ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ヘッドライトをHID化しようと思っています。
色々HPを見て調べていたのですが、車種によってマイナスコントロール車、プラスコントロール車とあるみたいですがどういう意味なのか分かりません。配線が逆になりますよね。
ベンツはプラスとの事ですが、Y33グロリアはどっちなのでしょうか?

そもそも何をコントロールするのかが分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1です。



>スイッチが左右どちらかに変わることで何か違う意味があるのでしょうか?

消費電力が多い器機を使用する場合、マイナスコントロールを採用する事が多いですね。おそらくは負荷までロスが無くダイレクトに電気が来る事で、負荷を効率良く作動させる事が可能になるからではと思います。

またプラスコントールとマイナスコントロールですが、車の部位によって使い分けされています。

・プラスコントロール:ウィンカー、スモールライト、ウォッシャーなど

・マイナスコントロール:ホーン、ワイパー、パワーウィンドーなど

へッドライトに関しては、前回の返答にも書き込みしましたが国産車では、トヨタ系とホンダがマイナスコントールで、他のメーカーはプラスコントロールですね。

ヘッドライトコネクターの端子位置に付いては、#3さんの所にリンクしてあるHPが役に立つかと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

メーカーによって異なるだけじゃなく1台の車でも部位によって異なるとは。。。。めんどいですね(悩
私の車のヘッドライトはプラスコントロールという事なので今回の質問内容に関しては了解しました!
いや~車って奥が深いですね~。。。

お礼日時:2005/08/08 11:34

プラスコントロールの場合、


プラス線が2本 アース線が一本となります。
プラス側の線にスイッチが入っています。

マイナスコントロールの場合
プラス線が1本 アース線が2本となります。
アース側の線にスイッチが入っています。

電球の場合、極性は関係ないので、どちらでも動作しますがHIDのバラストには極性があるんだと思います。

ですんで、配線が逆になります。
下記URLの一番下の絵を見ると分かると思います。

参考URL:http://www.smaps.net/hidsetumei/h4low/torituke.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

マイナスC、プラスCで何か違う意味があるのでしょうか?
宜しければ補足お願いします。

お礼日時:2005/08/08 11:30

まず、ルームランプをマイナス側でオン/オフしているマイナスコントロールであること。

これは、ドアを開け閉めしてルームランプをオン/オフさせながら、電球の両端の電圧とボディアースとの電圧をテスターで計ってみると分ります。マイナスコントロールですと消えている時は両端子とも12Vですが、電球が点灯したときにどちらかの端子が必ず0Vになります。
ほとんどのクルマがマイナスコントロールになっていますが、まれにプラスコントロールのクルマもあります。プラスコントロールの場合、直接配線はできません。コントロールユニット(GS-510)で反転してやる必要があります こちらを参考までに、

参考URL:http://www.monitor-research.co.jp/QandA/qa_torit …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

マイナスC、プラスCで何か違う意味があるのでしょうか?
宜しければ補足お願いします。

お礼日時:2005/08/08 11:30

マイナスコントロールとは、負荷(バルブやモーターなど作動させようとする物)のマイナス側にスイッチがある事を言います。


簡単に電気の流れを書くと、

・マイナスコントロール:バッテリープラス⇒バルブ⇒スイッチ⇒バッテリーマイナス

・プラスコントロール:バッテリープラス⇒スイッチ⇒バルブ⇒バッテリーマイナス

と言うようになります。

日産車はプラスコントロール車です。

確か国産車のマイナスコントロール車は、トヨタとホンダと記憶していますね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
文面拝見したのですが、スイッチの位置がバルブの左右にどちらかに付く事によって呼び名が変わるんですね。

ですが、スイッチが左右どちらかに変わることで何か違う意味があるのでしょうか?
宜しければ補足お願いします。

補足日時:2005/08/04 18:06
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスコントロールとマイナスコントロールは何の意味がある?

車やバイクなどに機器を配線する際、プラスコントロールとマイナスコントロールを気を付けるような情報がありますが何の意味があるのでしょうか?
プラスコントロール  … +電源→SW→負荷→GND
マイナスコントロール … +電源→負荷→SW→GND

これは何のメリット、デメリットまたはそうしなければならない理由がありますか?
ある国産車の配線図を見るとヘッドライトはマイナスコントロール、ポジション、テール、ライセンスランプはプラスコントロールでどこに違いがあるか、特徴があるか分かりません。
ネット検索しましたが他にこれと言ったものがなく、そうだよなと思える理由が見つかりませんでした。専門家の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昔の自動車整備の本で読んだような記憶なんですけど

マイナスコントロールのメリット
電源とスイッチと機器間の配線途中でショートの恐れがあるプラス配線を極力短く(少なく)するため。

マイナス配線途中ショートで常時稼動状態となり
実走行不能にならない物(マイナスコントロール)
・ヒーターモーター
・メーター内にあるインジケータ
・ライト

マイナスコントロールで途中ショートした場合に常時稼動状態になり、
機器が壊れる(壊れた)場合、交換しにくい、実走行出来ない困る物(プラス制御)
・デフロッガー
・スタータモーター

QHIDのプラス、マイナスコントロール見分け方

友人に使ってないHIDキットをもらったのですが
このキットがプラスコントロールなのかマイナスコントロールか
わからず困っています。

どの様にして確認できるのでしょうか?

また、マイナスコントロール車両へプラスコントロールのHIDを
取り付けた場合HIDは壊れますか?

皆様のご意見お聞かせくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プラスコントロールというのは、マイナス側は直結、プラス側でON、OFFの制御を行う物、
マイナスコントロールはその逆。

間違えても壊れることは有りませんが、点灯しない、消灯しないの可能性が有ります。

Qプラス・マイナスコントロールの変換について

自車に、ネット販売されているオートライトキットを取り付けし、メーカー純正の「AUTO」付きライトスイッチで制御したいと考えています。

電気の基礎知識として、プラスコントロールとマイナスコントロールがあり、スイッチの位置が異なることはわかりました。
ネット情報で、取付事例を参考にすると、ライトスイッチがマイナスコントロールなので、リレーでプラスコントロールに変換する必要がある、とあります。

なぜ、変換が必要なのでしょうか?

ちなみに私は、素人知識しかなく、ネットで独学していますがいまいち理解できていません。

Aベストアンサー

>追加で教えていただきたいのですが、多くの車はプラスコントロールだと思うのですが、部位によってはマイナスコントロールになっていると聞きました。
>それは、リレーを使って、プラスをマイナスにしているから、と考えてよいのでしょうか?

違います。
回路の設計段階でマイナスコントロールにしています。

>電装品によって、プラスコントロールで使うものと、マイナスコントロールで使うものがあるという認識でよいのでしょうか?

電装品の種類と言うくくりではなく、その車の考え方でどの部品をプラスコントロールにするのか、マイナスコントロールにするのかが変わります。

国内の普及車ランク以下だと、ルームランプにはマイナスコントロールが多く使われています。これは電線長が短くて済むからです。

クラクションに関しても、マイナスコントロールが多いです。
これはステアリングの様な回転部の中にスイッチがある事で、車体を使い、一本の線で済むからです。
また、事故などの時、配線が噛みこんでショートしたら、「鳴る」と言う様な安全対策にもなって居る訳です。
プラスコントロールで、配線が噛みこんでショートしたら、ヒューズが切れますので、動作しなくなります。

>もしそうなら、個々の電装品がどちらのコントロールか判断する方法はあるのでしょうか?

テスターで確かめることは可能です。


車種やメーカーの考え方、コストなどで、それぞれの方式が採用されます。
コストを下げるためにやって居る事に対してリレーなどの高額部品を使ったのでは、本末転倒になったりもします。
(必要な所には使いますけどね。)

>追加で教えていただきたいのですが、多くの車はプラスコントロールだと思うのですが、部位によってはマイナスコントロールになっていると聞きました。
>それは、リレーを使って、プラスをマイナスにしているから、と考えてよいのでしょうか?

違います。
回路の設計段階でマイナスコントロールにしています。

>電装品によって、プラスコントロールで使うものと、マイナスコントロールで使うものがあるという認識でよいのでしょうか?

電装品の種類と言うくくりではなく、その車の考え方でどの部品をプラス...続きを読む

Qヘッドライトがプラスコントロールか判別したい

ヘッドライトのLED化をもくろんで色々調べています。
オークションで自分のバイクにあったLEDヘッドライトを見つけたのですがこれに「必ずプラスコントロールで使用してください」と説明があります。
おそらくそうでないと壊れると思います。

そこで疑問なのですが自分のバイク スズキのヴェクスター150のヘッドライトはプラスコントロールなのか?というkとおです。そもそもヘッドライトにプラスコントロールもマイナスコントロールもあるのか?と思いましたが、注意書きがあるくらいですのでそうなんだと思います。
もしくは途中でスイッチを介すことを想定しての注意書きでしょうか?

私は元々ついている配線にそのまま繋ごうと考えています。
ヴェクスターのヘッドライトはメインキーONで点灯するタイプです。
なのでLEDライトを繋いでメインキーオンにしたら通電するわけで、その時プラスコントロールになっていないと壊れるのではないかと考えました。

自分のバイクのヘッドライトがプラスコントロールなのかマイナスコントロールなのか調べる方法などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスコントロールだと思います。
ネットに転がっていた、ヴェクスター125 の配線図 で確認しましたが、プラスです。

というか、マイナスコントロールのバイク(原付スクーターから大型車まで)は、見た事がありません。
「必ずプラスコントロールで使用してください」 の注意書きは、
先の質問の交流駆動(ACタイプ)のバイクには使用しないでください、の意味だと思われます。

また、先の質問の交流か、直流かについても、125の配線図で、直流である事が確認できました。
全波整流も正しいです。
発電能力が高いと思われますので、省エネのためのLED化なら殆ど無意味です。

LEDランプは熱に弱く、熱が篭るとあっという間に寿命になりますので、取り付け後、ランプ裏側の
通気を良くするようにしてください。
場合によっては、改造もありです。

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

QLEDヘッドライトに交流直流は関係ありますか?

ヘッドライトをLED化したいです。ですがこちらのようにhttp://item.rakuten.co.jp/skautotrading/10000237/

交流タイプというのもあり値段が少し割高です。

私のバイクは全波整流というタイプでたしか交流だったように思いますがこちらを選んだほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

イグニッションオンで、ヘットライトが点灯するなら直流タイプでOKです。
エンジンがかかっているときだけ点灯するなら交流タイプが必要です。

バイクの名前、形式を書けば一発回答があると思いますが。。。。

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Qマイナスコントロールとプラスコントロール

国産のマイナスアース車の場合の信号コントロール線ですが、コントロール線の絶縁不良や車体への短絡事故を考慮するとプラスコントロールのほうがマイナスコントロールに比べて不慮の動作を行わない点に於いて優位だと思われますが(ヒューズ断やコントロールC/Uの損傷についてはどちらも同じ?)、あえてマイナスコントロールを採用する場所もある事について何か理由があるのでしょうか。

Aベストアンサー

全てではありませんがECUから直接ドライブする機器はマイナスコントロールで一度リレー受けしてある機器はプラスコントロールで制御している事が多いと思います。

Qフォグランプの電源をとる場所はスモールからでOKですか?

フォグランプの電源をとる場所はスモールからでOKですか?
社外品のフォグランプを購入し。取り付けはなんとか終えたのですが電源をとる場所が・・・。
ディーラーに聞いたところ電流は12vだから一緒。スモールランプにかませればOKと教えてもらったのですが、スモールランプの線は細く何か頼りなさそうな気がしてなりません。フォグランプのw数は35wです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

エーモンのリレー図で説明します。図の青線のスイッチはスモールの配線とお考え下さい。
リレーにも用途に応じて種類があります。この場合は4極リレーを使います。


青線をスモールライトの+に配線に割り込ませる。
黒 アース
赤 バッテリーの+に
黄の配線を室内まで延長しスイッチを付ける→→→→フォグの+に

スモールライトをONにすると青線に電気が流れ、リレーがONの状態になります。ONになった状態は赤のバッテリに繋いだ12Vがリレーを通り黄色の配線に流れます。
このま直にフォグに繋ぐと、スモールライトを点灯するとフォグまで一緒に点灯しますから、それを防止するために黄色の配線とフォグの間にスイッチを設置します。

この様に配線することで、フォグのスイッチがONの状態ままでもスモールをOFFにすれば一緒にフォグも消えますし、スモールを点灯していない状態ではフォグも点灯しません。フォグの消し忘れ防止にもなります。


      リレー側 --赤--ーヒューズーー12V バッテリ+
           --黒ーーーアース
           --青ーーースモール線+
           --黄ーースイッチーーー+側フォグ -側 アース
      
スイッチは2極のものは入る出るです。
LED等でON状態が分る物は3極の物がありますが、その場合は1極はアースです。くれぐれもアースの接続を間違わないように。

室内に取り込む配線はエンジンルームから室内に純正の配線を取り込んでいる所があります。通常運転席助手席足元辺りにあります。
そこのゴムパッキンの横からでも通してやれば良いでしょう。

では、がんばって取り付けて下さい。

エーモンのリレー図で説明します。図の青線のスイッチはスモールの配線とお考え下さい。
リレーにも用途に応じて種類があります。この場合は4極リレーを使います。


青線をスモールライトの+に配線に割り込ませる。
黒 アース
赤 バッテリーの+に
黄の配線を室内まで延長しスイッチを付ける→→→→フォグの+に

スモールライトをONにすると青線に電気が流れ、リレーがONの状態になります。ONになった状態は赤のバッテリに繋いだ12Vがリレーを通り黄色の配線に流れます。
このま直にフォグに繋ぐと、スモール...続きを読む

Qライトの種類(H1,H2,H3とは?)

自動車のライトで、H1~H4位まで種類があるようですが、これはどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

参考にどうぞ。

http://carbasic.blog107.fc2.com/blog-entry-21.html


人気Q&Aランキング