ヒロポン(メタンフェタミン)の名前の由来を調べています。疲労がポンと取れるからではないらしいです。ギリシャ語で”仕事好き”だという噂もききました。本当のところどうなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  これは、確かに曖昧なところがありますが、ギリシア語の「フィル」とラテン語の「オプス」というのは無理な説です。これだと「フィロプス」となるだけで、「フィロポン」とはなりません。また、「疲労をポンと棄てる」というのは、日本人のこじつけ的な言葉解釈でしょう。そう納得してその名を広めた人も大勢いたのかも知れません。
 
  ただ、戦時中に製薬会社が商品名として名付けたのなら、薬剤の製品名は、ギリシア語とか、ラテン語とか、ドイツ語など、外国語から造っているので、また、軍需工場で使用などしていたのなら、「疲労をポン」は無理でしょう。別にそれらしい語源で造語した後、愛称的に分かり易くそういう説明をしたという可能性ならあるでしょうが。
 
  ギリシア語+ラテン語合成説は、音がまず上で述べたように説明が付かない。それと、どうしてギリシア語とラテン語を合成するのか不自然であり、またラテン語opus(オプス)は、労働や・疲労する労働などには使わない言葉のはずです。
 
  これは語源の意味の妥当性からも、丁度、元の形が、この名前なら、日本人がなまって「ヒロポン」になるのが自然なので、元の言葉は、ギリシア語の造語です。メタンフェタミンについて記した外国の精神医学の本に、日本は国策で戦時中、メタンフェタミンを大量に製造していたと言う記述があり、これを日本では、「ピロポノス」と呼んでいたというのがありますから、No.1 の人も言っているように、ギリシア語が起源で、元々「ピロポノス」です。
 
  ピロポノスとは、愛する・好きになるを意味する、philo- という言葉(この言葉は、「愛する」という動詞 phileo の合成語を造る時の形です)と、ギリシア語の 労働・重労働・困難な仕事・苦痛を意味する ponos の合成語とされます。過激な、休息なしの労働を長時間強いられて、なお、それでも労働して、軍需製造等をせねばならないので、軍人や工場労働の徴収国民に、疲労や苦痛や困難に負けず、激しい労働をこなす目的で、メタンフェタミンを支給したのです。
 
  苦しい過激な労働も、これを使えば、好きになる・覚醒剤の力で、不眠不休で苦痛多い過労労働をこなせ、しかも苦痛がなくなって、仕事を好きになるというので、「苦痛・困難な労働を愛する」という意味で、philo + ponos で、philoponos(ピロポノス=フィロポノス)、薬の名として、ピロポン=フィロポンと名付けたのが、なまってヒロポンとなったという説が、もっとも妥当性があります。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たくさんの文章ありがとうございます。
やっぱりギリシャ語が起源かな。

お礼日時:2001/11/05 18:16

こんにちは。


あまり答えになってないと思うのですが、
2つほど参考になると思われるホームページをあげておきます。

http://www.dab.hi-ho.ne.jp/umed/forum/forum28.htm

http://photo-m.tp.chiba-u.ac.jp/~adeno/sci/hist3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
歴史的な背景がなんとなくわかりました。

お礼日時:2001/11/05 18:12

ギリシャ語の philo(好む)


ラテン語の  opus(仕事、芸術、著作)
この二つの語句からの合成語だという説もありますが‥

そのままギリシャ語の仕事好きを意味する
Philoponos
が語源だったと思いますヨ。

以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、ギリシャ語なんでしょうかねぇ。

お礼日時:2001/11/05 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疲労骨折について

とあるアスリートが疲労骨折なのに母国でサッカーを楽しんでいたのを
見て疑問を持ったのですが、
まず疲労骨折でサッカーは出来るものなんですか?
教えてください。
そして疲労骨折はからだの中でどういうことになっているのか
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

お早うございます。
↓↓以前疲労骨折に付いて、自分が書き込みした物です。

疲労骨折・・・金属疲労みたいなものです。

・一方向に衝撃性外力が繰り返して作用する。
・一度では骨折を起こさない程度の外力が持続的に作用する。
それが集積されて発生します。

受傷直後は、レントゲンに写りません。2~3週位してからレントゲンに写ります。

マラソン選手、長時間歩行、繰り返し跳躍などで受傷する事が多いです。
受傷直後には(実際いつ骨折したか解りずらいですが)レントゲンには、折れた骨折線(折れた場所)が写りません。

2~3週後に骨膜反応や骨髄内に帯状の硬化像が出現して、レントゲンに写り、始めて骨折と診断できます。ただ、この反応がレントゲンに写ると云う事は、既に骨折が治ってる(治りかけてる)のです。
なので、最初に疑わしい時には、レントゲンの代わりにMRIを撮ります。

以上が、疲労骨折の簡単な説明です。
意外と軽症?と思われるかも知れませんが、時には手術する疲労骨折も有ります。

今回のサッカーの件は、なんとも・・・

お早うございます。
↓↓以前疲労骨折に付いて、自分が書き込みした物です。

疲労骨折・・・金属疲労みたいなものです。

・一方向に衝撃性外力が繰り返して作用する。
・一度では骨折を起こさない程度の外力が持続的に作用する。
それが集積されて発生します。

受傷直後は、レントゲンに写りません。2~3週位してからレントゲンに写ります。

マラソン選手、長時間歩行、繰り返し跳躍などで受傷する事が多いです。
受傷直後には(実際いつ骨折したか解りずらいですが)レントゲンには、折れた骨折線...続きを読む

Q疲労?脱水症状?高山病?

先日富士山に登ってきました。体力に自信があったので浅間神社(約850m)から吉田口で一晩で登る予定でしたが、恥ずかしながら四合目(約1950m)まででした。そこでやめた理由は猛烈な吐き気と頭痛です。
この症状が何なのか知りたいです。

詳細はまず、三合目(約1800m)前あたりから頭痛と軽い吐き気が出てきて、その後軽い眩暈も出ました。三合目をすぎ四合目に着く前にひどい吐き気がやってきて、とても動けませんでした。
その後頂上は諦め、行ける所までと思い吐き気が引くまで休んでから少し進みましたが、直ぐにぶり返したので諦めて時間も時間なので、三合目まで戻り一晩休みました。翌朝体調が回復したように感じたので進みましたが、また同じあたりで吐き気や頭痛が出たので、結局そのまま下山し帰ることにしました。

参考として、
一合目(約1500m)までで既に大汗をかいていて、一応それまでにスポーツドリンク(500ml)1本・ウィダインゼリー1本飲み、おにぎりを2つ食べました(約2時間内)(汗はかきやすいほうです)。
20分ほどオーバーペースだったかもしれません。
症状が出た時は、食欲はないが、喉の渇きもなかったと思います。
また下山時、二合目過ぎあたりからだいぶ体が楽になり、馬返し(約1450m)あたり以降、走ったり歩き回れるくらい普段並に調子は戻りました(これまでに特に食事や水分補給はしてません)。
以前より、運動後、頭痛や吐き気を感じる事はよくありましたので、脱水症状かもしくは酸欠に弱い体質なのかとも思いましたが、調べてみる限りどれにも当てはまるし、当てはまらない部分もあるのでよくわかりません。

また挑戦してみたいのでアドバイスでもかまいませんので、よろしくお願いします。

先日富士山に登ってきました。体力に自信があったので浅間神社(約850m)から吉田口で一晩で登る予定でしたが、恥ずかしながら四合目(約1950m)まででした。そこでやめた理由は猛烈な吐き気と頭痛です。
この症状が何なのか知りたいです。

詳細はまず、三合目(約1800m)前あたりから頭痛と軽い吐き気が出てきて、その後軽い眩暈も出ました。三合目をすぎ四合目に着く前にひどい吐き気がやってきて、とても動けませんでした。
その後頂上は諦め、行ける所までと思い吐き気が引くまで休んでから少し進みましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

お考えのように高山病(山醉い症状)と考えて矛盾しないと思います。
富士山全体からみれば1800mはまだ低いですが、人によって条件によっては高山病を生じる高度です。
まず、お書きのようにオーバーペースがあります。平地で体力に自身が有る方は最初から飛ばしがちですが、日頃1500m程度の登山をなさっておられないのならば1時間あたり200m程度の標高差までにとどめ、特に最初の30分は意識的にスローペースとなさってください。
また行動前から充分な水分摂取を心がけ、開始後もこの時期は1時間あたり500ml程度の補給を目標に30分ごとなど小まめに意識的になさってください。
こうなさっても3000mに近くなれば高山病症状が出るかもしれません。
前日の早めの時間にそれ以下の高度で症状の出ないままに小屋で休息し、翌日も目覚めてから充分時間をおいて体を徐々に慣らしてから登頂を目指してください

参考URL:http://wakouji.at.infoseek.co.jp/sub6.htm

Qギリシャの医学の変遷

ギリシャ医学がどのように発展したか。
またヒポクラテスの誓とは、どんな内容か。

Aベストアンサー

誰か教えてあげて、人にものの聞きかた、この人に

gooの検索で 以下のキーワードで検索してください。
「ギリシャ 医学」
「ヒポクラテス」
「医戒」 

Q疲労骨折とシンスプリントの違い

私は高1でハンド部にはいっています。
今、右足のスネの部分が痛くて困っています。
でも、痛みは前からきえたりあったりしています。

6月~7月は痛く、
8月の1週間はいたみがなく、1週間の終わりに12kmマラソン後、油断して足を冷やすのを忘れ、9月の終わりまで痛かったです。
そして、痛みが消え、練習再開。
10月は休日に練習試合が多く、試合後ちゃんと冷やしていたのですが、また少し痛くなりました。
そして11月の始めの公式試合に10分ほど(?)出ました。
次の日から現在に至って、痛みが今まで以上にきました。

これまで、ちゃんと休んで完璧に痛みが消えてから練習をはじめていたつもりです。
接骨院の先生には何回かシンスプリントを繰り返す内に、シンスプリントに強い足ができるよと言われました。
別に接骨院の先生の言葉がどうとかじゃないのですが、今は、立っているだけ、座って足首をちょっと曲げているだけでも痛いです。

(1)痛みが鋭い感じがするのですが、これはまたシンスプリントなのか疲労骨折なのかどちらだと思いますか。

(2)現在、接骨院にたまに行っています。今の接骨院で診てもらうか、念のためにレントゲンを撮ってもらいに整形外科で診てもらうか、どっちが良いと思いますか?

私は高1でハンド部にはいっています。
今、右足のスネの部分が痛くて困っています。
でも、痛みは前からきえたりあったりしています。

6月~7月は痛く、
8月の1週間はいたみがなく、1週間の終わりに12kmマラソン後、油断して足を冷やすのを忘れ、9月の終わりまで痛かったです。
そして、痛みが消え、練習再開。
10月は休日に練習試合が多く、試合後ちゃんと冷やしていたのですが、また少し痛くなりました。
そして11月の始めの公式試合に10分ほど(?)出ました。
次の日から現在に至...続きを読む

Aベストアンサー

腰の問題、大きく関わりますよ。普通に立ってる人皆が腰痛を訴えますか?やはりどこかに過剰に負担が掛かるから痛むわけで・・・
 腰のバランスが良くなり過剰なスパズムが無くなれば立っていても今まだみたいな腰痛はなくなると思いますよ。

Qシシリアン・ギャンビットの名の由来

狭心症治療薬の分類法にシシリアン・ギャンビットとよばれているものがありますが、この名前の由来を教えてください。
チェスの戦法に由来しているとのことですが、「ギャンビット」というと捨て駒をして、その代わりに駒の展開を速くして急戦を仕掛けるというイメージがあって、シシリアン・ギャンビットのどこがギャンビットなのかイメージがつかめないのでお願いします。(そんなに深い意味はないのかもしれませんが…)

Aベストアンサー

しばらく学会で大阪にいたので回答が遅くて申し訳ありません。
僕も名前の由来には余り詳しくは無いので一般人としての回答ですが・・・。
一応ヨーロッパ心臓病学会の不整脈分科会で提唱された考え方の様でその第一回の会合がイタリアのシシリー島で開かれたからの様です。
gambitについてはQueen's gambitから採ったと書かれていました。
チェスには造詣が深く無いのですがこれはセンターゲームの事とは違うのですかね?QuteBishaさんのおっしゃっているシシリアン・ギャンビットと言うのは始めにポーンを採らせてビショップとクイーンを要所に配置するやつでしたっけ?
脱線しましたが要するに策略と言う意味でチェスの戦略とかけたんだと思います。
詳しく知りたければ1991年のcirculationとeuropian heart j に文献があるみたいなので参照されれば良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報