれることから、当然だと皆さんが判断なさるのですよ。

私がセレブなんて言われたら、あまり良い気持ちはしませんからね。お嬢様と言われる方が、やはり日本語にかなっているのだと思います。

あと、お嬢様という言葉には、時として何も出来ない世間知らずの女性と言うことを揶揄する場合もありますが、あなたのパートナーの場合は違うと思いますよ。

はいこんばんは。1番4番の方の意見が、妥当だと思いますね。5番の方の意見も尤もだと思います。
どうも日本人はなんでも外来語を使いたがる、それも簡略化して・・・悪い癖ですね。最近気になった、その最たる物が「ステマ」です。何ですか、ステマって捨て間でしょうか(笑)。こういう変な言葉、変な略し方をするから、言葉が独り歩きするのです。

それでですね、以前のご質問に答えた時に申し上げたと思いますが、「お嬢様」の条件は、家柄が良いということに尽きます。つまり旧華族の家柄というような物です...続きを読む

Q幸せいっぱいのセレブな友人が憎くてたまりません

最近、海外在住で同世代の女友達が妊娠&出産しました。本来、喜ぶべきことなのですが、どうしても「おめでとう」と言ったり、お祝いを贈ったりする気持ちになれません。
というのは、私は知り合った当初から彼女の恵まれた境遇がうらやましく、自分がみじめに思えて、それが彼女の妊娠出産でピークに達してしまったのです。具体的にいうと、旦那さんはリッチな有名人で、彼女は優雅な専業主婦。趣味的な仕事しかしていないのですが、その分野では時々マスコミにも露出するなどそれなりに成功しています。
私はある偶然から彼女と知り合ったのですが、たまたま同郷だったことから(そして、おそらくは海外在住者特有の孤独感から)、向こうから何かにつけて接近してくるようになり、帰国のたびに会いましょうと連絡がくるようになりました。
一方、私は結婚はしているものの、病気がちで妊娠出産もできるかどうかわからない状態。しかも、夫には専業主婦でいさせてくれる経済力がないので、健康の不安を抱えながら激務に追われる日々です。
もちろん、そんな夫を選んだのは自分自身なのですが、さいきん健康状態がかなり悪いせいか、彼女の夫と自分の夫を比べて、つい情けなくなってしまいます。
というかそれ以前に、彼女の生活をすべて知っているわけでもないのに勝手に想像して、勝手に妬んでいるだけなのかもしれない、ということはじゅうじゅう承知しています。しかし、それでも女性が望むものすべてを手に入れて幸せいっぱいの(ように見える)彼女を妬ましいと思う憎悪の気持ちを消す事ができません。苦しいです。
どうしたら、この負のスパイラルから抜け出す事ができるでしょうか?

最近、海外在住で同世代の女友達が妊娠&出産しました。本来、喜ぶべきことなのですが、どうしても「おめでとう」と言ったり、お祝いを贈ったりする気持ちになれません。
というのは、私は知り合った当初から彼女の恵まれた境遇がうらやましく、自分がみじめに思えて、それが彼女の妊娠出産でピークに達してしまったのです。具体的にいうと、旦那さんはリッチな有名人で、彼女は優雅な専業主婦。趣味的な仕事しかしていないのですが、その分野では時々マスコミにも露出するなどそれなりに成功しています。
私は...続きを読む

Aベストアンサー

私の友人・知人にもセレブは多いです。
学生時代「お父さんが弁護士でお母さんが歯科医師で都心の一軒家でぬくぬく私立育ち」というような友人達がいて、その子達がそのまま大した苦労もせず留学・結婚・出産し、経済・健康面での不安もなく育児や趣味に打ち込んでいたりします。
職場では日本の「上流階級」な方々と接する機会も多く、「ホントに不景気?」と感覚がズレてきてしまいます。

ただ私は単純なので、憧れるだけで終わります。
「あの洋服ステキ!歳のわりに美しいのはエステや高級化粧品を使ってるんだろうな。あんな風になりたいものだわ~」と。
そしてそういった方々に名前を呼んでもらえると、「『私』を憶えていてくれたんだ♪」と幸せを感じてしまいます。
自分がセレブになれないから、セレブに「私」を認識してもらうことで選民意識を満たそうっていう、実にくだらない魂胆です(笑)

つまり私は、自分が庶民で「同じ土俵」に立てないことは分かっているので、最初から「見物人」になっちゃってるわけです。
で、その「セレブな土俵」に立っている方に「あなたの笑顔が見たくて来たのよ」なんて言われちゃったら、完全にお世辞でももう有頂天です。
「こんな素敵な女性が、私なんかを少しでも気にかけていてくれる」その気持ちが原動力となり、仕事に更に励むことができます。

…私って本当にくだらない人間ですね(笑)
でも、だからこそ「妊娠した」と訊けば「いいことだわ。愛情豊かな方だしお金に困ってないんだから少子化に貢献して頂きましょ」と思います。
「女性が望むものすべて」を手にしている人に、「こんな恵まれた境遇で一生を送れる人もいるのね。不公平だけど、これが現実なのね」とあっさり納得できます。

「同じ土俵」と考えるから、嫉妬心が生まれるのです。
もう完全に別世界の人~と思ってしまうと、案外楽ですよ??

質問者様のお友達のような方は、「人を見る目」が肥えています。
審美眼があるから成功してきているともいえます。
そういう方は、時間を無駄に使いません。
メリット・デメリットを常に考える人であるなら尚更、「デメリット」になる人間に興味は持ちません。
会いたいと連絡をしてくるのは、やはりあなたに相応の魅力を感じ、得るものがあると感じているからでしょう。

「仕事でメリットがあるかも」という下心があるとしたら、「その仕事をしている質問者様」を丸ごと評価しているということではないですか?
この時代、キャパオーバーな程「発注がある」ということは、質問者様の仕事ぶりを「単なるひとりよがりな自己実現の手段ではない」とまわりが感じているのです。
私は、私の仕事を「つながりを保てばメリットがある」と感じるくらい評価してくれる人がいたら嬉しいです。
私自身、メリットは望みませんが、発注に追われているような方に「この人はこれだけの仕事をこなせる人なんだ。なんて人徳があって優れた人だろう」と魅力を感じて関わることもありますし。

ちなみに私の母も一見「勝ち組」な女性です。
仕事で成功し、健康や美容面でも恵まれ、結婚し子供を3人授かり…大人になってからの母を羨む女性は多かったようです。
だけど母自身は生まれた時から母子家庭で、「成功」を得るまでに大変な苦労をしてきた人でした。

私も、結婚して男女の子供に恵まれ、正社員としての仕事も持っています。
もしかしたら「うらやましい」と感じる方もいるかもしれません。
でも結婚前に、「こんなに苦労した人は少ないはず」とまわりからも言われてしまうくらい、山のような苦難・トラブルを経験しています。結婚後も計7年の不妊期間がありましたし。
もし「うらやましい」などと言う人がいたら、「だったらアンタと人生そのまま取りかえてやるよ!同じ苦労を経験してみろ!」と言いたくなります。
「外」からは分からないこともたくさんあると思います。

おそらく質問者様は、今お疲れなんだと思います。
「趣味で働く」場合は苦労すら楽しく感じられたりしますが、健康状態が悪い中「お金のために働く」ことは大変です。
私も「家出中、手術前なのにお金がなくてキャバクラでバイト」という経験がありますが(次元が低い話で申し訳ないですが)、もう世界中すべての人を羨みましたから。

ご自身にご褒美を与えていますか?
家計に影響が出ない程度に「ムダ」を作ると、心に余裕が生まれます。
文章を拝見し、「外」からは羨ましいくらい聡明な方という印象を受けましたが、これほどの女性が憎悪と嫉妬でいっぱいになって生活しているのは勿体ない気がします。

私の友人・知人にもセレブは多いです。
学生時代「お父さんが弁護士でお母さんが歯科医師で都心の一軒家でぬくぬく私立育ち」というような友人達がいて、その子達がそのまま大した苦労もせず留学・結婚・出産し、経済・健康面での不安もなく育児や趣味に打ち込んでいたりします。
職場では日本の「上流階級」な方々と接する機会も多く、「ホントに不景気?」と感覚がズレてきてしまいます。

ただ私は単純なので、憧れるだけで終わります。
「あの洋服ステキ!歳のわりに美しいのはエステや高級化粧品を使っ...続きを読む

Q能力の低いバカな人への怒りの抑え方

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えようと思います。
社会人時代には、夫のような、気が回らない、覚えが悪い、人に配慮ができない、要領が悪く、社会常識のない低能な若い男性社員がたくさん入ってきて、いかに怒りを抑えるかを課題にして働いていましたが、出産を機に会社を辞めて一年がたち、その時の感覚を忘れてしまい、自分の感情をコントロール出来ずにいます。確か、昔は、小学生が社会見学にインターンで来ていると想定しながら、優しく接するようにしていたような気もしますが。
いつかは、また社会復帰を考えているので、その時に役立つように、今は、怒りを抑えることをトレーニングしておこうと考えてます。短気な私に与えられた神様からの試練だと思ってますし、克服できた際には、子育てにも必ずいい影響があると信じています。
今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

離婚した方がいいですよ、とか、そういう人生相談的な回答は、結構です。人生観、結婚感は、人それぞれですし、それは自分自身で、真剣に悩んで、自分で決めることですので、そのような内容で回答欄を使用しないでください。

私の夫は、何回も何回も同じことを言われても、覚えが悪く、同じことを繰り返します。その上、向上心はなく、愚鈍で、33歳のわりに社会常識や中身がなく、薄っぺらく、幼稚です。
私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えよう...続きを読む

Aベストアンサー

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣り、飲み込みが悪い)人々が存在するのも事実。
かつて私は何十人もの上司に仕えましたが、全体像の1割を述べただけで全てを理解してくれる有能な人もいれば、10割全てを語り・その背景・補足までを説明しても理解出来ない人もおりました。

自分がそれなりのステイタスを会社から与えられた現在、上司に対する対応と部下・後輩に対するそれを完全に分離しております。

即ち無能であるとこちらが認識した上司に対しては無駄なエネルギーの発散は極力控え、通り一遍の対応に終始し完全に見切ってしまう(宮仕えの身の悲しさで、当然相手の機嫌を損ねない様にですが)、その一方でさほど有能でない部下・後輩に対するスタンスは、貴女同様人間修養の場と割り切り極力叱る事を避けて相手が納得するまで気長に説明をする(頭の中の人事考課では当然採点しておりますが)事を心掛けております。

そして同期入社・肩書き的にほぼ同格と思われる同僚に対しては自然体で接している、つまり意識の中で上・同格・下とのカテゴリーを設定し、そこに合わせて対応を使い分けています。
多少ずるいのかも知れませんが、立場の上下が殆んど全てと言っていい一般社会に於いて、無能な上司に注ぐエネルギーは無駄に終わる場合が少なくない、依って保身とエコの観点からの使い分け、それが20数年に及ぶ社内遊泳で学んだ私なりの処世術。

質問者様の御主人が、貴女にとってどういった位置付けになるのか分かりませんが、先にも述べた通り人間の本質はそう簡単には変わらない、依って接する貴女の方がより自分にとって精神的なマイナスの少ない対応をなさるのが得策であると思われますが、如何でしょうか?

>今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。

どちらかというと私も質問者様と似たタイプ、即ち相手のレスポンスが悪いと直ぐにイラッとする短気な性格で、時折その事を反省はするのですが、悲しいかな人間の本質は中々変わらない。

さて入社以来20数年に及ぶ私の職場は所謂高学歴者のみで構成されており、その殆んどが最低でも早慶卒クラス(事務職の女性を除き)ですが、そのレベルでもどうしようもない(理解力が劣...続きを読む


人気Q&Aランキング