なぜ「礼金」を払わなくてはならないのか、納得がいきません。

礼金は全額大家さんの懐に入る、と不動産会社に聞きました。
なぜ大家さんにそんなに多額の「お礼」をしなくては
ならないのでしょうか?
物件に住ませて頂くお礼なのでしょうか。
それならこっちだって「住んで頂いてありがとう」という
お礼をもらいたいです。
毎月、安くない家賃を払っているのだからいいじゃないですか。
それだけじゃ元が獲れないんでしょうか。

関西では礼金の習慣がない、と聞いたことがあります。
それならば礼金を1~2ヶ月分も払わなくてはいけない
ということは関東に住むよりも、関西に住んだほうが得?

大家さんに礼金を払うという習慣に抵抗するつもりは
ありませんが、どう考えても納得がいかないので質問を
しました。
できれば「大家さん側」のご意見も聞きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#6の者です。


>ところで礼金が、住人の入れ替わり時のリフォーム代金に使われるのなら、敷金ってなんなんでしょう?
 
そうですよね。礼金がリフォーム代というなら、敷金はまるまる返せってかんじですよね。
私は退去するとき、普通に使っていたのに、クリーニング代、畳の交換代、カギの交換代(これは私がマスターキーをなくしてスペアしかもっていなかったので。)そのほか、ちょっとひびを入れた玄関の踏み板の修理代とか言われて10万の敷金のうち返してもらったのは9千円でした。
なんで???、クリーニングなんて、大家さんのすることじゃん、じゃあ、何で私が入るときにはクリーニングされてなかったんよ、次入る人から礼金とるんでしょ?とか言いたくなってしまいました。
畳の張替えだって大家さんのすべきことだと思います。(民法上もそうなっているのに。でも、契約書には退去時に賃借り人が負担するって書いてるんですよね。民法は所詮私法ですから。といっても、不満なら裁判すればいいのですが。そこまでって思ってしまいますから。)
カギに関してはどうせ、交換するんでしょ!とか言って負けてもらいましたが、それでも返ってきた敷金はそんなものでした。
でも、現状をいろいろ調べたけど、敷金とかもほとんど返ってこないって思ったほうがいいみたいですよ。
私も聞いてはいたけど、やっぱりって思いました。
実際、敷金がらみの小額訴訟って多いそうです。
私はそこまでする時間も労力もなかったので、不満でしたがもう、払いました。
いろいろ聞いていたので、たぶん敷金もほとんど戻ってこないだろうなあ、と覚悟していたので、ああ、やっぱりってかんじでしたので。
 
賃貸契約に関してはやはり、納得いかなくても借りては弱いですから、その地域の慣習に従わざるをえないのではないでしょうか?
いやなら、別にいいですよって言われるだけですから。
変にトラブルをおこして不動産業界のクレーマーにされても結局困るのはこっちですからね。
 
私も部屋の賃貸契約に関してはではmasamisssさんのように納得できないこといっぱいあります。
でも、借り手はやっぱ弱いです。
そういう意味では、営利性のない公団とかのほうがまだいいかもしれないですね。
では
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>賃貸契約に関してはやはり、納得いかなくても借りては弱いですから、その地域の慣習に従わざるをえないのではないでしょうか?

結局これが真理なのでしょうね。
マンションなり家なりを、買いたいですね。(^^;

お礼日時:2001/11/15 17:38

東京で部屋を借りるときですが、だいたい礼金は二ヶ月ですが二ヶ月払うと部屋をきれいにしてから引渡してくれて、で、一ヶ月しか払わないとそのままの状態での引き渡しになると言われました。


私はそのとき、とにかく貧乏だったのでそのままでいいから、礼金一ヶ月で借りました。
ちなみに、後に私のななめ下の人が二ヶ月で借りてたけど、きれいにクリーニングされてから引き渡されていたから、これだったら二ヶ月払ってもよかったと思ってしまいました。(私の部屋は前の人が使ったまんまだったからクロスはヤニ色、換気扇はほこりだらけできたなかった)
関東の礼金二ヶ月か一ヶ月かの差はその差だそうですよ。

まあ、そうだとしても、なんで一ヶ月でも礼金を払わないといけないの?と思われるでしょうが、大家さんをしている友人はリフォームとかクリーニングが値段がかかるので礼金なんか二ヶ月もらったくらいでもとなんてとれないって嘆いていました。
入れ替わりが激しいと、その分の家賃はとれないし、部屋にも手をいれないとだめになってくるので、礼金をもらえるからといっても、そんなの赤字なのであまり入れ替わりが激しいのも考え物と言っていました。
まじめにきちんと家賃を納めてくれる人に長くいてもらいたいみたいですよ。

うちもの実家も昔、アパートを賃貸(大家のほう)していたけれど、うるさい人がいたりして、やれ雨漏りしただの、水の流れが悪いとか、いろいろ言われてそのつど修理したりで、結構大変でした。
うちの母は、もう、アパート経営なんてぜ~ったいにいやだと言っています。
駐車場くらいならいいだろうけどって。
まじでへんな人が入ったりするとたいへんなんですよぉ~。
家賃は払ってくれない、出て行ってもくれない。どこにいったかわからない、などなど。
まあ、そんなときの面倒見代みたいなもんでしょうか、大家からすると。

てなわけで私は礼金に関しては少しは納得しているのですが、関東の二年ごとの更新料は断固納得できません派なんですよね。
このお金は誰に入っているのかなあ?不動産やさんなのかなあ?
なんで更新料がいるの?って思ってしまいました。
名目は更新手数料ってことだったけど、別にお手数掛けてくれなくて結構ってかんじでしたので。

はじめて東京で部屋を借りてこれを請求されたときは納得できなくて不動産屋にかなりしつこく理由を聞きましたよ。結局借手の弱さから払いましたけど。
関西にはこの更新手数料なんて習慣はないんですけどね。
いちおう、更新はあるのですがお金はとられなくて自動更新なんですよね、関西は。
 
いまだに、この更新料だけはぼったくられているとしか思えないです。
早く自分の城を持ちたいと夢を描きつつ…、仕事、仕事。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大家さん側のご意見ありがとうございます。
なるほど、大家サンもいろいろ大変なんですね。

ところで礼金が、住人の入れ替わり時のリフォーム代金に使われるのなら、敷金ってなんなんでしょう?

お礼日時:2001/11/13 10:48

関西は敷金・礼金という観念はありません。


保証金・敷引という制度になります。
例えば、保証金40万、敷引25万、というと、最初に40万を一括して支払い、退去時に40-25=15万を入居者に払い戻すというシステムです。
敷引というのは、次の入居者の為のリフォームなどの料金に使います。
よっぽどのことがない限り、敷引以上の金額は請求されないそうです。
(といっても、問題は多々起きているようですが・・・)

こう書くと、確かに大家さんに支払う「礼金」というものは存在しないので、関西の方が得なように思いますが、この保証金が高い!
家を借りる場合、だいたい家賃の10ヶ月分の費用がいるというのが相場です。
家賃7万のワンルームで、だいたい40~50万の保証金が一般的。
敷引は30万前後くらいとられます。
すると、約3ヶ月~5ヶ月分でしょ?
あまり得という感じはしませんよ。

ちなみに本当かどうかはナゾですが、関西は夜逃げが多いので、大家が担保としてのお金を入居時に預かった事から、こういうシステムになったのだと、聞いたことがあります。(^^;;
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
東西を問わず、大家さんにお金が入る仕組みになってるんですね。
自分も大家さんをやってみようかな。。。
駅徒歩5分、南向きのいい土地をgetして、、、
できねぇって。(^^;

お礼日時:2001/11/07 16:09

大家さんではありませんが、大家さんサイドに立って考えてみました。



同じ賃借人が長く住んでくれる場合と短いサイクルで賃借人が代わる場合とを比較するとどちらが有利でしょうか?これは同じ賃借人が長く住んでくれた方が、賃借人の交代時に発生する家賃未収入の分がなくなりますし、間の清掃などの経費も省けるからです。

従って、短く住む賃借人には不利に、長く住む賃借人には有利になるような家賃制度を設けて、長く住む賃借人を集めようと考えます。家賃を期間により見直すことは困難ですので、入居時に礼金を収めてもらうことでこの状況を作り出そうとしているのだと思います。

例えば、家賃の2ヶ月分を礼金で貰っていれば、幾ら気に入らないからといっても2~3ヶ月で出ることはせず、次回の更新(2年後)に引越するということが期待できます。しかし、礼金がなければ別の物件の家賃が安いなどの理由で簡単に引越しされる可能性があります。

敷金と異なり、前払い家賃の一種と考えれば宜しいのではないでしょうか。尚、礼金は入居前に装備の修理や清掃などの代金に当てられるケースが多いようです。

論に自信はありませんが、参考まで記載いたしました。
    • good
    • 0

 みなさんがおっしゃる通り、礼金というものは全くの契約慣行であり、法的根拠はありません。

したがって、礼金を払わないと入居させてもらえないという場合は致し方ありませんが、入居したあとに礼金を請求された場合はこれを拒むことができそうです。礼金はそれを徴収する説得的な名目が無いからです。しかし、ある有力な学説は、「礼金とは賃貸借開始後の物価変動に備えて賃貸人が要求する賃料調整分としての性質を有する一種の権利金である」としています。こう解すると、契約期間の満了前に契約が終了した場合、残りの期間に相当する礼金は返還されてしかるべきですが、実際は返還されないものと理解されていますから、やはり礼金は全くの契約慣行と言えそうです。

 ちなみに、最近は関西でも契約時に礼金や更新料といった、不明朗な名目の金銭の収受を要求する賃貸人が数多くいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「あんたが住んでる間、家賃の値上げをしないでおいてやる。
その代わりタップリ礼金貰うかんね。」
ということですか。なるほど。妙に納得。

お礼日時:2001/11/07 16:17

その気持ちよーーーく判ります。

私自身、大家に「礼金って払う必要があるのか?」っと聞いたことがあります。その時の答えは「皆さんにも一律頂いています」とのことで、納得は出来ませんでしたが、近所付き合いなども考慮してそれ以上の突っ込みはしませんでした。

この礼金ってそもそもは、関東大震災時に建物の殆どが崩壊し、路頭に迷う人々が早く住める場所の確保のために大家へ賄賂として渡し、賃貸契約を有利に進めていた名残が現在の礼金のようです。だから、関東には礼金という習慣が残っているようです。(こんな事を書くとますます払いたくなくなってしまうかもしれませんが(^^;)

一度、不動産屋、大家言ってみるっていうのも手ですね。

また、最近では関東でも礼金0って言うところはありますから、まだ検討の余地があれば探してみるのも手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういういきさつなのですか。
それなら大家さんに礼金を払うのも納得できま・・・・・・・・せん!!

お礼日時:2001/11/07 16:13

礼金の制度は、戦後の住宅が不足していた頃の


「大家さんにお礼をしてまで住まわせてもらう」と
いう慣習が残っているもののようです。

賃貸の礼金だの敷金だのの金額は、その土地土地の
慣習で決められています。関東では更新料とかも
とられますよね。

法的には、礼金は払う必要のものではないようです。
現実には、それを裁判までして争う人もいないし、
その物件に入りたいから、仕方なく言われるままに
賃借人が払っているということになりますね。

その土地の慣習としてそうなっているということですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敷金/保証金/礼金/償却 について

知人がアパートを探しているのですが
ある物件の説明に

敷金/保証金 6万/ーー
礼金/償却  ーー/6万

と書いてあります。

敷金と礼金については私も知っていますが、
上記の場合はどういう意味なのでしょうか。

「敷金6万円のうち、6万円を償却するから1円も返ってこない」
と理解してもよろしいでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

家賃が1ヵ月6万円の物件でしょうか。
敷金が1ヵ月分(6万円)必要で、その1ヵ月分は退去時の原状回復費用として使われます。
もしその費用が実際には6万円以下でも差額は戻ってきません。
ただし6万円以上かかった場合はその分を請求されます。
敷金とその償却の扱いとしてはごく一般的なものだと思います。

Q関西など他県では礼金のシステムそのものが無いと聞いた・・・

東京以外の賃貸事情がよく分からないので質問させていただきます。

以前に関西等(他県も??)は住宅など賃貸する時、礼金のシステムがないと聞いたんですが本当ですか?

そもそも礼金というのは関東大震災の時、焼け野原になった中で住む場所もなく、住む場所を提供出来る人にお金を払って場所を提供してもらったのが由来と聞いているのですが・・。

別の本当の由来とかもご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

関西の大家です。
近畿地方では、京都・滋賀をのぞき。「敷引き(解約引き)」方式です。敷金(保証金)40万円、敷引き(解約引き)30万円だと、入居時に40万払い、退去時に10万円が帰ってきます。退去時、故意重過失(主に破損)による損害は別途請求されます。敷き引き金のカバー範囲は主にハウスクリーニングと汚損で、責任が貸借どちらにあるかは問いません。そのかわり、多少の汚れや凹みなどは気にせずに暮らせます。他地域での言い方をすれば「定額補修分担金」です。
相場は地域によってかなり差がありますが、敷金の額が上がっても敷引き額の変化はそれに比べて少なく、敷金の額が下がっても敷引き額はあまりかわりません。大阪南部の3LDKでは敷30万円の引30万円ですよ。
また家賃の○ヶ月分ではなく、通常、金額表示です。

また、京都・滋賀・東海の一部では敷金・礼金制ですが、この地域の「敷金」は「敷引金」と同様に取り扱われます。敷引きの場合は足がでても請求しない代わり、余っても返金しませんが、この地域の場合は余れば返金されます。その代わり足らなければ請求があります。ガイドライン方式=関東式の「敷金」とは性質の違うものですが、紛らわしいためトラブルになりやすく、慣習は崩れつつあります。

また、住宅金融公庫融資の賃貸住宅や特有賃などは全国どこでも敷・礼制です。

関西の大家です。
近畿地方では、京都・滋賀をのぞき。「敷引き(解約引き)」方式です。敷金(保証金)40万円、敷引き(解約引き)30万円だと、入居時に40万払い、退去時に10万円が帰ってきます。退去時、故意重過失(主に破損)による損害は別途請求されます。敷き引き金のカバー範囲は主にハウスクリーニングと汚損で、責任が貸借どちらにあるかは問いません。そのかわり、多少の汚れや凹みなどは気にせずに暮らせます。他地域での言い方をすれば「定額補修分担金」です。
相場は地域によってかなり差があり...続きを読む

Q契約書作成中、敷金、礼金、償却、消費税について

今度、スナックとして店舗を貸す予定で、ネットのテンプレを参考に契約書を作ってます。

借り手とは会って、口頭で家賃、敷金、礼金の金額は伝えて了解は得ています。

・検索すると敷金(保証金)に契約期間内での何%かの償却(敷引き?)が書かれていますが、これは解約した時(店舗明け渡し時)に原状復帰に掛かった費用は敷金から引くと言うのでは意味合いが違いますか?
・礼金を貰いますが、敷金と同様に契約書に金額を記載すべきですか?
・家賃は消費税分も貰うつもりですが、契約書には、どの様に記載すれば良いですか?税を含んだ額を書くべき?
・料理も出すスナックみたいな店をやりたいとの事でしたが、店舗の使用目的はスナックで良いんですか?飲食店にしようかと思いましたがザックリし過ぎてる気がしました。

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

・敷金は借主のお金です。預かるだけなので解約時には(滞納など無ければ)当然返さなくてはいけません。そこから大家が「返さずもらうよ」というお金が「償却(敷き引き)」です。
原状回復費用は出る時部屋を元に戻す費用ですので償却とは別のものです。

・消費税は分けて記載しましょう。税率は未来永久5%ではありません。

・「飲食店」だとその他の飲食店を始められても文句が言えませんので、その他飲食店を始められて困ることがあれば「スナック」などなるべく細かい記載にした方がベターと思います。
ただしスナックは営業できない地域もあったと思うので、その場合に「スナック」で貸すのはちと問題ですネ。

曲がりなりにも「事業者」に貸すわけですし、一度弁護士さんなりに相談された方がよろしいのではと思います。「無料テンプレ」「素人Q&A」で済ませた契約書に重大な落ち度があっても後の祭りです。

借主さんがどの様な形態で営業するのかわかりませんが、「スナック」は風営法が絡む場合もありうる職種ですので、何かあった時には面倒ごとになる"かもしれない"覚悟(開き直りとも言う)は必要かと思います。(まあ別にスナックに限ったことではありませんが)。「カラオケ」なんか始められて騒音トラブルになれば、最悪「放置した大家にも責任あり」ということにもなりかねませんし(近しい判例あり)、私は気が弱い(笑)ので「スナック」はパスですが…。

今時 大家するのも楽じゃない世の中です。リスクと対価を天秤にかけることになりますが、ご健闘をお祈り申し上げます。

・敷金は借主のお金です。預かるだけなので解約時には(滞納など無ければ)当然返さなくてはいけません。そこから大家が「返さずもらうよ」というお金が「償却(敷き引き)」です。
原状回復費用は出る時部屋を元に戻す費用ですので償却とは別のものです。

・消費税は分けて記載しましょう。税率は未来永久5%ではありません。

・「飲食店」だとその他の飲食店を始められても文句が言えませんので、その他飲食店を始められて困ることがあれば「スナック」などなるべく細かい記載にした方がベターと思います。
...続きを読む

Q大家さんが言うことを聞いてくれません。

大家さんが言うことを聞いてくれません。

こんばんは。

アパートの大家さんが依頼した草取りをしてくれません。

一度電話でお願いしましたが、
一か月経過してもしてくれなかったので、
再度電話で催促した所、
「今まだ忙しいからもう少し待ってくれ」
と言われました。

そしてそれから更に一カ月経過しましたが、
あれから一向に草取りをしてくれそうな気配はありません。


実を言うと一年ほど前に
今回と同じようなことがありました。
その時はもう仕方なく自分で草取りをしました。
しかし思った以上に時間・労力がかり、もうあまりしたくないというのが本音です。
そしてその後
草取りの義務について念のため不動産屋に確認した所、
「共益費を払っている限り、大家に草取りの義務はあります。」
とはっきり言われました。


このような場合、どうするのが一番よいのでしょうか・・?

(義務がある以上)草取りを実行してくれるまでしつこく何度も電話すべきでしょうか?
(大家さんとはあまりトラブルを起こしたくはないのですが・・・)

それとも諦めて自分で草取りをするしかないのでしょうか?

皆さんならどうしますか?

意見を聞かせて下さい。

大家さんが言うことを聞いてくれません。

こんばんは。

アパートの大家さんが依頼した草取りをしてくれません。

一度電話でお願いしましたが、
一か月経過してもしてくれなかったので、
再度電話で催促した所、
「今まだ忙しいからもう少し待ってくれ」
と言われました。

そしてそれから更に一カ月経過しましたが、
あれから一向に草取りをしてくれそうな気配はありません。


実を言うと一年ほど前に
今回と同じようなことがありました。
その時はもう仕方なく自分で草取りをしました。
しかし思った以上に時...続きを読む

Aベストアンサー

不動産勤務です@@ノ

基本的に仲介会社は、あくまでも大家さんの物件を管理する仕事を頂いている身ですので、よほど大家と親しいか、大手じゃないと大家にはほとんど何も言えませんよー

私の会社は賃貸管理はやっていませんけど、小さい会社の場合は、大家はあくまでクライアントになりますので、ちょっとしたクレームを投げるだけで、不動産会社との大家が所有している全ての物件の管理契約を解除することがあるので、ほとんど何も言えずに多分・・・・大家に何も言ってないと思いますよ。

これ言っちゃお終いなんですけど・・・

『早く引っ越した方が良いです
よ。まともな大家じゃない物件にあたっちゃいましたね』


結論

費用を貰っていても、ヤルと言っているのであれば、やらないと言っている訳ではないので、それを盾に取って賃借人が強気に出る事は避けた方が良いでしょう。

居住権とか権利は賃借人をしっかり護る法律がありますが、共用施設などの事についてはありませんので、残念です。。。

Q「償却 1ヶ月」

賃貸の部屋を探しに仲介業者に行ったら、
「保証・敷金 2ヶ月
償却 1ヶ月
礼金 0ヶ月」
という物件を教えてくれました。

とりあえず、コピーだけもらって詳しい話は聞かなかったのですが、
「償却 1ヶ月」というのは、1ヶ月分は返さない、という意味ですよね。
これは実質、礼金と同じでしょうか。

もし、この物件の退去時に、1ヶ月分の原状回復費がかかったら、償却の1ヶ月分でまかなわれるのでしょうか。
それとも、それとは別に原状回復費を払う必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

大家してます

貴方が2-3ヶ月で退去しても無条件で1ヶ月分の敷金は返しませんよ

と、言うことです

原状回復(傷・破損)の必要が有れば別途精算されるでしょう

通常の損耗はその償却の1ヶ月分で充当されます

関西での敷き引きと似た考え方です

関東の礼金に相当しますので最初から1ヶ月分はあきらめて下さい

礼金と同様に考えておかれないと、後でがっかりします

Q不動産屋と大家さんの契約について(礼金)

友人がアパートでトラブルがあり、そこを出ることになった時 実は礼金は無かったのに 2ヶ月とられていたことが分かり そのお金は営業の人がもっていってしまったと聞きました。発覚した時にはもうやめていたそうです。不動産やより返してもらったそうですが。
 私も新ためて 入居時の資料を見ると 審査用の大家さんへの用紙には(入居あ申し込み用紙)一ヶ月となっていました。
契約書には礼金のことは触れてなく 敷金のことだけです。これも不動産やが 大家さんへは一ヶ月 自分のところで一ヶ月を勝手に取った可能性がありますか?大家さんに直接礼金のことを聞いたほうがいいでしょうか?不動産屋の取り分はあくまでも手数料一ヶ月だけですか?
教えてください。

Aベストアンサー

>これも不動産やが 大家さんへは一ヶ月 自分のところで一ヶ月を勝手に取った可能性がありますか?

あるかもしれません。


>大家さんに直接礼金のことを聞いたほうがいいでしょうか?

そう思います。

>不動産屋の取り分はあくまでも手数料一ヶ月だけですか?

法律でそう決まっていたと記憶しています。

契約違反だと思いますので、法律に明るい人(司法書士など)に相談の上、確認したほうがいいと思います。礼金については取り戻せると思います。

Q賃貸物件の減価償却

経理の素人です。(何年やっても)
賃貸物件の減価償却は発生しないと思っているのですが。
例)敷金 80万 ・・・保証金 
  礼金 100万・・・権利金
  期間 2年
となる場合、保証金に減価償却が発生するものなんですか?
礼金は戻ってこないものなので権利金ではなく経費計上=雑費か何かに
なるのでしょうか?

教えてくれる先輩がとても怖くて2回程聞いたのですが
これ以上聞けなくなりました。

質問者本人もよくわからず、この内容で回答があるかどうか?
申し訳ありませんがどなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社も個人事業者も本件の税務上の取扱は同じですので、
会社(法人税)を前提に回答します。
(個人事業者の方は「損金」を「必要経費」と読み替えて下さい)
本件で180万全額を損金経理してはいけません。
保証金80万円:退去返還されるまで、資産の部に計上。
問題で納税者がよく間違うのは100万円礼金(名称は税法では問いません)。
例えば来月退去されても
「返還されないことが賃貸契約書等ですでに確定した金額」でしたら、税務上は繰延資産↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5460.htm
本件を含め更新料の定めがない権利金はほとんど(3)に該当します。
支払事業年度に全額を損金経理にしては間違いです。
繰延資産として、とにかく一旦資産に計上され、
上記サイトに定めた金額を限度額として毎事業年度、繰延資産償却費と
でもして、少しづつ損金経理していって下さい。
(考え方・経理方法は固定資産の減価償却と似ています)
なお
企業会計原則・旧商法の繰延資産と税法上の繰延資産の範囲は違いますため、
決算書における税法上の繰延資産の科目名称表示については、税務署は問いません。
なお、法人税申告書に添付すべき勘定科目内訳書に権利金等の支払内容、
別表十六にも繰延資産償却の明細を必ず記載をお願いします。

要は支払事業年度に保証金は勿論のこと礼金も全額を1発損金とされて
会社の利益(所得)を減らしていたら、
損金不算入の是正をさせていただくこととなります。

会社も個人事業者も本件の税務上の取扱は同じですので、
会社(法人税)を前提に回答します。
(個人事業者の方は「損金」を「必要経費」と読み替えて下さい)
本件で180万全額を損金経理してはいけません。
保証金80万円:退去返還されるまで、資産の部に計上。
問題で納税者がよく間違うのは100万円礼金(名称は税法では問いません)。
例えば来月退去されても
「返還されないことが賃貸契約書等ですでに確定した金額」でしたら、税務上は繰延資産↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5460....続きを読む

Q更新は敷金礼金を払うのか

今度マンションを更新しますが、敷金礼金を払うのですか?

Aベストアンサー

敷金は不動産に何か問題があって店子から補償が必要な際に取りっぱぐれがないようにする補償金です。
そう考えれば住む期間が長くなればなるほどその痛み具合が増えることもあり、補償金をはじめの2年くらいに定めて設定していれば追加で必要になるというのも十分に整合性があることです。しかしそれは契約ですからoo1さんの言われるとおりだと思います。
多くの場合、自動更新・更新料無料となっていることが多いものです。その辺は入居前に必ず文書=契約書で確認するべきことですよ。

Q保証金 解約時全額償却とは?

教えてください!

1年ほど前に今の賃貸マンションに引越しをしました。
入居時は 敷金2ヶ月、礼金0 として不動産屋に話を
聞いていたのですが、賃貸借契約書を確認したところ、
敷金のところに確かに2か月分の金額の記載があり、
礼金はなし となっているのですが、
解約時に保証金全額償却と記載があります。

他に賃貸保証委託契約書というのがあり、そこには
敷金、礼金 0円となっており、保証金のところに2か月分の
金額の記載があり、解約引き・償却の欄には同額の
記載があります。

敷金として払っているつもりでしたので、退去時には
原状回復費を引いた額は返金されるものだと思っていました。
全額償却ということは全く返金されないということでしょうか。
また、そこから原状回復費は支払っていただけるとの解釈で
いいのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

家賃保証会社というのは最近多くなってきているもので、今まではそのようなものがなかったのでお父さんだけでも大丈夫だったのです。最近は、家賃滞納をする人も多くなってきて、不動産業者もその回収業務に苦労しています。また、個人の保証人ではどうしても限界があり、今では、必ず保証会社に加入することが条件というところも多くなってきました。(ただ、別に個人の保証人をつけることも可能であり、その場合は、保証料は安くなることが普通です。)なので、そこを契約する時は、保証会社への加入が条件だったということだと思います。

うちでは、そういった保証会社を登録してあるだけで、まだ一度も利用したことがなく詳しいことはまだ理解できていないのですが、質問者さんは、契約時に保証料を払っているのですよね? それで、また、敷金の戻り金の2ヵ月分が保証料としてとられてしまうということになっているのでしょうか? 前払いもしているし、後払いもするという結果になってしまうと思うのですが・・・。確認されてはいかがでしょうか?(NO3さんの回答により、後払いの場合もあることは参考にさせていただきました。)

抵当権については、よくトラブルになった例を聞きます。
貸主の経済状況が悪化などにより、その物件が競売されることがあります。その場合、貸主は他の人に売ることを考えます。その時に、売却することができれば、オーナーチェンジとなるだけであり、入居者の方にはほとんど悪影響はありません。貸主の地位(権利と義務)をそのまま新貸主が譲り受けるだけです。
しかし、問題なのは、売却先が見つからず競売をされる場合です。この場合は、新しい所有者が退去してほしいということですと6ヵ月後までに退去しなければなりません。その場合、敷金は前の貸主(今の貸主)に請求しなければなりませんが、実質、経済状況が悪くなったために競売されるのですから、回収はできないことがほとんどです。これは、事前に予防することは困難です。裁判所関係の人が部屋を見学に来て初めてわかるくらいです。買受人が退去せよと言われた場合には、立退き料等は請求できません。それどころか、原状回復費用を別に払う必要があることもあります。しかし、集合住宅の場合は、買受人も賃貸業をやりたいために買ったでしょうから、退去の要求はあまりないです。それでも、その場合は、家賃が上がったり、敷金等を再度預けなければならなかったり、相手の言うなりにしなければならなくなり、借主の立場はかなり弱くなってしまいます。(もし、条件が嫌だったら退去して、となってしまうので)

なので、借主にとっては、普通の売却によりオーナーチェンジとなるか、又は、競売によって新オーナーになるかによっては、全く違うことになってしまうのです。

家賃保証会社というのは最近多くなってきているもので、今まではそのようなものがなかったのでお父さんだけでも大丈夫だったのです。最近は、家賃滞納をする人も多くなってきて、不動産業者もその回収業務に苦労しています。また、個人の保証人ではどうしても限界があり、今では、必ず保証会社に加入することが条件というところも多くなってきました。(ただ、別に個人の保証人をつけることも可能であり、その場合は、保証料は安くなることが普通です。)なので、そこを契約する時は、保証会社への加入が条件だっ...続きを読む

Q大家さんとのやりとりについてです。 1階が会社で2~4階が賃貸になります。大家さんはそこの社長で、な

大家さんとのやりとりについてです。
1階が会社で2~4階が賃貸になります。大家さんはそこの社長で、なおかつ大家さんです。
車買い替えのため、車庫証明に大家さんの直筆サインが欲しいのですが平日は朝から夜まで仕事で私が帰ってくる頃は大家さんは退社しています。
私の休日は日曜ですが当然のごとく一階の会社も日曜はおやすみのため直接会う機会がありません。
そこで大家さんに電話で説明して会社のポストに車庫証明入れておくので書いたあと私のポストに入れておいてほしいとお願いしようか考え中です。
まだ社会に出で日も浅く大人の常識をわかりきっていないためこの行動が正しいかどうかわかりません。
皆さんならどうしますか?
私の行動は失礼でしょうか?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

良い考えです! または、不動産屋を通して一報いれて貰ったら?良いのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報