チョコレートはどうやって作る?という
質問ですが、できればその原料はどうやって
作るのか、どこらで作られているのかという
ことをお教え頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

◆Naka◆


以前、興味を持って調べたことがありますが、お二人のおっしゃるように原料はカカオ豆です。そしてそれを焙煎してからすりつぶしたものが「カカオマス」。
そのカカオマスの中に含まれる油脂分が「カカオバター」です。

元々お湯に溶かして飲む「ココア」を作る際に、取り除いた「カカオバター」を有効利用したものがチョコレートの原型でした。
その後、砂糖やミルクを均一になめらかに配合する技術が確立したんです。

ちなみに原料となるカカオ豆の、世界最大の産地は「コートジボワール」だったはずです。(昔は「ガーナ」でした)
間違いがありましたらご指摘ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 作り方の行程、産地までわかりやすく
教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

チョコレートの原材料はカカオ豆。

中南米原産。現在はアフリカでも栽培されている。メキシコでは聖なる飲み物として2000年ぐらい前から貴族や神官が飲んでいた。コロンブスがヨーロッパに紹介。

ココアは瓜ぐらいの大きさで木の幹や枝から直接実がなる面白い性質がある。果実から豆を取り出し、乾燥したものを輸入し、焙煎、選別、分離、すりつぶし、混合(砂糖、牛乳、香料など)練り、型取り、冷却、型抜き、包装、熟成などの工程を経て出荷される。日本ではチョコレートといえば型抜きした固形物ですが、欧米、特に欧州や中南米では飲み物として普及している。朝起きて熱いチョコレー
トを先ず一杯。答えになりましたか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 チョコレートが飲物として普及しているというのは
興味深い話ですね。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 チョコレートはカカオ豆という豆を炒ってすりつぶし、それを材料として作ります。


 よって、チョコレートの大元は植物です。

 ちなみに言うと、チョコはもともと甘いわけではなく、あの甘味は砂糖が入っているからああいう味になっているだけで、無糖のやつはにがいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 無糖のチョコは苦い・・というのは初めて
知りました。そう言われると食べてみたく
なります。
 ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

チョコレートの原料ってカカオ豆じゃないですか?


検索エンジンでチョコレート 原料で検索すればいくつかヒットしますよ。
そういうことじゃないのかな?

参考URL:http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/99/2/0 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 さっそくご回答、アドバイスをいただきありがとう
ございました。色々と調べてみます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカカオの配合率が多い方が?

こんにちは。


甘いもの大好きな女子高生です。


ダイエット中なのですが

朝は板チョコ3分の1は
食べていい

という私ルールなんです。


ダイエット中にチョコ!?
やめろ!

と思われるかもしれませんが
言わないで下さいm(_ _)m


そこでチョコについて調べましたが、カカオ70%以上が
良い(まし?)とのことで…


しかし板チョコだと

ミルクチョコレート
ブラックチョコレート

どちらがましですか?

いっぱいでなく
適量食べます。
今朝はギャバ4粒食べましたが。


中傷はやめて下さい。
皆様回答お願いします…!

Aベストアンサー

 ダイエット中とのことなのでカロリーの観点から言えば、純粋の脂(油)のカロリーがダントツ(1グラムあたり9kcal)で、それに次ぐのがナッツ類(1グラムあたり5.7kcal~7.6kcal)です。チョコレートなどの甘いものはカロリーが高いのですが、アーモンドチョコ、ピーナッツチョコ、カカオチョコのカロリーは最悪になります。概して美味しいものほどカロリーは高い、と思っておけばよろしい。
 私(ダイエットの食生活を6年近くも続けています)なら、カロリー表示を見てグラムあたりのカロリーがいちばん低いものを選びます。

Q鉄製錬法を原料から記述して説明せよ。また、発生する各種スラグについて、その発生機構と性状を説明せよ。

鉄製錬法を原料から記述して説明せよ。また、発生する各種スラグについて、その発生機構と性状を説明せよ。という説明問題何ですがネットで調べてもわからないので教えてください(>_<)

Aベストアンサー

鉄製錬法なんというか、酷い問題だと思います。範囲が広すぎますね。
まず、原料の調整から精錬は始まっているとも言えます。
そして、高炉内の反応だけなのか転炉内や取鍋精錬まで含めるのかで違ってきますし、
そもそも原料が一定である保証がないので想定されるスラグも一定ではないです。
各工程で造るスラグの組成も違ってきます。
高炉→転炉→取鍋→連続鋳造という工程で鉄が造られていき、前の3工程(高炉の前の処理も含めると4工程)が鉄精錬工程ということになります。
歴史的な方法で更にたたら精錬というのが、日本刀を造るためにまだ残っています。
また屑鉄から鋼を造る電気炉精錬というのも工業的に行われています。

取り敢えずまず、高炉で検索してWikiの↓辺りで概要を掴んだほうが良いでしょうね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%82%89
上のリンクはあくまで鉄鉱石から銑鉄を造るまでの精錬の一部のことを大雑把に書いてあるだけです。

この後に転炉で銑鉄から製鋼が行われますが↓ですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E7%82%89
これも大雑把に書いてあるだけですね。

この後に取鍋精錬などまだまだ精錬工程が続きます。↓Wikiの取鍋精錬の記述です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E7%B2%BE%E9%8C%AC

ネットで調べたら山ほど古い文献が出てくると思います。簡単に纏めろと言う方が無理です。
私は古い冶金屋なので鉄については沢山勉強しましたが、Wiki辺りに書いてある3工程の精錬反応を纏めるのが無難だと思います。
ただし、Wikiの記述は極めて簡単ですね。

それと、出題者が専門家であれば上記の様に何段階も精錬工程があることを知っていると思うのですが、
素人ならば、どこを指して精錬工程と言っているのか判りませんね。

鉄製錬法なんというか、酷い問題だと思います。範囲が広すぎますね。
まず、原料の調整から精錬は始まっているとも言えます。
そして、高炉内の反応だけなのか転炉内や取鍋精錬まで含めるのかで違ってきますし、
そもそも原料が一定である保証がないので想定されるスラグも一定ではないです。
各工程で造るスラグの組成も違ってきます。
高炉→転炉→取鍋→連続鋳造という工程で鉄が造られていき、前の3工程(高炉の前の処理も含めると4工程)が鉄精錬工程ということになります。
歴史的な方法で更にたたら精錬というの...続きを読む

Q動物油脂と植物油脂

油に、マクドナルドは動物油脂、ロッテリアは植物油脂をつかってますが、動物油脂は植物油脂より良くないのでしょうか???

Aベストアンサー

油脂の成分の1つ脂肪酸は、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分けられます。これは科学構造の違いです。

動物性油脂には、飽和脂肪酸が多く含まれます。過剰摂取すると、高脂血症や動脈硬化のもとになります。

また、植物性油脂や魚油には、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。DHAやEPAがその1つです。

脂肪酸に関するサイトはいっぱいありますが、その1つを紹介します。 

参考URL:http://www.oceanicbio.co.jp/contents/03ziten/si_houwa.htm

Qぬるま温の水を作るときに お湯と水で作ります。 その時に お湯が先なのか水が先なのかが分かりません

ぬるま温の水を作るときに
お湯と水で作ります。

その時に
お湯が先なのか水が先なのかが分かりません。

母や祖母は水を先に入れてお湯を入れたらいけないって言います。

実際、どっちでもよくないですか?
回答をよろしくお願いします!

Aベストアンサー

理科的には、どちらでも同じです。

 現実的には、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)と「混ぜてぬるま湯を作る器」が別な場合には、「耐熱性」を考えれば「水に湯を加える」方が制約が少ないです。
(理由)100℃近くまでの耐熱が必要なのが、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)だけで済むからです。熱湯では変形したり有害物質を析出するようなプラスチック容器でも、ぬるま湯が作れます。
 これを「湯に水を加える」方法で作るには、「混ぜてぬるま湯を作る器」の方も100℃近くまでの耐熱が必要となります。

 一方、湯(熱水)に殺菌・消毒効果を求める場合には、逆に「湯を先に入れて殺菌し、そこに水を入れてぬるま湯を作る」方がよいでしょう。赤ちゃん用の粉ミルクなどを作る場合です。

 また、「混じりやすさ」という点では、温度の低い水は比重が大きいので下に行こうとすることから、「上から湯に水をたす」方が大きな対流が起こって混じりやすいです。(逆の場合には、上から静かに湯を注ぐと、湯が上の方に滞留して下の方の水と混ざりにくい)

 以上のように、状況に合わせて、より合理的な方法を採用すればよいと思います。

 ただし、そういった理科的な理由とは別に、特に日本では、No.1さんのような「社会通念上」「生活習慣上」の理由も存在します。特に年寄りがいたり、古い習慣の残っている地域では、そういったことも考慮が必要でしょう。
http://www.sougiya.biz/kiji_detail.php?cid=135

理科的には、どちらでも同じです。

 現実的には、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)と「混ぜてぬるま湯を作る器」が別な場合には、「耐熱性」を考えれば「水に湯を加える」方が制約が少ないです。
(理由)100℃近くまでの耐熱が必要なのが、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)だけで済むからです。熱湯では変形したり有害物質を析出するようなプラスチック容器でも、ぬるま湯が作れます。
 これを「湯に水を加える」方法で作るには、「混ぜてぬるま湯を作る器」の方も100℃近くまでの耐熱が必要となりま...続きを読む

Qチョコレートのテンパリングで、リキュールを入れたい

チョコレートのテンパリングの件で、お聞きしたい点があります。

テンパリングの過程でリキュールを入れたいのですが、どのタイミングで入れたらいいでしょうか?
また、テンパリングの際は水分はご法度ということですが、リキュールは大丈夫でしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。下の方のおっしゃるように、リキュールには水分があるので、入れると分離します。
普通の固いチョコにするなら、油溶性香料か粉末香料を使います。
生チョコにするなら、リキュールを入れられます。
入れるタイミングは温めた生クリームを入れて、よく混ぜた後です。

参考まで

Qあらゆる元素の元は水素 その水素は、どうやって出来たんですか?

あらゆる元素の元は水素 その水素は、どうやって出来たんですか?

Aベストアンサー

http://e.sci.osaka-cu.ac.jp/yoshino/edu/water/chapter14.pdf
ビッグバン後、宇宙の温度が10^15Kまで下がったときに、クォークができ、さらに温度が10^12Kまでさがった時、クォークから陽子(水素の原子核)、中性子、電子が生じ、その後電子が陽子と結合して水素となったとあります。

Qおいしい、またはおもしろいチョコレート

バレンタインも近付き、いろいろなデパートでチョコレートの催事が始まります。
その時期にあわせていろいろチョコレートを食べようと思うのですが、
これは購入すべき!というチョコレートはありますか?
条件としては
・おいしい
・この時期限定でデパートなどに出店している
・地方のお土産系(ロイズなど)は除く
・新宿近郊、中央線、山手線沿いで購入できる/お取り寄せが可能
・デザインがおしゃれだったり変わっていたりするとなお良い
こんな感じです。

購入予定は メサージュ・ド・ローズ、ピエール・マルコリーニ、100%チョコレートカフェ、嵯峨乃彩 です。
今まで購入した事があるのは GODIVA、マダムセツコ、レオニダス、ジャンポールエヴァン、Alex & Michael、デメル、ベルアメール などです。
上記のお店以外でオススメがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

1)「リシャール」の「テイスターの卵」・・・お店は、「銀座」と
「六本木ヒルズ」にあります。
*チョコレートの表面に可愛らしい絵がプリントされています。
このデザインは毎年コンクールで選ばれた世界中の子どもたちによる作品がプリントされているとの事です。(下記URL参照)
http://www.richart.co.jp/
開いたページの左上「コレクション」にカーソルを当てる。
「テイスターの卵」の項目をクリックすればご覧になれます。

2)「レダラッハ」・・・お店は、「南青山」にあります。
*「フェアリーマウス」というチョコレートがスゴク可愛い。
(下記URL参照)
http://www.laderach.com/
開いたページの左側「オンラインショッピング」をクリック。
開いたページの左側「フリーチョイス」をクリック。
開いたページの一番下に、「フェアリーマウス」ミルクとダークのチョコレートがあります。
15個入りの詰め合わせを作ってもらって、四隅と真ん中に「フェアリーマウス」が入っていたりしたら、それだけで楽しくなり、思わず笑顔になってしまうような感じがします。

どちらもオンラインショッピングが出来ますが、ぜひとも一度、お店でご覧頂けたらと思います。

1)「リシャール」の「テイスターの卵」・・・お店は、「銀座」と
「六本木ヒルズ」にあります。
*チョコレートの表面に可愛らしい絵がプリントされています。
このデザインは毎年コンクールで選ばれた世界中の子どもたちによる作品がプリントされているとの事です。(下記URL参照)
http://www.richart.co.jp/
開いたページの左上「コレクション」にカーソルを当てる。
「テイスターの卵」の項目をクリックすればご覧になれます。

2)「レダラッハ」・・・お店は、「南青山」にあります。
*「フ...続きを読む

Qガラスの原料は何ですか?

ガラスの原料は何ですか?

Aベストアンサー

「ガラス 原料」でググって見ました。
http://www.santoku-kogyo.co.jp/arekore.htm
http://www.toyo.sasaki.co.jp/glass/tokusei/

Qカビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンに

カビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンについて詳しく解る方お願いします。


自分なりにネットで調べては見たものの、自分の理解能力が低いためよくわからないので困ってます。

疑問になってることは、
1、マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

2、アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。)
勿論マイコトキシンの規制は行われていますが、検査機器が検出できる量以下のマイコトキシンが含まれていることやサンプリングされたもの以外が汚染されてる場合なども考えられます。
食品のカビ汚染やマイコトキシン汚染を全くなくすることは難しいです。


2)アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

マイコトキシンは何がかびたもの、というよりかはマイコトキシンというのはmyco(菌の)toxin(毒)という意味で菌が産生する毒の総称のことです。
アフラトキシンもマイコトキシンの一種になります。
アフラトキシンを産生する菌の例としてはアスペルギルスフラバスがいますが、これが食品について生育しても必ずしも食品が汚染されるわけではありません。
カビの生長、増殖とアフラトキシンが産生される条件とがそろって、そこでアフラトキシンが量的に作られて食品が汚染されます。
マイコトキシンがつくられる条件は生育可能な条件よりも範囲が少し狭いのでカビの生育を抑えることが出来ればマイコトキシンの汚染は抑えられると考えられています。

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?

アフラトキシンをずっと摂取し続けるとガンになる可能性は高くなります。
少量を摂取したからと言って直ぐにガンになるわけではないです。

マウスの実験では1ppbを104週与えて肝がんを発生というデータが。(1ppbとは、50メートルプールに1g混ぜた程度の濃度に相当。)
ただ、この実験の詳しいデータが不明なので本当に正しいかどうかはちょっと分かりかねます。すみません。

参考URL:http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol39/news39_2.html

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。...続きを読む

Qタンク取り原料とは?

医薬品・化学物質の製造において、「タンク取り原料」とは具体的にどういったものを指しますか?
「タンクから直接抜き取った原料?」それとも「タンク単位で~した原料?」
イメージがしにくいので、「何を指すか」と共に「どういった意味、あるいはコンテキストで用いる言葉なのかを教えてください。

Aベストアンサー

私が化学製品会社で勤めていた時に使ってたのは、購買元からローリー車や○tタンクで納入される
原料のことを言ってました。
タンクからタンクへ、(当時は2トンタンク、10トンローリー車での原料移動のことでしたが)

これも先輩から聞いた話なので、まったく自信がありません。
全然違ってたらすみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報