エアロビクスの筋コンディショニング系のクラスに
参加しているのですが、
ダンベルや、チューブといった特に腕の筋トレの時に
心臓がバクバクしてしまって、苦しいです。
呼吸をするように心がけてるのですが。
また、ハイインパクト/ローインパクトの
エアロビクス時は、そうでもありません。
やはり普段から、マシンをやったりして鍛えないとだめなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

hiro-k2さんにとって、その重さや強さ(負荷)がきついんでしょうね。



ダンベルなどの筋肉トレーニングは、エアロビクスと違って、「無酸素運動」なんです。
「ふん!」とかいってやるトレーニングじゃないですか。
無酸素運動は、基本的に筋肉の瞬発力だけを使っているのでこうなりますね。
これを「うんしょ、うんしょ」やっていると当然息が切れます。
筋肉トレーニングは、いきなり強い負荷のものから始めるのではなく、弱い負荷のものから始めた方がいいです。
慣れてきたら徐々に負荷を増やしていけば、しだいに筋肉もついてきます。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり普段頻繁に筋トレを行ってないため負荷がかかりすぎていたのでしょうか?
少し負荷を軽くしてなるべく定期的に筋トレを行っていくようにしてみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

"心臓がバクバクしてしまって、苦しいです"


 とのことですが,具体的な異常状況は言明できません.
しかし,エアロビクス運動で心肺機能の異常を認めるということは,アネロビクス(無酸素運動)でのさらに負荷のかかる運動ではもっとひどいことになます.
 一度安静時と運動中の脈拍(15秒くらいの脈×4)をチェックしてみてください.また,異常が続くようであれば,医療機関で心電図での確認をお勧めします.
 健康の為に続けるエアロビクスですから,行って体を壊すようではたまりません.
 また,呼吸自体の問題であれば腹式呼吸などを十分に練習すると良いでしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無酸素運動という言葉を初めて知りました。

また、呼吸に関しては、常に意識はしているものの、
浅い呼吸になりがちだなとは感じておりました。

呼吸の方もこれからは気をつけていきたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓血管外科(大動脈弁手術)医院の転院

私は心臓弁膜症及び大動脈縮窄につき現在通院をしている者です。

人間ドッグで心臓異常を指摘され、その病院から現在の大学病院を紹介していただきました。
大学病院では循環器内科にて一通りの検査を終えており、後は手術(弁置換・血管置換)をするだけという段階なのですが、色々な見解からその大学病院の心臓血管外科を信用する事が出来ないのです。

そこで現在病院の転院を考えているのですが、病院の転院に関して
全く無知なためどうしていいのかわかりません。

出来れば今の循環器内科からカルテをいただき、別病院にて手術を受けたいのですがどうすればいいのでしょうか?

現在通院している病院の検査結果の期限があと1ヶ月と迫っているため
早い段階で皆様にご回答いただけるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 現在治療を受けている病院に気を使う必要はありません。
紹介を受けた病院が上部の付属病院とかでも正直に医者に○○病院で
受けたいと言っても医者は快く紹介状、これまでの
検査データを貸してくれますよ。

患者が医者、病院を選ぶ権利は広く認知をされていますので
ので全く問題はありません。

転院する事が決まっているなら早めに意思表示をするのが
いいでしょう。段取りを取ってもらえますよ。

Qダンベル体操って毎日しても大丈夫ですか?本格的な筋トレは2日1回位、筋

ダンベル体操って毎日しても大丈夫ですか?本格的な筋トレは2日1回位、筋肉の回復時間を設けるために、間隔をあけなければならないと知りました。運動時間は1日20分~30分位、1個2kgのダンベルです。
基本的にダンベル体操の本をみながらやっています。教えてください。

Aベストアンサー

 「筋肉の回復時間を設けるためにトレーニングの日にちの間隔をあけなければならない」本格的な筋トレは、極めて重い負荷をかけ、ボディビルのように満身の力を込めて行う筋トレです(ですから1分もやらないうちに力が尽き果てます。20分も30分もできるようなものではありません)。1個2kgのダンベルを使ってどこを鍛えるのかにもよりますが(たぶん)そんな軽い負荷では本格的な筋トレとはほど遠いと思いますよ。それなら毎日やっても何の問題もありません。

Q高齢の心臓人工弁手術について

僧帽弁狭窄症+心房細動を患う86才の実父が心不全で入院。
徐脈症状(脈箔が35~40回/1分)除去の為、体外ペースメーカー装着中。
これで脈を上げ肺から水を減らすのが、目下の治療目的。

ただし「もし心不全が改善した場合でも狭窄症の根本治療は
人工弁手術しかなく、高齢の為合併症や体力を考えると手術は
もう無理」との医師の言葉。

その際「既に平均寿命も越えているし」とつけ加えられた医師の言葉が
家族としては(見捨てられた?)と気になりました。

一般的に見ても86才での人工弁手術は有り得ないのでしょうか?
もしかしたら、という可能性を求め、ダメ元で手術をお願いするのは
無謀な事でしょうか?
セカンドオピニオンを受けるべきかも考えております。

実父の意識ははっきりしておりまだ現役で働いている程なので、
何も積極的な手立てをしないのは家族の立場では勿体無い気が
するのです。

アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

日本の医者は厚労省に洗脳され、
コスト意識を植え込まれつつあります。

医療費を削減しろというプレッシャーが現場にはかけられ続けてますから、
平均寿命を超えた高齢者に4,5百万もかかる心臓手術は・・・
という発想につながってしまう部分もあるのかと思います。
(もちろん高齢者では合併症が多いという現実もあります。)

これがアメリカなら、お金を払ってくれれば病院は喜んでやってくれるかも
しれません。

心不全を発症した患者さんは5年で5割の方が亡くなります。
最初に心不全になられてからさまざまな治療をうけられて10年生きて
こられたのは幸運だったのではないでしょうか。

経過も長く、これまで心臓にかかってきた負担なども考えたうえで
手術は厳しいとおっしゃっているのではないでしょうか。
本当に見捨てられたのであれば普通のペースメーカーでなくわざわざ
心筋ペースメーカを入れるなどといった方針にはならないと思います。
真剣にお父様のことを考えてくれている先生ではないかと思いますが。

Q朝晩各10~15分の筋トレ(短時間で主に胸筋、腹筋を鍛えたい)

朝、食後すぐと、仕事から帰ってすぐの運動を半年ほどやりました。飲み会や残業以外はあまりサボらずがんばっています。
腕立て、腹筋(起き上がる道具を使い)等(他にも安い道具を使って上半身を鍛えたり)をして、大分胸の筋肉はつき、腕も太くなり、腹は力を入れれば割れるような感じになっていますが、最近あまり変化がありません。
毎日、朝晩同じ運動なのがいけないのかと悩んでいます。
負荷は筋肉が疲れる程度にかけています。
この時間以外は取れませんのでより効率的な運動はないでしょうか。理想は胸と腹が割れてるジャッキーチェンのような体です。
最近になり夜の運動後にウイダーのプロテインを飲んでいます。160cm、51kgと小柄な男で、仕事はデスクワークです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎日というのは良くありませんね。筋肉は一度壊れて再生する時に筋肉は大きくなるので、同じ部位の筋肉のトレは2~3日に1回が理想です。あとは、筋肉への負荷が今のトレでは無くなってきているのではないでしょうか?例えば、毎日10Kg上げていれば、最初はきつくてもそのうち楽になるじゃないですか!?なので、もっと負荷のかかるトレをやったらどうでしょう?簡単なチューブトレーニング用のチューブでも初心者からプロ用まで売ってますから。あと、有酸素運動や食事制限で脂肪を落とすと鍛えた筋肉が浮き出て来ますね。

Q心臓手術の術式について

すみませんが質問させてください。
心臓手術のうち、弁置換術・弁形成術とはどのように違うのでしょうか?どのようなものを使用するのか?抗凝固療法を行うか?手術後の経過の状態は一般的にどうか?
すみませんがこれらのことについて教えてください。

Aベストアンサー

手術後の経過については、どちらも変わりはないと思います。
「弁輪」という弁を形作る部分を人工弁輪(輪っかのような物)によって補強し、逸脱(飛び出し)した部分を切り取り、場合によっては腱索を再建するのが弁形成です。
弁ごと、ごっそり切り取ってしまい、そこへ人工弁を据え付けるのが弁置換です。人工弁には、機械弁と生体弁があります。機械弁は、機械的な弁(カーボンやチタンを使用したもの)で、生体弁は、牛や豚などの心臓の膜を、人間の弁のような形に形成したものです。機械弁は、抗凝固剤(ワーファリンなど)を使用する必要がありますが、生体弁は不要です。どちらを使用するかは、年齢・弁のサイズによります。

Qダンベル体操(1kgのダンベル)は無酸素運動or有酸素運動どちらになる

ダンベル体操(1kgのダンベル)は無酸素運動or有酸素運動どちらになるのですか?

Aベストアンサー

筋肉は普段は脂肪酸を燃焼していて、パワーを出すときにだけ筋肉内に貯蔵しているグリコーゲンを燃焼しますが、このグリコーゲンの燃焼に、有酸素的燃焼と無酸素的燃焼があります。

筋肉に酸素を送り込み、グリコーゲンを酸素反応で燃焼させると、脂肪の燃焼速度の8倍のスピードで燃えるので、パワーが出ます。
有酸素的燃焼の典型はマラソンレースです。マラソンレースでは42.195Kmを走った時にちょうどグリコーゲンを使い切るようなレース配分をしますが、もしも、42Kmの前にグリコーゲンを使い切って、脂肪だけが残ると、脂肪の燃焼速度が遅いので失速してしまいます。

無酸素的燃焼の典型は100mダッシュや重量挙げなどです。
筋肉内のグリコーゲンを酸素なしで反応させると、有酸素的燃焼の場合の28倍もの速さで燃焼するので、最大限のパワーを出すことができます。
ただし、この反応はごく短時間しか持続させることができず、この反応をした後は、息をハアハアさせて酸素を回復させる必要があります。

1Kgのダンベル体操は基本的に有酸素運動です。
もしも、ダンベル体操をした後で、あなたの息が苦しくなるようでしたら、それはあなたにとって無酸素運動かもしれませんが、もしも、ダンベル体操の後で息が弾まないようなら有酸素運動です。

筋肉は普段は脂肪酸を燃焼していて、パワーを出すときにだけ筋肉内に貯蔵しているグリコーゲンを燃焼しますが、このグリコーゲンの燃焼に、有酸素的燃焼と無酸素的燃焼があります。

筋肉に酸素を送り込み、グリコーゲンを酸素反応で燃焼させると、脂肪の燃焼速度の8倍のスピードで燃えるので、パワーが出ます。
有酸素的燃焼の典型はマラソンレースです。マラソンレースでは42.195Kmを走った時にちょうどグリコーゲンを使い切るようなレース配分をしますが、もしも、42Kmの前にグリコーゲンを使い切って、脂肪だ...続きを読む

Q心臓弁膜症手術後の運動について

70代の母の事です。

2年前に心臓弁膜症が進み、弁を人工弁に取り換える手術をしました。
元気に生活していますが、6日前にプールに行き、ウォータースライダーに乗ってきました。
ウォータースライダー利用時の注意事項に「心臓疾患の方は利用しないで下さい」とあった事に気付かず、乗ってしまいました。ウォータースライダーはかなりのスピードがありました。
人工弁及び心臓自体に悪い影響は無かったのか・・・少し心配です。

弁置換後、あまり激しい動きをしてはいけないのではないでしょうか?ウォータースライダーで心臓がいつもよりドキドキしたのではないかと思うので不安になりました。
現在本人に変わった様子はありません。

どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

問題ないですよ。
弁置換をして、2年もすれば、普通の人とほぼ同じような生活が送れます。

ウォータースライダーやジェットコースターで、心臓疾患を持っている人は
乗らないでくださいというのは、あの独特のドキドキ感が、
不整脈を起こす可能性があるからです。
なので、持病として、ひどい不整脈がある人は、控えた方が良いかも。
でも、弁置換ならば、それも、2年も経過して、順調ならば、問題ないですよ。

ご心配ならば、医師と相談してください。

Q胸筋の鍛え方

毎日腕立て伏せをしているんですが、2週間ぐらい前から、左の脇の右側の胸の端のところが腕立て伏せで体を下ろした瞬間にズキ!と痛みがきます。しかし、ダンベルや普通になにか重たいものを持つときは全然痛みません。腕立て伏せの体勢から体を下ろすと痛みます。最初は筋肉通かと思ってましたが、2週間も経っているのに直らないというのはどういうことなんでしょうか・・・

かと言ってこのぐらいで医者に行くのはちょっと・・
・てな感じです(出費もありますし)。そこでベンチプレスは持ってないんですけど、ダンベルをベンチプレスだと思ってやってみました。あの体勢からなら腕が痛まないんで、これなら鍛えられるかなと思いました

そこで質問なんですが、胸を鍛える方法はいろいろあると思います。腕立てはさっきも言ったように、体を下ろすと左の脇の右側の胸の端が痛みます。なにか腕立て伏せの形じゃない胸の鍛え方教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ベンチプレス、ダンベルベンチプレス、ペックデック、
ケーブルクロスオーバー、ダンベルフライ、
プッシュアップ(腕立て)など、胸部を鍛えるのには
様々な方法があります。この中で家庭で簡単に
出来るものは、ダンベルを使ったものと
プッシュアップでしょうか。
エキスパンダー等を使う手もありますね。

一例を挙げれば、ダンベルフライはフラットベンチ
(無ければ床に寝るだけでも可)の上に仰向けになり、
ダンベルを胸の上方に持ち上げます。
ダンベルの重りの位置は自分の頭と足の方向です。
その後、ダンベルを左右に開きながら下ろしていく。
体を大の字にするような感じです。
この説明でわかりますかね。。
尚、肘は軽く曲げたまま行って下さい。

尚、どんな筋トレをするにせよ、フォームはとても
大事です。フォームを常に意識して下さい。
フォームを身に付けるまでは、ダンベルを使う時は
軽い負荷で、プッシュアップの際はゆっくり行うなど
して、フォームを体に覚えこませてください。
負荷や回数を増やすのはそれ以降で十分です。
間違ったフォームは筋肉を傷めてしまうだけでなく、
骨格に影響を与える事もあります。
ジムなどできちんとしたフォームを学ぶのが
望ましいのですが、それが出来ない場合は
書店で筋トレの本を購入してみて下さい。
大抵の本にはイラストや写真入りでフォームの
説明がついていますし、動作中の呼吸
(いつ息を吸い、また吐くのか)についてや、
週に何回行えば良いか、といった説明も
載っていると思います。

最後に、胸ばかりを鍛え続けては体のバランスが
崩れてしまうので、余裕があれば背中をはじめとした
他の部分も鍛えて下さいね。
そして胸の痛みについては、個人的には医療機関で
診断してもらった方が良いような気がします。

ベンチプレス、ダンベルベンチプレス、ペックデック、
ケーブルクロスオーバー、ダンベルフライ、
プッシュアップ(腕立て)など、胸部を鍛えるのには
様々な方法があります。この中で家庭で簡単に
出来るものは、ダンベルを使ったものと
プッシュアップでしょうか。
エキスパンダー等を使う手もありますね。

一例を挙げれば、ダンベルフライはフラットベンチ
(無ければ床に寝るだけでも可)の上に仰向けになり、
ダンベルを胸の上方に持ち上げます。
ダンベルの重りの位置は自分の頭と足の方向です...続きを読む

Q閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症 手術について

はじめまして。
母(70歳)の閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症についてご相談させてください。

母は現在、人工透析(週3回)を3年ほど受けており、1年ほど前に透析中
に血圧が下がりすぎ、続けられないことが何回か起こり、
検査入院の結果、閉塞性心筋症と診断されました。

プロノンの投薬で進行は抑えられていたようですが、最近やはり血圧が
低すぎ、2度目の検査入院の結果、下記のような症状を説明され、
手術を主治医から勧められました。

1.右心室と左心室の間の壁、せり出している
2.大動脈弁狭窄症 弁の大きさが0.69(平方センチ)しかない。
3.左心室の血圧は200
4.大動脈での血圧は80


主治医の勧めの治療方法
a.心臓手術 大動脈弁も人工弁にかえる
b.カテーテル 閉塞性心筋症には効果があるかもしれないが、
 大動脈弁狭窄の部分は治療できない
c.このまま薬の投与 突然死の可能性と常に背中合わせ

最終的な判断は、われわれ家族と本人が行わないといけないのは、
重々承知していますが、全身麻酔による心臓手術のリスクがいまひとつ
理解できていません。

主治医からは、母の体力では十分に手術は受けられると思うという言葉をいただいています。
手術が成功した暁には、運動能力も間違いなく上がると言っていただいています。

しかし当の母は、この病気と付き合いが長いせいか、
現在もそんなにしんどくない。
手術は受けたくない。

という状況です。

手術を受ける際には、専門の先生からリスクについてもお話があると説明されましたが、
あらかじめ、理解しておきたいと思い、投稿させていただきました。
あと本人は、「そんなにしんどくない」と申しておりますが、
これは加齢のせいで、感覚が鈍感になっているのでしょうか?

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

はじめまして。
母(70歳)の閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症についてご相談させてください。

母は現在、人工透析(週3回)を3年ほど受けており、1年ほど前に透析中
に血圧が下がりすぎ、続けられないことが何回か起こり、
検査入院の結果、閉塞性心筋症と診断されました。

プロノンの投薬で進行は抑えられていたようですが、最近やはり血圧が
低すぎ、2度目の検査入院の結果、下記のような症状を説明され、
手術を主治医から勧められました。

1.右心室と左心室の間の壁、せり出している
2.大動脈...続きを読む

Aベストアンサー

大動脈弁狭窄症の手術は心臓手術の中でももっとも効果がはっきりしている手術です。もちろん、手術の合併症は無視できませんが、弁置換を受けないと一度、心不全になってしまうと、入退院を繰り返し、苦しみながら死んでいく事になります。
http://www.geocities.jp/shin_zou_geka/as3.htm
私なら多少のリスクがあっても弁置換を勧めます。
ただ、閉塞性肥大型心筋症があるなら、まず、心臓カテーテル検査を行って心臓手術ができる冠動脈かをチェックする(透析患者は冠動脈疾患の合併が多いので、必要なら弁置換と一緒にバイパスも考慮)と共に、PTSMAが効果がありそうな中隔枝があるかのチェックをするべきと思います。
PTSMAをしてから弁置換をするのか、弁置換と一緒にでっぱりをとるのかは、case by caseですので、一概には言えないと思います。

Q筋コン・ストレッチでの呼吸について

フィットネスクラブに通っています。
スタジオエクササイズで筋コンやストレッチを行う場合に、インストラクターによって呼吸の吸う・吐くの指導がまちまちで、どちらが正しいのかよくわかりません。
私の認識では筋コンは縮める、もしくは力を入れるときに吐く、ストレッチでは伸ばしながら吐くと思っているのですが、種目によっては悩むときがあります。
的確な判断方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

スクワット、チューブ使用(どういったものか今イチ分からないのですが)について更なるご質問がでました。残念ながらウエイトを使ったものは専門外ですので今回は自信ありません。ただ、ストレッチの場合とウエイトを使った場合は呼吸法が異なる場合があります。よって、イントラによって言うことが違う(これはやはり解せない!)とか、混乱してしまうという訳が少し想像できました。大原則しかお答えできませんが、筋コンでは最も力を入れる時、最大負荷がかかっている完成時に、口からフーっと吐くのです。とすると、スクワットの時は体を真っ直ぐ立てた時に吐くことになります。ストレッチで体を伸ばした時に吸うのと全く逆ですね。だから混乱するのでしょう。チューブ使用とは、例えばラバー・ローロウイングのようなものでしょうか? だったら胸を張ってラバーを体に引き寄せた時に吐くことになります。バタフライのようなものなら、腕を横に広げた、背中を大きく開いた時に吐くことになります。筋コンでは吸うことはあまり気にしなくてもいいと思います。反復運動なので吸うことを考えていると混乱してしまいます。吐くタイミングさえ覚えていれば、どこで吸うかは自ずと体がそうしてくれると思います。

スクワット、チューブ使用(どういったものか今イチ分からないのですが)について更なるご質問がでました。残念ながらウエイトを使ったものは専門外ですので今回は自信ありません。ただ、ストレッチの場合とウエイトを使った場合は呼吸法が異なる場合があります。よって、イントラによって言うことが違う(これはやはり解せない!)とか、混乱してしまうという訳が少し想像できました。大原則しかお答えできませんが、筋コンでは最も力を入れる時、最大負荷がかかっている完成時に、口からフーっと吐くのです。と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報