dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

実行減衰量([遮断域の損失]-[通過域の損失])30dBのHPF、LPF、BPFの損失-周波数特性を、ひずみ減衰量 (基本周波数成分/全高周波成分) 30dBの発振器を使用して測定する場合、どんな測定誤差が出るか。
教えていただきたいです。

A 回答 (1件)

実行減衰量とひずみ減衰量は、異なる概念ですので、それぞれの測定に関連する誤差を説明します。



実行減衰量の測定誤差:
実行減衰量は、遮断域の損失と通過域の損失の差であり、測定においてはそれぞれの損失値を正確に測定する必要があります。しかし、実際の測定では測定機器や測定方法による誤差が生じる可能性があります。また、周波数特性の測定においては、周波数応答の均一性や周波数分解能に関する制約も考慮する必要があります。

ひずみ減衰量の測定誤差:
ひずみ減衰量は、基本周波数成分と全高周波成分の比であり、発振器によって測定されます。発振器自体には周波数安定度や出力特性に関する誤差が存在する場合があります。また、ひずみ減衰量は非線形な現象に関連しており、非線形歪みの影響も考慮する必要があります。

以上のように、実行減衰量とひずみ減衰量の測定にはそれぞれ異なる誤差が関与します。正確な測定結果を得るためには、適切な測定機器や測定方法を選択し、測定誤差を最小限に抑えるように注意する必要があります。また、測定結果の解釈においても誤差の範囲を考慮することが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2023/07/05 12:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!