プロのトップスイングを見ると、左腕がぴんと伸び、垂直くらいに上がっています。自分は左腕に重点をおいて回してみても左腕が伸びきらないし、そこまで上がりません。(だから飛ばない)右手で伸ばし、引っ張り上げるといくらかできますが、トップで右手を使ってよいのでしょうか?

また、左手小指の側面の角度(コック)を意識的に維持してダウンスイングするのでしょうか?それとも、そこはゆるゆるで、回転により自然とコックが解けるのが良いのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

左ひじを伸ばした状態でトップを迎えるには「(広)背筋の柔軟性が必要」です。


 試しにスイングのトップの状態をクラブなしの状態でやってみると感じやすいです。

 プロ(特に最近の若手の方)は体の柔軟トレーニングもしています。また、一般人は普段の生活で(広)背筋を使う機会も少なく、柔軟性の維持はもちろん筋力を鍛えることもしにくい環境です。こうした環境で、アマチュアができることは「柔軟性のトレーニングをしてプロに近づける」か「その体の硬さのままでいいスイングを身につける」のどちらかです。
 ゴルフにある程度の時間を割けるようでしたら前者がお勧めですが、ほとんどの方は後者がお勧めです。特に高齢の方等は、こうした柔軟性のトレーニングはゴルフ以外でも重要であり必要なことですが、スイングそのものが変わる可能性があります。日本人ゴルファーのの90%以上が「前半身意識で打っている」とも言われています。(広)背筋を鍛えると後半身や体の中心で打つ感覚になりますが、こうした感覚の変化は、違和感を覚えることも少なくありません(欧米と日本ではのこぎりの刃の向きが真逆なのは有名な話で、日本人は前半身を使うことで「引く」意識が中心である一方、欧米人は後半身を使い「押す」意識が強く、ゴルフでも同じような感覚の違いがあります)。特に長年ゴルフをされている場合は、体に染みついた感覚を取り除くのはかなり困難であり、「スイングの迷宮」に入り込む可能性があります。

 左ひじをまっすぐにすることの意義は「遠くに正確に飛ばす」ためであり、それ自体が目的ではないと思います。体の状況を考えてその時点でベストなスイングを目指すことをお勧めします。
 左ひじが多少曲がるのはアマチュアでは普通のことであり、もし思うような球が打てていないようでしたら原因は他にあります。さらに、スイングの始動時点で左ひじをまっすぐにする意識がある人のほとんどが「ダウンスイング時もひじが突っ張り結果、しなやかなスイングができず、それが原因でスイングが悪くなっている」人が多いです。また、右手であげているとのことですが、こうなると大抵は「右ひじが異様に上がるフライングエルボー」という状態になっています。これ自体は、方向性はもちろん飛距離も落ちるのでお勧めできません。

 コックに関してですが、支点を意識してスイングしてもおそらくうまくいきません。仮に小指近くを支点とした場合、力点と作用点(支点を中心とした、両端の力がある場所)の支点との距離が違いすぎます。支点が小指近くだと力点はグリップ最上部で、作用点がヘッドになりますが、こうなると小指に非常に大きな負担がかかります(というより現実的には無理です)。意識と実際の差を利用して飛ばす方法も確かにありますが、今回の意識ではうまくいかないでしょう。私のおすすめは「右手と左手の間に支点を作る」というものです。そうすれば、左手はブレーキの意識、右手は加速させる意識を持つことができスナップが効きますし成功しやすいです。
 ちあんみに、「小指を支点」にする方の誤解は「小指を支点としてヘッドが作用点」という力点を無視した発想の場合が多いことです。シーソーにも真ん中の支点があり、その両端に力点と作用点があります。誤解している状態では「端っこに支点があり、対極の場所に作用点がある」という物理の法則を無視した考えであり、イメージとして使う場合でもいいことはありません。

 また、このスナップの効き具合はクラブによってかなり違いがあります。ゼクシオなどの高齢者向けの大きなヘッドではスナップを使った「飛ばし」をクラブが求めています。ヘッドを大きくし「方向性の向上とスナップを利かせた飛距離向上の両方を得る」ことができます。一方、ツアープロが使うようなヘッドではあまりメリットはありません(ドライバーは別です)。マッスルバック等の小ぶりなクラブは、そうしたスナップを利かせると「大フック」が出る等します。そうした飛距離を犠牲にして操作性を得ているのがそうしたクラブであり、そこに過剰なエネルギーを使うことは、欲張りすぎです。両方の違いですが、目安としては「7番アイアンのソール(底)の幅が2センチ以上かそうでないか」で大体判断できます。2センチ以上なら大きめのヘッドでそれ未満なら小さめのヘッドです。またブランドでも、「ゼクシオはやさしめ、同じダンロップのスリクソンは難しめ」とある程度の基準になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しい回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/19 08:30

ProでもTopamaでもスイングに精通している人のTop of Swingは其れは結果であって、(左腕がぴんとはり、垂直くらいに上がっているとGPさんはおっしゃっていますが)、其の形が100点でそれ以外はだめと言うわけではないのです。

Topの深い人もいれば浅い人もいる。其れは体系とグリップそして今はせったっぷと言っていますが、アドレスによって決まります。ア~それから、その人の性格というかセンスもかなり重要な影響を与えます。
一例を挙げてみると、現在でも関西打法の元となっている戸田藤一郎さんはかなり深く且つコックも強く、ドンジャニュアリーも之に入ると思いますが、私がゴルフの神様と思っている甲南の(大洋漁業と言ったほうがいいのでしょうか)中部銀次郎さんは、かなり浅めだと思います。そういえばきれいなスイングと尊敬している、松田四郎プロもミドルより浅めですし、ジーンりトラーも深くはありませんね。もしアナタがそうしたいのなら、スイングいたる過程の段取りを、右手→左手で、クラブに手を添えてみるといいでしょう。意識しないでも未手をしてんとして固定され、脇も閉まり、左手で上げる感じを出しやすくナルでしょう。いづれにしろ、余り気にしないことで、きれいなスイングをしたいと思ったなら、其れはスイングテンポとシンプルイズベストを常に念頭においておくといいでしょう。
「トップで左腕を伸ばすには」の回答画像2
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/19 08:31

プロも殆どの人がピンっと伸びきっているわけではありません。


少しだけですが曲がっております。
ここにトップスイングについて参考になりそうなページがありましたので
載せておきます。
http://www.hm-golf.com/lesson/golfswing/back_lef …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/19 08:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルール説明のあるゴルフゲームをさがしています。ゴルフゲームをやってみた

ルール説明のあるゴルフゲームをさがしています。ゴルフゲームをやってみたいのですがルールを全く知りません。ゴルフのルール解説をしてくれるゲームソフトを知っていれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハードウエアは何ですか?
wiiですか、PS3ですか、PSPですかxboxですか・・・・・

私はPSPで「みんなのGOLF 2」をやっています

ゲームの中でルール解説をしてくれるゴルフゲームは無い
実際の競技のように細かなルールはありません

手持ちの道具でボールを打って 最小スコアで廻る
池に入れたら +1打
コースから逸れたら +2打

難しく考えないで買ってみることですね。

Qスイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツ

どうしても、インやアウトに上げ過ぎてしまい、プレーンを外す事が多いです。結果ダウンで調整しようとしてもかえって駄目になることが多いです。スイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教えてくれます。
何も考えないで、ビュンビュンと振ってみると、
トップはおさまるところにちゃんと収まってます。

その自然なトップの位置が体に染み込むまで素振りを繰り返すと、コントロールしようとしてはいけないということがわかると思います。

自分にとって一番自然で、オンプレーンなテークバックは素振りが教えてくれます。

ま、私の場合ですが、テークバックを気にするとトップで完全に軸がなくなってることが多く、ちゃんと当たりません。だから「体の軸がキープできる範囲で、気持ちよく上がるところまで」が私のテークバックです。

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教...続きを読む

Q初心者でもゴルフのルールが分かるサイトってないですか?

最近ゴルフを始めて、その面白さにすっかりハマリつつあります!
が、ゴルフってルールが難しいですね・・・。
色んなサイトで勉強しようとしてるのですが、残念ながらホントに初心者の私には難しすぎて、よく分かりません・・・。
ホントに初心者の人でも分かる、難しい専門用語をあまり使っていない、ゴルフのルールを説明してくれているサイトってありませんか?
専門用語の少ない、ほんとに分かりやすいサイトを探しています!
そのようなサイトをご存知の方、いらっしゃればゼヒ教えてください!

Aベストアンサー

No.2です。
続けての回答になりますが、気になる過去の質問も有りましたので、ついでに紹介しておきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5613844.html
優良回答に選ばれた回答の中で、次のような一文がありました。
---------------------------------------
皆さんが言うようにルール上は違反ではありません。
しかし、空振りしたのと区別がつかなくなりますし、誤ってボールに触れれば1打としてその状態から打てばよいのですが、この手の人は
大抵やり直したり、ティーアップし直して打ちます。
これは、完全な違反となりなります。
-----------------------------------------
この説明ですと、誤って動かしたボールはそのままの状態で1打の罰を課してそのままプレーを続けると説明しています。
さらに、ティグランドで誤ってボールに触れ、ティから落ちたボールは1打の罰の元にその状態から打つのであって、ティアップして打つのは完全な違反と説明しています。

おおかたの人はご存じのように、インプレーのボールを間違って動かした場合は、1打の罰を課して元の位置に戻してプレーをしなければいけません。
動かしてしまった場所でそのままプレーを続ければ、誤所からのプレーと成ります。
また、ティグランド上で正しくショットするまでは、まだインプレーの玉とは成っていません。
つまり、誤ってボールに触れティから落ちても何らの罰もなく、何度でもティアップし直すことが出来ます。
勿論ショットの意志がないままに素振りをして、誤ってボールを飛ばしてしまっても、これはインプレーの玉とは言えないので罰も付きませんし、むしろそのままプレーを続けることが誤所からのプレーに成ってしまいます。(あくまでも素振りの場合で、ショットの意志を持って空振りをした場合に落ちれば、そのままの状態でプレーを続けることになります)

このように、間違った回答でも優良回答とするからにはそれを信じてしまったと思われ、実際のプレーで大きなハンディを背負うことになります。
その様な事を回避するためには、信頼おけるホームページや、責任有る書籍を手に入れ、自分の物とされることをおすすめしているわけです。

No.2です。
続けての回答になりますが、気になる過去の質問も有りましたので、ついでに紹介しておきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5613844.html
優良回答に選ばれた回答の中で、次のような一文がありました。
---------------------------------------
皆さんが言うようにルール上は違反ではありません。
しかし、空振りしたのと区別がつかなくなりますし、誤ってボールに触れれば1打としてその状態から打てばよいのですが、この手の人は
大抵やり直したり、ティーアップし直して打ちます。
これは...続きを読む

Qハーフスイングとフルスイングの動きの違いについて

ハーフスイングとフルスイングの、主にビジネスゾーンでの動きの違いについて教えてください。

ハーフスイングの延長がフルスイングだとよく聞くのですが、それを頭に入れて実践すると、ハーフスイングではいい確率でうまく打てているのですが、フルスイングになった途端そのようにはなりません。

普通にハーフスイングを大きくする感覚だけでフルスイングをするのは間違いなのでしょうか?
ビジネスゾーンでの各部位の動きはハーフとフルとでは別物なのでしょうか?
それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

お教えください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フルスイングに比べて8,90%までテイクバックした場合の俗称です。
・ ハーフスイングの延長がフルスイングです。
・ ビジネスゾーンの動きは、当然どんなスイングでもまったく同じになるのが理想です。

しかし、言うは易く行なうは難し。多くのひとは、テイクバックが緩んで、手でクラブをあげ、トップからの反動で上半身でクラブを振り下ろす人が多い。だから、フルはいいけど、ハーフはだめとか、アプローチは苦手だとか、アプローチだけ得意とか色々です。

本来、緩まないトップから、下半身を左に踏み込むと、背筋を通じて、手をなにもしなくても、クラブは腰のあたりまで降りてきます。プロのタメは、ここで出来ます。その後は、ビジネスゾーンで右手を上にしながらクラブを素直にローテーションし、右腰を押しながら、リリースされたクラブを運びます。

この動きができれば、あとは、踏み込むタイミングを変えるだけで、いつでもダウンが開始できる。ところが、反動を使う人は、アプローチ、クオーター、ハーフ、フルと、そのスイングの持っているイメージごとに、さまざななきっかけで、手でクラブを下ろさないと、クラブが降りてこない。したがって、とくに緩みのフルスイングでクラブを戻しきれずに玉が曲がるようになります。

もし、ハーフで玉が安定しているなら、フルスイングを一切やめることですね。ハーフで振っているつもりが、反動がついてフルになったぐらいのイメージで、ビデオでも撮れば、そのうち自然にフルスイングになっているはずです。

私自身のイメージで言えば、ダウンをどこで開始するかをイメージするだけで、意識の違いはありませんが、あえてビデオで見てみると、ハーフスイングで出来たトップの形から、若干方が深く入るまで、踏み込みのタイミングが遅くなるスイング・・・と見えます。

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フ...続きを読む

Q【ゴルフクラブの開発で凄い飛距離が出せる方法を思い付いたんだけどルール違反なのか教えてください】 ゴ

【ゴルフクラブの開発で凄い飛距離が出せる方法を思い付いたんだけどルール違反なのか教えてください】


ゴルフクラブで飛距離の比較記事が載っていて飛距離が出るゴルフクラブのメーカー競争が起こっていることを知って、

次のページを捲ると、、、

究極のステンレスSUS316L使用!と宣伝していてふと思ったんですが、、、

SUS316Lって鋼鉄の硬さのランク的には中なんですよ。

硬いステンレスを売りにしているってことはもっと硬い例えば警棒に使われている4140とかカスタムスチールと呼ばれる分野の鋼鉄を使えばもっと飛ぶってことですか?

無茶苦茶硬い金属を使ったゴルフクラブってルール違反なんでしょうか?

SUS316L よりもっともっと硬い金属で販売価格無視したら最強の鋼鉄でゴルフクラブ作ったらもっと飛ぶのか教えてください。

あとそれを作って使ったら反則になるのか教えてください。

Aベストアンサー

固くて、しなりがあれば、ボールを飛ばせるクラブのパワーは作り出せる。それはその通り。

 問題は、クラブを「しならせる人間のパワーと体格」があるかどうか・・・・なんだな。

Qゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょ

ゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょうか?

よくビハインドザ・ボールで、ボールの斜後方を見ながら打てだとか、
ボールの先を見ながらスイングしろだとか、
ボールだと思わずにぼんやり見ながら打てだとか、
ボールの真上から打ち込むように打てだとか色々ありますが、

僕の場合、スイングができていないせいかもしれませんが、ボールの先(左)の芝を見ながら打つと
いい玉がでます。アイアンだとボール1個分くらいで、UTやFW・DRだと2個~2.5個分くらい
ボールの左を見て長くヘッドを出すような感覚で打っています。

このやり方はいいのかが自分でわかりません。
ただボール自体を見て打つと、どうしても打ちにいってしまい、よくダフるのは確かです。

どうかアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方がいいと思います。それが固まれば、そこからインテンショナルに高い球低い球を打つ時にどうするかという応用編にも挑戦できます。(あれ、アドレスでどうボールを見るかという事も重要な要素の一つですから)

例えば、デヴィッド・デュバルというUSPGAのプロのスイングをご存知でしょうか?多分彼のスイングはヘッドアップに見えると思います。しかしスイングの回転と軸を同じにした体全体の回転の中で首も回転させています。つまりヘッドビハインドザボールはヘッドアップしていても保たれているということになります。(そのために彼の場合はルックアップであるという言葉まで生まれました)例外的なスイングですが、これもゴルフスイングは許してしまうという例で出してみましたので、「基準」と言う意味で参考にしてみてください。このスイングで一時期世界の五本の指の順位にいた選手でもあるんですよ。

ヘッドビハインドザボールは基本ですが、そのための手法は各人が自分で決める「基準」が必要です。ゴルフスイングはこの「基準」の方が数が多いんです。中には自分が基本からどれだけズレているかの把握を求めてそれを自分の基準と化さなければならない場合すらあります。(いい例がグリップですね。スクエアグリップが基本ですが、ストロング(フック)グリップでも構いません。ただ、自分がどれだけストロング化しているかは把握しておくべきであると思います)ゴルフは「自己責任」のスポーツだと思います。スイングも基本とはスイング作りのガイド役と考えてそれ以上は自己責任で作っていくと考えた方がいいでしょうね。その基準には具体性を求めるべきでしょう。つまり自分が今どんなスイングをしているのかを把握すると言う事です。初心者の間はそのガイドすらないですから、体型の良く似たレッスンプロに教わった方がいいという事もいつも思ってもいますけどね。

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方が...続きを読む

Qゴルフのルール

私はゴルフがやったことがないのでルールもさっぱりわかりません。最近、興味を持ち始めたので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>これだけ知っていればゴルフが出来る
ゴルフのゲームの進め方を説明します

まず、道具を揃えます
これにはクラブやパターやボールなどの規則があります

テイーグラウンドからテイーショットをします
このテイーグラウンドのルールは#3で示されたルールを参照します

ボールがフェアウェイに飛びました
ラフに入りました
フェアウェイとラフを含めて「スルー ザ グリーン」といいます
スルー ザ グリーンのルールも#3で示されたルールを参照します

ボールがパッテインググリーンに載りました
グリーン上のルールも#3で示されたルールを参照します

ルールには自分(プレーヤー)に有利な判定をしてはいけない
という原則があります(公平の理念)
これに基づいて判断していきます

このほかにマナーの項目があります
これについても#3で示されたルールの最初に示されています

基本的にこれだけ知っていればというルールはありません
色々なケースで色々な判断が必要な為にルールが出来上がりました

具体的なご質問があれば
この欄で別個に御質問される事をお勧めします

アドバイスまで

>これだけ知っていればゴルフが出来る
ゴルフのゲームの進め方を説明します

まず、道具を揃えます
これにはクラブやパターやボールなどの規則があります

テイーグラウンドからテイーショットをします
このテイーグラウンドのルールは#3で示されたルールを参照します

ボールがフェアウェイに飛びました
ラフに入りました
フェアウェイとラフを含めて「スルー ザ グリーン」といいます
スルー ザ グリーンのルールも#3で示されたルールを参照します

ボールがパッテインググリーンに載り...続きを読む

Qスイングプロについて

ラウンド当日キャディバックにスイングプロが入っていたら、クラブの本数として数えるのでしょうか?
スイングプロで素振りをした後、ボールを打つとちょっと違うような気がするのでやってみようかな?と思っての質問です。
スイングプロのレビューの中で、「ラウンド前に、このクラブは使いませんと宣言・・・」とかのレビーを見たので・・・
誰がどう見てもそれでボールを打つとは思えないのに・・・ね!
練習用具の中にはアドレスを確認したりするためや、素振りなどでウォーミングアップのためのグッズでストレートの棒状の物もあります。キャディバッグに入れてる人もいると思いますが・・・
明らかにクラブとは違うものでも14本以上なら、「これは使いません」と宣言しなくてはいけないのでしょうか?

誤解を招かないために宣言しておいた方がいいと思う・・・とかは無しで、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.jga.or.jp/jga/jsp/column/news_detail_3783.html
14-3/10
トレーニング用具やスイング補助具のラウンド中の使用


質問: プレーヤーは、ラウンド中に、加重ヘッドカバーやドーナツ型の重りなどをクラブに付けたままストロークや練習スイングを行ったり、その他のトレーニング用具やスイング補助具を使用することができるか。


回答: できない。プレーヤーは規則14-3に違反してプレーを援助するために人工の機器を使用している。ただし、加重トレーニングクラブの使用については裁定4-4a/7を参照のこと。

(1994年、2006年改訂、2008年小改訂)

14-3/10.3
アラインメントの確認やスイング補助のためにラウンド中に棒を使用


質問: 正規のラウンド中、プレーヤーが自分のアラインメントやスイングプレーンを確認するために棒を使用した。この場合、どのように裁定すべきか。


回答: 棒は異常な携帯品であり、正規のラウンド中のそのような使用は認められないので、プレーヤーは規則14-3に基づいて競技失格となる。なお、棒を持ち運ぶこと自体は規則違反とならない。

ゴルフ規則に必要文字を打ち検索すると自分で勉強できます
上記のように宣言するしない以前の問題ですね

http://www.jga.or.jp/jga/jsp/column/news_detail_3783.html
14-3/10
トレーニング用具やスイング補助具のラウンド中の使用


質問: プレーヤーは、ラウンド中に、加重ヘッドカバーやドーナツ型の重りなどをクラブに付けたままストロークや練習スイングを行ったり、その他のトレーニング用具やスイング補助具を使用することができるか。


回答: できない。プレーヤーは規則14-3に違反してプレーを援助するために人工の機器を使用している。ただし、加重トレーニングクラブの使用については裁定4...続きを読む

Qゴルフグローブ2枚を重ねて着用するはルール違反?

ゴルフコンペなどで、ゴルフグローブを2枚重ねて着用するのはルール違反でしょうか?
練習場で試したところ、厚みがあって調子よかったもので。

Aベストアンサー

違反です


規則引用
メーカーは製造を予定している携帯品のサンプルをR&Aに提出し、プレーヤーが正規のラウンド中にその携帯品を使った場合に規則14-3の違反となるかどうかについて裁定を求めるべきである。そのサンプルは照会用としてR&Aの所有物となる。もしメーカーがサンプルを提出することを怠ったり、サンプルは提出したが裁定を待たずにその携帯品の製造・販売を行ったり、市場に出した場合、そのメーカーはその携帯品の使用が規則の違反となるという裁定がなされるリスクを負うことになる。

プレーヤーがクラブを握る援助となる手袋をはめることができる。ただし、手袋は単純(plain)でなければならない。

単純な手袋は下記のものを組み込んではならない。

●その主要な目的が詰め物(padding)を備えたり、詰め物の効果を持たせるための握る面や手袋の内部への素材。詰め物とは、付け加えられた素材を持たない隣接する部分よりも0.025インチ(0.635ミリメートル)を超える厚みを持つ手袋素材の部分と定義される。
注:詰め物の定義(上記参照)の範疇を超えないことを条件として、耐摩擦性、吸湿性、その他の機能性のために素材を付け加えることができる。

違反です


規則引用
メーカーは製造を予定している携帯品のサンプルをR&Aに提出し、プレーヤーが正規のラウンド中にその携帯品を使った場合に規則14-3の違反となるかどうかについて裁定を求めるべきである。そのサンプルは照会用としてR&Aの所有物となる。もしメーカーがサンプルを提出することを怠ったり、サンプルは提出したが裁定を待たずにその携帯品の製造・販売を行ったり、市場に出した場合、そのメーカーはその携帯品の使用が規則の違反となるという裁定がなされるリスクを負うことになる。

プレーヤー...続きを読む

Q坂田プロのショートスイング

このたび基本からやり直そうと坂田プロのビデオを見て
スイングの研究をしている者です。
お尋ねですが、ビデオで紹介してあるティアップしての6Iでの
ショートスイングですが、飛距離はどのくらい飛べば(飛ばせば)(飛ぶのが)良いのでしょうか?

Aベストアンサー

飛距離に関心があるのでは、ショートスイングの本来の意味合いが違うと思いますよ。タイミング良くストレートな球が打てたらまずは合格ではないでしょうか? 要は力まず、大振りをせず、しっかり下半身を使って打っていく!これだけが目的です。スイングアークが小さくなる事でパワーソースはどこにあるのか? これが最初の問いだと思います。下半身の体重移動が綺麗に出来たら本来の飛距離とほとんど変わらないくらい飛ぶと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング