人間が生き延びる(または生還する)ために、あれこれ知恵を絞って努力する、食料を調達したり、道具を作ったり、といったストーリーが好きです。

オススメの小説がありましたら、教えて下さい。

ちなみに今まで読んだもので気に入っているのは、
「漂流」吉村昭:私のベスト1。江戸時代の実話。水もない島での何年にも渡る過酷なサバイバル。
「悪夢のバカンス」シャーリー・コンラン:裕福な女性グループのジャングルサバイバル。「女性」っぽさが鼻につく所もありますが、ジャングルの描写が秀逸。かなりハード。

ジュニア小説でなく、一般向きでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

「魔境からの脱出」柘植久慶



南米アマゾンで航空機が墜落。
生き残ったのは5人。
主人公たちはイカダを作り、自力脱出を試みる。
食糧や水を調達し、軍隊アリの猛攻があったり。

最後はガリンペイロや某国エージェント?との戦いもあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アマゾン!いいですね~。
ジャングルものはツボにはまります。(笑)
敵もちゃんと出てくるようで、盛りだくさんで面白そうです。
情報、ありがとうございます!

お礼日時:2005/08/03 14:06

 スペイン生まれの作家ヤン・マーテル著の『パイの物語』



 インドからカナダへ向かう貨物船が太平洋上で沈没!残されたのはインド人の少年パイと動物達・・・。生き残るのは誰か? 壮絶なサバイバル漂流の結末は・・・。
 
 昨年のNHK週刊ブックレビューで紹介されていて、読みましたが久しぶりに面白いサバイバル小説(?)に出会いました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812415 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

これはびっくり!
なんだか美味しそうなタイトル、なんて思ったら、動物たち(危険なのも!)と男の子の漂流ですか。
まさに異色の作ですね。
要チェックです。
情報、ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/04 20:44

デイック・フランシスの「標的」はいかがでしょう。


ミステリーですが、主人公は野外サバイバルマニュアル
のライターという設定です。
ストイックでハードボイルド系の主人公が
活躍する競馬シリーズの一冊ですが作者のリサーチが
精密なのでためにもなるし、かつ面白さには定評のある
作家の一人です。
(ハヤカワ文庫)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ミステリーも好きです。
サバイバルマニュアルのライターが、どう競馬と絡んでくるのか、面白そうですね。
早速チェックしてみます。
情報、ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/04 20:36

谷甲州の「惑星CB‐8越冬隊」はいかがでしょうか?



航空宇宙軍史シリーズの第1作で、ハードSFですがほかの作品とちょっと毛色の違う冒険小説です。
過酷な惑星環境の中で生き延びるために知力を尽くす、という感じできっと気に入るとおもいますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

調べてみました。
地球が無人になって忘れ去られてから何万年も経ってからの話のようですね。「越冬隊」ってところがハードそうで良いですね。
作者の方は山岳にも詳しいようですので、リアルな描写が期待できそうです。
情報、ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/04 07:21

けっこうSF小説にもサヴァイバルの要素を持った作品は昔からあるんですよねぇ、、、。


ちょっと変わった所でアン・マキャフリイ女史の「フリーダムズ・ランディング」なんていかがでしょう?
http://www.bk1.co.jp/product/1595377
異星人に誘拐された地球人たちが他の異星人たちと無人の惑星に送り込まれる話です。
 
ジェイムズ・アラン・ガードナー氏の「プラネットハザード」も一風変わったサヴァイバルSFです。
http://www.bk1.co.jp/product/1666417
未踏惑星探査要員が帰還した者のない謎の惑星へ送り込まれます。
彼らは生き残り帰還できるのか、、、?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

SFも大好きです。
両作品とも読んだことがないので、チェックしてみますね!「フリーダムズ・ランディング」は骨太そうだし、「プラネットハザード」は星野之宣氏の漫画にありそうで面白そうです。
情報、ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 23:19

貴志祐介『クリムゾンの迷宮』


ミステリですが、内容はサバイバルといっていいと思います。
場所が不明なところで、主人公はなぜこのようなことになったのか?なんの意図があるのか?を知ろうとします。
そのために生き延びます。
あまり言うとネタバレになりますから…

ドキドキ感が最高の一冊です☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報ありがとうございます!
すみません。実は「クリムゾンの迷宮」は読んでしまいました。
これ、面白いですよね!RPGっぽいところも気に入ってます。
あの舞台になった場所に行ってみたいと思っているのですが、なかなかツアーがないみたいです。

お礼日時:2005/08/03 23:08

『神秘の島』J・ベルヌ



古典文学に入る作品ですが、面白いですよ。
アメリカ南北戦争の頃の話で、南軍の捕虜になった
北部の男性5人が気球で脱出するが、嵐に遭遇し
見知らぬ無人島に漂着した、
てのが導入部のストーリーです。
ラスト付近では同じ作者の『海底2万海里』を呼んでいると
驚くような展開があったり。
お勧めです。

参考URL:http://www.fantasy.fromc.com/koten/21_22.shtml
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これも面白そうですね!
島を「開拓」するという所がいいですね。
いろいろなものを作り出すそうですし。
情報、ありがとうございました!

それにしてもあっという間に、こんなに回答が寄せられて感激です。さすがgoo!

お礼日時:2005/08/03 18:36

「高い砦」 デズモンド・バグリィ ハヤカワ文庫



アンデス山中に不時着した機長はじめ10名の乗員。
何とか山を下ろうとする彼らに、謎の一団が襲い掛かる。
手元の材料から石弓や投石器などで、機関銃に挑む彼らの死闘。
冒険小説家である彼の代表作。
お気に召した後は、
ヨットの竜骨に黄金を埋め込むという大胆な発想が骨子の、彼の処女作「ゴールデンキール」もなかなかですよ。

大岡昇平 「野火」
大山史郎 「山谷崖っぷち日記」
もお勧めです。
ちょっと毛色が変わっているかもしれませんが、
ご質問の文面から、気に入っていただけるような気がします。

吉村昭は好きですが、「漂流」は知りませんでした。
是非読ませていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3作とも読んだことがありませんでした。
「高い砦」はまさに冒険活劇調で面白そうですね!
「野火」「山谷崖っぷち日記」もなかなか深そうですね。山谷地区でのサバイバル!
いろいろご紹介下さってありがとうございます。
「漂流」は良いですよ!
ぜひぜひお読み下さいね!

お礼日時:2005/08/03 14:00

松村光生「アーマゲドン2000」(『悪い夏』『怒りの日』『目醒めの時』の3作)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151100 …

栗本薫「グイン・サーガ」
現在第102巻刊行中 最初の16巻位まではサバイバルと言って良いでしょう。

「奇跡の詩(原題 MIRACLES STILL HAPPEN)」こちらは映画のタイトルです。
以前図書館で日本語版の原作を読んだことがあるのですが...題名を忘れました。
同タイトルの映画があるので注意してください。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD2381/commen …
このサイトでも紹介しています。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20030316/f004 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「アーマゲドン2000」17歳以上に訪れる死・何年か前のドラマ(「未満都市」だったかな)に似ていますね。もしかすると原作でしょうか。面白そうです。
「奇跡の詩」紹介してくださったリサーチ200Xで見ました!女の子の冷静な判断に脱帽でした。本があるなんて知りませんでした。要チェックですね!
栗本薫氏の作品も読んだことがないので、気になります。
たくさんのご紹介、感謝です!

お礼日時:2005/08/03 13:49

サバイバル小説で検索してみました。


私自身は、あまり読んだことがないもので・・・・。
参考になるでしょうか?

参考URL:http://www.junkudo.co.jp/syohyo200407/syohyo6-to …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりましたとも!
このサイトは知りませんでした。たくさん出てきますね~。感激です!
「エンデュアランス号」「たか号」「ホワイトアウト」「クリムゾンの迷宮」等、読んだことのある小説もいっぱいあって、改めてこの傾向の作品がすきなんだなあ、と実感。(笑)
早速「お気に入り」に保存して、じっくりチェックします。ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qオススメの小説家、小説を教えてください。

オススメの小説家、小説を教えてください。

本を読むのが好きです。本を買うのも好きです(笑
新しく本を買おうと思うのですが、好きな作家さんの本をほとんど読んでしまったため、何を買っていいか悩んでいます。
あまり失敗したくないのでなかなか冒険ができない性格で、気に入った作家さんの作品を全部読んだら次の作家さん…といった読み方をしていますが、ちょっとばかり冒険をして、広げたいなぁと思っています。

好きな作家さんは
村上春樹さん、伊坂幸太郎さん、乙一さん、有栖川有栖さん、天童荒太さんです。
ジャンルがかなりばらついてます;

太宰治さんの作品にも感動しました!

昔の人(芥川龍之介さんなど)でもかまいません。
オススメの作家さんを教えてください。

シリーズ物を読みたいと思っているのでオススメのシリーズものもあったら教えてください!

Aベストアンサー

自信をもってお勧めできる作家を知ってるって余裕ですね。
手持ちの札を見せたらこちらの勝ちに決まり。そんな勝負をしてるみたい。
<奥田英朗>
読書家のようだから、
もちろんとっくにお読みですね?
もし迂闊にもまだお読みでないなら、
「邪魔」なり「最悪」なり「無理」なり
ぜひ読んでみてください。
なーんだ、大したことないじゃん。
という感想なら、読み手、失格。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q「いま、会いにゆきます」の市川拓司さんは既婚者?実話?

「いま、会いに行きます」思っていた以上にいい映画でした。原作も読んでいるところです。

ところで、作者の市川拓司さんは既婚者なんでしょうか?プライベートに関することで公開されてないことなら特別聞こうとは思いませんが、ある程度実話に基づいていたり、亡くならないまでも奥さんと男のお子さんがいるのかなーーー?と思いました。

正直、既婚者でない方があの話を想像だけで書いてても少し興ざめする部分があります・・・^^;というより結婚されててお子さんがいる方のほうがよりリアリティがあって、気持ちが伝わってくるというか・・・

サイトを拝見したのですが、わかりませんでした。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
「いま、会いに行きます」、本当にいい映画ですよね。
私は映画のはまだ見ていないのですが、
原作は何度も何度も読み返して感動しました(^-^)

作者の市川拓司さんについてですが、
既婚者で奥様・男のお子さんがいらっしゃるようです。

映画の公式サイトの、
「市川拓司さん100の質問回答」の所に少し書いてありました。
もし宜しければ、ご覧になって下さいね。

参考URL:http://www.ima-ai.com/interview/ichikawa_qes.html

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qあなたがお読みになられた小説で、人に薦めたくなるほどに感動した小説を教えてください。

あなたがお読みになられた小説で、
人に薦めたくなるほどに感動した小説を教えてください。

ジャンルは問いません。

幅広いご意見を頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

少し前に読んだ本なのですが、

ウォルター少年と、夏の休日
椿山課長の7日間(浅田次郎)
流星ワゴン(重松清)
光の帝国(恩田陸)
はおすすめです。是非読んで頂きたい内容です!

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q「ことばの国」という表現について 立川昭ニ「見える死、見えない死」(得点奪取現代文)の中で、 「こと

「ことばの国」という表現について

立川昭ニ「見える死、見えない死」(得点奪取現代文)の中で、
「ことばの国フランス」「ことばの国中国」
といった表現がありますが、
「ことばの国」とはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

外来語をそのままの形で受け入れ単純に発音だけを自国の言葉で表記するのではなく、その言葉の意味を考え自国に存在する言葉に置き換えて表記する国のことを「ことばの国」と言っているのだと思います。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q実話怪談の本について

自分は実話怪談が好きで、その手の本をいろいろ探しています。
今まで読んだのは新耳袋全巻と怖い本などです。
最近は加門七海さんの怪談徒然草を読んで面白かったと思いました。
そこでおすすめの実話怪談の本があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

加門七海さんの、怪談実話集の他の本は、読まれましたか?
「怪のはなし」集英社
心霊関係の人にインタビューした、
「心霊づきあい 11人の作法」メディアファクトリー
は、稲川淳二さんや新倉イワオさんのお話もあって楽しいです。

この他集英社のWEB文芸サイトレンザブローでも連載をされています。
怪談集ではなく、加門さんが家を探す話なのですが、
そういう話は当然出てきます。

他の方は、北野誠さんの「続おまえら行くな。」 マイクロマガジン社 も怖くて面白かったです。
ただ、とても怖くて図書館から借りてから早々に返すまで、夜電気が消せなくなりました。

すでに読まれていたら、すみません。

参考URL:http://renzaburo.jp/keisai_list_r/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報