プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

右ひじを真下に落とすというこの真下とはどの方向になるのでしょうか。

いろんなサイトに書かれているのですが厳密性がなく表現不足で、また、プロのスイングを定規をあててコマ送りでみも、ショートアイアンなどの前傾角度が深くなるものは真下に落としている場合もありますが、ドライバーなど浅くなるものは真下に落としている人はまずいません。

小生(年齢39、平均スコア85、ドライバー飛距離約280ヤード)、このことを意識的にやろうとは思いませんが、スランプ時の確認に用いてみようと思っています。

以下サイトの表現例です。
真下に落とす
ほぼ真下に落とす
トップ時点での右肘が指す方向に落とす

よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

追記ですが、プロの人がよく切り返しで手を真下に落としているとか、切り返しで左足を踏み込むことから始めていると言っていますが、それらは全て意識してやっているつもりかもしれませんが、実際にはそういった意識や感覚になる前提があるから出来ているだけの話です。


そして、その前提というのがさっき話をした手の力を全く使わないでスイングを開始するということなんです。
決して簡単なことではありませんが、これが出来るか出来ないかで、スイングは別人のように変わります。
がんばってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/20 04:49

落とすじゃなくて落ちるのが正解です。

で、右ひじが自然に真下に落ちるためには、スイングをするときに絶対に手でクラブを上げないことです。一度手でクラブを上げてしまったら、手はインサイドに入り、クラブフェースも100%開きます。こうなってしまった時点で手打ちのスイングは確定です。
手を全く使わないでクラブを上げると、手を全く使わない体の回転を使ったスイングになります。手を全く使わないスイングになるから、切り返しでも右ひじもクラブも真下に自然落下する感覚になるのです。
ゴルフのスイングで人間が意識してできる部分は非常に少ないものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/20 04:49

右ひじを落とす方向は体格や体質、スイングで人それぞれ違います。


全くこだわらなくて良いです。
あまり意識していると手打ちになったり
体重移動が出来なくなったりします。

絶対にやらなくてはいけないことをやれば自然に正しく
右ひじを落とす方向が出てくるでしょう。
(1)正しいアドレス。
(2)スイングプレーンを意識する。
 これは意識するだけで、体やクラブをプレーン上を通すような事はしない。
(3)両肩が両腰を回すようにバックスイングする。
(4)アドレスで出来た右足の角度をキープしながらバックスイングする。
(5)必ず腰の回転でダウンスイングを始動するがその前に飛球線へ腰をスライドさせる。
これで頭が動かなくなり右ひじを落とす方向も出ると思います。

トップボールの出てる人を頭を押さえて指導しますが
それでは解決になりません。結果で判断しないで過程で判断し
修正しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、結果を直すには原因を直さなければいけませんよね。単に原因=結果としか考えず、結果だけを直させようとする方の言うことは聞かないようにしています。

お礼日時:2011/11/09 06:06

真下とは、まさに真下。

ドライバーでもアイアンでも、同じです。

ただ、右肘は落としているのではなく、

・ 緩まないトップで、左サイドから、肩、背中の筋肉の張りのあるトップをして
・ 左足に踏み込み(バンプ、シフトダウンなど・・・)を行うと
・ つながっている手が、何もせずとも自然に降りてくるという意味

で、腕を自分の意思で下ろしているということでは無いので、注意が必要です。

真下に降りないといことは、クラブを寝せているということで、右肘を絞ったり、クラブを意識的に開く動きをしていることになる。そうすると、クラブをダウンでたてることができず、煽るような動きになる。フェースが閉じず、プレーンを外れるので、右左のあらゆるミスが出ることになります。

プレーン通り引いて、手の意識をなくして、ほんの一瞬、ダウンの瞬間我慢すると、腕は自然に真下に降りてきます。あとは、腰を左股関節で回り続け、腕をリリースすればスイングの完成となります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
いまひとつ教えてください。
真下とは何に対して真下なのでしょうか。
ほとんどのプロは、トップで右ひじがかかとのラインにあれば、ハーフウエーダウンまでの過程で右ひじはかかととつま先の間(脚の真ん中)付近まで一直線に降りてきます。右ひじの脱力と左リードで、スイングしている本人は自然落下というか真下に落ちる感覚があるけれども、実際はやや斜め(ほぼ真下)に降りてくるのではないでしょうか。感覚は真下に落ちる感覚、実際はやや斜めに落ちるがこれは現象であり意図的にやるものではないということなのでしょうか。
よろしくお願いします。

補足日時:2011/11/08 04:49
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/08 04:45

私の場合は、坂田信弘プロの「ショートスイング」の


教えに従って右肘が脇から離れたトップになっています

トップからどちらに向けてという意識はありません
意識するという事は、自然なスイングから離れます
トップでは力が入っていませんので(腕を支えるだけ)
腕とクラブの重さで自然に落ちる形になります

ダウンスイング開始時にはトップの形は残ります
そして体の捻転戻りが始まりますので
右肘は真下に落ちるような気持ちで左サイドに引かれ
斜めに落ちていくのではないかと思います

落ち始めたら、左腕のリードによりインパクトに向かいます
右肘の向かう方向は右腰になりますね

参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/08 04:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング