「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

先物会社の営業マンの勧めでやった初めての先物取引で、3週間で1500万もの損失になりました。

先物被害を専門に取り扱う弁護士に相談したところ、訴訟の手続きを申請してから3週間ほどで「このケースは向こう(先物会社側の弁護士)から4割り返還での和解を提示されるかも。裁判で1年も争ってから3割や3.5割の判決になるよりは和解に応じてはどうか?」との打診がありました。
私としては先物会社に騙されたという気持ちが強いですし、たとえ結果的に4割以下になったとしても裁判にもちこんで戦いたいと思っています。
まだ裁判にもなっていない、和解も提示されていないうちからこんな消極的な弁護士さんの姿勢にも「早く片づけたいのかな」と不信感を持ってしまいます。

先物被害の訴訟ってこういうもの(4割程度で和解が当たり前?)なのでしょうか?
弁護士さんが言うように、「裁判に持ち込んでも4割以上はまずとれない」ものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

私はもと商品先物の営業をやっていました。

業界にはかなり詳しいつもりですのでお答えしたいと思います。

 結論から言うと、前の人からもアドバイスがあったとおり、和解を一番お勧めいたします。私が在職中もこういうような裁判事例はちょくちょく起きていましたが満額返還の事例など見たこともありません。
むしろ、先物会社が周到に用意した裁判対策に翻弄され、負けてしまうことも多いようです。

 先物取引を始めるにあたって約諾書等の差し入れを行ったと思います。こういった取引では自己責任の原則が最重要視されますので損失の責任を会社に一方的に転嫁することはほぼ不可能です。

 私としては4割の和解金は多い方だと思いますので「儲け話には裏がある」ということを身をもって学んだ授業料として考えていただければと思います。

 やや冷たい返事で申し訳ありませんが、私なりに一生懸命考えてみました。ご参考までにお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・質問者の妻です。ショッキングな事実、ですが親身なご回答ありがとうございます。

ここまで皆様4割返還という前提でご回答いただいたかと思いますが、下にも書いたように実際に提示された額は3割でした。
複数の、先物被害を専門に取り扱う法律事務所の見解では、2~6割だったり3~5割だったりと、平均すると4割くらいなのかなという感じです。

主人は過去の判例と自分のケースを照らし合わせて、全額はもちろん無理、でも4~5割くらいはいけるのでは?と考えていたようです。ただ、ここまでの皆様の言葉に、だんだん柔軟には変わってきていると感じます。
もし提示が5割ならすんなり和解で納得できると思うのです。4割でまあまあ、3割では即座にウンとは言いにくい・・・そんな感じのようです。

まとまりませんが、何かご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

お礼日時:2005/08/13 01:20

元先物外務員です。



額についていえば、弁護士さんの言うことが正しいのでしょう。しかし社会正義のためにも裁判を行ってほしいと思います。

hakohuguさんにとっては、より楽により多くのお金が戻ってくればいいと考えるのは当然ともいえます。しかし、先物会社にとっては、金を少し返せば面倒な裁判を行わなくて済み、同じことを何度も繰り返したほうが利益になるので、被害者を続出させ続けることになります。

裁判になれば、日本商品先物取引協会に報告され記録され、裁判件数が記録されることになります。その件数で、トラブルが多い会社かどうかが判断されます。すなわち、和解してしまったら、その会社はトラブルの件数が少ない会社と記録されてしまうのです。

そのような数字のごまかしが行われることが非常に歯がゆく思います。あのような腐った業界を駆逐するためにも、裁判を願います。

CCMFさんという先物業者と戦っている方をご紹介します。裁判の相談も無料で行ってくれると思いますよ。

参考URL:http://www.isdnet.co.jp/~saki/

この回答への補足

ようやく結果報告を書き込む時が来ました。

4割で和解です。来月中に振り込まれる予定です。
提訴から半年、ずいぶんいらだったり悩んだりしましたが、今も簡単には説明できない心境です・・・。
ともあれ、ひとつの結果が出て、一連の出来事が「過去」の1ページになったということだけでも年の瀬にはありがたく感じます。

月並みな言葉ですが、「高い授業料を払って勉強した」これに尽きます。回答してくださった方々、本当にありがとうございました。このレスが、誰かの役に立てば、少しでも参考になれば幸いです。

2005年12月30日締め切り

補足日時:2005/12/30 12:14
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>額についていえば、弁護士さんの言うことが正しいのでしょう。しかし社会正義のためにも裁判を行ってほしいと思います。

心強いお言葉ありがとうございます。

現在、訴訟真っ最中です!
担当弁護士は和解をすすめてきます。彼の中には正義はないのか?とイラだっておりましたが、先日、「判決で返還命令が出ても支払いに応じないケースが多く、裁判で勝っても手元に損失金が還ってこないより、和解は最も合理的な解決手段」と説明されました。特に「和解を申し入れてくるということは、相手は非を認めてるということ。その時点である意味勝訴なのだ」という言葉に、そういうものかな・・・と思いました。

判決前に和解に応じるかもしれません。でも、訴えずに泣き寝入りするより、提訴前に和解するより、“訴訟を起こしたこと”こそが意味のあることですよね?
あなたの言う「記録」になること、私も重要だと思います。

お礼日時:2005/11/04 23:41

弁護士さんとの相談で4割程度の返還が可能かもというのであれば、それに従う事をお勧めします。

詐欺まがいと言いますが、どのような事があったのか、全部書いてもらわないと、和解した方が良いとしか言えません。先物会社と一般人、裁判の経験が違います。

また、10番さんが「中立に固執しているように思える」と言っていますが、裁判所は必ず「中立」の立場で物を聞きます。裁判所と言うのは当事者間で問題が解決できないのだから、中立の第三者(裁判官)に両者の言い分を聞いてもらって、判断してもらう場所です。初めから一方を疑ってかかる事はありえません。ちなみに信義誠実の原則とがあるのですから、裁判を起こす場合、例えば個人レベルで沖縄在住の人が東京の人を訴える場合、原告である沖縄の人が被告の居る東京に行きます。

いくらあなたが騙されたと言っても、それを証明できるもの、裁判官の心証を形成できるものが無いと勝つ事は無理です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>先物会社と一般人、裁判の経験が違います。

まさにその通りですよね。現時点でそれを痛感しています。一般人の私が足元にも及ばないのはともかく、原告側被告側それぞれの弁護士同士でも、残念ながら相手のほうが一枚上手のようです。「裁判の経験が違います」もんね。

向こうは勧誘している時点から、訴えられたときのことを想定して言い訳、逃げ道を用意していたようです。つまりそれらが向こうに有利な証拠となっております・・・。

でも、たとえ訴訟の結果が満足いくものでないにしろ、泣き寝入りだけはしたくない。そんな想いなんです。

お礼日時:2005/10/26 11:54

こんにちは


3割~4割というお話ですが、取引のきっかけとhakohuguさんの取引経験・取引内容によってかなり変わります。

まず
・きっかけ(おそらくは営業マンの会社へのテレアポがスタートだと思いますが)で何回か断っていませんか?
・詐欺まがいとの感想をお持ちでしょうから、おそらく営業マンは適当なことを言ってると思います。説明時のメモはおそらく残っていないと思いますが、委託のガイド(約諾書と一緒に渡されているはずです)の説明は受けましたか?また、事前に交付されましたか?

・hakohuguさんは株式等相場の経験はお持ちですか?先物取引にには適さない人へ勧誘・契約はしてはいかないという適合性原則がありますが、それに違反している可能性はありませんか?

・追加の入金をきつく(しつこく)迫られませんでしたか?また売買(一時的に利益を確定させるという甘言で)を繰り返しさせられませんでしたか?

・決済または出金を断られたことはありませんか?

等の問題を整理して、もう一度弁護士に相談してみてください。
先物会社の管理部はおっしゃるとおり海千山千です。戦うためにはしっかりとした準備が必要です。
和解・裁判のどちらを選ばれるかは、それこそhakohuguさんの自己責任ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。
専門家とのことですので、簡潔に説明しますと、ご指摘のとおり適合性違反に当たります。そして私は新規委託者であり、その部分も突っ込んでいくつもりです。

現在、訴訟が始まったばかりですが、判決がでるまでとことんやるか、途中で和解になるかはまだわかりません。

お礼日時:2005/10/26 11:42

回答ではありませんが、、、


私は先物取引の裁判を何度か傍聴したことが
ありますが第三者(傍聴人)からみると
裁判所は中立という立場に固執しているようにみえます。
また客観的な事実(物証等)でのみ判断するので
セールスマンの言葉や雰囲気を録音・録画でも
しない限り裁判は思ったとおりにいかないと思います。
先物取引で被害にあう人は昔から大勢いたのにかかわらず何の対策もされてないことに問題を感じます。
裁判専門の掲示板がありますので今後同じような被害をださないためにも経験されたことを書き込んでください。

参考URL:http://www.saibandb.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>先物取引で被害にあう人は昔から大勢いたのにかかわらず何の対策もされてないことに問題を感じます。
まったく同感です。・・・というより昔からこんなに先物取引というものが問題になっていたことを知らずに始めてしまいました。自分の無知さ、無防備さが情けないです。

まだ相手の出方を見ている段階(?)で裁判にはなっていませんが、私の一件がどなたかのお役に少しでもなればと願っています。

お礼日時:2005/10/06 22:32

回答ではありませんが、、、


実は私も先物詐欺で、多額の損失を被りました。
私もこれから戦うつもりでおります。8割以上でなければ、和解に応じるつもりはないですし、裁判をして相手の会社の名前とだました手口が、裁判所の記録に残ってほしいと言う思いもあります。
最初の弁護士さんは、ちょっと信頼できかねたので、
早急にやめて、違う弁護士さんに依頼することにしました。料金もかなり違うようです。今、取引の大まかな経過をまとめているところです。大変な作業ですが、悪質業者に甘い汁を吸わせないためにも、納得いくまで戦いたいと思っております。hakohuguさんもがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いお言葉、ありがとうございます。

裁判をして相手の会社の名前とだました手口が、裁判所の記録に残ってほしいと言う思いもあります。
>お気持ち大変よく解ります!!

実は現在依頼している弁護士さんには、やや不安を感じております(消極的な姿勢など)。解任して他を当たろうかとも考え始めています・・・。
先物被害を専門に扱う法律事務所を数箇所当たって当該先物会社の訴訟を過去2回扱っていることからそちらにお願いすることにしたのですが。

oga2005さんはどのように二人の弁護士さんを探した(選んだ)のですか?

お礼日時:2005/08/18 10:24

 私の意見を参考いただきありがとうございました。



 3割ですか....正直戻ってくる額としてはご納得いかないでしょう。ですが純粋に戻ってくる額を考慮すれば悪くないかもしれません。

 実際に裁判を起こすとなれば、裁判費用・弁護士費用・印紙代等莫大な費用がかかります。仮に5割くらい勝ち取ったとしても結局マイナス・・・なんてこともあり得ますから。(最高裁なんていったらの話ですが)

 もし裁判ということになったのならば有効な証拠はお持ちでしょうか?営業マンとの会話や電話の録音テープが一番つかえるのですが(書類関係はもみ消されやすい)・・・もしそういったものがあるならば弁護士さんに相談してみてください。

 あとはお気持ち次第だと思います。時間が経ちすぎると取れるものも取れなくなる可能性が大きくなりますので、早急なご判断をお願いします。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弁護士さんには和解のタイミングは何回かあるだろう、と言われています。
私としては納得いく結果になること一番望んでおります。


>。時間が経ちすぎると取れるものも取れなくなる可能性が大きくなりますので
・・・とはどういう意味ですか?
なぜそうなるのですか?

お礼日時:2005/08/18 00:27

取引時の詳細なメモを作成したり、


ネットで同じ会社の被害者数を調べたり、
会社自体を調べたり、
この手のHPの弁護士に相談したり、

努力して有益な情報を弁護士に渡して相談出来る方が多く取り返しているようです。

勧誘の言葉、高額出資時の相手の言葉、態度、
(憶測、感想は禁物)
先物、被害の検索キー
(被害者、会社自体を洗う)

私は質問者への注意は書かない事にした。
(下記記載者の5倍以上厳しい人間なので^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。
人任せにせず自分でできるだけの事はするということがたいせつですね。
>私は質問者への注意は書かない事にした。
お気遣いありがとうございます。

お礼日時:2005/08/17 12:31

4割も返って来るの? 絶対和解和解ですよ



本来営業マンの言いなりでも、同意した・自己責任が投資の基本です。

でも4割も返ってくると言う事は、相手も過失を認めてるって事???

そんな先物会社本当に存在するのかなぁ~?まじ不思議

訴訟になったとしても、裁判官は必ず営業マンが貴方に勝手に断りなく

売買したのか?が焦点になりますよ。規約同意書やリスクに付いての

快諾書出してるでしょ?それがある以上、詐欺の立証は極めて困難
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新たな局面を迎えました!ご意見をお聞かせください。

質問には4割で打診されるかも?と書きましたが、訴状を出したら相手の弁護士が提示した和解の賠償額は3割でした。どう思われますか?

3割でも、絶対和解和解・・・でしょうか?
揺らいでいます・・・。

お礼日時:2005/08/13 01:01

再度書きますね。

詐欺と言うのはそもそも親告罪です。
事実に反する内容を告げたり、事実を隠したり、こちらの要求を無視して取引する事とのことですがそれが立証できれば私の先に書いた詐術を用いて金品などを奪ったことになります。あくまでも証拠だせればの話です。
詐欺の場合それが難しいんです。海千山千の悪徳先物取引業者はそこのところよく理解していてなかなか証拠を残さないんですよ。挙証できなければ取り返すのは難しいという意味なんです。大変な災難でしたね。もし今の弁護士だめなら解任していい弁護士(金はかかりますが)この手の事案の経験の豊富な人に依頼するのがいいかもしれません。 こういう先物被害者のHPもあるので探せば弁護士も探せるかもしれませんよ。できるだけ取り戻せるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(温かい文面にちょっと泣きそうになりました)

挙証できるよう今、手をつくしております。
録音テープはありませんが、メモ書きであっても日時や内容を明確にしてあれば証拠として採用された例があるということですし、がんばってみます。近日中に今の弁護士さんに会う予定ですので、自分の想いを今一度伝えてみるつもりです。

ginger0613様はじめお答え頂いた皆様に経過をご報告したいと存じますので、こちらはまだ締め切らずにおきます。お時間のあるときにでもまたご覧頂ければ幸甚です。

お礼日時:2005/08/06 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグローバリーという会社からの電話

私は今東京で働いておりますが、
先日、自分の田舎の市外局番から携帯に電話があり
知らない番号だったんですが出てみると
○○さんですか?と私の名前を聞かれ、
はい。と答えるとガチャ切されました。
頭にきて掛けなおしたら、休業日らしいアナウンスが流れ、そこでグローバリーという会社ということがわかりました。なぜ自分に電話がきたのでしょうか?
こと携帯にしたのも東京に来てからなので関連がわかりません。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

電話を切られて幸運でした。
有名な、悪質訪問販売をする先物取引会社ですよ。
法律を守らずに深夜に電話する事と、断ると罵詈雑言をあびせるので有名です。
もちろん取引をしたら、とんでもない事になりますが。
金メダルを取った某選手が、何も知らずにここと契約していた事と、あまりの悪質な営業に被害を受けた顧客が社員殺した事件で有名ですね。

多分、質問者が東京に移動した事を確認した電話だと思いますが。

取引に応じないのはもちろんですが、今後電話があったら、まず録音するのが前提です。
脅迫などがあったら当然ですが、それ以外でも警察に相談をしてください。
法律で禁止されている、夜中に電話をしたというだけで明白な法律違反・犯罪ですから。

参考URL:http://www.isdnet.co.jp/~Ombudsman/

Q先物取引はなぜ危険?

2つほど質問があります

1、先物取引が危険と言われるのはどうしてですか?
先物の定義としては、「将来の一定の期間に、現時点で取り決めた価格で取引する」ことだと思います。あらかじめ価格は決めているはずなので、安全な気がするのですが・・・。まあ、会社の問題(勧誘がひどいなど)もありますが、
http://quote.yahoo.co.jp/ にも
TOPIX先物や日経平均先物の文字があり、一般的に行われているのに、周りが先物の批判をするのが不思議です。

2、先物取引とオプション取引って同じものですか?それとも違うものですか?意味を調べると、あらかじめ定められた期間にあらかじめ定められた価格で取引する点で同じなのですが・・・。

Aベストアンサー

#4のi536です、下記に答えていないので追記します。

>先物取引が危険と言われるのはどうしてですか?

自分の商売で使う材料分を確保するために先物取引でその分の買いを行うのならば危険ではないと思います。
最終的に現物を買い取ればいいわけですから。

上記以外での先物取引は、10日後の天気が晴れか雨かだれも正確に予測できないのに、
そのいずれか一方に大金を賭けるようなものです。したがって危険なんです。
実際、穀物の先物取引は自分でほとんど知る方法がない世界中の天気に大きく影響されます。

同様にいつ地震・戦争・事故がおきるか予測できるひとはいません、
金・銀・石油等の先物取引はこれらに大きく影響されます。
予測できない事件を無視してこのままの状態がつづく方に先物取引では大金を賭けます、
これが危険なんです。

もちろん、危険といっても、
本人がそこまで納得ずみでやる分には危険なことではありません。

Q父が先物取引で大損!!助けてください!!!!

今日 姉から知らされました。。
父が先物取引を先月からやりだして
たった一月で800万円の損失をこうむったと。。。
かなり悪質な業者です!!
上場してはいるらしい証券会社なのですが。。
名前は聞いたことのない会社でしたが、、
お願いです!どなたかいい情報なり
少しでも損失を取り返せるやり方や
もしくは体験者の方でもかまいません。
なにかいい知恵を貸してください!!!
大至急!!お願いします!!!!

Aベストアンサー

…皆さん、とても冷たいですよね…。(^_^;)

ご質問されているナオミンさんもきっと、
お父様が悪いって状況が、まったくわかっていないわけじゃないと思うんです。

「悪いのはあなたのお父様」
そんな言葉がききたくてここに書き込んでいるわけじゃないでしょう。

取り引きのことについて、社会的な状況を説明してあげることも必要ですが、
それよりもなによりも、
「お父様が部屋から出てこない」
これってすごく切羽詰まってますよ!
正直、非常に危険だと思います!

とりあえず以下のような団体があるようです。
ご参考になさってください。

とにかく、被害が最小で収まることを祈っております。頑張ってください。

参考URL:http://www.jppp.jp/jp/index.htm

Q先物取引は詐欺ではない?

詐欺ではないことはわかっていますが
ネットで調べると、詐欺、裁判、泣き寝入り・・・
など悪いことしか出てきません。

日本人は元本割れの可能性があるものは嫌いますが、
現在株とFX(一種の先物ですね)をやっています。

業者から、
「儲かります!私に任せてください!」
「トウモロコシがラニーニャ現象で暴騰しています!」

なんて言われた場合は、ほぼ間違いなく詐欺でしょうが
最近はネットトレードも常識です。
業者に任せず自分でやる場合はどうなのでしょうか?

FXも調べると業者に任せた場合はほぼ詐欺でずが、個人でやる場合は
私は株より安全だと思っています。短期の場合は予想しやすく、
現在のように急な円高の場合は好都合です。

商品先物はいずれにせよ手を出しませんがどうなのでしょうか?
株の場合は、うまくいけば、2倍、3倍・・・にもなります。
時間もかかりますが。
FXの場合は海外業者を使い高いレバッジならば、数分で2倍なども可能でしょう。
もちろん、その反対に一瞬にして失う可能性もありますが。
先物の場合は、うまくいけばどのくらいの期間にどのぐらい儲かるのですか?
当然損することも知っています。

詐欺ではないことはわかっていますが
ネットで調べると、詐欺、裁判、泣き寝入り・・・
など悪いことしか出てきません。

日本人は元本割れの可能性があるものは嫌いますが、
現在株とFX(一種の先物ですね)をやっています。

業者から、
「儲かります!私に任せてください!」
「トウモロコシがラニーニャ現象で暴騰しています!」

なんて言われた場合は、ほぼ間違いなく詐欺でしょうが
最近はネットトレードも常識です。
業者に任せず自分でやる場合はどうなのでしょうか?

FXも調べると業者...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

>ハイリスクハイリターンというのは知っていますが
>どの程度のリターンがあるかわかりません。

金で説明すると
先物取引で新聞などに載っている値段が1500円とします。
これは1グラムの値段です。
実際に取引されるのは金1キロが1枚(株で言う一口)で、倍率は1000倍となります。
金額に直すと150万円です。

次に証拠金(実際に投資する金額)は
金1枚当たり60000円です。この60000円と言う数字は取引所で設定されていますので
どんな方でも1枚あたりの単価は変わりません。

金を1枚買ったとして、1500円が1530円になったとすると、
1グラム当たり30円、1枚ですと1キロですから
その1000倍=30000円が投資した金額に追加されて手持ちは90000円となります。

商品によって違いはありますが先物は投資金額は
商品の5%から10%の金額の投資に対して値動きは商品そのものの100%の値動きです。
金で言えば60000円の投資で150万円投資しているのと
同じだけの利益、損益を得ることができます、これをレバレッジ(てこ)と言います。

このレバレッジこそがハイリスクハイリターンと呼ばれる由縁ですが、
どのように受け取るかはその人次第です。



>例えばコーヒー豆を
>100円で買いたいとします。
>他の人が、110円出す。といった場合、つり上がるんですよね?

ザラバ、板寄せの2種類の相場方式があります。
株と同じで買いたい人と売りたい人がいて初めて取引が成立します。
100円で買いたい人に100円で売りたい人がいれば取引成立ですが
100円で買いたい人と120円で売りたい人がいる場合は
110円、115円と値段を上下してつりあう値段を設定し、納得できたところで取引成立になります。
この説明は板寄せ方式です。ザラバは株と同じ取引のことです。


>結果的に誰かが150円で買ったとして
>100~149円で買った人はどうなるんですか?
>0になってしまうのか、買わなかったのだから損はしないのですか?

先物取引で実際に商品を受け取る人は普通の投資家ではまずいません。
100円で買った商品が150円になっていれば50円の利益です。
先物と名の示すとおり、半年先や一年先の商品を買っているわけです。
証拠金は頭金のような物と考えてもらえればよいでしょう。
例えば1年先の金を100万円で買える権利を所持していると、半年後に金が150万円になりました。
そのとき100万円で金を買える権利を誰か他の人に150万円で売れば50万円の利益が入ります。

要するにカラ買い、カラ売りをおこなってその利ざやを取るのが先物取引です。



>コーヒー豆を売る側からすると、豊作なので150円で売れれば儲かる反面
>不作の場合200円ぐらいで売らないと採算が合わないのに150円で
>売らなくてはいけないんですよね?
>でも不作すぎて、出荷もできない場合はどうなるのでしょうか?

元々はそうした価格変動リスクを避けるために考案されたのが先物取引です。
出荷できないほどの場合は売るはずの生産者側が損をするため
売る人が少なくなり値段が高騰します。
5年前のパラジウムではないですが、最悪価格凍結などの措置もあります。

#2です。

>ハイリスクハイリターンというのは知っていますが
>どの程度のリターンがあるかわかりません。

金で説明すると
先物取引で新聞などに載っている値段が1500円とします。
これは1グラムの値段です。
実際に取引されるのは金1キロが1枚(株で言う一口)で、倍率は1000倍となります。
金額に直すと150万円です。

次に証拠金(実際に投資する金額)は
金1枚当たり60000円です。この60000円と言う数字は取引所で設定されていますので
どんな方でも1枚あたりの単価は変わりません。

金を1枚買っ...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q民事訴訟で確定した損害賠償金の回収の仕方について

仮にAという被告が民事訴訟で1,000万円の損害賠償の判決を下されたとしますよね?
その1,000万円って誰が回収するんですか?
まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
また、もしAさんが1,000万円(全ての資産合わせて)もってなかった場合はどうなるんですか?

Aベストアンサー

>その1,000万円って誰が回収するんですか?
判決が出るということは裁判所から支払いの命令が出されるということです。
しかしやってくれるのはそこまでです。

>まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
半分当っているし半分外れています。
支払いの命令(判決)が出ても支払わなかった場合には、自分で強制執行の手続きが必要です。
相手の何を差し押さえるのかなどは全部自分で決めます。
だから相手の財産がわからなければどうにもなりません。

無事相手の財産の所在がわかればそれに対して強制執行の手続きをすると裁判所から差押の命令が出されます。
銀行口座であれば銀行に出されるわけです。
すると銀行はその口座の残高を確保し、あとは銀行と話を直接して銀行から差し押さえたお金を貰います。

簡単に書くとそういうことです。人が直接行って執行しなければならない、動産の執行などだと執行官という人が代りに執行します。ただ差押で必要な人手や保管場所などは自分で用意します。

細かく話をすると大変なので概略を述べました。

>また、もしAさんが1,000万円(全ての資産合わせて)もってなかった場合はどうなるんですか?
どうにもなりません。

>その1,000万円って誰が回収するんですか?
判決が出るということは裁判所から支払いの命令が出されるということです。
しかしやってくれるのはそこまでです。

>まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね?
半分当っているし半分外れています。
支払いの命令(判決)が出ても支払わなかった場合には、自分で強制執行の手続きが必要です。
相手の何を差し押さえるのかなどは全部自分で決めます。
だから相手の財産がわからなければどうにもなりません。

無事相手の財産の所在がわかればそ...続きを読む

Q先物取引被害かも?

母が先物取引で、半年間で400万の損害を出してしまいました。知識のない母は担当者に言われるままに取引をし、最終的にお金を失った今、詐欺ではないかと日本商品先物取引協会に相談したところ、担当者と上司が自宅に説明に来る事になりました。離島に住む母の所まで担当者が来るなんて、やはりやましい事があるからではないか・・と思えるのですが、詐欺の可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLをどうぞ。
詐欺とは言いませんが、詐欺的であった可能性はあります。

参考URL:http://www.sakimono.info/

Q電話による先物取引の勧誘の断り方

タイトル通りなのですが、電話にて先物取引の勧誘があります。とうもろこし・小豆・ガソリン等など、”学生名簿から拾い出しておかけしている”とのことです。私は、”このようなものには興味が無い”と言ってお断りをしているのですが、相手は引き下がりません。相手に対して、その意思を伝えているつもりなのですが・・。良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

みなさん色々書かれていますので、私は知人と私の場合をお教えします。
まず知人ですが、相場とか先物などの言葉が聞こえたとたんすかさず、怒りだすか、泣きだすかどちらかで、「○○と相場だけは手を出したらいかん。」となくなった父の遺言があるので絶対しません。と言っていました。父親が相場で失敗しそれが原因でなくなったとか言って、電話の相手にお前らのせいで親が死んだんだ。俺まで殺す気なのかなど色々言うと向こうが切ってしまうとのことでした。
私の場合は、時間があれば相手に話すだけ話させましてアア~とか ウ~ とか適当に答えていると向こうか怒ってきますのでその中で、警察の友人に尋ねるとか消費生活センターの名前を出すとかするといざとなると何も言わないで切るようになります。
 もう一つ私の家はかなり田舎にありますので、「あなた達は電話で商売しようなどとても失礼だ。実際足を運んで汗かいて商売しなさい。」といい「家まで会いに来い。目の前で断ってやる。」と言うとまずうちまではきませんそれで終りになります。
それともう一つ、相手に対して適当なところでこちらから商品の売込みをかけます。何でもいいんです。自分のところで扱っている商品で一番高いものを自分もノルマがあり買ってくれるところを探しているとか。どのくらい給料をもらっているの、そんなことしてるよりももっといい仕事があるよ。といってマルチ系のお誘いとかすると、勧誘する人は反対に勧誘されるととまどってしまいます。これでもし乗ってきたら、思いっきり高いものを売っちゃいましょう。相手は引き合わないと思ったらあきらめます。
相手の話には乗らないできっぱり断るようがんばってください。  以上参考になれば

みなさん色々書かれていますので、私は知人と私の場合をお教えします。
まず知人ですが、相場とか先物などの言葉が聞こえたとたんすかさず、怒りだすか、泣きだすかどちらかで、「○○と相場だけは手を出したらいかん。」となくなった父の遺言があるので絶対しません。と言っていました。父親が相場で失敗しそれが原因でなくなったとか言って、電話の相手にお前らのせいで親が死んだんだ。俺まで殺す気なのかなど色々言うと向こうが切ってしまうとのことでした。
私の場合は、時間があれば相手に話すだけ話させま...続きを読む

Q賠償金を払わないとどうなる??

例えば、「生徒にいじめをした小学教師に対して、被害者家族は1300万円の損害賠償の訴訟を起こした」という内容のニュース(曽祖父が米国人であるためにいじめを受けたというあのニュースです)で、そのまま1300万円賠償!の判決が出た時、よかったよかったと思うのですが(よかったと思う思わないはさておいて)、判決が確定した時、もし賠償責任者(この例では教師だけと仮定)がお金を払わない場合どうなるのでしょうか?
また、多額の賠償判決を受けた人はちゃんと払っているのでしょうか?
「払わなかったら1年間刑務所」とかだったら、払わない方が楽じゃないのか?と思ってしまい、気になって質問させていただきました。

Aベストアンサー

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済義務はなくなります。(厳密に言うと債務がなくなるわけではありませんが、法的に取り立てることは出来なくなります)

ただし、破産法366条では以下の債権ついては免責できないとしています。

(1)租税債権
(2)破産者が悪意をもって加えたる不法行為に基づく損害賠償債権
(3)雇人の給料のうち一般の先取特権を有する部分
(4)雇人の預り金および身元保証金。
(5)破産者が知りて債権者名簿に記載しなかった請求債権、但し債権者が破産の宣告ありたることを知りたる場合を除く。
(6)罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金および過料。

つまりご質問にある小学校教師は(2)に当たりますので、破産しても免責になりません。生きている限り弁済を続けなければなりません。
少なくとも返済完了まで普通の生活は出来なくなります。ただお分かりのようにもともとたとえばルンペン生活しているような人だとそれは痛くも痒くもないということになりますが。

微妙なのは業務上過失など過失による損害賠償です。法律上は免責を受けられることになっています。ただ実務上免責としてしまうか?というと疑問です。
最近の危険運転致死罪であれば(2)に該当するとみなされるでしょうね。(多分)

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済...続きを読む

Q証券会社の社員が株の個人的に株の売買をすることについて

私は証券会社への就職が決まっていますが、証券会社で働く場合(証券外務員資格を取得し営業)今やっている自分名義の特別口座(kabu.com)での取引を辞め解約しなければいけないのでしょうか。また株の取引を辞めければいけない場合自分以外の名義でもダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

証取法違反で逮捕者を出さないための予防策であるともいえます。
勤務期間は、少なくとも半年スタンス以上の中長期型投資しか出来ないはずです。
しかも現物のみ。

ただ、これが非効率的な投資かと言えば、個人の考えようです。

ただ、6ヶ月ごとの入れ替えなので、バフェット式の手法を今から学んでおけばWで美味しい思いも出来るでしょうが。(自己資産形成+給与査定α)


人気Q&Aランキング