プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは。つまらない疑問なのですが
裁判所 裁判官の方にも夏休みってあるんですか?それとも交代制で休みを取り 裁判をしたり 審理をしたりするのでしょうか?
土 日 祝日は休みだというのは知っています。。。8月と9月は休み明けで忙しいと書いていたので ふと疑問を感じました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家族に退官した裁判官がいます。



裁判官や裁判所の職員は公務員ですので、年末年始以外は全員が同じ期間に休む事はありません。
ですから、夏休みやゴールデンウィークには、ご質問にあるように、職場の同僚達との間で調整して休みを取る事になります。

実際には、特に裁判官にとって、まとまった休みを取る事は難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。では休みなく裁判を行ったり 判決を出しているんですね。とても大変な仕事ですね。

お礼日時:2005/08/04 17:10

裁判所によるとは思いますが、8月の2週間程度、部ごとに公判期日を入れない期間があって、俗に夏休みといわれています。



ただ、公判期日を入れないだけであって、裁判官や職員が休んでいるとは限りません。

2週間のうちの何日かは休暇をとって帰省や旅行などに行く人も多いですが、残りの日は判決起案の作成など溜まった仕事をしているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。年甲斐もなく不慣れなPCでアレコレと見ていたら 休み明けで裁判所は忙しいと目にしたもので つい質問してしまいました。公判期日というのを今から調べたいと思います。情けないです。。。

お礼日時:2005/08/05 09:44

裁判所という官署の休みと、裁判官などの公務員の休みは別です。



官署は、警察や消防などは例外として、土日・祝祭日・年末年始は閉庁(休み)です。飛石連休で休日に挟まれた平日は、開庁です。民間企業のように、飛石連休を連休にしてしまうことはありません。

公務員は、閉庁日が休みなのは当然として、それ以外に年次休暇と特別休暇を取得することができます。特別休暇とは、慶弔や年末年始など、習慣上、又は人倫上、職務従事義務を解除することが適当な場合に許可されます。閉庁日とは別に休暇が与えられるわけですから、当然、開庁日に休むことになります。

裁判官も人間ですから、お盆や正月などは長い休みが取りたいし、飛石連休の中日に休暇を取りたいことがあるのは当然です。しかし、全員が休みを取ってしまえば裁判所の機能が停止してしまうので、交代で休暇を取っているのです。

つまり、裁判所には夏休みはないが、裁判官は交代で夏休みを取っているのです。

この回答への補足

ありがとうございます。裁判官と裁判所を別として考えるのですね。
お盆や正月の間は 裁判官は交代で長い休暇をとり、残った裁判官の人たちが裁判所では裁判などが行われてるのですか?

補足日時:2005/08/05 09:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所の夏休みはいつごろですか。

裁判所に夏休みがあると聞いています。
書記官とか、裁判官とかも休みを取るのでしょうか。

 本人訴訟をしようと考えています。提訴の時期について、思案中です。
夏休み期間はいつから、いつ頃まで。
その間に提訴した場合、何か不都合とか、ないでしょうか。
提訴に適した期間というか。まあ8月10日前後は避けたほうが良いとか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 裁判所には夏季休廷期間というものがありますが,裁判所全体を休みにしてしまうわけには行かないので,7月21日から8月31日までの間,交替で休みを取っています。
 訴えを起こす場合,第1回期日が入るまでにどうしても1箇月くらいはかかりますので,いつ訴えを提起しても夏休みの影響はそれほどないかと思われます。

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む


人気Q&Aランキング