90を切ろうと目指している者です。今の悩みは、どうしてもアイアンがダウンブローに振れないことです。原因は自分なりにわかっています。それは2つあり、一つは私は右利きで今までバドミントンをやってきたので右腕しか使わず、右腕が左腕の2倍強い(極端です)ということで、どうしても右腕主体のスイングになってしまうことです。もう1つはやや右腕が左腕より短いのです。この2つの理由でどうしても右肩が下がり、自分の思ったより球の手前をたたいてしまうのです。「どういうイメージ」を心がけ、「どのような練習をすればよいか」この2点をどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

テニス肘 治療」に関するQ&A: テニス肘の治療

A 回答 (6件)

とても難しいご質問ですねえ。



もしかすると永遠に正解がでないテーマかも知れません。  超一流プロでも 「ここ一番」 でダフリますからね。

先日の全英オープンでも、あのベルンハルト・ランガーがアプローチで見事なダフリ ・・・ グリーン手前の深いバンカーにポトリ ・・・ まるでハンデ36の人を見るようでした。  結局、ピンをまともに狙えず、やむなくグリーンの左端に乗せましたよね。

たしか、このホールはボギーかダボになったはずです。

そもそも、ダフリには色々な原因が考えられています。

ご指摘のように右肩が下がる、あるいは体重が左足に乗っていない、シャフトが極端に寝たダウンスイングになってインから入る、体が回転していない、インパクトで体の左側が伸び上がる ・・・ この他にも手首のコックがほどけるのが早すぎるとか、色々あります。

実際にスイングを拝見しないと分からないのですが、もしかすると上に挙げた原因のうち、全て揃っている、あるいは複合的に重なり合っている事も考えられます。

この辺はレッスンプロに見ていただいて、本当の原因を追究し、それを元に一番効果的な治療法を見出す事が必要だと思います。

ただ 「どういうイメージで打てばいいか」 という問いですが、私のアイアンの場合で恐縮ですが、まずダウンスイングに入った時、グリップエンドを自分の右足の太腿にズドンと当てる意識でクラブを振り下ろします。

私の場合、こうすると手首のタメ (コック) を維持できるし、またシャフトが立った状態でインパクトを迎える事が出来るからです。

もうひとつ、意識の中では (右利きの場合) ボールの 「右半分で、その上半分」 を思い切り叩いて、それから地面を削っていくイメージでスイングしています。

これだと強いダウンブローに打てるので、ダフリの可能性がグッと低くなるわけです。

「トップするのでは?」 という心配も出てくると思いますが、左膝が伸びたり、すくい打ちしない限り極端なトップはまずありません。 

私の場合はそうしています。

最後になりましたが、一度練習場で、アイアンのヘッドを地面につけない (宙に浮かしたまま) でアドレスし、そのままスイングして頂けませんか?

最初は違和感があると思いますが、もしかするとダウンブローの感覚が掴めるかも知れません。

ダメで元々、色々と試して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今度練習場で試してみます。

お礼日時:2005/07/29 20:02

スイングを見ないと判りませんが、



 >右腕しか使わない 
 >右腕主体のスイング
 >右肩が下がり

からすると、右手ですくい打ちしている様に思います。
体重移動が出来ていますか。多分「明治の大砲」では
ないかと思われます。

練習場で他人のスイングと自分のスイングの違いを観
察して下さい。

左手を生かして、右手はトップからダウンスイングの
切り替えしが終わるまで極力殺して、回転運動の中で
ボールをヒットすることです。フィニッシュがきちん
とれていなければ、今の打ち方の延長線で90を切るのは
難しいので、根本から変えることが必要かも知れません。
「打つ」とか「叩く」と「スイング」のどちらを意識し
ますか。90を切るには先ず「スイング」を確立すること
です。
    • good
    • 0

決心が伺えました


ひとつだけヒントを差し上げます
身体の重心を、後ろに倒れる極限までかかとに掛けて
クラブを振って見てください
手に力が入らなくなると思います
これが「スイング」です
基本を学ばれる時には
ゴルフダイジェスト社発行のビデオテープ
坂田信弘プロ監修の「ゴルフ進化論」
(書店で取り寄せてくれます)
がよろしいかと思います

頑張ってください
    • good
    • 0

右腕が強いのでしたら右サイド主体のスウィングにしてみたらどうでしょうか。



僕も少しテニスをやっていたのですが、右手一本でダウンブローにもシャローにもボールを打つ事ができます。
当然飛距離はでませんが…

右肩、右肘、右手首の制御は得意でしょうから右手一本で打つ練習をしてみたらいかがでしょうか?

僕は器用な部分は有効利用した方が良いと思います。

バランスが取れない場合は左打ちの素振りを繰り返すと良いです。
    • good
    • 0

ご自分の流儀を変えないでとなると難問です


しかし、ダウンブローは出来ると思います
ボールの位置を一個分右に寄せるだけでいいのですから

ダフリ、トップは原因が違うと思います
ダフリ、トップの原因は
クラブの軌道が一定していないこと
身体の動きが一定していなこと
スイングの理解が出来ていない事となります
従って、ご自分の流儀を続けるならいつまでも続きます

直したいのであれば、スイングの基本に返ることが必要です
クラブが同じ軌道を通るように修正しなければなりません

決心をお聞かせください

この回答への補足

もう長年悩んでいますので、自分の流儀を変えてでも直したいです。是非教えてください。

補足日時:2005/07/29 19:59
    • good
    • 0

あまりダウンブローを意識すると右腕、右肩が突っ込みやすくなるものです。

「普通に振ったらダウンブローになった」くらいでいいのです。それでもショートアイアンなら派手にターフが飛んでいきますから大丈夫。

それで練習は以下の通り。

まずはボールはスタンスの真ん中に。極端なハンドファーストで、アイアンを浮かせて構えて下さい。(リーディングエッジがボールの赤道あたりの高さ)これであまり体重移動をせずに(右足のかかとをインパクトまで絶対に上げない)8分の力でスイング。
トップが怖いのですが構わずに打って下さい。打った後で人工芝にクラブがかすかに触ることを意識して打ち続けて下さい。

最終的にはフルスイングでインパクト後に右足かかとが上がって、以降きれいなフィニッシュになるようにしますが、今は7~8分の振りでOK。

ダウンブローを意識すると必ずや右肩は突っ込みます。質問者様のように片腕スポーツ歴が無くても突っ込みます。ビデオなどで自分のフォームを見ると目からうろこです。スポーツ経験あるとのことでアイアンは力んで飛ばす必要はなさそうだし、かるーく振る練習で十分ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今度練習場で試してみます。

お礼日時:2005/07/29 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフのドライバーとアイアンって打ち方は違うんです

ゴルフのドライバーとアイアンって打ち方は違うんですか?同じ打ち方でいいんですか?

Aベストアンサー

基本は同じ打ち方でいいとされているようです。
ですけど自分の場合は変えています。
そもそもシャフトの硬さが間逆なので。アイアンは硬い、ドライバーは柔らかい。

打ち方は上から下ろして上向きに上げないように振るって部分は同じなのですが、シャフトのしなりを考慮すると、どうしても振り方に修正が必要になってしまいます。

それとクラブの特徴や新しい理論が次々出てくるのがゴルフですから、やっぱりクラブの選び方次第といったところです。

Q右肩が下がる

スイングに関しての質問です。
ゴルフを始めて10ヶ月になります。

どうしても右手で打ちにいこうとしてしまい、
右肩が下がる感じのスイングになってしまいます。
その結果ドライバーはこすれた感じのインパクトになります。
芯に当たっているのですが、右に真っ直ぐいきます。

雑誌などをみると肩の動きはヘッドが走ってから
遅れるような感じで回っていまがとても真似できません。
切り返しの後はどうしても腰が先行してしまうタイプです。

何か良い練習方法などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

私の練習方法を書かせていただきます。
(1)右手重視のスィングはそのままに、頭を上下移動しないように右肩を回して行く。打ち終わった後は、右肩があごの下にくるイメージです。
(2)左足を一歩踏み出した状態で、右肩を回すスィングをする。
(3)ボールインパクトが終わっても打球を目で追わない。
騙されたと思ってやってみてください。

Qドライバーの打ち方

7年ほどのブランクのあとゴルフを再開したのですが、飛距離がかなり落ちてました。
それで、意地になってスチールシャフトのマッスルビルトで約半年、下半身強化もしながら練習に励みました。
おかげさまでアイアンの飛距離はとりあえずは何とかなるようになりました。
たとえば、キャリーで表示しますと、
8I 練習前130yard 練習後150yard
5I 練習前150yard 練習後180yard
3I 練習前170yard 練習後200yard
と、こんな感じです。
50歳も見えてきた今ではこのあたりが限界かとは思います。
これからの練習は安定したショットに専念しようと思います。

しかしです、
ドライバー 練習前210yard 練習後220yard
なぜか伸び悩んでいます。
よく考えると半年間はほとんどアイアンしか練習しませんでした。
「ドライバーってどんなうちかたしてたっけ?」
とまで思うほどわからなくなってしまいました。

変な質問ですみませんが、アイアンのスイングをベースにドライバーの打ち方を教えてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。

7年ほどのブランクのあとゴルフを再開したのですが、飛距離がかなり落ちてました。
それで、意地になってスチールシャフトのマッスルビルトで約半年、下半身強化もしながら練習に励みました。
おかげさまでアイアンの飛距離はとりあえずは何とかなるようになりました。
たとえば、キャリーで表示しますと、
8I 練習前130yard 練習後150yard
5I 練習前150yard 練習後180yard
3I 練習前170yard 練習後200yard
と、こんな感じです。
50歳も見えてきた今ではこのあたりが限界かとは思います。
これ...続きを読む

Aベストアンサー

ドライバーのシャフトは長いため
スイング中にグリップが、アイアンに比べて、緩みがちです
まず、グリップをしっかりしてください(特にインパクト)
目標とするところは、腕とシャフトの角度が
アドレスの時の状態を保つということです

腕が伸びてしまうと、折角溜めたヘッドのエネルギーが
分散してしまいます(もったいない)
また、角度を保ちながら、ヘッドの重さを(エネルギーを)
生かす(動きを感じる)気持ちで振ってみてください
最初はゆっくりでいいと思います
私は、ドライバーのヘッド(アイアンも同じですが)の
通過する高さを下げすぎないよう意識しながら振っています

最近アドレスのポスチュアの意味が段々判ってきました
アドレスの形がスイング中保てるとプロの形に近くなることも

一度試してみてください

アドバイスまで

Q左腕で引っ張る?

以前ゴルフ雑誌で、「左腕で引っ張るように打て」という記事と、別の号で「右腕に意識を向けろ」という記事がありました。

私の場合、左手に意識を集中して左腕で引っ張るようにするとフェードが打てるのですが、飛距離があまり出ません。
逆に右手に意識を集中するとダフったり、打ててもフックになります(しかもドライブ気味で150Yも飛ばない。)。

よって、自分的には左腕引っ張るようにするのがベターなのかと思うのですが、実際はどちらが良いのでしょう?

ちなみに左主導だと220Y~240Yくらい飛びます。

みなさんはどういった意識で振っていますか?

Aベストアンサー

あれこれ試行錯誤した私の感覚ですが・・・
腕に限らずですが、左または右のどちらかを強く意識すると
ハマるとその場では一時的に何やらとても良くなるのですが
すぐに調子が悪くなってしまうことが多かったです。

で、私なりに得た結論は、「両方を均等に」です。
脱力するなら両腕共に、力を入れるなら両腕共に
脇を締めるなら両脇共に、です。
「主導」で言えば「体幹」が主導で「主」になります。
両腕は両方とも必要以上の力は抜いて「従」となります。

腕も足も肩も背筋も、左右のどちらかだけを意識すると
ほどなくして捻挫のような状態になり故障してしまいました。
特に腕は手首や肘などが痛くなってしまい辛かったですね。
足も腰も肩も、どちらかに偏ると一時的にはとてもいい感触が得られても
続けているとロクなことにはなりませんでした。

ということで、身体全体のパワーを出す、という意味でも
両足、両腰、両肩、両胸、両腕を偏ること無く使う、というのが
効率も良くて故障も防げる方法かと、私は意識しています。

ただし、始動のきっかけなどは、どちらかの腰、どちからの肩、など
イメージしやすい方でいいと思います。

あくまで私の感覚ですが、うまく文章にできなくてすみませんでした。

あれこれ試行錯誤した私の感覚ですが・・・
腕に限らずですが、左または右のどちらかを強く意識すると
ハマるとその場では一時的に何やらとても良くなるのですが
すぐに調子が悪くなってしまうことが多かったです。

で、私なりに得た結論は、「両方を均等に」です。
脱力するなら両腕共に、力を入れるなら両腕共に
脇を締めるなら両脇共に、です。
「主導」で言えば「体幹」が主導で「主」になります。
両腕は両方とも必要以上の力は抜いて「従」となります。

腕も足も肩も背筋も、左右のどちらかだけを意識する...続きを読む

Qゴルフ練習場でスイングチェックを行いました。するとドライバーがアップラ

ゴルフ練習場でスイングチェックを行いました。するとドライバーがアップライトな軌道になっているとレッスンプロから指摘されました。
事実、スピン量は4500程度あり、コースでも吹き上がりからスライスするボールが時折出ます。
そこでイメージとして、ダウンスイング時に右足あたりインパクトする感じで、クラブヘッドを横に振りぬく
ようにアドバイスを受けました。実際その打ち方をするとスピン量は3000以下程度、弾道も低くなりましたが、
強烈に違和感があり、特に横側に振りぬく時に、手が返りすぎる感が否めません。
こんどはとんでもないドフックが出るような気がします・・また、野球のバットを振る時のように横に振りぬくのが
ドライバーのスイング軌道ですともアドバイスを受けました。
フラットなスイングというより、感覚として、右足側で全てのスイングが終わるような感じで、クラブヘッドは惰性で
横側に抜けてゆく感覚?と捕らえたのですが、実際に、このイメージで合っているのでしょうか?
ちなみにゴルフ歴は20年、HSは48前後、オフィシャルハンディーは15です。

Aベストアンサー

おそらく、カットスイングされているようですね。
それをインサイドからはらう感じでフラット軌道のスイングに修正されたということ
だと思います。
しかし、イメージがしっくり来ないということでしたら、試しに以下のアドレスで
打ってみてください。
ボールから10cm程度ヘッドを離して構えることをお薦めします。

ヘッドが離れているとこれまでどおりスイングすると手前をダフってしまいそうだと
感じると思います。 ヘッドを飛行機に例えてスムースに離陸させるイメージを持って
スイングするとこの構えで振れると思います。
これによりカットスイング是正ができると思います。

Qゴルフ、右肩が下がらないようにする方法は?

ゴルフスイングで、ダウンスイングからインパクトにかけて右肩が下がっていると
よく指摘されます。
それがもとでダフリ、トップなどが多いです。

分かっているんですがどうしても治りません。
どうすれば(あるいはどうイメージすれば)右肩が下がらずにスイングできるでしょうか?

Aベストアンサー

意識の問題が一番大きな要素になると思います
まず、ボールを打ち上げようとしているのではないかと....
アイアンにしろ、ドライバーにしろ打ち上げなくても
ロフトでバックスピンがかかるのでレベルのスイング
するだけで良いのです、アイアンの場合はさらに
ダウンスイングが基本ですね

左肩が上がる=右肩が下がる のだと思います
ダフリ、トップもこの範疇ですね

横嶺さくらプロのアイアンのスイングのフォローを
真似してみてください
フォローを低くしていく形です

多分お役に立つのではないかと

参考まで

Qドライバーで吹け上がり、飛距離をロスします。バックスピンを減らす打ち方を教えてください。宜しくお願い

ドライバーで吹け上がり、飛距離をロスします。バックスピンを減らす打ち方を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

HCはいくつですか? 原因はいろいろあるので、情報がないとはっきりはわかりませんが幾つか大きな原因が考えられます。

① 上体先行のカット打ち
スイングが上体先行でカット打ち。クラブを急確度で下ろして、ボールにぶつけるスイングのため、バックスピンがかかる。これが実は一番多い。時々テンプラが出たり、定常的に距離が出なかったり、風に弱い玉の人はこれが原因の場合が多いです。男子プロがアマチュアのグニャグニャクラブで打っても、ちゃんとしたスイングでタイミングを取れば、玉は吹け上がることはない。まず、スイングを疑ってみることです。対症療法はなく、レッスンでスイングを直すしかありません。

② ドライバだけあおり打ち
①はOK。プロのお墨付き。スイングはほぼ出上がっている。他のクラブでは問題がない。フェアウエイからダフらず完全に打てるのに、ドライバーだけ・・・っていう場合、ドライバーだけティーの手前から(つまり実質ダフったようにクラブを入れて)、フェースが開いたあおり打ちになっている。この場合、ティーを低くして、他のクラブと同じように、最下点で打つようにすれば、普通に打てます。ようは、アッパーで打つ・・・という、アマチュアに誤解を与えるプロの飛ぶ秘訣を無視するってことです。アッパーで打っているプロなんて実はほとんどいません。男子はむしろドライバーもダウンブローや、レベルブローだし、女子プロも数度のわずかなアッパーで、あおり打ちではなく、最下点を通過した直後にボールを当てているってだけ。アマチュアには難しいのでやめることを進めます。

③ シャフトやクラブが、自分のスイングスペックに合っていない。
①も②もOK。プロのお墨付き。スイングはほぼ出来上がっていて、他のクラブでは問題がないのに、ドライバーだけ・・・・っていう場合、初めてスペックを疑うべきかと。

・ シャフトが先調子で暴れる。
・ ヘッドスピードに対してシャフトがやわらかい。
・ 総重量が軽すぎる。
・ ロフトがありすぎる、なさすぎる。
・ アップライトすぎる、フラットすぎる。
・ ロースピンのヘッド。玉があがるヘッド。
・ 振動数やトルクがスイングにマッチしていない。

などです。この辺は、数値も重用なのですが、感覚も大きいので、スイングが安定しているなら、試打を繰り返し、自分が打ちやすくミスが少ないシャフトを探すしかありません。ちなみに、エボIII569のSRは、HSが本当に(手振りの最大瞬間値でなく、安定していいスイングが出来ての話ではあるが・・・)44なら、アンダースペックです。走るシャフトなので、タイミングが合えば飛ぶ一方で、①の傾向がある人には向かないシャフトです。いまなら、TourADのTPとか、ディアマナのBFの、60gのシャフトなら、かなり違った傾向になるはずです。

④ メンタル
練習場と、現場は違います。視覚情報、飛ばしたい気持ち、守りたい気持ちなどあるので、できれば、見てもらうプロと一度ラウンドレッスンにいって、

・ 練習場で出来ていない課題
・ 練習場では出来ているが、本番では出来ない課題

を区別すると、また修正の戦略も変わるでしょう。がんばってください。

HCはいくつですか? 原因はいろいろあるので、情報がないとはっきりはわかりませんが幾つか大きな原因が考えられます。

① 上体先行のカット打ち
スイングが上体先行でカット打ち。クラブを急確度で下ろして、ボールにぶつけるスイングのため、バックスピンがかかる。これが実は一番多い。時々テンプラが出たり、定常的に距離が出なかったり、風に弱い玉の人はこれが原因の場合が多いです。男子プロがアマチュアのグニャグニャクラブで打っても、ちゃんとしたスイングでタイミングを取れば、玉は吹け上がること...続きを読む

Q右肩が下がる

トップからインパクトにかけて右肩が下がります
その為かボールが高く上がりすぎるぐらいに上がります。特にアイアンでその症状が出ます。
練習場で1階打席から7Iで150y飛びません。ボールはちゃんとフェースに乗ってる感触はあります。

やはり右肩が下がることはよくないんでしょうか?
またそうならば修正方法として、どんなドリルが効果的でしょうか?

参考になるかわからないですけど…
昔はカーボン(R)を使用してました
最近テーラーメイドR360XDスチール(S)に買い換えました。HSは45m/sです

Aベストアンサー

グリップがフック気味になっていないでしょうか?
フック気味になっている方がフックや引っ掛けを避けようとして
段々右の肩が下がり球筋を調整する傾向があります
スクエアにグリップしていると
右肩が下がるとフェースが開き正規のクラブのロフト通りに
ボールが飛びません
つまり右肩下がりは「正常ではない」という事になります

ボールを上げる為に右肩を下げてアッパー気味にショットすることで
処理をしている方も居ます
ボールを上げる為には、本当は、ダウンブローにするところです
これもやはり「正常ではなく」、ダフリの原因を引き起こします

修正される為には、両肩を水平に回すよう名スイングに戻す事
最初に申し上げたようにグリップを確かめてスクエアに戻す事
ボールを手の力で打ちに行かないで
スイングによってクラブを「振る」こと
インパクトを過ぎて20-30cmで「ビュ」という音がする
スイングを身に付ける事

以上ができれば7Iで160-170ヤードは出るのではないかと思います
頑張って下さい

Qゴルフクラブ(ドライバー)について

ゴルフ歴3年です。最近テイラーメイドのバーナープラスを新品で購入しましたが、かなりの確率でスライスがかかります。
途中までまっすぐ飛ぶのですが頂点で右にゆっくり曲がってしまいます。
自分の打ち方が悪いのだと思っていたのですが、昨日たまたま練習場のクラブを借りたところ、コレがかなりの確率でまっすぐきれいに飛ぶのです。
これは私の打ち方が悪いのか、それともクラブが合っていないのかどちらでしょうか?
また、クラブの調整などやってくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

>頂点で曲がる
ボールの勢いが落ちてくる頂点まで
真っ直ぐに行く、落ち際に右に軽く曲がる
これは、フェードという高級技術で
打ちたくとも打てない方が多いものです
自然にこの球が出るということは
ある意味素晴らしい事です

ドライバーのアドレスで
フェースをスクエア(飛球線に直角)に合わせ
スタンス(両足のつま先を結んだ線)が
2度前後右に向いている可能性が有ります

他のドライバーのケースでは
グリップの具合でほんの少しフック気味に
グリップされたのではないかと思われます
もしくは、ヘッドの慣性がより大きく
ヘッドの返りがわずかに大きいとも考えられ
後は好みになります

スイングの問題かクラブの問題かは
じっくりスイングを見ないと判断出来ず
なんとも申し上げられません

バーナープラスのヒール側に鉛の板を
貼ってみて(一枚か半分かで試してみる)
スライス(フェード)が治まるかどうか
鉛で治まればクラブだったと言えます

アドバイスまで

Qトップでの右腕

片山晋呉プロと谷コーチのDVD「デジタルスイングレボリューション」を見たんですが、トップでの右腕(ヒジから先)が、飛球線後方から見て地面に垂直になるように。とありました。しかし、ほとんどのプロは前傾角度に平行になっていますし、片山プロも地面に垂直とまではなっていません。そこで、質問なんですが、地面と垂直にするメリット(意味)をご存知の方がいましたら教えてください。わたしは今現在、右腕は垂直になりますが、とてもフラットなトップになるので矯正すべきかこのまま行くべきか(谷コーチの理論通りに)悩んでいます。以前の質問と重複する部分もありますが、お願いします。

Aベストアンサー

右ひじの理論はプロにより様々です
正確にクラブをスイング軌道に乗せようとするときには
右ひじが地面に垂直の方が誤差が少なくなります
クラブをダイナミックにスイングする事を好む方には
坂田プロの「ゴルフ進化論」で薦める
右ひじはトップで左肘と並行という理論があります
但し、坂田プロは右ひじを右腰にぶつけるようにと付け加えており
右ひじを地面に垂直にした場合と結果的には同じ軌道を通ることに
なります

参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報