【OCN】1GBプレゼントCP中!

誤差の範囲とは一体どういう意味でしょうか?

A 回答 (6件)

統計学から離れて、一般の国語の問題と考えれば、


「この程度の違いは許されるべきだ」
という意味です。
    • good
    • 7

たとえば、鉄の棒を1000mmの長さに切断するとしましょう。


しかし、実際に切断した棒の長さが1000.5mmだったとします。
このとき0.5mmの誤差が発生したといいます。
(ここでは計測器は校正されているものとし、計測器の誤差は無視します)

この0.5mmを誤差として許される場合は、誤差の範囲内と言い、許されない場合は誤差の範囲外と言います。

通常誤差の範囲と言えば、誤差の範囲内を示します。

JIS B 0405 の精級であれば400mm~1000mmの許容差は±0.3と規定されいるので誤差の範囲外になりますが、中級ならば±0.8なので誤差の範囲となります。
    • good
    • 7

俗に「誤差の範囲」言っていますが、本来は「許容誤差の範囲」というべきものです。

許される範囲の誤差だということです。
    • good
    • 4

 専門ではないのですが、辞書では下記のように表しています。


1 【誤差】

測定値・理論的推定値また近似計算によって得られた値と、真の値との差。 (インフォシーク時辞書から)

例: 自転車の部品は標準化といいだいたいいなじ大きさのねじとかを
使うと決めています。正確に作る。もう一つは少し数ミリ大きく造る
この数ミリの決めた誤差を標準語差といいます。
    • good
    • 0

測定データが計測器の誤差の範囲に入っている事。



例えば長さ1mの物が必要な場合
計測器の計測誤差が1m±1mmとしたら999mm~1001mm
の範囲にあれば正常とみなされるわけ。

測定物体がその計測器を使って999mmや1001mmと表示されたら
計測器の誤差範囲だから正常であると言う事。

ただし、計測結果がその誤差範囲に入っても問題ない場合ねのみ有効。
    • good
    • 0

 違いは認めるが、たいして意味のある違いではないということでしょうか。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング