ドルビーの有無やテープの差によって周波数特性はどのように変化しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずテープの差について。



テープにはノーマル、CrO2(クロームまたはハイポジション)、、FeCr(フェリクローム)、メタルの4種類があって、ノーマル=I、ハイ=II、フェリクローム=III、メタル=IVと略されます。で、それぞれのテープの特性によって、録音される際に信号の記録方式を変更しています。ですので、例えばハイポジションのテープをノーマルで録音すると、音はめちゃくちゃになります。
またノーマルよりハイポジションの方が、再生イコライザの差によりヒスノイズを低く抑えることが出来、ハイポジションよりメタルの方が大きな音を録音することが出来ます(ダイナミックレンジが広い)。
さらに、同じポジションであっても、テープの価格やメーカーによって、それぞれ周波数特性が異なります。一般に価格の高いテープの方が、高音がより強調される傾向があります。原音よりも高音が大きめに記録されるのです。
これはそのデッキがどのテープの特性でチューニングされているか(これっをリファレンステープという)によって、どう変化するかが変わってきます。
リファレンステープは説明書に書いてある場合がありますが、不明ならば、いろいろなテープで聞き比べて、自分の好みで選択すればよいでしょう。



ドルビー(ノイズリダクション)について。

ノイズリダクション(以下NR)の仕組みですが、これはパソコンのファイルの圧縮の仕組みと結構似ています。その仕組みは次のとおりです。
録音するときは、ノイズに埋もれそうな小さな音をNR回路により大きく変換されて録音します。再生時は大きく録音した音を、録音時とは逆に小さく再生してやることによって、ヒスノイズ(シャーっというノイズ)も小さくなる仕組みなのです。
これの仕組みは、リファレンステープに近い周波数特性をもつテープを使っているうちは問題ないのですが、リファレンステープと周波数特性の差が大きいテープを使用すると、特に高音時で原音と再生音との差がいっそう広がってしまうことになります。この傾向はノイズリダクション効果が大きいほど顕著になります。
またドルビーNRはその効果が大きければ大きいほど、息つき現象というものが起こりやすくなります。息つき現象とは伸びる音が短く切れているように聞こえる現象です。
またアナログではなくCDに代表されるデジタル音源を録音する場合、ドルビーNRは高音が削られてしまう傾向があり、これを改善しようとしたのがHX-PROと言われるものですが、これも完全ではありません。

先ほども書いたとおり、特にドルビーNRを使用する場合には、周波数特性をリファレンスになるべく近い状態にしてあげる必要がありますが、逆にカセットデッキ側で周波数特性を合わせてあげる仕組みがついている場合があります。これがバイアス調整とレベル調整と呼ばれるものです。わたしが使用しているデッキ(アカイ GX-Z9100EV)には両方ついています。

で、結論ではないのですが、わたしの場合ですが、

・NRは使わない。どうしても使いたい場合はドルビーB+HX-PROにする。
・ヒスノイズが小さいハイポジションまたはメタルを使う。
・バイアス調整を必ず行なう。
・録音時はダイナミックレンジをフルに使い切る。
        ↑
  大きな録音レベルで録音すれば、再生時にボリュームが絞れるので
  ヒスノイズが聞こえにくくなる。


こんなんでいかがでしょう?
    • good
    • 0

その後いかがですか?


問題が解決されないければ、その後貴方がやったことと、その後の状況を補足してください。
解決されれば締め切ってくださいね~(^^)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空管アンプの周波数特性が音量VRで変化する訳

真空管アンプの音量調整VRの位置により周波数特性が変化(広域が劣化)すると聞きます。通常、メインアンプの音量調整VRは100~250KΩです。一方、プリアンプの出力インピーダンスは低い(私が使用しているプリアンプ LUXKIT A3300は970Ω(仕様書)です。メインアンプの初段真空管の容量や接続ケーブルの浮遊容量も考慮する必要があるのでしょうが、メインアンプのVRを10KΩ程度にすれば、Cの影響は1/10程度になると思うのですが?相変わらず、100~250KΩのVRが使われている理由は他にあるのでしょうか?お教え下さい。

Aベストアンサー

前のお答えにもありますが、500オームのボリュームで最大の抵抗値は125kです。
この場合20kHzでゲインが半減(-3db)する周波数は、入力回路の容量が100pFとして75kHz、10PFならば750kHzになります。
これは普通に聞こえる周波数よりもかなり高い周波数です。
100pFもある入力容量は通常ありませんので、普通の使用目的ではまず問題はありません。
結論としてはタマのプリには球のメインがよく、半導体のプリならばどちらでも良いということでしょう。あくまで「入力インピーダンスだけの問題ではということですが。
気になるのであればプリとメインをでいる限り近くに置いて短いケーブルを使うことですね。
それが一番現実的な案だと思います。

Qスピーカー特性 音場周波数特性 簡単測定

スピーカー特性 音場周波数特性 簡単測定

ヤフオクでよく見かける商品なんですが、自分が聴いている部屋の状況を測定したいと思います。
¥6800で即決なのですが、使われた事が有る方、その知識の有る方のご意見を参考にしたいと思いますので、アドバイスをお願いします。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/136307224

Aベストアンサー

その商品自体については知りませんが...

要するに、「マイクとオーディオインターフェイスを6800円で売ります」ということですね。

測定用のソフトは「自分でシェアウェアをダウンロードして、自分で料金を払ってくれ」ということのようですし、テスト信号のCD-Rも、この手の測定ソフトで有名な「別の人が作成したテスト信号を焼いただけ」ということのようです。

さて、件のマイクですが、Skype用マイクのボディ(たぶん市場価格で980円くらいのもの)だけ使って、マイクユニットを交換してあるようですが、どうもPanasonic WM-61Aのように思われます(自作マイクでは超有名)。このマイクユニット自体は、やや個体差によるバラツキが大きいので選別が必要ですが、1個100円くらいです。

http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/MM-MC5
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02303/

ちなみに、比較対象とされているBehringer ECM8000も、たぶんWM-61AかWM-60A(WM-61Aの前モデル)だろう、といわれてます(もっとも、Skypeマイクとは違って、プロ用機器に繋いで使いやすいように電子回路が入っています)。

オーディオインターフェイスの詳細は不明ですが、たぶん1000~3000円くらいの製品の中から、カットオフがかかっていないものを見つけた、ということでしょう(以下の製品がそうであるかは、分かりません)。

http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/MM-SW1

ですから、仮にマイク1000円、オーディオインターフェイス2000円、改造費1000円、アイデア料1000円、と考えれば、ボッタクリというほどの値段ではありませんね。

ただ、最大の問題として、「測定したからどうなるんだ」というのは残ります。「何を知りたくて、そのためにはどんな信号を入力して、どんな条件で測定するのが良いのか」、「表示されているグラフ等は、どう読み解けば良いのか」、「その知ったことに対して、どのように対処すれば解決できるのか」という部分も知っておかないと、何やらグラフ化されて「測定っぽいことをした」だけで終わってしまいます。

その辺りの知識というのは、紙切れにちょこちょこっと書ききれるものではないので、この商品を買ったからといって、何かを正しく知り、正しく対処できる訳ではないでしょう。お手軽に測定の気分を味わう、あるいは測定の意義を勉強するための入門用としては、この商品でも構わないと思いますが、その測定結果を有効に利用できるかどうかは、使用者の知識にかかっている、ということです。

その商品自体については知りませんが...

要するに、「マイクとオーディオインターフェイスを6800円で売ります」ということですね。

測定用のソフトは「自分でシェアウェアをダウンロードして、自分で料金を払ってくれ」ということのようですし、テスト信号のCD-Rも、この手の測定ソフトで有名な「別の人が作成したテスト信号を焼いただけ」ということのようです。

さて、件のマイクですが、Skype用マイクのボディ(たぶん市場価格で980円くらいのもの)だけ使って、マイクユニットを交換してあるようですが、ど...続きを読む

Q再生周波数・周波数特性が低い機器はいまいち?

オーディオの知識がないのでアレなんですがふと疑問に思ったことがあります。
例えばスピーカーやアンプなどで再生周波数・周波数特性が~20kHzと記載されている機器だと
20kHz以上の音は扱えないということでしょうか?
安価なものでも~150kHzであったり、高価なものでも~35kHZがあったりと周波数で値段が決まるわけではないと思いつつも不思議に思ってしまいます。
SACDやDVD-Audioなどが世に出てきても再生周波数範囲が狭い機器では無意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

20kHzまではほぼ同じ出力が出ますよ、という意味ですので、それ以上が扱えないということではありません。なるべく人間が聴こえる範囲(若い人で20KHzくらい)の特性(位相特性も含めて)が平坦になるように設計したのがたまたま、150kHzとか35kHzまでは平坦でした、というくらいに思えば良いので、あまりスペックに引きずられる必要はありません。加齢にともなって高い方は聴こえなくなります。とにかく特性が良い方が良く聴こえるという方を否定はしませんが、なんとしも売らんかなという感じでスペックで釣るのはいかがなものかと思います。

Qマイクの周波数特性

マイクの周波数特性が低域が50Hzまでしか対応していないものは、ベースギターの最低音E1=lowlowE=41.2Hzの実音は本当は録音できてないんですか?

Aベストアンサー

さすがに 25Hz 以下とか 12.5Hz 以下までは収録できるという Level ではないでしょうが、50Hz の収録が保証されている Microphone ならば 41.2Hz の音は収録できます。

一般に Microphone (或いは Speaker) の周波数特性は ±3dB または ±4dB の範囲に収まる帯域が示されるものですので、周波数特性が 50Hz からになっている Microphone は 41.2Hz の音を 1kHz に対して -6dB (半分) 前後の電圧で収録できる筈です。

ただし Microphone によっては保証帯域外の周波数特性が急激に減衰するものもありますので、あまりに保証帯域からかけ離れた音になると -20dB (1/10) とか -40dB (1/100) とかの電圧にしか変換できず、-20dB 以下にまで感度が低下してしまうと立ち上がり反応速度にも大きく影響が出ることからまともな音には収録できなくなります。

>それともバスドラムマイクは「20Hz~16000Hzはレベルをそこなわないものの特に低音域を強調します。」ということなのでしょうか?

ある意味、そう言うこともできます。

近接効果という現象を御存知でしょうか?

http://www11.plala.or.jp/kita-kew/MUSIC/Microphone.html

この効果を利用して低音域の収録特性を改善 (補強) している Boundary Microphone 或いは Pressure Zone Microphone と呼ばれる Microphone もあります。

人の声は 50Hz 以下を含みませんので 50Hz 以下まで Flat な特性を保証する Vocal Microphone は必要なく (逆に Howling などの現象を回避するためにも低音域の感度は低い方が良い)、低音域の Flat 感を出すには近接効果を上手く利用します。

20Hz ぐらいまでならば YouTube などに Up されている Test Tone を Headphone で聴けばどんな音か判るでしょうから試してみてください。・・・10kHz などといった高周波は歪が凄いので当てになりませんが、低い方ならば Headphone の追従限界まで結構まともな音で聴こえますので・・・極低音の単音は楽器音とはかけ離れたものであり、楽器音の低音域は倍音があってこその楽器音であることが良く判るでしょう。

一方 Bass Drum の収録には近接効果も含めて 50Hz 以下の音に対して極めて高速の追従性と電気変換効率 (出力) を持たせる必要があり、このために 20Hz 近くまで保証された Microphone を使う傾向があります。・・・もともと 100Hz 以下の極低音は 10kHz 以上の超高音と同じく音色など判らないものですので、音色よりも追従性 (Responce) が重視されるものです。

とは言え 20Hz 近くまで保証されていなければならない必要はなく、AKG 社などの Condensor Microphone が Bass Drum に用いられるようになるまでは ELECTRO VOICE 社の RE20 や SENNHEISER 社の MD421 といった Dynamic Microphone が Bass Drum 用の定番 Microphone でした。

この RE20 は 50Hz までしか保証されていないものの、Diaphragm (振動板) 口径が大きいので 50Hz 以下の音まで良く拾える上に独特の歪感によって硬く太く高速の重低音感を得られることや Pulsive な大音圧に強い Dynamic 型である上に筐体自体も落としても蹴飛ばしても壊れないほど頑丈であることから重宝された Microphone です。

私も RE20 が大の御気に入りで Almighty Microphone として愛用していたのですが、機材の下敷きになって筐体が歪んでしまい、Wind Screen Mesh に凹みができても問題なく使えていました(笑)。

Microphone は Setting 位置で大きく音が変わります。・・・その理由は近接効果による周波数特性の変化や周囲の物体 (床や壁など) からの反射音と楽器からの直接音との Balance の違い、温度や湿度環境の違いなど様々にあるのですが、無響音室での測定実験でもない限りはどんな場所にどのように Setting しても Catalog 表記されているような周波数特性で音を収録できるものではないのです。

録音を生業としている Recording Engineer 達はそうした Microphone の性格を Model ごとに熟知しており、このような環境 (Stage) でのこのような音源 (楽器) に対してはこのような Microphone をこのように Setting すると狙い通りの音を得られるという知識を豊富に持っているからこそ良い音で収録できるわけです。

素人が何十万円もする Digital SLR (Single Lens Reflection:一眼レフ) Camera で撮った写真よりも Pro' が数万円の Compact Digi'Came' で撮った写真の方が遥かに良い写真になるのも Pro' は被写体に光がどう回り込んできているのでどのような設定で撮るのが良いかを瞬時に判断できる感覚を身体に染み込ませているからでもあるのですが、録音も同じで経験豊富な Pro' の Microphone Setting でなければ Microphone の特性を活かし切れないとも言えます。

逆に言えば経験豊富な人の Setting だからこそ 50Hz までしか保証されていない RE20 で 20Hz の Wood Bass 胴鳴り音を Balance 良く収録できるとも言えますし、下手な素人が 20Hz まで収録できる AIWA VM20 Ribbon Microphone で Wood Bass を狙ってもろくな音には録れなかったりします・・・って VM20 を使いこなせなかった素人は私でしたが(笑)。

まあ Microphone はとにかく使い込んでその性格 (Setting による音色変化) を知ることです。・・・Catalog 周波数特性なんて気にしなくて良いですよ。

素敵な Audio Life を(^_^)/

さすがに 25Hz 以下とか 12.5Hz 以下までは収録できるという Level ではないでしょうが、50Hz の収録が保証されている Microphone ならば 41.2Hz の音は収録できます。

一般に Microphone (或いは Speaker) の周波数特性は ±3dB または ±4dB の範囲に収まる帯域が示されるものですので、周波数特性が 50Hz からになっている Microphone は 41.2Hz の音を 1kHz に対して -6dB (半分) 前後の電圧で収録できる筈です。

ただし Microphone によっては保証帯域外の周波数特性が急激に減衰するものもありますので、あ...続きを読む

Q部屋の周波数特性について

スピーカーに正弦波を送ってマイクで測定します。部屋の中のある点での音圧の周波数特性は、グラフィックイコライザである程度平坦にすることはできます。しかし、定常波の節となって「音が聞こえない周波数」が多数できることは、無響室のようなものでない限り避けられません。

ところが、そのような部屋であっても、音楽を鳴らした場合は聴感上さしつかえないようなのですが、なぜでしょうか。それとも、大きな影響があるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

部屋も含めた環境全体の周波数特性は,音色・定位感の違いとして認識されるものなのではないかな,と思っています(それは質問者さんもすでに感じているようですね)

定在波の節や腹を音量の違いとして感じ取るには,

・深いディップがある周波数の音高が,音楽で使う音階の音のどれかに一致している事
・曲中に,ディップの周波数の音が単音で持続する部分がある事
・曲のその部分で,節が生じる範囲に両耳が固定されている事

といった条件が全て満たされなければならず,測定中ならばともかく,実際の音楽のリスニングでそういう場面に遭遇する事はそれほどないように思います(まったくない,とは言い切れませんが)。

---(以下,余談ですが)---
CDに刻まれているのはもともとどんな音なのか,という所は,大変に難しいですね。CDを作った人のモニタ環境が,完全に平坦なエネルギー・位相特性を持っている事は,まずありえません(スピーカと部屋が特に無理)。
なので,CD制作者が聴いた音は,その環境まで聴きに行かないと分かりませんし,こうしたとしてもなお,制作者が聴いている音と,自分が聴いている音は,同じである保証はありません(耳と脳が違うので)。

また,仮に,ある録音技術者が意図した音を完全に再現できる環境が整ったとしても,その環境で他の録音技術者のCDを聴けば,当然,意図したものと同じにはならないでしょう。

こんにちは。

部屋も含めた環境全体の周波数特性は,音色・定位感の違いとして認識されるものなのではないかな,と思っています(それは質問者さんもすでに感じているようですね)

定在波の節や腹を音量の違いとして感じ取るには,

・深いディップがある周波数の音高が,音楽で使う音階の音のどれかに一致している事
・曲中に,ディップの周波数の音が単音で持続する部分がある事
・曲のその部分で,節が生じる範囲に両耳が固定されている事

といった条件が全て満たされなければならず,測定中なら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報