『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

小学校4年制に今度なります。
小学生の体力でタイヤ引きをしても体的には問題ないでしょうか?
ご教示の程、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

極端に重くないタイヤならかまわないでしょう。


気をつけることは
ひざが左右に開かないようにすることです。
両膝の内側に体重が乗るようにして、
股関節のインナーマッスルを鍛えることが大切です。

できるなら、タイヤ引きよりも
坂道の上り坂でダッシュとスキップの繰り返しがいいと思います。
早く走るならモモ上げも大切なトレーニングです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体が出来てないのでインナーマッスルってかなり重要みたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/25 23:19

タイヤの大きさによります


 大型トラック用の100kgもあるタイヤだったら引けませんし、3輪車用のタイヤだったら100mでも走れちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軽いタイヤだったらいいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/20 21:46

タイヤの大きさと数次第では?


大型トラック用のタイヤなんかじゃキツイでしょうけど、
軽自動車用のタイヤなら余裕でしょうし・・・。

それ以前に、タイヤ引かせるよりは
ランニングの距離を伸ばした方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイヤは、足腰の鍛錬には軽い負担程度であればいいのかなと思ってましたけどしょせ体の出来てない小学生ですからね・・・。
距離を伸ばした方がいいような気がしてきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/20 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年野球の投手の下半身トレーニングについて

小学5年生の子供がおります。
リリーフで投げることがあるのですが、指導者より下半身の強化を薦められました。

何をすべきかをネットでいろいろと検索してみたところ、
小学生には過激な筋トレはやめたほうが良いと、よく指導があります。

上半身のインナーマッスルはゴムチューブを使用して既に行なっておりますが、
下半身の強化はどの程度まで行なってもよいものでしょうか?

かの“平成の三四郎”と呼ばれた古賀稔彦氏の公式サイトを拝見したところ、
小学生のころ、毎日、神社の150段の階段トレーニングを、
年齢にあわせ5~7往復やっていたそうです。

幅広いご意見・ご指導をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんばんは。

成長時期にある小学生に過度な筋トレは禁物です。
これから中学野球~高校野球へと進んでいくうちに必要な筋力は鍛えられますので、今(少年野球で)結果を求めては良くないかと思います。

その指導者の方は何故、下半身の強化など薦めたのでしょうか?疑問です。

それでも、彗星のように現れる、いわゆる「怪物」と呼ばれるような人たちは特別で、普通の人なら体がパンクしてしまうようなハードなトレーニングにも耐えぬき、問題なく成長して行きます。(だから怪物と呼ばれる?)

タオルを握ってのシャドーピッチングなどで、正しい投球フォームを身に付ける練習の方が大事かと思います。

全て私見です、根拠はありません。。

Q少年野球での移籍について

子供が地元の少年野球チームに入っていますが、チームの雰囲気があまり良くないため、隣町のチームに移籍を考えています。
簡単にできるものなのでしょうか?
自チームでも小学校→中学校のタイミングや、同学年の人数が少なくチームが成り立たなかった時に、他チームへ移籍した事例はあるようです。
地元チームであるため、移籍後の普段の生活に影響がありそうで心配しています。経験あるかた教えて下さい。

Aベストアンサー

少年野球は子供同士の問題もありますから大変で、心配ですよね。
一般に有力選手の引き抜きなどの問題もありえますので、その球団のまたはリーグのルールがあると思いますのでちゃんと調べた方がいいです。一年以上の試合出場停止だったり、地域が違うために所属できないといったこともあり得ますので。
例えば、軟式野球チームから硬式、リトルリーグやボーイズリーグ、はたまたソフトボールチームに移ることなどはよくありますし、ある意味競技としてことなりますので、その場合には試合で前のチームにあうこともないので比較的親も快適です。地元チームの場合には公立小学校であれば、同じクラス、学年にチームメートがいるとおもいますが、これに関しては、子供達も同じ野球が好きな物同士なので特に遺恨がなければ、学校では一緒にキャッチボールしているということも聞いております。あれ、まえよりうまくなったね。などと言い合っているなどと聞くと子供の世界は大人よりえらいかもと思ったりもするものです。
まあこればかりはお子さん同士の問題ですが。ご参考になれば幸いです。

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む


人気Q&Aランキング