僕はサッカー部とかに入ってなかったのでいまいちわからないんですが、
パスは送り手が受け手に合わせるものですか?
それとも受け手が送り手に合わせるものですか?

もちろん両者の息が合ってはじめて素晴らしいプレーになるとは思うんですが、
どちらかといえばどうなんでしょう?

最近の中田を見ていると難しいことをして「何で俺のパスに合わせないんだ!!」という表情を浮かべてばかりに見えます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

スクエアにボールを回してるパスなんかすばらしくも何ともないので、「パスをあわせる」というのは、スペースへのパスについてのことと解釈して回答します。


スペースにボールを出してそこに走りこんだ選手にパスが通る、サッカーの素晴らしい瞬間のひとつですが、基本的にどちらかが合わせるという表現は正しくないと思います。
例えばディフェンスラインのウラへのスルーパスにしても、受け手の走り出しを見てから出していたのではオフサイドになるし、送り手がボールが出るのを確認してからスペースに走りこんだのでは、折角のスペースも有効に使えません。
基本的には、受け手と送り手が同時に同じスペースに対して、同じパタンの利用法を頭に思い描いているか?ということだと思います。サッカージャーナリストの湯浅ケンジ氏はこれを「イメージシンクロ」と言っています。これを僕らのトーシロレベルにブレイクダウンすると、FWがラインのウラのスペースが空いていると思ったら、「俺はこのスペースで仕事をしたい」とボールホルダーに目で合図します。いわゆる「アイコンタクト」ってやつですね(古っ)。ムリヤリイメージシンクロさせるわけです。実際のプロのアイコンタクトはもっと前段階に終了しています(送り手がボールをもつ前とか・・・)。ヒデがボールを受ける前のクビを左右に振っているのは敵のディフェンス・攻撃の為のスペース・そこに走りこむ選手を見ている。で、ボールをもった時にパスを出すと、見ているスペースそのものが違っていたり、ダイレクトで打つのか一旦タメるのか、そういったところでパルマのヒデは周りとのイメージがシンクロしていない。Jの平塚にいた時は、周りのレベルが低く、ヒデのイメージレベル(高)に合わなかった。だからイタリアへ行った。
話はそれましたが、合わせるというよりは両者の頭の中に同じビデオが写っていて、そのマネを両者がする、という感じでしょうか。
とは言いながら、最終的にボールを動かす主体性はボールホルダーである送り手にあるので、送り手が合わせるというのも正しいのかもしれません(どっちやねん!)。というのは、センタリング・クロスの場合、中を見て、人に合わせて蹴ることが多いからです。

ヒデが「何で俺のパスに合わせないんだ!!」という表情を浮かべるのは、自分の攻撃イメージがベストの選択だと信じて疑わないからでしょう(プロ、しかもセリエAの選手なら当然!)。私ならパスが通らなかったら「ごめーん、そっちだったのか?」とか言って謝ってる。自分のプレーに自信ないし(弱)。
    • good
    • 0

フットサル部に聞いた話…「サッカーは思いやりのスポーツである」


要は受ける側でも渡す側でも常に相手を思わなくてはいけないと言う事です
「こうすれば味方がパスし易くなるんじゃないか」
「こうすれば味方が動き易くなるんじゃないか」等と言う事です。
だからどちらか一人が合わせるというよりはやはり両方が合わせるべきです。
この理論を話した人物は一般的に見ても結構な実力の持ち主なので
信用しても間違いないと思います。

ヒデの表情は「何で俺のパスに合わせないんだ!!」というより
「何で俺の事をわかってくれないんだ!!」といった感じでしょうか
相手のいる状況において「相手を知る」という事はもっとも大切な事です
「こいつはここにだす」「こいつは突破してくる」とか
ある程度相手のことをわかってないと合わせようにも合わせられないですよね?
でもヒデの場合ヒデが周りを思いすぎてプレーのレベルを落としてしまうのは
本末転倒といった感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下記の皆さんもありがとうございます。
やはり両方が共通のビジョンのもとで「両方が相手のことを考えてあわせる」ことで素晴らしいプレーが生まれるんですね。あとは出し手のパスの精度ですか。
昼休みのサッカーだけではなかなか意識的には実感できませんでしたね(無意識にはやってたかもしれないけど)。

お礼日時:2001/12/03 08:33

そうですねー。


会話みたいなものです。(笑)
相手の考えている事と、自分の思う事を、両方考えながらするのが会話だとするならば、パスってそういうものだと思います。お互いが、お互いを考えながらするみたいな。
だから、自分の事だけを考えていてもだめだし、相手にだけ合していてもだめだし。
技術的なこと、戦術的なこと、書き始めると切りが無いですが、要はこんなトコです。
ただし、人によって、それぞれタイプがある。自分の事をガンガン出す人と、出来る限り合せようとするタイプと、人それぞれに。これも会話と一緒かも。
ヒデは、どんどん自分を出していくし、伸二は、相手に合せていくタイプ。
どっちがいいかって?
ボケと突っ込みどっちも必要なように、どちらのタイプも必要です。
新たなチームですぐに活躍できるのは伸二タイプ。
時間は掛かるけど、歯車が合えば切れ味抜群なのがヒデのタイプ。
こんな答えでいいかな?
とにかく、サッカーを知るには、いつまでも、見る事、する事、語り合う事、そしてなによりサッカーを愛する事です。
お互いにこれからもこよなくサッカーを愛してゆきましょう。
    • good
    • 0

 まず、パスのやり取りで 基本的な事から言うと


まず、受けて側がまず「良いポジション取り」をしなくてはなりません !!
 そして、それからのパスの質の領域は、送り手側のパス技術(=パスの精度)によって決まって来ます !!
 これら パスの質の領域の前半部分 & 後半部分と言うような位置付けが出来るので 総合して両者がうまく噛み合っての事と称される訳です !!
 なので、明らかに受け手側のポジション取りがうまければ、後は 送り手側のパス技術=パス精度が重要であると言えますね !! (^_^)v
    • good
    • 0

私はサッカーをやっていましたが遥か昔の話なのでなんとなくで答えます(^^;


まずパスを出す側はパスを出すスペースに(パスを出す)相手を走らせるようにします。
パスを受ける側は逆にスペースを作るように動かなくては成りません。
「どちらか」というのであればスペースを作らなくては成らないパスを受ける側の力量が重要になってくるのではないでしょうか。
とにかくよく動いてスペースをつくるのがパスを通すもっとも基本的な要素だと思います。
あとは互いの意思疎通がうまくいけばパスが通ります。
もちろんトラップ云々パスの精度云々はまた別ですけどね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーとは直接関係ないんですが、中田選手について

中田選手ってイタリア女性にモテているんでしょうか?
どういう評判なのか興味があります。
現地に住んでいる方やニュースや新聞の記事でそういう情報を見たり聞いたりした方教えて下さい。

Aベストアンサー

以前イタリアに旅行したとき、
偶然にもASローマの選手たちと同じ飛行機に乗り合わせました。
(中田がASローマに所属していたときのことです)
空港の待合室では選手たちが現地の女性ファンから
握手を求められたり写真を撮ったりと大騒ぎでした。
中田選手もその例外ではありませんでした。

私はあまりにも突然の出来事に写真を撮ることすら忘れ
ただ見つめることしかできませんでした。
情けない。
あまり回答になっていないか。

Qサッカーやってます。 味方からのパスが自分の思ってたのと違うところにボールがいったり、少しパスがずれ

サッカーやってます。
味方からのパスが自分の思ってたのと違うところにボールがいったり、少しパスがずれたりしたとき、一歩目が遅いというか反応できなくて困っています。
ものすごく速くなれなくても、平均くらいは欲しいです。
何かいいトレーニングはないですか??:-(

Aベストアンサー

「スピードトレーニング」で動画検索してみてください。
ちょっとした工夫と身近な道具だけでできるものもありますので、できそうなものから地道に挑戦してみてください。

Qなぜ中田が?

 世界選抜のキャプテンに任命されたり、FIFA設立100周年記念木像のモチーフになったりと、世界でも代表される選手として扱われていますが、正直そこまで持ち上げられる存在ではないと思います。
 ファンである僕にとってうれしいことでもあるのですが、それ以上にクラブチームでも出場がままならない状態である中田選手が選ばれるというのもちょっと複雑です。
 他にももっと優秀な選手がいると思うのですが、なぜ中田がこういったものに選ばれるのでしょうか?どなたかご存知ですか?

Aベストアンサー

そこまで持ち上げるような選手がアジアで選ぶとしたら中田しかいないということと、きっと自分が思っているよりもROMAでの活躍が(試合出場数は少ないですが)大きいのだと思っています。それと、稲本のように退団したりレンタルされたりということがなく、ずっとイタリアで生活し続けていること、スクデット経験、コッパイタリア優勝経験、ペルージャを残留させた、と言われるような活躍をしている経験がよい判断材料になっているのではないでしょうか。
 それにもう中田選手は27です。数年後、近いうちにピークがくるような選手ですし、先に述べたようなことを踏まえればキャプテンにえらばれてもおかしくはありません。(後半からですし。)

 確かに現在は怪我だ、起用法がどうだで、はっきり言って3年ほど仕事してないように思えます。観ている自分もここまで中田がROMA、PARMAで使われ方がどうので試合に出ようとしないとは思いませんでした。がっかりです。
 が、
 あの判断力の良さと良い判断するまでのスピードを持つ選手はいません。日本の選手はとっさの判断力がないんです。(小野も含めて。)自分は、だから中田が日本代表で孤立したようにプレイするんだと観ています。

 『世界選抜』です。アジアの選手を選ばないわけにはいかなんです。きっと。どんなに欧州の選手と差があろうが、アジアから選ぶとしたら、もういううまでもないです。

そこまで持ち上げるような選手がアジアで選ぶとしたら中田しかいないということと、きっと自分が思っているよりもROMAでの活躍が(試合出場数は少ないですが)大きいのだと思っています。それと、稲本のように退団したりレンタルされたりということがなく、ずっとイタリアで生活し続けていること、スクデット経験、コッパイタリア優勝経験、ペルージャを残留させた、と言われるような活躍をしている経験がよい判断材料になっているのではないでしょうか。
 それにもう中田選手は27です。数年後、近いうちにピ...続きを読む

Q中田浩二

中田浩二がマルセイユに移籍しそうです。今までにも話はありましたが今回は現実味が・・・。鹿島は出したくないとのことですが、人気も落ちてきてますし4億程出してまでマルセイユは獲得するでしょうか?トルシェは欲しいんでしょうけど・・・。

Aベストアンサー

話には聞いていましたが決まりそうですか?
まあ4億出してまでと言うのは移籍金ですか?
それなら年数にもよりますがかなりお買い得だと思います。
砕いて話すとチーム戦術と言うのはやはり監督が決めますよね。
トルシエのこだわりはフラット3です。
マルセイユはリザラズのバイエルン復帰によって
屈強な左サイドDFを探さなければいけません。
よって前から注目していた中田にオファーをだした。
と言うわけでしょう。
起用は今のボランチでは無くもちろん左サイド。
トルシエも実力をよく知っているし、高い金だして
ワールドクラス獲るよりよっぽど効果的でしょう。
フラット3の申し子とまで言われてますしね!

Q中田と宮本

宮本の何処が悪いんでしょうか?
ヒデはなんであんなに怒ってんでしょう。

Aベストアンサー

宮本は下がった位置でディフェンスラインを作ろうとしすぎるのです。
中田や攻撃陣は、強豪から点を取るためには、高い位置で球を取って、速くつないで前線に送りたいのです。

宮本達に言わせると、中盤や前線に守備の意識がないと、ディフェンスだけでは守れないということです。
今日の試合でも、セットプレーでの守備に目がいきがちですが、危ない位置で実はファールを与えないということも、守備として考えれば大切なのです。

今日はうまくいったほうです。
中田は、いわゆるボランチではなく、ボランチの位置にいるトップ下というイメージですから、守備は専業ではありません。

例えば、一点取られたときに、FWを1枚減らしてボランチを入れていたら、あんなところでFW(高原)がファールをして止めるということになっていなかったかもしれません。

アジア予選やアジアカプでもギリギリ勝ち上がってきたわけで、W杯となると、楽には勝てません。
どこかにリスクをかけて勝負しないといけないということです。
特にオーストラリア戦は引分けでなく、勝たないといけない試合ですから、勝つ戦術を要求されていると思います。

中田の本音は、2002年のW杯はホームで甘い環境だった。
そこを基準に考えている宮本達2回目出場の国内組の発想ではぬるくてやってられないという感じではないかと思います。

俊輔は微妙に違うスタンスですが。

宮本は下がった位置でディフェンスラインを作ろうとしすぎるのです。
中田や攻撃陣は、強豪から点を取るためには、高い位置で球を取って、速くつないで前線に送りたいのです。

宮本達に言わせると、中盤や前線に守備の意識がないと、ディフェンスだけでは守れないということです。
今日の試合でも、セットプレーでの守備に目がいきがちですが、危ない位置で実はファールを与えないということも、守備として考えれば大切なのです。

今日はうまくいったほうです。
中田は、いわゆるボランチではなく、ボラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報