F1についてはほとんど無知ですので、宜しくお願いします。。
まず、来期から佐藤琢磨がF1のシ-トを獲得したというニュ-スがありました。
ほとんどモ-タ-スポ-ツを知らない私でも、片山右京の時や高木虎之助の
時はF1レ-サ-に決まる前から一応名前ぐらいは知っていたのですが、
佐藤琢磨については、全然知りませんでした。
もちろん、好きな人の中ではものすごい有名人なのでしょうが、
他の2人に比べて知名度が若干低いような要素はあるでしょうか?
(ただただ私が無知なだけのような気もしますが...)
また、主観で全くかまいませんので、高木虎之助とどちらが速いと思われますか?
ご意見をお聞かせください。。
また、過去の日本のF1レ-サ-という話が出たときに、フル参戦していない
スポット参加の選手の名前も出てきますが、確か野田英樹というレ-サ-が
一時期走っていたように思うのですが、その名前がいつも出てきません。
どうしてでしょうか?
また、彼は今も現役でしょうか?
とりとめのない質問ですがご教授のほど宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実は私、佐藤琢磨選手の大学の自転車部の先輩です(笑)。


と言っても、6歳違うので、同時に所属はしてませんが。
ただ、私が大学を中退した後で自転車部からメカニック
としてレースへの同行を頼まれた時に、1年生だったのが
佐藤選手でした。彼が運転するチームカーの助手席に
座った事もありますよ(かなり自慢?)
さて、佐藤選手ですが、彼が日本であまり名前を知られて
いなかったのは、かつての日本人F1ドライバーと違って
日本国内でのレースをほとんどしておらず、当然、
日本のレースシリーズでチャンピオンになっていないので
『日本一速い男』の称号をもらえていないからでしょう。
佐藤選手は大学2年の時に自転車部をやめて、鈴鹿の
レーシングスクール・フォーミュラに入りました。
そして、そのスクールを主席で卒業し、スカラーシップで
童夢レーシングチームから全日本F3に参戦しました。
開幕戦の鈴鹿は予選6位からスタートしたものの、
決勝ではトラブルがあって入賞できませんでした。
そして、第2戦(の予選だけ走ったような・・・?)から
欠場し、イギリスに渡り、フォーミュラーボクゾールなど
を走り、確か1999年にイギリスF3シリーズのBクラスに参戦、
2000年にAクラスに昇格し、チャンピオン争いをし、
惜しくもチャンピオンは逃したものの、その成績を買われて
F1のBARホンダチームのテストドライバー(正式には
通常のテストドライバーではないらしいですが)に抜擢
されました。そして2001年、いよいよ本領発揮です。
まずは、マルボロマスターズで日本人として初めて、
F3世界選手権で優勝を果たし、イギリスF3シリーズでも
総合チャンピオンを獲得しました(もちろん日本人初)。
そして、2002年にはかつてテストドライブをした経験のある
ジョーダン・ホンダからF1デビューします(佐藤選手の
F1初ドライブはBARより先にジョーダンだったのです)。
そんな訳で、日本ではモータースポーツファン以外には
あまり知名度は高くないかも知れませんが、海外では
その評価は高く、これまでの日本人F1ドライバーと違って、
スポンサーマネーではなく、初めて実力でF1に昇った
ドライバーだと言えるでしょう。高木虎之介がデビュー
した時も、『これまでの日本人よりも速い』と言う期待が
ありましたが、佐藤選手に関しては、それ以上に期待が
できるのではないかと思います。それは、ドライバーの
能力ももちろんですが、F1の世界では、チーム・マシンが
成績に大きく影響してしまいます。その点で、良いチーム・
速いマシンを与えられる事の無かった高木よりも、勝てる
可能性のあるマシンを与えられた佐藤選手の方が期待が
持てると言う訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な情報ありがとうございました。m(__)m
勝てる可能性のあるマシンに乗れるのですか、、
すっごく期待がもてそうですね♪

お礼日時:2001/11/25 16:21

kenkenkentさんがものすごく詳しく述べられてるので、私は簡単に主観的な意見を。


片山右京や高木虎之助が日本のレースで走り、星野らを破って日本のファンにも認められてF1にステップアップしたのとは違い、佐藤琢磨は日本で1レースを走っただけでイギリスに渡り、自分の力で結果を出したといえるでしょう。その点では、中嶋さんのバックアップからはずれてもイギリスでレースをすることを選んだ野田英樹とよく似た道をたどったといえます。
ただ違うのは、野田英樹は日本人初のイギリスF3優勝者であるけれど、佐藤琢磨はイギリスF3で年間12勝をあげたチャンピオンであると言うことでしょう。野田英樹はシムテックという下位チームに持参金を持っての参戦でしたが、佐藤琢磨はジョーダンという優勝もねらうことが可能なチームでの参戦という結果になったのだと思います。
でも、F3参戦時は野田英樹はあの当時世界でもトップクラスのF3ドライバーだったと思います。当時富士でおこなわれた、F3世界一決定戦での、他の日本人を差し置いてのトップをねらう走りは凄かったですよ。

さて、高木虎之助との比較ですが、私の主観であることを断っておきますが、早さの高木、早さと強さの佐藤という気がします。どんなマシンでも才能で走らせてしまうのが高木虎之助、マシンを少しでもよい方向にセットアップして、総合的な力を高めて速く走らせる佐藤琢磨というイメージです。たとえれば、(適当では無いと思いますが)高木虎之助はマンセルやアレジ。佐藤琢磨はセナやプロストと言うところでしょうか。

最後に、佐藤琢磨は今年のイギリスF3チャンピオンですが、その他にもフランスF3では福田良が、ドイツF3では金石選手がそれぞれチャンピオンとなっています。福田良も16才からフランスに渡ってレースを続けて結果を出し、来年はBARかトヨタのテストドライバーになるのではと言われています。
この2年日本人F1ドライバーがいなくて残念でしたが、これからは楽しみが増えそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

>フランスF3では福田良が、
>ドイツF3では金石選手がそれぞれチャンピオンとなっています

本当にこれから楽しみが増えそうです
貴重な情報感謝です。

お礼日時:2001/11/25 16:29

野田英樹選手についてですが、確か彼は昔、中嶋悟の下で


イギリスF3を走っていたんじゃなかったかな?
その後、国際F3000に参戦して、ラルース(もしかしたら
既にベンチュリー・ラルースに改名してたかも?)チーム
からF1にスポット参戦しました。そして1995年、いよいよ
シムテックからフル参戦ドライバーとしてデビュー!
と思った矢先に、あの阪神大震災が起きてしまいました。
この震災によって、野田選手が持ち込んだスポンサー
(名前は出しませんが)が大きなダメージを受けてしまい、
シート料が払えなくなってしまった為、契約を解除されて
しまい、1年のレース浪人生活を強いられてしまいました。
その後アメリカに渡り、インディ・ライツ(CARTの下の
カテゴリー)に参戦し、優勝などもしています。
それからまた日本に戻り、現在はフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権などに参戦しています。

最後になりましたが、前回書き忘れた佐藤琢磨選手の
ホームページを参考URLに載せておきますね。

参考URL:http://www.takumasato.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました
野田選手にそんな悲劇があったのですか..
すこし残念な話です。
けれど佐藤琢磨選手は期待がもてそうですね。
とても楽しみです

お礼日時:2001/11/25 16:25

いくつかの質問のうち,野田さんの件についてですが下記のページを見られると


いいですよ。
諸事情によりF1レーサーにはなれませんでしたが野田さんは今でも現役でいら
っしゃいますね。

参考URL:http://www.hideki-noda.com/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
野田さんのHPに行ってきました。
いやぁ、懐かしかったです。。

お礼日時:2001/11/25 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何でF1の佐藤琢磨はあの舞台にいられるの?(素人です)

前からの疑問だったのですが、何故日本人の佐藤琢磨はF1レーサーとしてホンダ?のたった二人の一員なんですか?F1ってレーシングスポーツの最高峰なんですよね?素人質問で申し訳ないんですけど教えてください。多分僕みたいに思っている人いっぱい居ると思うんですけど。僕の記憶では佐藤琢磨が表彰台に上ったのは1回?だと思うのですけど、何故解雇もされずに長々やれるのですか?そもそも選手の選考基準って何なのですか?勿論早いってことだと思うのですが、ホンダは佐藤琢磨がどうしても欲しかったのですか?選んだ当時、世界に彼以上の選手はいなかったのでしょうか?教えてください。(F1なんてしっかり見た事無い素人です。)

Aベストアンサー

やはり佐藤琢磨+HONDAの相乗効果を狙ったのが大きいでしょうね。
佐藤琢磨自信も、F-1のカテゴリに到達するまでには、
イギリスF-3で輝かしい戦跡を上げ、F-1にステップアップしているわけですから、
当然F-1への切符を手に入れるだけの実力はあったと思います。
(実際、テスト走行の場合はチームメイトのバトンよりも速いことも多々ありますしね。)
単純に表彰台の回数で計れないとは思います。

まぁ、来年はBARからは放出されてしまうでしょうけどね。
シートも2名分ほぼ確定だし、スパであんな事しちゃったら…ねぇ。

Q高木虎之助は

高木選手がホンダからトヨタに移った理由は何ですか?

Aベストアンサー

ドライバーは自分が勝てると思えるチームから誘いがあればメーカーにかかわらず行きます。

今回は豊田がそれにあったのだと思いますが、その先にはホンダが今年限りで一端CARTから退くので来年以降のことを考えれば残った日本メーカーといえばトヨタということになりますね。

ただ、彼が所属するウォーカーレーシングが高木と契約することとトヨタをエンジン供給先として選ぶのは別問題ですので結局はチームの意向と言うのがおおきいかと思います。

Q高木虎之助

スーパーGTについて詳しい方教えて下さい。
私はF1に乗る以前から虎之助のファンです、なので結構見ているのですが、今年ZENTからDENSOに乗り換えました。
DENSO SARD も結構古い歴史を持ったチームですが、全然ぱっとしない成績です。虎之助は決して遅いドライバーじゃ無いと思うのですが(最近は早いドライバーが結構居るのも認めます)上位に食い込んできません。GT-Rの影響もありますがそこはそれで・・・。パートナーが悪いのでしょうかチームが良いセッティングを出せないのでしょうか?
解る方教えて下さい。
済みませんだと思うの回答又は個人意見勘弁願います

Aベストアンサー

まずは漢字が違いますからそこから直しましょう。

で、SCの力関係を簡単に言うと、今は
トムス>セルモ>クラフト>ルマン>ツチヤ>サードといった感じですかね?
DENSO SARDが歴史を持ったチームであることは確かです。トラのせいでもアンドレ(クート)のせいでもないでしょう。トラが移籍したのはGTRでいうザナヴィみたいなゴールデンタッグを作りたかったから?なんて説もありますけど、飯田章に誘われてと考えてもいいでしょう。親交がありますから。

ちょっと脱線しちゃいますけど、簡単に言うとちょっとダンロップと合っていないかな?っていうのが本音です。ブリヂストンが強い中、イクリプスが今年は頑張ってるのでなおさらサードが遅く見えますよね。やっぱりタイヤメーカーによってセッティングは大きく変わってきますから、1からその速いセッティングに合わせるのは厳しいものです。長い目で見てしっかりマシンを仕上げてほしいですよね。救済も+2なのでそろそろ勝ってほしい気もしますが・・・

Q佐藤琢磨 鈴鹿スペシャルエンジン

まもなく日本GP開催となりますが、
ホンダは、佐藤琢磨にスペシャルエンジンを供給するのでしょうか。
関連記事のURL、個人的見解、予想を聞かせて下さい。

アンケートの様な質問ですがご容赦下さい

Aベストアンサー

否定的な意見が多いですね。

ホンダと同等とはいわないまでも現在使用しているものよりも戦闘力のあるエンジンが投入される可能性はあると思います。現在2007モデルのエンジンの開発が進んで、イタリアGPでホンダが使用するかもって噂がありますから日本GPぐらいにはスーパーアグリでも使用できる可能性は十分考えられます。

もしかするとさらにスペックの高いエンジンを
供給する可能性もあるかもしれません。

スーパーアグリが今シーンズ参戦でき、
シーズン途中でNEWマシンを出してきたことを考えれば、
鈴鹿でホンダが何もしないってことは逆に考えにくい感じもします。

Q佐藤琢磨はトロロッソに行けますか?

昨日のテストでは200周走行し、トップタイムだったそうです。
このまま加入できると思いますか。
それともセバスチャン・サトウに改名したら鉄板ですか?

Aベストアンサー

参考までにバルセロナの結果を見てみると

<初日>
1. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.763(+0.000) - 121周
2. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:21.071(+0.308) - 117周
8. セバスチャン・ローブ - レッドブル・ルノーRB4 - 1:22.503(+1.740) - 82周

<2日目>
1. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.751(+0.000) - 70周
2. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.017(+0.266) - 79周
3. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.034(+0.283) - 48周
4. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.223(+0.472) - 99周

<最終日>
1. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.295(+0.000) - 75周
2. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:19.839(+0.544) - 122周
3. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.154(+0.859) - 115周

とりあえずレッドブルとトロロッソのデータだけ挙げてみました。
3日間走ったブエミのタイムを基準にまとめてみると

       ブエミ      琢磨      ブルデー
初日    1:21.071    -0.308
2日目   1:20.223    -0.206     -0.189 
最終日   1:20.154              -0.315

なお、トロロッソの今回のテストを担当したドライバーは

       初日       2日目       最終日
ブエミ  -----------------→
琢磨   -------→
ブルデー              --------→

ということから、今回のトロロッソのテストの目的は
・既にテスト前からトロロッソ入り濃厚と言われてきたブエミの実力を見たかった
・琢磨orブルデー、どちらを採用するか走りを見てみた
この2点といっていいでしょう。
他のチームには仮09年型を導入して走ってるところがいる中、08年モデルで大差をつけて走ってるわけですから、マシン開発の一貫とは言えないでしょうし。
また、そもそも琢磨をトロロッソに入れた理由は
・来年はベテラン&若手のコンビで行きたい
・日本のレッドブルPRのため
この2つの条件を満たしたからと言われています。
今回のテスト結果にしても、過去の経験にしても琢磨が上を行ってますから日本人の我々からすると是非琢磨を入れてあげたい!!
と思うところですが、昨年後半やはり特にチームの状況が良くなったこともあるのでその流れで行くためにブルデーのままにするか・・・。
まぁ、トップの判断なので何とも言えませんね。
50:50くらいじゃないですか?
12月のへレスでまた琢磨を乗せるかどうかは分かりませんが、もしまた乗るチャンスがあったらそこで頑張ってアピールしたいところですね。

参考までにバルセロナの結果を見てみると

<初日>
1. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.763(+0.000) - 121周
2. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:21.071(+0.308) - 117周
8. セバスチャン・ローブ - レッドブル・ルノーRB4 - 1:22.503(+1.740) - 82周

<2日目>
1. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.751(+0.000) - 70周
2. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.017(+0.266) - 79周
3. セバスチャン・ボ...続きを読む


おすすめ情報