社会人になってからテニスを始めて10年になります。
スクールで,フォアもバックもドライブ系を習い,ストレス解消!とばかり力まかせに打っていました。
練習では,男の人にも負けずにストロークが出来,気持ちがいいのですが(私は女です)女子ダブルスの試合になると,ゆっくりした球を待ちきれず?ストロークでミスを繰り返し,今度は萎縮して振り切れなくなってアウトする。という悪循環に陥ります。
 試合に勝つのは,スライスでしつこく返してくるねちっこい人。
 
 そこで,私も1年ほど前からスライスの練習を始めました。最近,スライスの確率も徐々に上がりはじめ,試合に使えるかなあというところまできました・・が,あのドライブでズバーンと決める爽快感が捨てられません。練習ではフラットやドライブでバンバン打って,試合でちょこちょこやるいけないパターンにはまりそうです。
 
30代になって,これから女子ダブルスの試合に勝とうと思ったら,スライスを主体に練習した方がいいですか?
また,今までバックはダブルハンドだったのですがスライスをマスターするなら,片手のほうがいいですか?今はリターンは両手スライス,足が間に合わない時は片手という,これも中途半端なことをやっています。
 
 どうかアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 kuu0923さん、はじめまして。

スコンチョといいます。(^_^)

 まず結論から書きますと、スライスとドライブどちらかに絶対的な優位性は
ありません。あるのはkuu0923のメンタル的な納得だけです。

 スライスのメリットは大まかに書けば以下のような感じです。

・相手のドライブ(トップスピン)のパワーを上手く利用できる
・ボレーや早いサーブに対してのリターンへ応用が利く
・ハードヒットされにくい

 しかし、これはスライスショットをきちんと打てている場合の話で、当てた
だけでフワフワといボールが飛んでいくのはスライスとは言いません。どうに
かバックスピンがかかれば「チョップショット」。いったん上に向けて出て
いったボールがゆっくりと落ちていくようなのは「当てただけ」と言います。

 文章を読ませて頂いた限りでは「スライスショットです!」と自信を持って
言えるようなボールになっておられない状況かもしれませんね。(^_^;) です
ので、kuu0923さんがこれから目指すテニスにどれくらいスライスが有効かは、
もう少し実戦でスライスが打てるようになるくらい練習してみないと、誰にも
結論づけにくいと思います。

 何かひとつのショットを極めるまでやり通す人もいれば、いろんなショット
をバランスよく学んでいく人もいます。どちらも一概に悪いとは言えないと
思います。大事なのは、スライスの上手な人にOKをもらえるようなスライス
を実戦で打てるようになってみる事だと思います。

 ここからは、ご質問の答えを僕なりに書きますね。

>>30代になって,これから女子ダブルスの試合に勝とうと思ったら,スライ
>>スを主体に練習した方がいいですか?

 ダブルハンダーの人は、スライス無しでやってる場合が多いですね。これは
次の質問でも書きますが、両手打ちの特性によるモノです。

>>今までバックはダブルハンドだったのですがスライスをマスターするなら,
>>片手のほうがいいですか?

 両手打ちはスライスを打つのに適していません。ですから、プロでも両手打
ちの人がスライスを打つとき、ボールのヒットポイント前後でそえる手(右利
きならば左手)をグリップから離します。

(少しだけ難しい話を書くと、スライスの基本動作は手と腕の角度があまり変
わらないのですが、プロはスピード(リズムと表現する人もあり)を出す為に、
コック(手首)を使います。これが顕著なのはグラフなのですが、その為に
彼女のバックハンドはアマチュアのお手本になりにくいとも言われています)

 グリップから左手を離す動作はラケットがスムーズに前に出やすくする為で、
この動作無しでは伸びのあるスライスを打つのは難しいでしょう。ですから、
本格的にスライスに取り組むのなら、片手で練習する方がいいと思います。

 余談ですが、あのサンプラスもジュニアの頃、バックが両手打ちでした。
しかし、今の華麗なバックハンドからは微塵も感じさせないですよね。(^_^;)

>>今はリターンは両手スライス,足が間に合わない時は片手という,これも中
>>途半端なことをやっています。

 まず遠いボールに対して片手で返す事ですが、これは仕方ないですね。セレ
シュやアガシのバックハンドでさえも、届かないときは片手で返しています。
リターンですが、ドライブで打ち込める技術をお持ちなら、練習時にどの程度
のスピードボールまで返せるか確認(練習)していかれる事をお勧めします。
チャンボまで両手スライスで返していたのでは、なかなかポイントを取りにく
いのではないかと思います。


 以上、kuu0923さんのプレーを拝見した事もないスコンチョの勝手なアドバ
イスでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しいアドバイスをありがとうございます。
私は,どうやら一つのショットを極めるまで練習しなければならない!と思いこんでいたようで,スライスかドライブか,早く決めてどちらかを極めようとしていたようです。
まあ,極められるわけはないんですが,これから体力(腕力)は落ちていくだろうし,今のうちにどっちかをしっかりマスターしておきたいという焦りがあったのでしょうか。
 でも,おっしゃる通りバランスよく学んでいけばいいのですね。まずは,もう少しスライスの練習をしてみます。それにしても,グラフのスライスがアマチュアの参考にならないのは,ちょっとショックです。グラフのバックハンドスライスを見て「やっぱりバックはシングルがかっこいい」とずっと憧れていたものですから・・・。

お礼日時:2001/11/04 22:15

 ダブルスのゲームで、ドライブがガンガンと打てない理由を考えましょう。


 第一に、練習と異なり、前後左右への動きが多くなるために、落ち着いてドライブが打てなくなるからです。
 第二に、ネットにつめてボレーをしなくてはいけないという意識があるからです。
 第三に、相手もパートナーも、参加者の皆のストローク全体が練習より、スピードが落ち、不確定なストロークが多くなるからです。
 第四に、相手チームのネット・プレイヤーが気になって、ついコースを見定めて打とうと考えてしまうからです。

 そこで、ダブルスのゲームでも、ドライブをガンガンと打つための方法を考えましょう。
 後ろでストロークを打つ時はドライブ、ネットに出るアプローチもドライブ、と頑固に決めることです。
とにかく、頑固に徹底的にこだわってドライブ・ストロークを打ち続けることです。スピードとパワーのあるドライブ・ストロークが極めて有効です。相手がポーチに出ても、相手の正面にボールをぶつける気合いでボールをひっぱたくことです。この時のポイントは、相手プレイヤーを見てはいけないことです。相手がどこに立とうが、どのように動こうが無視をして、思いっきりボールをヒットすることです。
 なお、左右のクロスに角度をつけられた厳しいショットに対してのみ、左右ともスライスで返球することは許すことにします。
 さて、足の長い(深い)ボールをドライブで返球する時は、ラケット・スイングは大きな円を描き、ボールをヒットし、フォロースルーも大きくします。足の短い(浅い)ボールをドライブで返球する時は、小さな円を描いて、ボールをヒットし、フォロースルーも小さくします。フォア・バックとも同じです。
 パッシング・ショットなど、低く早いボールを打つ時には、フォロースルーを早くするように打つと良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「頑固に徹底的にドライブを打ち続ける」とは,明快なアドバイスをありがとうございます。
「そんなの打てませんよ!」と言いたいところですが,いつも当欄で拝見しているchienさんからのアドバイス,なるほどそうなのかもしれません。
 私の場合,打てない原因は主に第三の理由だと思います。ミックスの時や球足の速いハードコートでは,結構普段通りに打てるのですが,女子ダブルスのゆっくりした球を打ちきれないのです。特に浅くて高く弾んでくる(普通チャンスボールといわれる類の)球がくると「あ~失敗するかも?!」と思い,案の定,大きくアウトしてしまいます。
 そこで,スライスでしっかり沈められたらミスが減って,今のレベルの試合には勝てるかと思ったわけなのですが・・。
 どの方のアドバイスを見ても,私が思っているほどドライブに責任はないようですね。本当はガンガン打ちたい私には,嬉しいことです。試合の場数を踏んで,メンタルな部分をもっと鍛えないといけないのかもしれません。
 

お礼日時:2001/11/05 22:14

快感を覚えるには、攻撃的スライスを極めたら、スライスも好きになると思います。

腰の入ったスライスは、地面をすべるように速く、通常の地域大会レベルであれば、グランドストロークエースを取れると思います。
グラフを思い出して下さい。やっと追いついた球をバックハンドのスライスで、エースをとりにいける球種なんです。
私もトップスピン派ですが、スライスを武器にして、自分の得意なドライブショットをより有効活用するようにしています。
一番気持ちいいショットを変える必要はないですが、そこまでの組み立てとして、スライスは勉強するともっと気持ちよくなることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「組み立てとしてスライスを使う」なるほど,そうですね。
なにも全てをスライスにしなければならないわけではないですもんね。
ただ,私の今の技術では,最初に「スライスで打つぞ」と薄いグリップで持っていると,チャンスボールが来ても握りかえチャンスを失って,そのままスライスでフラフラいってしまったり,「どこへ打つか」と「どの球種で打つか」を同時に考えきれずにどっちつかずのテイクバックになって,何がやりたいのか分からない球を打ってしまったりすることがあります。
 GPRSさんのように組み立ての一部に使えるよう,きちんとスライスを覚えたいと思いました。攻撃的スライスが打てたら気持ちいいでしょうね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 21:55

こんばんは。


確かにドライブ系を打つのも気持ちいいですが、相手が思いっきり打ってきた打球をスライスで軽やかに打ち返すのも気持ちいいものですよ。

ダブルスではスライスを主体にした方がいいのか、とのことですが、むしろスライスだと、打球が遅くなってしまってポーチをされてしまうと思うので、ドライブ系で良いんじゃないでしょうか。

「両手スライス、足が間に合わない時は片手」このバックハンドはとても理想的だと思います。
ただ、ダブルスだから、無理にスライスバックをしなくてはならないと、いう事は無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のアドバイス,ありがとうございます。
「ドライブ系で良いのでは」とのお返事は,なんだかとても嬉しく,ひょっとして,私はその言葉を期待してたのでは?なんて思いました。
 でも,確かにスライスも,かっこいい人のはかっこいいものですね。
相手が思いっきり打ってきた球を涼しい顔で軽やか~にスライスで返せる日を夢みてスライスの練習もしていきます。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテニスの王子様に錦織圭がいたらどのくらい強いのか。

 どうでもいい埒もない質問なんですけれど、テニスの王子様って中学生のくせして相手をコートまでふっ飛ばしたりボールを真っ二つにしたりとか人外じみたことしてますよね?
 
 もしテニスの王子様に錦織圭が出演するとしたらどれくらいの強さだと思いますか? また、どんなことができると思いますか?
 
 スタイル的に手塚ゾーンが一番近いような気もするけど、中学生で出来るんだから錦織はもっと凄いはずですよね。

 なので、呼吸だけで人が殺せるあたりが妥当かな、とか思ってます。
 でもそうなるとフェデラーとかはゴジラとか範馬勇次郎にしないと均衡が取れないですかね(笑)。 

 まぁ、それは置いておくとして、暇な時でいいので思ったことを書いてくださると幸いです。

 ではよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そーですねー…錦織選手というと「エア・ケイ」ですから、やはり「ジャンプ」。
そこからのボレーショットですから…ここは過去の「天才」を持ち出してですね「番場蛮」
(侍ジャイアンツ…知ってますか?)
に習いまして

「エビゾリジャンプ大回転分身ショット」

と行きましょうか?。

これは凄いですよ…ショットが分裂して、何十メートルの高さから、急角度に降ってくるんです。
しかもコート全体に(爆)。
相手は一歩も動けんのです。

え?…どうやってボレーショットのときのボールを潰すんだ?ですって?。
それはですね…超高速回転しますんで、一度目はラケットのフレームでボールを打って変形させ、続いて第2撃で打ち込むんですね。
ボールは身体が回転するときのエネルギーで、中心部分が負圧になっているので、それに巻き込まれる形で1撃目は飛ばないんです。
…で、2撃目で打つと。
この理論はちゃんと「るろうに剣心」での奥義「天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」で実証済みです。

…ということで「少年ジャンプ万歳!」。

Q片手バックハンドのストロークとスライスについて

私はテニスの中上級者で、片手バックハンドです。
バックハンドで打つと決めてラケットを後ろに引いている時は、既にストロークで打つかスライスで打つかの判断を済ませており、ストロークならストロークの握りで、スライスならスライスの握りでラケットを後ろに引いているのが普通です。要するに、ラケットを後ろに引こうとした時にはストロークで打つかスライスで打つかの判断は済ませています。

私が質問したいのは、ラケットを後ろに引き切った瞬間に、ストロークの握りからスライスの握りへ、もしくはスライスの握りからストロークの握りへ変換するということは、やっていいのか?ということです。
素振りでやってみると可能なのですが、こういうことは、片手バックハンドのプレイヤーはやっていいことなのでしょうか?

ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワンバウンドを打つストロークの球種としてフラット、ドライブ、スピンそしてスライスですね。
球種の切り替えは素振りではできるはずですが、現実的にラリーの中では出来ないと思います。(試すことは自由)

ご質問の内容を纏めると、何の球種かを決め、ラケットをテイクバックした後に球種を変更しグリップチェンジをする・ですね。
テイクバックの位置はスライスは高く、ドライブ・スピンは下げることが基本。ループスイングであれば一旦高い位置をどの球種も通過しますが、止めている時間の余裕はありません。

唯一、ドライブ・スピンのテイクバックの途中でスライスへの変更は可能とは思うのですが、逆は時間が間に合わないはず。

何より、あまり意味が無いと思いますよ。プレーヤーが相手の球種を判断するのは、テイクバックが高いままならスライス。下がればドライブかスピン。テイクバックが上がったままならスライスしか打てません。

プロでよくやるのは、スライスショットと見せかけてドロップショット。テイクバックの位置はほぼ同じで
深いショットと浅いショットを打ち分けます。

例えば私がシングルスで試合をする時は、球種よりコースを読むことに注力すると思いますよ。
コースさえ判れば、相手の球種が変わっても苦にはなりません。

ワンバウンドを打つストロークの球種としてフラット、ドライブ、スピンそしてスライスですね。
球種の切り替えは素振りではできるはずですが、現実的にラリーの中では出来ないと思います。(試すことは自由)

ご質問の内容を纏めると、何の球種かを決め、ラケットをテイクバックした後に球種を変更しグリップチェンジをする・ですね。
テイクバックの位置はスライスは高く、ドライブ・スピンは下げることが基本。ループスイングであれば一旦高い位置をどの球種も通過しますが、止めている時間の余裕はありません...続きを読む

Q軽自動車メーカーは錦織圭をCMに起用しないのか

軽自動車メーカーはテニスの錦織圭選手とスポンサー契約を結んだり
TVCMに起用したりしないのでしょうか?

いいチャンスだと思いますが・・・・

Aベストアンサー

「ない」=否定語、に何故といわれても・・・、本来理由なんか必要ありません。
「ない」ものは「ない」ので、ただ見つけ得ないだけで、本当はあるのかもしれません。
でも「ない」または、見つけ得ない、なんですね、理由はありません。

Q片手バックハンドのストロークとスライスについて

私はテニスを始めて12年の中上級レベルの週1プレーヤーです。

最近になって、苦手だった片手バックハンドのストロークとスライスのスウィングがようやく判ってきました。
素振りの段階では、100%正しく振れています。あと、球出しで打つときもイメージ通りに打てて、壁打ちでは、球出しで打つほどではないにしても、70%以上の確率で正しく打てています。

しかし、生きたボールを打つ段階になると正しく打てる確率がかなり低くなります。ロングラリーだと50%弱、ゲーム中だと10%くらいに低下します。

生きたボールを打つ段階になると成功率が低くなるのは、ボールを追いかけるのに忙しくて、注意すべきチェックポイントを忘れてしまっているという点があるかと思います。例えば、ストロークを打つ時にはボールの上半分を狙うこと(自分にとってはかなり重要ポイント)を忘れて振っているなどなど・・・。

しかし、原因はそれだけではないと思います。言葉ではうまく説明できないのですが、ストロークにしてもスライスにしても、向かってくるボールの適切な迎え方が出来ていない気がするのです。素振りの段階ではボールを迎える必要がないので、素振りだけは満点なのです。

こんな状況を打開できるアドバイスをよろしくお願い致します。

私はテニスを始めて12年の中上級レベルの週1プレーヤーです。

最近になって、苦手だった片手バックハンドのストロークとスライスのスウィングがようやく判ってきました。
素振りの段階では、100%正しく振れています。あと、球出しで打つときもイメージ通りに打てて、壁打ちでは、球出しで打つほどではないにしても、70%以上の確率で正しく打てています。

しかし、生きたボールを打つ段階になると正しく打てる確率がかなり低くなります。ロングラリーだと50%弱、ゲーム中だと10%くらいに低下します。

生きたボ...続きを読む

Aベストアンサー

相手からのボールがバウンドした時点でテイクバックが終わっていることが原則です。
つまり、バウンドした時点で、軸足(右利きなら左足)が決まっていて、この時にテイクバックは終わっているということです。
後は右足をどの程度踏み込むか、ですね。

下半身が決まっていれば、その時点でテイクバックは終わっているわけですから、後はどのタイミングで振り始めるかだけです。

ということは、できるだけ早い段階で、相手のショットの見極めが必要ということです。

自分のフォアに来るのかバックに来るのか。
球種は、スピン、フラット、スライス?
飛んでくるショットの弾道は高いのか低いのか。
ショットのスピードは?

これらのことから、どこにバウンドするのか、その後のボールの跳ね方や伸び方はどうかを瞬時に判断します。
それに対して、自分はどこに移動して、どのタイミングでボールを捉えようとするかを考えて移動開始です。
で、移動中にテイクバックを開始して、最終的に軸足を決めた時点でテイクバックは終了している。

相手のショットが遅ければ遅いほど、時間がありますから見極めからテイクバックまでも楽ですが、どこにどのようなショットを打たれるのか分からない状況になればなるほど見極めに時間がかかり、結果としてテイクバックも不十分になってしまうのです。

球出しから実戦への段階で、また相手のショットが速くなるほど、どんどんテイクバックが遅くなるのですね。

極端なイメージとしては、バックだ、と判断したらすぐにテイクバック開始でも良いくらいです。
特に、片手バックであれば、スライスでなければ、打点は前にとらなければなりませんから、テイクバックの遅れ、振り遅れは致命的です。

いかに早く相手のショットを見極めて、いかに早くテイクバックを完了させるか、が重要だと思います。

相手からのボールがバウンドした時点でテイクバックが終わっていることが原則です。
つまり、バウンドした時点で、軸足(右利きなら左足)が決まっていて、この時にテイクバックは終わっているということです。
後は右足をどの程度踏み込むか、ですね。

下半身が決まっていれば、その時点でテイクバックは終わっているわけですから、後はどのタイミングで振り始めるかだけです。

ということは、できるだけ早い段階で、相手のショットの見極めが必要ということです。

自分のフォアに来るのかバックに来るのか。
...続きを読む

Q錦織圭のウエア

テニスの錦織圭選手が
ロンドンオリンピックで着用しているテニスウエアには
上下とも、「ユニクロ」の文字が見えます。

オリンピックで着ているあのウエアは
ユニクロが作っているものなのですか?

Aベストアンサー

のようです

http://ameblo.jp/zooblog/entry-11315898138.html
詳しく書いてあります

Qサークル内で乱数表を使ってダブルス形式の練習試合をしています。

サークル内で乱数表を使ってダブルス形式の練習試合をしています。
いま使用している乱数表は、何度も同じペアになることがあったり、参加した試合数がメンバーごとに差が大きかったりするので、イマイチに思っています。
みなさんはどんな乱数表を使っていますか?

Aベストアンサー

私たちのサークル(メンバー11人)ではテニスサークルアシストシステム(T-cas)というウェブアプリを使っています。
このアプリでは、当日の参加者をチェックボックスで選択し、面数を選択すると、ダブルスのペアと対戦が自動抽選されて、対戦表ができあがります。何度も同じ人とペアを組んだりすることはありません。
なにより、メンバーごとの参加試合数がほぼ同じになるのが、幹事としては安心です。(自分だけ試合数が少なかった!とか愚痴られません)
また対戦結果スコアを登録すると、その勝敗からサークル内ランキングの作成も自動でできるので、モチベーションも上がります。
このアプリはケータイでも使え、コートサイドで対戦表の作成やスコア登録の作業も簡単なので、私は便利だと思います。
サークルの規模にもよりますが、体験版の利用もできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。
テニスサークルアシストシステム(T-cas)http://t-cas.main.jp/

参考URL:http://t-cas.main.jp/

Q世界ランキング第9位! 錦織圭選手の強さの秘密

先日のマドリッドOP決勝で惜しくも棄権を申し入れ準優勝となってしまった
テニスの錦織圭選手。本当に惜しかったですよね。

しかし発表された最新の世界ランキングでは何と第9位!!
見事にトップ10入りを果たしましたよね。ほんとすごいです。

エアー圭という有名な技がありますが、
錦織選手の本当の強さの秘密って何なのでしょうか?

錦織選手のテニスがより知りたくなったので投稿しました。
ご存知の方いれば教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)動きの早さ
相手のショットの読み、動き出しの早さによる広範囲のコートカバー
それだけ相手からエースを取られにくい

(2)レシーブ力
レシーブが上手いので、相手のサービスにプレッシャーをかけられる
サーブが甘ければ1発でレシーブエースが可能

(3)多彩な展開力
フォアでもバックでも相手に応じた展開が可能
防御から攻撃への切り返しのショットやドロップショットなど、相手のポジション、体勢を瞬時に判断し対処することが出来る

(4)サービス力
これまでサービスが弱点と言われ、サービスキープするのに苦労していたが、サービス力がアップし、自分の展開でポイントが取れるようになったことで、サービスキープがしやすくなり、結果として勝ちやすくなった。

(5)肉体的強化
もともと肉体的には恵まれていないので、これまでは動きの早さと展開力で勝っていたディフェンシブなテニス。
それが、地道なフィジカルトレーニングによってパワーアップし、ショットのスピードやキレが増したことで、よりエースが取りやすくなった。

(6)ひらめき
相手の読みにないことをする
意表を突くことで相手を混乱させる
ワンパターンではないテニス

これといって、特に何がすごい、というものはないのですが、すべてにおいてバランスよく高いレベルになったと思います。
穴がないので、今の錦織選手に勝つのは相当大変なことで、他のトップレベルの選手からすれば非常にイヤでしょうね。
自分のベストで戦っても勝てるかどうか分からない相手になったのですから。

あとは体力です。
グランドスラム大会は5セットマッチですから、1週目をどれだけ楽に勝ち上がって体力を温存できるか、でしょう。

(1)動きの早さ
相手のショットの読み、動き出しの早さによる広範囲のコートカバー
それだけ相手からエースを取られにくい

(2)レシーブ力
レシーブが上手いので、相手のサービスにプレッシャーをかけられる
サーブが甘ければ1発でレシーブエースが可能

(3)多彩な展開力
フォアでもバックでも相手に応じた展開が可能
防御から攻撃への切り返しのショットやドロップショットなど、相手のポジション、体勢を瞬時に判断し対処することが出来る

(4)サービス力
これまでサービスが弱点と言われ、サービスキープするの...続きを読む

Qバックハンドストロークの練習をボールにゴムがついた練習機でやってもいいですか?

バックハンドストロークの練習をボールにゴムがついた練習機でやってもいいですか?

雑誌などを研究して自分のバックハンドの悪いところにきづきました。素振りだけじゃよく分からないんで実際打ちたいのですが、今は事情でコートに入れないので入ったときにある程度できるようにそういった練習機で練習できないものかと思っています。近くに壁打ちできるところがありません。練習する事に意味はあるのでしょうか?ちなみに部内戦が近いもので、レギュラーのうえのほうにに入るためにもきっちりかえせるバックハンドが近い間に必要になります。

Aベストアンサー

フォームをきちんとして打てば、効果は上がると思います。
考えながらであれば、少しは上達すると思います。
何も考えずに、適当に打っていたのでは、あまり成果を挙げられないでしょう。

Qベスト8進出 錦織圭の今後の課題は

楽天ジャパン・オープンの男子シングルス2回戦が行われ、錦織圭さんがF.ロペスと対戦。
試合は第1セット、第2セットともに錦織が制し、2-0で勝利。錦織はベスト8進出を決めたそうですね。


錦織圭ファンとして、着々と上に向かっている彼を応援するうえでも
今後の彼の課題は何だと思いますか。

Aベストアンサー

ファーストサーブにつきると思います。

現状では、エースをバカバカ取れるサーブではありませんし、ファーストの確率が落ちるとブレークされやすくなります。
一方で対戦相手のサーブがよいと、いくらリターン力に優れた錦織選手でも簡単にはブレークできません。

とすれば、自身のサービスゲームはキープに苦しみ、相手のサービスゲームは簡単にキープされる、ということになります。
この影響は体力面にでます。

仮に、何とかその試合に勝ったとしても、その次、その次・・・があります。
また、錦織選手のランキングだと対戦相手も錦織選手を分析しますから、楽な展開にはなりません。
トップ10ランカーとの対戦が続けば、当然ケガが発生しやすくなりますし体力的にも持ちません。
ましてグランドスラム大会は5セットマッチですから・・・。

錦織選手が今目指すトップ10入りですが、このレベルになれば出場大会の多くはベスト8以上、ということになります。
それだけ試合数が多くなるということですね。

ここで、ファーストサーブから簡単にポイントが奪えて、楽にサービスゲームがキープできるようになれば、相手のサービスゲームのブレークはワンチャンスでよいことになります。
体力的にも楽ですし。

ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、マレーなどは、下位選手との対戦では、真面目にやっているように見えて、まず自分のサービスキープができればよい、と考えているようです。
で、ワンチャンスで相手サーブをブレークしてセットを取り、それを重ねると相手の方が自滅する、というパターンです。
みんな良いサーブを持っており、リターンされたとしてもその後の得点パターンを持っています。

今後グランドスラムで、準決勝、決勝を見据えるのであれば、ファーストサーブの強化は絶対必要だと思います。

ファーストサーブにつきると思います。

現状では、エースをバカバカ取れるサーブではありませんし、ファーストの確率が落ちるとブレークされやすくなります。
一方で対戦相手のサーブがよいと、いくらリターン力に優れた錦織選手でも簡単にはブレークできません。

とすれば、自身のサービスゲームはキープに苦しみ、相手のサービスゲームは簡単にキープされる、ということになります。
この影響は体力面にでます。

仮に、何とかその試合に勝ったとしても、その次、その次・・・があります。
また、錦織選手のラ...続きを読む

Q片手バックハンドストロークのトップスピンについて

私はテニス中上級者です。

片手バックハンドストロークのトップスピンは、「(1)リストを効かせてワイパーで打つ」とテニス雑誌に書いてあり、そのような連続写真も載っていました。

ところが他の雑誌では、「(2)手首は使いすぎないように注意!手首を固定して、インサイド・アウトに振ることが安定させる大切なポイント」と書かれていました。(2)は片手バックハンドストローク全般に対するアドバイスで、(1)のようなトップスプンに特化したアドバイスではありません。

「リスト効かせる」ことと「手首を固定」は相反しますから、(2)の片手バックハンドストローク全般に対するアドバイスの例外として(1)が存在すると考えてよろしいのでしょうか?

ご助言よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「リストを効かせる」トップスピンの片手バックと一般的な片手バックではスイング軌道が異なりますから、そういう意味では別の打ち方ですね。
「例外」とは言えません。

ショートクロスを狙う場合や高い打点での最後のインパクト前後でのリストの使い方など、「リストを使う」ということからすれば「例外」ということになるでしょう。

昔の片手バックは、肩から先を一塊と考えて「肩を中心として振る」という考え方でした。
当然手首も固定です。
この打ち方であれば余計な動きをしませんから安定するのは間違いないですが。

ところがこの間ラケットの反発力が高くなり、振り抜きも楽になったため、よりスイングスピードを上げられるようになりました。
それで、昔に比べて圧倒的に片手バックでもスピンが打ちやすくなっているのは事実です。
それだけリストも使いやすくなっている、ということですね。

ということは、相手のショットとの兼ね合いにおいて、状況によって一般的な打ち方とトップスピンの打ち方を使い分けられれば、片手バックハンドの展開力は上がることになります。
がんばってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報