現在、賃貸マンションに住んでいます。
賃貸契約の際に、火災保険には加入しています。

今、家財が盗難に遭った時のための保険を探しています。
加入している火災保険にも含まれるそうなのですが
購入時の金額は保証されず、現在の時価になるそうです。

購入時相当の金額(新品を買えるくらい)を保障してくれる保険はないでしょうか?
家電は結構古いのですが、盗まれたら盗まれたで困ります。
(知人のマンションが、ごっそり盗まれたので心配になっています)
あと、絵画と貴金属も入りたいです。

どこか、おすすめはないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ほぼ説明され尽くされていますので、少し視点をかえて説明します。


説明の中にあります。書画・骨董品・貴金属等の明記物件に高級呉服や衣料品・電化製品等は含まれていません。不思議なことですが、ですから、着物で30万円以上のものは、申告する必要がないことになります。

価格協定の特約について
難しく考えないでください。保険料が高くなることはなく。むしろ、割引をしてくれる特約ですから、代理店に申し出をしてください。ただし、火災保険ばあい、自動車を中心に契約を集めている代理店(整備工場等)は、詳しく説明できない人もいるかもしれません。

現在、各社火災保険も自動車保険のように新しい補償内容の保険を販売しています。中には、家財を誤って落として壊した場合も補償してくれる保険や地震の補償を最高80%までしてくれる保険もありますので一度、近くの保険会社の支店に出向かれてパンフレットを集められたらどうでしょうか。
    • good
    • 0

 こんにちわ。


 皆さんの回答からもお分かりになると思いますが、火災保険の場合は基本は新価での契約、そして価額協定特約を付ける事です。新価と時価は評価法の違いであり、買い換え費用全額出る形にするには価額協定保険特約(100%)が必要です。
 価額協定は難しい物ではなく、あなたの持っている財産(家財)の全額を新価で評価し、補償額(保険金額)にするだけでいいです。特に割増保険料のかかる特約ではありません。
 30万以上の貴金属、書画骨董品は火災保険では明記物件という扱いですから注意が必要です。30万以下は自動的に含まれますから、申告の必要はありませんが、30万以上の貴金属書画骨董は明記しないと一切支払対象になりません。

 マンションなら団地保険という種類の火災保険が一番割安です。

 家財の補償は火災保険の他、今は多くの会社で自動車保険や傷害保険にも特約として付帯する事が出来ます。

 一番幅広く補償するタイプだと、新価実損払い(買い換え費用や修理費全額を支払う)であり、オールリスク(破損、汚損も補償)場所を特には限定しない物でしょうか。火災保険だと持ち運び中、輸送中の家財は補償対象外ですが、対象とする保険もあります。
火災保険では明記しなければならない貴金属書画骨董品も申告しなくても含まれる保険もあります。(上限30万円。この場合100万の物でも30万しか払われませんが。)
 希望する補償の度合いによって今は様々な家財を補償する保険があります。
 幅広い補償の物は保険料も高かったりしますから、色んな兼ね合いから判断してみてください。
    • good
    • 0

火災保険で、保険金額を設定する時に、時価をもとに設定する方法と、新価(再調達価額)をもとに設定する方法があります。


後者で契約をすれば心配有りません。
また、高額な美術品や貴金属等は、申し出て、保険証券に明記しておきます。
そうしておかないと、補償の対象にならない場合があります。

これは、何処の保険会社でも同じです。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.kentiku-web.com/hoken/jyutaku-kasai.htm
    • good
    • 0

 保険に入るとき「新価特約」で入りますと、購入価格で填補されます。

また、絵画や宝石の様に1店30万円を超えるような物は、明細をつけてで明記してください。当然、その場合には、保険金額は多くなりますので、保険料も高くなります。「新価特約」を確認して入ってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○火災海上と共済組合の火災保険の両方加入できますか?

現在、住宅購入時に銀行で一括加入した火災保険があります。
 それとは別に、全労済の火災保険と自然災害保険に
加入することはできるのでしょうか?
 うわさで、共済ならば万が一の時、普通の損保と
共済で按分ではなく二重取りできると聞いたことが
あるので、その真偽の程を教えてください。

Aベストアンサー

全労災の約款をよく読んで下さい。
他に加入の損保がある場合には競合する旨記載があります。
以前はなかったのですが、最近は国民共済、県民共済など
どの共済も2重支払いは出来ない旨記載しています。

Q火災保険の契約金額(保障金額)についてお教えください。

火災保険の契約金額(保障金額)についてお教えください。
40年前に、5階建て、述べ床面積200坪の鉄筋コンクリート造り、建築価格=5000万の物件です。
普通の火災保険の場合と、新価方式(再調達価格?)の場合で、契約金額の設定はいくら位にすればよいのでしょうか。大まかでもよいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マンションなど住宅であれば簡易計算方式で
25万円/m2 で計算すれば良いでしょう。

200坪なら1.7億円前後でしょうね。

マンション以外ならもっと安くなります。
建築費指数で計算しても、やはり同じぐらいになりますね。

なお、火災保険は新価で加入しておかないと意味が半減します。
最近の新型火災保険なら、新価で加入しなくても保険金額(加入金額)を
上限に新価で支払ってくれるものもありますので、代理店と相談して
ください。

Q賃貸住宅における住宅火災保険の加入方法について

賃貸住宅の住宅火災保険の加入方法についてお伺いします。

現在、ご主人名義の賃貸住宅に住んでいるのですが、事情がありご主人と別居しています。最近、不動産屋さんのほうから、住宅火災保険の更新の時期なので、不動産屋に赴き契約手続きをしてください、というような内容の連絡が来たらしいのです。
その場合、契約者本人であるご主人本人が契約をしないとまずいのでしょうか?
それとも、契約者本人でなくても、戸籍上の妻であるおくさんが契約することは出来るのでしょうか?

ちなみにご主人とは連絡がとれないそうです。

詳しくわかる方がいらしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奥さんの名前で加入できます。
借家人賠償責任保険や個人賠償責任保険も同時に加入して下さい。
不動産屋は借家人用の保険を扱っています。

Q東京海日動火災保険の「超保険」に加入してますが、

東京海日動火災保険の「超保険」に加入してますが、
その中の傷害保険について教えてください!!
継続当初は同居していた22歳の娘ですが、現在は別居してます。未婚です。

その娘が自転車で転んで足首を粉砕骨折しまして入院、手術をしました。
加入してる保険会社へ報告をしましたが、
『同居ですか?別居ですか?』と聞かれました。

この「超保険」という保険では、
別居してる未婚の子供は対象外になるのでしょうか?

Aベストアンサー

超保険の傷害補償の被保険者(補償を受けられる方)の範囲は
(1)ご契約者
(2)ご契約者の配偶者(同居別居は問わず、内縁でも可)
(3)ご契約者か配偶者の同居の親族
(4)ご契約者か配偶者の別居の未婚の子
の中から選ぶことができる。
となっています。

今回、質問者様のお嬢様は(4)に該当しますので
入院・手術の費用は契約の範囲内で補償されると思います。

他の方の回答に
別居の未婚の子が学生か否かということが書かれていましたが
超保険の中では関係ありません。


東京海上日動ではHPで約款を閲覧できるので
そちらを確認されるのも良いかと思います。
参考URL : http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/desk/cho_hoken/covenant/index.html

また、保険証券(継続証)にフリーダイヤルが記載されてると思いますので
そちらにお電話されるのが安心だと思いますよ。
(質問者様が代理店へ聞かれるのが嫌な場合ですが・・・)

Q地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?

地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?
おすすめの保険会社ありますか?

Aベストアンサー

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」など、特約によって100%の補償を可能にしている
損保会社もいくつかあるようです。特約の名称は各社違います。
保険料も単純に50%時の保険料を2倍するより安くなるようです。
AIUでは地震による火災を、火災保険金額の100%補償する特約があります。
(地震による火災は火災保険では一切補償されません)


また「地震保険」とは別の保険商品で「地震費用保険」というものがあります。
住宅ではなく生活再建を補償する保険で
扱っているのは現在日本震災パートナーズの一社のみです。
こちらは火災保険とセットにする必要がなく、「地震保険」と同時に加入できます。
保険金支払いも「地震保険」とは別に行われるため、
組み合わせることでの減額の心配はありません。

保険金額上限が住宅の時価によらず世帯人数で決まったり
支払い基準を地方自治体発行の罹災証明のみにしていたりと
「地震保険」とは大きく違う保険ですので、一度ご確認ください。

こちらも住宅再建に充分な額とは言えませんので、
使うとすれば「地震保険」との組み合わせをオススメします。
実際に大地震に遭った場合どの程度の金額が必要になるのかをよく考え
その金額にあったもの(または組み合わせ)を選ぶのが良いと思います。

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報