『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

プライドやその他総合格闘技の観戦を楽しんでいますが、例えばグランドの展開になったとき、相手が起き上がれる上体でなく、こちらがスタンドになって相手の上になって攻撃していたら、プロレス技の視点から考えると、4の字固め、さそり固め、エビ固め?立ち技で組んだ時はヘッドロック、コブラツイスト、卍固め、延髄切り等が使えそうな感じと思いますが、実際に総合格闘技をされている方はどうなんでしょうか?それらの技で一本取れるところを見てみたいのですが、実際にはプロレス技は使うのは可能なのでしょうか?そして、万が一技がきまれば、一本とれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

総合格闘技の試合でも、片方がうつ伏せの状態になり、もう片方がその上にマウントする形はあります。


それはバックマウントといい、かなり有利な体勢です。
まあ、マウントポジションから逃げる方法の一つとして宇野薫などはその形に自分から持って行ったりしますげどね。
ですから、キャメルクラッチの形の近くまでは行く事は出来ます。

しかし、普通その状態からは、皆キャメルクラッチではなく裸締めやチョークに行きます。
なぜなら、その方が確実に一本を取れるからです。

真剣勝負の場で、獲物を見て舌なめずりは三流のする事。
出来るだけ早く決めてしまわなければ、もしかしたら次の瞬間にやられているのは自分かも知れないのです。

プロレス技は全て、観客を魅せるための技ですのでどうしても実用性よりも華麗に派手になっていきがちです。
ですから、普通の選手達はそのような技は使わず、皆実用性の高いチョーク、アームバー、アームロック、ヒールフックなどを使い、プロレス技などは使わないのです。

ただ、試合の中で時々それに似た形を見かける事は確かにあります。
ただ、バスターの場合におけるような特殊な時以外、その多くは実力差の開いた選手同士の闘いの時に、強い選手の方がプロレス好きである場合に起こるのです。

最後に一番最近見た、総合格闘技の場での一番不思議なプロレス技は、修斗ライト級の試合でギルバート・メレンデスという選手が植松直哉という選手に片方の腕を足で極められながら、持ち上げて抱え挙げ、頭からまっ逆さまに落としました。

その姿はまさにDRAGON GATEのCIMAの必殺技、シュバインその物でした。
ギルバート・メレンデスがシュバインを知っている可能性はほとんど無いと思います。
しかし、流れの中からであれば、また体重差や腕力の差がある対戦であれば、このような偶然のプロレス技を目にする事も可能なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございまいした。
プロレス技をかけようとすれば難しいのですね。戦いの流れでそのような形になれば、プロレス技も有効でしょうね。

お礼日時:2005/09/05 12:31

個人的にプライドはアマレスの方が近いと思います。

スピードがないとやられますし、プロレスのように間合いがありません。
あくまでもプロレスはエンターテイメント的要素が多いので、指摘のような技が出せるのだと思います。
もちろん八百長だというのではなく、プライドとプロレスは全く違う物だと思います。
その証拠にプロレス選手がプライドに参戦したら、全く違うスタイルになっています。逆にプロレスに参戦したらプロレスの戦い方になっています。
そういうわけですから、総合格闘技にはプロレスの要素は入る余地がないと思います。使えるとしたら寝技だけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かにそのとおりで、観客あってこその格闘技ですので、その体質によって戦い方が変わってくるのですね。

お礼日時:2005/09/05 12:35

フロント・チョークからのDDT。



当時高田道場の山本宜久がPRIDE27でマーク・ケアーにDDTのような形でTKO勝ちした事が、実際にありました。

まあ、あれは山本が自分からDDTの形に持って行ったのではなく、タックルで突っ込んで来たケアーの勢いに吹っ飛ばされながら、必死に首にしがみついたら偶然その形になっていて、ケアーも勢い余って頭からリングに激突して失神しただけですけどね。笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答りがとうございます。
それは見てみたいですね。早速、ビデオ借りて見てみます。

お礼日時:2005/09/05 12:32

#6再び、です。



キャメルクラッチはかけるのが難しそうですね。
背後に回ることはグラウンドの状態で下にいる側が
マウントを取られまいと自分から背中を相手に向けますが、
うつ伏せにはさすがになってくれないでしょうね。

最近の中村vsボブ・チャンチンも
グラウンドで中村が逃げる途中に相手に背中を見せていましたが、
やはり膝を付けていましたし。
そのままかけにいっても相手が立ち上がったらひっくり返ってしまいますし。

それこそ失神しない限りはうつ伏せになった選手を見ませんから。。

しかし余談ですが
プロレス&格闘技好きには面白いかも
このスレww
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに相手があっての事ですのでキャメルも厳しいですね。でも、プロレス技を見てみたいですね。
必死で考えましたが、フロントチョーク→DDT、相手が下になってまさにアリキックの状態にさせて、両足を持ってジャイアントスィングか逆エビ等は有効でしょう。ここで、蹴りに入られるかも知れませんが、狙えそうな気はします。甘いですかね!

お礼日時:2005/09/02 19:22

ドラゴンスクリューでのKOは難しいと思いますよ。


あれはあくまで膝関節を攻撃する技で、いわゆる致命傷を与える技としては大抵扱われません。

それに回る方向に自分の身体を回せば関節を捻ることにはならないので
比較的ダメージを回避しやすいです。

ただ全くプロレス技を無知な人は、、、決まればどうなるか、僕も興味深いです。

話を変えますが
パワーボムやバックドロップは有効です。
それで決まった試合や決まりかけた試合は意外とあるんではないでしょうか。
ヒョードルvsランデルマンもそのひとつですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たしかに、パワーボムはよく見ますね。
キャメルクラッチは有効ではないでしょうか?
ただし、背後にまわるのが難しいのですか?

お礼日時:2005/09/02 13:57

ミドルを捕らえてのドラゴンスクリューですか。


確かシウバと1戦目を戦った後の吉田秀彦が、その形に興味があるというような事を、何かで言っていたように思います。
ただ、今までまだそのような技を使っていない事から、なかなか難しいという事じゃないでしょうか。
別にドラゴンスクリューの形にせずとも、そのまま足を持って軸足の方を刈れば充分にテイクダウンは取れますし、ドラゴンスクリューの場合自分が先にマットに倒れこむ形になるので、下手をするとすぐに上をとられてしまい、そのまま負けてしまう可能性もありますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね!ドラゴンスクリューです!!!
あの技を見事に決めればKO取れると思うのですが、逆にテイクダウンを取られないように注意するべきですね。

お礼日時:2005/09/01 10:03

基本的に、プロレスの技は見栄えを良くする派手な技が多く、相手の協力が無ければ極まらないと思います。


もしくは、お互いにかなりの実力差が無ければ。

そうでなければ、四の字、サソリ、ボストンクラブ、卍などは、どう考えてもその形に行く前に相手に振りほどかれておしまいだと思います。

延髄となると、普通総合では後頭部への攻撃は禁止されているので、下手をすると反則になってしまうかもしれません。

ただ、須藤元気が昔、宇野薫だったかに組み技のみの試合でジャイアントスイングを決めた事がありました。
UFCでもトライしていましたが、その時は失敗していましたね。
昔PRIDEで桜庭もホイラーだったかにダブルアーム・スープレックスを仕掛けようとして失敗していました。

ヘッドロックは、昔UFCにおいてカーロス・ニュートンが当時のウェルター級王者のパット・ミレティッチから似た形でタップを奪っていますが、アレはヘッドではなくネックに腕が絡んでいたので、サイドチョークと言った方が近いでしょう。

小さな柔術の試合で、ボストンクラブが極まった事があったそうですが、それは極められた方があまりにうかつに足をホールドされてしまったためらしいです。

その他に、エディ・ブラボーという選手がツイスターという名でグラウンド・コブラに酷似した技を使っていましたが、彼も打撃無しの柔術家と言った方が近い存在であり、そもそもコブラはレスリングに元から近い形の技ある物なので、厳密にプロレス技と言って良い物かどうか分かりません。

ただ、ジャーマンはこの間のパンクラスでイバン・メンジバーが志田幹に、PRIDEでチェ・ムベが山本憲久に決め、UFCでもダン・サバーンがスープレックスだけでKOさせた事がありました。
ケビン・ランデルマンがエメリヤネンコ・フェドルに決めたバックドロップなどは、記憶に新しいのではないでしょうか。
ボブ・サップの出世試合、ノゲイラ戦ではパイルドライバーまで目撃されました。

それから総合格闘技で最近時々目にするのが、バスター。パワーボムですね。
クイントン・ジャクソンがヒカルド・アローナに、レミギウス・モリカビュチスが矢野卓見に、マット・ヒューズがカーロス・ニュートンに、それぞれバスターで失神KO勝ちしています。

このように、基本的にプロレスの技は対戦相手の協力があって綺麗に決まる技だと思いますが、中には実力差や腕力の差で強引に決まる事もあります。
そして、それが直接試合を決めてしまう事すらあります。

ただ、プロレスの技自体、元はレスリングや柔道の技だったりするので、たとえ極まった所でそれが果たしてプロレス技であるか、何であるのか判断が難しいと言えなくもないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ジャーマンや出ましたか!ビデオを借りてみてみます。
私が思うに武藤の技で名前は知りませんが、ミドルキックを受けてクルクルと回る技を見ましたが、あれは総合でも有効ではないのでしょうか?ダメージは分かりませんが。

お礼日時:2005/08/31 12:45

最近の総合格闘技は、バーリトゥード(何でもあり)と呼ばれていた荒々しい時期より


戦い方が整理されて、「こうきたらこうする」という流れが定着しつつありますよね。
試合展開で言えば「打撃→タックル→ガードの攻防→グラウンドでの打撃か関節技」と。

(語弊があるかもしれませんが)その分、突出した能力がないと、
読みあいで勝負が膠着してしまう傾向があると思います。
そういう場面でつい思うのが「何でもありだから、意外な技が効果的じゃないか?」。
四の字固めやサソリ固めはさすがに手間がかかりすぎますが(笑)、
例えば相手のバックを取って膠着しているときに、不意をついてフルネルソンから
ドラゴンスープレックス!なんて、一撃KOも狙えるような気がします。
ただ総合系選手はスープレックスの受け身は練習しませんから、
下手に空中で暴れられると落ち方を間違えて大怪我、ということもありえます。


プロレス技の魅力は「アイデア次第で無限に広がること」で、その裾野を探せば
瞬間的かつ実効的なものは必ず見つかります。
(魅せる要素を除いて、原始的な衝撃力で選別すれば)
総合系はプロレス技へ抵抗を持ちますが、例えば桜庭が大ブレイクしたのは
一流の基礎技術にくわえ、プロレス的な発想の柔軟性を持っていたからだと思います。
(モンゴリアンチョップなんて、まさに発想の逆転ですね)

かつてJ・馬場が残した至言―
『シューティングもひっくるめたのがプロレスなんだよ』
から考えれば、総合系は誕生10年で完成に近づくのではなく、
技の発想の自由度を得れば、また違ったスタイルに向かっていくのでは
ないかと思います。

(プロレス、総合格闘技とも観るだけ派の意見でした)
                                    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ドラゴンやジャーマンなんて狙えそうですね。
桜庭のモンゴリアンは見た事があります。スピニングもしてましたよね。

お礼日時:2005/08/31 12:39

総合格闘技経験者ではありません。



プロレスは相手の技を受けた上で、やり返す。
ここが、プロレスファンが好きな部分だと思うんですよ。

しかし、総合格闘技では勝てなければ意味がありません。
相手の渾身の一撃を受けては負けてしまうため、回避します。
四の字固めをかけにいったら、きっと顔面を蹴られるはずです。
逆エビ固め、さそり固めをしようとして足を掴んだら、ふりほどかれるでしょう。
ヘッドロックは、寝技の状態でたまに見ることもありますね。
コブラツイストは・・・、まず相手の後ろを取ることが難しいでしょう。
卍固めは・・・・、説明しにくいですね(笑)
延髄切りは、ドロップキックと同じく使えるでしょうが、
当たらずに、落ちてマットに倒れているところを、
顔面蹴りされたり、上から乗っかられて組まれてしまうリスクがあります。
美濃輪育久選手は、たまにドロップキックを使いますね、確か。

負けたらダメなわけですから、すべて回避しようとするわけです。
ですから、プロレス技で一本取れる場面は永遠に見られないのではないでしょうか。
逆十字固めはプロレス技では無いですしね・・・。
勝つためなら、
ドロップキックや延髄切りを当てようとするより、
パンチ一発を顔面にクリティカルヒットさせる、ハイキックを側頭部に決める方が、
相手のギブアップを待つまでもなく、一瞬で簡単にKO勝ちできてしまいます。
関節技にしても、腕十字やチョークスリーパー、三角締めなどの方が、まだ、かけやすいはずです。
ただ、遊びでやってみれば分かりますが、
四の字固めも、サソリ固めも、とても痛いです。
あれを長時間かけられたなら、誰でも参ったするでしょう。
ただ、総合格闘技の場では、相手が必死に回避するので、かけられない、ということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
相手がマットに背を付けた時にスタンドしている人はよく相手の足を掴んでいますが、その時に4の字かスコーピオンがかけれそうな感じなのですが、現実はそんなに簡単じゃないのですね。

お礼日時:2005/08/31 12:34

 通用して欲しいけど、多分無理ですね。



 グランド技をかける時はその前にバックポジションかマウントポジションの体勢になっています。
 相手がお約束無視な以上、確実に勝てる方法を考えると一技で決めるよりもマウントやバックポジションでじっくり行くことが大事になってきます。

 ヘッドロック、コブラツイスト、卍に関しては相手が動いているとかける事は出来ません。お約束無視な以上無理でしょうね。

 延髄に関しては可能かもしれませんが、相手が真横を取らせてくれますかね。

 俺も高校時代同じ事を考えました。で、プロレス技をかける俺と本気で逃げる友人でやってみました。無理ですね。腕十字とか三角、チョークスリーパー程度しかかける事は出来ませんでした。基本的に柔道技ですね。

 もしも可能な技があるとしたら、STO、水面蹴り、バックドロップ、パワーボム(後ろ二つはPRIDEで実証済み)ぐらいじゃないでしょうか?

 てか、男は考えることは一緒だと言うことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
STOですか!見てみたいですね。それは、誰と誰の対戦だったか知りたいですね。

お礼日時:2005/08/31 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラゴンスリーパーという技は本当に威力があるのか。

プロレスを見ていて思ったのですが、ドラゴンスリーパーという技は、本当に威力があるのでしょうか。
首の極めが甘いような気がしますし。しかも、姿勢が不十分ですので、相手に簡単に逃げられるような気がします。これで、相手をスリーパー同様に落とすことは出来るのでしょうか。何かいかにもプロレス技、という気がしますが。

Aベストアンサー

最近プロレスを観る機会が減りましたが、少しだけアドバイスさせていただきます。

蝶野正洋の持ち技のひとつに「STF」というのがありますが、あれは“未完成”な状態です。

あの技は一見“脚を極めながらスリーパーで同時に首を絞める技”ですが、もともとあれは蝶野自身が考案したものではありません。もともとの考案者はカール・ゴッチだったと思うのですけど、オリジナルの状態では首を“スリーパー”ではなくそれこそ“ドラゴンスリーパー”の状態で完成するはずのものでした。

実践すればその感覚はわかると思うのですが、「蝶野式」のままだとあの技は首を脚がバラバラ決まるだけです。しかしオリジナル式だと掛けれられた相手はいわゆる“海老反り”状態となり、その「腰」にも一定の負荷が加わる為「首・腰・脚」と連動して一貫した技となる訳です。

話を戻しますが、つまり“ドラゴンスリーパー”という技は#4の方が仰る通り、“絞め落とす技”ではなくあくまで“極める技”にすぎません。ですからそれ単体だけでは皆さんが仰る通り、プロ同士の間ではちょっと“中途半端”なのかもしれませんね(苦笑)。

ちなみに蝶野が敢えて“改悪”した理由は、オリジナルのままだと文字通り相手が“動けなくなる”から(ロープへ逃れることが難しくなる)であり、それは“プロレスラー”としてあくまで“見せる商売の人間の立場にこだわった”故だといわれています。

最近プロレスを観る機会が減りましたが、少しだけアドバイスさせていただきます。

蝶野正洋の持ち技のひとつに「STF」というのがありますが、あれは“未完成”な状態です。

あの技は一見“脚を極めながらスリーパーで同時に首を絞める技”ですが、もともとあれは蝶野自身が考案したものではありません。もともとの考案者はカール・ゴッチだったと思うのですけど、オリジナルの状態では首を“スリーパー”ではなくそれこそ“ドラゴンスリーパー”の状態で完成するはずのものでした。

実践すればその感覚はわか...続きを読む

Q総合格闘技で使えるプロレス技

僕は総合格闘技をやっているのですが総合格闘技でルール上使えるプロレス技って何がありますか?さそり固めや逆えび固めなど固め技は大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ひとくちに総合格闘技と言ってもルールに細かい違いがありますね。
頭突き、ひじ打ち、バスター、拳以外の加撃、手指の関節技、グランドパンチ、グランド状態への相手への蹴り、試合する団体の禁止事項を読んで何が反則か理解してください。

ちなみに、様々な総合の試合で見たプロレス(でも使われる)技は
グランドコブラ、ローリングクレイドル(回る前に腰が極まってタップ)、パイルドライバー、ドラゴンスリーパー、キャプチャード、ジャーマンスープレックス、バックドロップ、ヘッドシザース(洗濯バサミ)等があります。

Q打撃系格闘技出身者は総合格闘技では戦いづらいって本当ですか?

昔の格闘技関係の本の文章の一部で、
「キックボクシングなどのパンチやキックという
打撃技を身上として鍛え上げた身体は、重心が上方にあるので、
総合格闘技では戦いづらい。総合格闘技というルールで
戦うと、こうした体型の者は体重の重い、それも
重心の低い馬力ファイターに弱い。押されることに
対する筋肉ができていないためだ。」と打撃系格闘技出身
の選手は総合格闘技には向かないと思われることが
書かれてあったのですが、その文章は正しいのでしょうか?
ムエタイ出身のヴァンダレイ・シウバやK1出身のミルコが
総合格闘技で活躍したことがあることを考えると
例外もありえると思うのですが…
皆様からのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「秘技」のようなマイナーな存在であったことや、かつて柔道家を主人公とする「姿三四郎」の人気などによって、日本では空手より柔道が、日本の格闘技の「主役」の時代が長く続きました。

それを大きく変えたのが、かの「空手バカ一代」の出現です。

「地上最強」「一撃必殺」などのうたい文句をひっさげ、空手こそ最強という認識は、昭和40年代中盤から昭和50年代にかけてはかなり浸透しました。

もちろん大山師の功績もさることながら、試割りなどのインパクトなどもその原因のひとつだったことは言うまでもないでしょう。

実は私自身ちょうどその世代真っ只中でして、中学1年から始めた柔道部に所属しながらも、高校1年で2段を取得(これは実は年齢を誤魔化しての取得でした)してすぐに、部活での柔道の練習のかたわら、週に2回ほど少林寺拳法を習いにいったりしました。

これは
「柔道は相手をつかんでからでないと攻撃できないから、相手と接触することが即攻撃になる空手には遅れをとる」
という理論や
「いくら身体を鍛えてもブロックやレンガを割る空手の攻撃を受けたらKO必至だ」
みたいな理論を聞き、私自身も「いくら柔道をやっていても空手部の奴とケンカしたら勝てないんじゃないか」なんて不安になったのです。

そして、今から空手をやっても空手部の奴には追いつかない、ならば少林寺をやれば違うルートから近づくことが出来る。
自分の柔道の力に、少林寺の打撃が加われば空手部恐れるに足らず!
なんてバカなことを考えたのです。
(これら全てが今になるとアホな考えですが)。

その後も日本では柔道や各種格闘技は広く愛好者を有しましたが、その中でもやはり「極真」というブランドは一定の評価を得ていたのはご存知の通りです。

そしてその後極真を代表とするいわゆる「フルコン」の顔面無しというコンセプトに対するアンチテーゼとして顔面攻撃有りの空手や、グローブ空手などが、その後の大きな「大変革」の徴候として次々と生まれ始めたのもご存知の通りです。
(私が本格的に総合系の空手にはまり出したのもちょうどこの頃のことです)
__________________
前置きが長くてすいません(いつもの私の悪いクセです)。
もう少し続けさせてください。

さて、先ほど私が「後の大きな大変革」と表現したのが、ご存知のUFCにおけるグレーシーの出現です。
これはまさに格闘技に関する常識を根底からくつがえすほどの出来事でした。
格闘技界のコペルニクスと言ってもいいと思います。

たしかに多くの専門家が一撃必殺なんてのは現実的でないことや、人間が格闘をしていると自然と相手と組み合ってしまうのが自然だから、組み技系の専門家は実戦においてとても強いということはよく言われていました。

しかしなんのかんの言っても、実際の格闘では圧倒的体格を有する者が、その体重とパワーにものをいわせ圧倒するという「現実」が、実戦における勝敗を決するという考えはやはり強く信じられていました。

事実私は、当時グレーシーが出現するまでは、現実の実戦で「平均的・一般的」に最強の人間が一番多い集団は大相撲、そしてそれに続くのが重量級の柔道選手や重量級のキック・空手の選手であろうと思っていました。

しかしグレーシーの出現によって、必要充分以上に打撃に対する対策を修得した上での組み技、特に締め技&関節技のエキスパートにかかると、打撃系の選手やパワーで押し込むなんていう攻撃があっさりと封じ込められてしまうという現実を思い知らされたわけです。

つまり対多人数や対武器を想定に含めなければいけない、現実のケンカはさておき、あくまで競技としての素手1対1の対戦(つまりプライドのような総合格闘技の試合)では、締め関節の熟練度がもっとも要求されるということが分かってきたわけです。

言い方を変えれば、少しくらいパンチやキックが強くても、いったん組み付いてしまえば後は寝技の専門家には手も足も出ないということがバレてしまったわけです。

こういう経緯によって、現在の総合の試合において最低限求められる能力は
パンチ・蹴りであっさり倒されない程度の打撃力と、そこから寝技で相手を仕留める能力
これになっているのです。

さて本題の
Q:打撃系の選手は総合で闘うのに向いていないのか
を考えてみたいです。

私はこの最低限の打撃力プラス寝技の修得という、総合での能力を身につけるうえで、打撃系の選手が不利なのは重心の高さという要素は少ないと思います。

私が打撃系出身の選手が不利となる理由と考えるのは次の2つです。
一つは先ほど言った通り、人間はルール無しで殴りあっていると、自然と相手と接近して組み合うという性質があるため、ある程度打撃の経験のある者同士では、あっさりと打撃で決着の付くことの方が少なく、結局は組み技の優劣で勝負が決する以上、どうしても寝技に一日の長がある組技出身の選手が有利であること。

そしてもう一つは、打撃の修得よりも、組技の習得の方が熟練するのにより多くの経験が必要だということです。

殴る蹴るという攻撃は、ある意味素人でも持っている、人間の「原始的」攻撃方法です。
つまり締め関節等に比べると、打撃と言うのは素人のその「素人度」が低いのです。

また打撃の強弱というのは、ある程度腕力や体力、体格などによって左右されてしまいます。
ですからボブ・サップのような本来打撃の素人であっても、多少の練習によってそれなりに戦えるレベルになれるし、いやさらにはあれだけの体格とパワーを有しているとほんの数ヶ月の練習で、軽量中量級の専門家でさえ圧倒されることも大いに有りえるわけです。

しかし投げや締め関節は、極端な話しいくら体格や腕力があっても、素人では絶対に専門家に勝てません。
半年柔道を練習したボブサップでは、60キロの野村忠宏にも子ども扱いされることでしょう。

とくに柔道の世界は、多くのトップ選手がジュニアの頃からその道にどっぷり漬かっているような選手の集団です。
こういう柔道家とさえ互角以上に寝技を闘うことが出来る、柔術家や五輪銀メダリストの小川直也を数十秒でギブアップさせてしまうヒョードルのような人間の居る総合の世界では、やはり打撃系出身者は分が悪くなるのも当然なのではないでしょうか。

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「...続きを読む

Qアキレス腱固め

アキレス腱固めを何度か掛けられたことがあるんですが、まったく痛くありません。ポイントが極ってないと思うんですが、アキレス腱固めはしっかりと極るとどのような痛みがあるんでしょうか?我慢することは可能ですか?また、裏アキレス腱固めは普通のアキレス腱とは違う痛みなんでしょうか?試合では裏アキレス腱の方が痛そうにしているような気がするんですが…。

Aベストアンサー

参考URLに以下のようにありました。
 《アキレス腱固め》
(1) どんな技か
 一般的な説明をすると、手首の硬い骨の部分で相手のアキレス腱を圧迫する技であり、その際、圧迫させることに夢中になり相手の体に自分の足をからませて動きを封じ込めることを忘れてしまいがちになりますが、コレをしないと相手が暴れると簡単にポイントがずれてしまい不充分なものとなってしまいます。
 ある本によれば、サンボで足関節が存在する理由のひとつに広大なシベリアの大地においては歩けないということは死を意味すものであるからだとされています。
(2) どんな痛みか
 痛みには2種類あります。ひとつはアキレス腱よりやや上の部分を圧迫するものであり、筋肉が潰されるような痛みがはしります。もう一つは足の甲を痛めるものです、自分の手首を相手の踵のすぐ上で圧迫しやや捻るようにして絞るやり方です。このやり方での痛みは、足首を捻られた時に感じるものと似ています。足首を捻ることは反則なのですが、こうした場合の微妙な捻りは判別不可能なのでやむ終えないものとなっておます。ちなみに耐えていると足の甲のあたりから「バキ、ベキベキ」というような骨の音が鳴ります、そうなると痛める場所はアキレス腱というより甲の骨となります。甲を痛めると治りが遅いので、なるべく我慢はやめようかと思います。
(3)おまけ 
 アキレスを極めるコツとしては忍耐が重要なものとなります。怪力の持ち主か実力者意外では、自分が技をかければ大抵の場合はかけ返されます、それゆえ我慢大会になります。「もう、ダメだ。」と思ったら負け、痛くても、苦しくても我慢したほうが勝ちとなることもあります。
 それから痛みに慣れるということが重要なのです。かけられた瞬間に「これなら大丈夫だ」と思えば、切り替えしたりできるのですが大丈夫の範囲を知っておかないと技をかけられた瞬間に驚いて、「まいった」をしてしまいます。要するに慣れなんですが。

ご参考までに♪

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kodomono/sanbo.html

参考URLに以下のようにありました。
 《アキレス腱固め》
(1) どんな技か
 一般的な説明をすると、手首の硬い骨の部分で相手のアキレス腱を圧迫する技であり、その際、圧迫させることに夢中になり相手の体に自分の足をからませて動きを封じ込めることを忘れてしまいがちになりますが、コレをしないと相手が暴れると簡単にポイントがずれてしまい不充分なものとなってしまいます。
 ある本によれば、サンボで足関節が存在する理由のひとつに広大なシベリアの大地においては歩けないということは死を意...続きを読む

Q現在の総合格闘家で柔術が一番上手い選手

ズバリ単刀直入に聞きます
今現在の総合格闘家で柔術が一番上手い選手は誰ですか?
階級は問いません。

私の知っている総合格闘技の団体はUFC ベラルーシ WSOF ONEFC くらいしか知りません

やはり本場のブラジルの選手が柔術が上手いんですかね
回答お願いします。

Aベストアンサー

柔術トップクラスの実力者でMMAに転向した選手はたくさんいますが、ご質問の前提としてはMMAのほうの実績は問わずでしょうか?
もしくはMMAにおける柔術的ムーブが上手い選手ということでしょうか?
後者ですと人それぞれの評価があるので、柔術家の僕からは、「柔術が上手い=柔術での実績」という解釈で回答を。
的外れだったらごめんなさい。

柔術・MMA両方で実績をあげている人でパッと思い浮かんだのはデミアン・マイアでしょうか。
柔術ではムンジアルでの黒帯優勝こそないものの、コパドムンド、パン選手権などのタイトルを獲っておりADCCでも優勝。
UFCでの活躍もご存知の通り。MMAでもしっかり「柔術で」勝っている人だと思います。

ホナウド・ジャカレイ(試合後にワニ歩きやる人)。柔術ではムンジアル二階級制覇、ADCC優勝、文句なしのスーパー黒帯、MMAでも売出し中。

柔術では世界最高峰でもMMAではいまいち突き抜けられないのが、ホジャー・グレイシーとか。。。

近々、ヒクソンの息子のクロン・グレイシーもMMA転向を表明してますね。こちらも柔術界では文句なしトップクラスですがどうなるか。

パっと思い浮かんだのがこの辺ですがよくよく考えたらもっといろいろいそうです。
UFCで長らくトップを張ったBJペンも何気にムンジアル黒帯優勝してますから柔術でも相当なもんだったんでしょう(が、僕は彼の柔術時代をリアルタイムでは知らないんで当時柔術界でどんな存在だったかわかりません)。

純粋に柔術界においてはブラジル人のレベルはやはりハンパないです。現在でも技術やセオリー的に最先端をリードしているのがブラジル人柔術家たちですね。次いでアメリカとなりますが、ブラジルから移っていった人が関わっいることが多いです。
ちなみに私は国内でよく柔術の大会に出ますが、日系ブラジリアンもみんなクッソ強いですw(フィジカル差もあるでしょうが技術的にも)

というわけで質問の前提を勘違いしていたら、全く的外れな回答となってしまうのですが、こんな視点もあるということでご容赦ください。

柔術トップクラスの実力者でMMAに転向した選手はたくさんいますが、ご質問の前提としてはMMAのほうの実績は問わずでしょうか?
もしくはMMAにおける柔術的ムーブが上手い選手ということでしょうか?
後者ですと人それぞれの評価があるので、柔術家の僕からは、「柔術が上手い=柔術での実績」という解釈で回答を。
的外れだったらごめんなさい。

柔術・MMA両方で実績をあげている人でパッと思い浮かんだのはデミアン・マイアでしょうか。
柔術ではムンジアルでの黒帯優勝こそないものの、コパドムンド、パン選手...続きを読む

Qプロレスのルールについて

プロレスの試合って
あきらかにかわせるような大振りのラリアットとかよける仕草すらせずに受けちゃうし
ガードもしないでチョップ連続でくらってウワーとか叫んでるし
本気で戦ってるのかどうかわからんです。
ロープに相手を反射させてその勢いで攻撃っていうのなんか自分で走って勢いつけてるし
相手の攻撃をよけてはいけないっていうルールでもあるのでしょうか。
もしかしたらPRIDEみたいなガチンコ勝負じゃなくて
こういう展開で試合進行しますっていう台本がある
見せ物みたいなものなのかなとおもいましたが。

Aベストアンサー

プロレス台本説。プロレスに関わってしまったものは誰もが直面する壁なのです、それは。

誰がなんと言おうが私はプロレスを信じます→信じる→信じるよ→信じますよ?→信じるかも知れません→信じさせてください→真実を知ってしまいました…。

これがプロレスファンの行き着くところです。特に、信じさせてくださいから、真実を知ってしまいましたへの心境の変化は、並々ならぬ葛藤が秘められていると思ってください。

プロレスやらせ説を語るのであれば絶対に外すことが出来ない試合、それは新日本プロレスの恒例である1995年1月4日東京ドームで行われたアントニオ猪木VSビッグバン・ベイダー戦です。

この時私たちは本気で思いました、イノキガコロサレル、誰よりも強く、プロレスこそが最強であると私たちに教えてくれたアントニオ猪木が、ベイダーニコロサレル、と。そして予想は見事的中しました。試合途中ベイダーの投げっぱなしジャーマンで、猪木は見たこともない高さで空を舞い、首から落下して失神しました。

しかし、私たちファンはこうも言います、あの時猪木は本当に死んでいたと。ベイダーの焦り方がそれを如実に物語っていると。

猪木といえばハルク・ホーガン失神事件、アリキックの生みの親、キレた天竜源一郎にパワーボムで葬られる、ドンフライ戦は不思議な点が多すぎる、そして新日を崩壊の危機に導いた、かの有名なアントンハイセル事件。色々ありましたが、やはりファンに一番のダメージを与えてしまったのは1.4東京ドームで行われたビッグバン戦でしょう。アントニオ猪木はファンに身を持って真実を語ってしまったのです。死んだ人間が蘇生してベイダー勝つなどありえないと。

プロレスやらせ説を語ったらそれはもう叩けば語り尽くせぬほどほこりが出てきます。前田明の最初は負けるように言われていた発言、同様に前田VSアンドレにおける前田マジギレ事件、後藤達俊間違えてバックドロップで馳浩を心臓停止に追い込む事件、新間寿プロレス暴露本を出す事件、UWFVS新日の代表戦になった高田VS武藤戦のあの足四の字は無理があるだろう事件、永田VSミルコ秒殺事件、さらに永田VSヒョードル永田亀になる事件、等もう叩けば叩くほどほこりが出てきます。

ですが、それでも私たちファンはプロレスが好きなのです。今年に行われたノア7・18東京ドーム戦での小橋VS健介の試合など、プロレス界の伝説となる様な壮絶な逆水平チョップの応酬戦となりました。あそこまでやりあったのならもはやプロレスは芸術です。

今のプロレスファンは皆やらせだと分かっているのです。ですが、分かっていても見たくなる、それが今のプロレスの醍醐味なのです。

先ほどのノアの東京ドームでの試合がそれを物語っています観客動員数6万2000人超満員札止め。プロレスはもはや、ファンの強さへの象徴から完全なエンターテイメントへと移り変わりました。だからハッスルがあそこまで受け入れられているのです。

プロレスラーは弱い。確かにプロレスと格闘技ではプロレスなど歯も立たないでしょう。永田選手がいい例です。ですが、その格闘技の基盤を造ったのはその弱いプロレスラーなのです。

猪木が発端をつくり、前田、船木、高田、初代タイガーマスクの佐山、藤原組長、彼ら元プロレスラーが(藤原組長は除きますよ)今の日本の格闘技界を造ったのです。

前田明は弱かったですか?船木誠勝は?高田は除くとして、佐山聡は弱いですか?今新しくプライド、HERO’Sなる新しい場所が格闘技界に作られていますが、その礎を築いたのは彼らプロレスラーなのですよ。アントニオ猪木のアントンハイセル事件のおかげなのです。しかし、彼らはプロレスに疑問を感じてプロレス界を去ったのですが…。

楽しめるのなら、プロレスも良いし格闘技も良い。今はそういう時代になったのです。だから、プロレスが今でもドームで興行を行えるのです。お分かりいただけたでしょうか?

それで、最初の質問に戻りますが、プロレスはやらせで、台本もしっかり作られています。幻想を打ち砕くようなことを言って申し訳ありません。しかし、そこからプロレスをどう見るかが大切なのです。

ですがこれだけは言っておきます。やはりプロレスは面白くて楽しい。これからもずっと見続けてしまう魅力がある。それがプロレスというものです。

質問者様ならびにここに来たプロレスファンの方々、私の吐いた暴言の数々大変申し訳ありませんm(__)m

ですが、質問者様これだけは理解していてください。私たちプロレスファンは、プロレスの真実の姿を知ってしまってもそれでもプロレスが好きなのです。毎週水曜日になるとまるで条件反射の如く体が本屋に向かいます。そう、週刊プロレス、ゴングの禁断症状が起こるのです。

これこそがプロレスの本当の魅力なのかもしれませんね。久しぶりにプロレスを語れて実に楽しかったです^^;質問者様ももし良かったら今度はプロレスをエンターテイメントとして、ショーとして楽しんで下さい。

バックドロップや垂直落下式プレーンバスター、餅つきパワーボムが見れるのはプロレスだけです。それにザ・ロード・ウォリアーズのダブルインパクトや初代タイガーマスクのスペースフライングタイガードロップなんてもはや芸術の領域ですよ。この必殺技だけでもプロレスを見る価値は十分あります。

長くなりましたが、参考程度に頭に入れて置いてください。私はプロレスを擁護するつもりはさらさらありませんし、プロレスを信じプロレスに裏切られた格闘技大好きの人間です。ですが、やはりプロレスは面白いんですよねぇ。

プロレス台本説。プロレスに関わってしまったものは誰もが直面する壁なのです、それは。

誰がなんと言おうが私はプロレスを信じます→信じる→信じるよ→信じますよ?→信じるかも知れません→信じさせてください→真実を知ってしまいました…。

これがプロレスファンの行き着くところです。特に、信じさせてくださいから、真実を知ってしまいましたへの心境の変化は、並々ならぬ葛藤が秘められていると思ってください。

プロレスやらせ説を語るのであれば絶対に外すことが出来ない試合、それは新日本プロレスの...続きを読む

Q総合格闘技はあまりにも組み技系が有利 説

俺の打撃系格闘技やってる友達がこんなこと言ってた。

そいつが言うには、
「総合格闘技は組み技系上がりの選手が活躍しやすく、打撃系上がりの選手が活躍しにくいルール設定になっている。
 過去にK1勢が総合に挑戦してもほとんどが体格に劣る日本人選手ごときにも惨敗。
 一方レスラーや柔術家は打撃系上がりの選手に比べて総合で強い傾向にある。

打撃系上がりが不利な理由は、掴まれて倒されそうになった時にロープは掴んじゃいけない、目に指を入れてはいけない、噛み付いてはいけないなど等。

 これじゃそりゃ簡単に組み付かれて倒されてしまうだろ。
 大体、急所攻撃有りならお互いリスキーなので離れ際の戦いが増えて打撃の展開が増える。」と

こいつはいつも総合で打撃系の選手が負けると怒ってるみたいです。
こいつの言うように総合って打撃系出身者が不利なんですか?

Aベストアンサー

自分は修斗をやっています。

【ルールに関して】
ルールの事だけ考えたら、現在主流になってるルールはやや寝技有利かもしれませんね。
4点ポジのヒザ禁止とか、試合時間の設定(1R目が10分間以上ある)とか。
総合のルールもセオリーも未だに完全には確立されてません。トレンドがありますね。

【競技の性質について】
打撃だけでも組技だけでもだめなのが総合なので。
打撃出身であろうと寝技出身であろうと、いかに「総合」向けにアジャストできているかによって全然違いますよね。
という前提で。
打撃は的に当てる「点」だから一発がある。反面、ちゃんと当てる前にテイクダウンされたらただのマグロ。
組技は近づいてって組み付いて倒して極めるというプロセスを踏む「線」だから時間が必要。その間に一発もらうリスクの反面、展開に持ち込めばあとは自分の庭。
単純に確率論で考えれば、ピンポイントで一発当てるよりも、ちょっと痛いの我慢して組み付きにいくほうが確実でしょうねえ。

【選手のモチベーション】
これはかなり主観的な意見になりますが・・・
打撃で超一流になった人って、打撃だけで食っていけるんですよね。だって、食っていくに足りる打撃系のプロ興業あるじゃないですか。K-1とか。
寝技ってそういうの、殆どないですよね。柔術やグラップリングにそういうのがないから、一流どころが「食う為に」どんどん総合に流れてくる。だから総合で勝つための打撃にそりゃもう必死でアジャストしてくるし、研究に研究を重ねて、勝つための新しいセオリーをどんどん生み出してる。
ミルコは(身体能力もあったでしょうが)総合で勝つために組技を徹底的に研究して、捌いて打撃というセオリーを突き詰めて、それが当時の打撃系の選手に波及しました。
でもやっぱり打撃系でミルコみたいな執念でもって総合を研究して臨む人が後からあんまり出てこなくて、ちょっとした出稼ぎ感覚な人が多いような気がします。
日々セオリーが進化する総合において、この差はなにげに大きいような気がします。
なので現在は、ルール以前に総合の技術体系そのものが、寝技系の人達の研究によって造られている気がします。

そんなとこですかね。
長文すいません。

自分は修斗をやっています。

【ルールに関して】
ルールの事だけ考えたら、現在主流になってるルールはやや寝技有利かもしれませんね。
4点ポジのヒザ禁止とか、試合時間の設定(1R目が10分間以上ある)とか。
総合のルールもセオリーも未だに完全には確立されてません。トレンドがありますね。

【競技の性質について】
打撃だけでも組技だけでもだめなのが総合なので。
打撃出身であろうと寝技出身であろうと、いかに「総合」向けにアジャストできているかによって全然違いますよね。
という前提で。...続きを読む

Q【柔軟情報】ハイキックが蹴りたい!ミドルすら蹴れない!【ストレッチ】

こんばんは!

自分は下半身がとてもカタイです。
なので、足が上がってくれません。
ハイキックどころかミドルキックもしんどいです。
ローキックですらぎこちなくなります

どれくらいかと言うと、立って、足を伸ばした状態で
足を前に上げると 腰にすら届きません(下から80°くらい)

横も同じです

足首も膝も股関節も全部、かたいです

自分でいろいろ調べて
PNFストレッチと言うものも試してみようと思いましたが、
パートナーが居らず断念しました・・・・・・

今からキックが蹴れる柔軟性が手に入りませんか?
今、自分は16才です

おすすめの柔軟方法、体がやわらかくなる食べ物
蹴りのコツ、アドバイス、実体験

など、柔軟と蹴りに関する情報、教えてください!

Aベストアンサー

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々にやっていくとずいぶんやわらかくなります。

もし、結構筋肉質なら、ひょっとしたら可動範囲の狭いトレーニングを強い負荷をかけてやっている可能性があります。
このようなトレーニングは筋肉はつくけど硬くなっていくということもあるので、軽い負荷で、出来る限り大きな可動域で動かすようにして行くと当たり前ですけど、やわらかくなっていきます。
例えば、腹筋運動なら少し反るくらいからはじめるとか・・・。
足は反りませんが、目いっぱい可動範囲で大きく動かしてトレーニングします。
少し蹴りの練習のコツとしては目標物を決めて蹴るというのがいいと思います。
低いところから少しずつ高くしていきます。
中国拳法とかでは、自分の手を置いてそれを蹴るという(もちろん当てる程度ですが・・)という練習方法もあります。
また、力の入れ方も重要です。
自分の足をムチのようにイメージをして蹴ると力の出すところ、抜くところがはっきり自覚できると思います。
棒のようなものをイメージすると脚を痛めます。
また、蹴りの種類によって違うかも知れませんが、最初は軸足も少し曲げて重心を安定させるということもコツになるかと思います。

PNFなども基本的に筋肉があまりないと利かないらしいので、あまり特殊なトレーニングに頼らず少しずつ慣らしていくようなトレーニングの方が実践的です。
私も始めて蹴りの練習をはじめたときは硬かったですけど、慣れですね。
まだまだ、これからなのでがんばって下さいね!

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々に...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q肺にお茶が入った

缶のお茶を飲んでいたら、むせて気管に少量お茶が入っていってしまぃました。肺なんかにに水分が入ってしまって大丈夫なんでしょうか?それが原因で肺水腫とかにならないでしょうか?
とりあえず、これといった症状は今のところないけれど...。

Aベストアンサー

気管の中に食事や飲料を誤嚥して、その後生じる問題は、入ったものの種類(刺激性の強さ)、量、入った後の排泄の容易さ、入っている期間、によって異なります。

普通の水やお茶は刺激性がありませんし、仮に少量気管の中に入ったとしても、咳反射で容易に出てきますから、まず問題になることはありません。
大量に入った場合(溺れたときなど)は、ご心配になっている肺水腫になることがありますが、通常の誤嚥で肺水腫になるためには、よほど刺激性の強いものということになります。普通の飲料でそのようなものはあまりないでしょうから、一般的には薬剤の誤飲とか有毒ガスの吸入以外ではあまり問題になりません。
飲料に比較すると食べ物の場合は問題が出ることが多いですが、これは飲料に比べて刺激性の強いものがある、排泄がしばしば困難、入った後の組織の反応が強い、肺炎などの感染を引き起こしやすいなどの要因によります。

むせたということは、ほとんどは気管から排泄されたということですから、まず問題になることはありません。
脳梗塞の後の寝たきりのご老人などでは、気管に入ってもむせがでないことがあって、この場合はしばしば問題がおこります。

気管の中に食事や飲料を誤嚥して、その後生じる問題は、入ったものの種類(刺激性の強さ)、量、入った後の排泄の容易さ、入っている期間、によって異なります。

普通の水やお茶は刺激性がありませんし、仮に少量気管の中に入ったとしても、咳反射で容易に出てきますから、まず問題になることはありません。
大量に入った場合(溺れたときなど)は、ご心配になっている肺水腫になることがありますが、通常の誤嚥で肺水腫になるためには、よほど刺激性の強いものということになります。普通の飲料でそのような...続きを読む


人気Q&Aランキング