ふとしたアイデアから新しい缶入り飲料を作ってみたいと思いますが、マーケティング、製造方法云々の前にどこで製造(製造元)したら良いかがわからずに困っています。自分で工場を作る資金も無いので製缶工場にアウトソースするのがベストなのでしょうか?そのような企業はどのように調べればいいのでしょうか?
または、工場でなくても自分で作った飲料を缶詰に入れる製缶は自宅などでも簡単にできるのでしょうか?

どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 日本の名だたる飲料メーカーは、どこでも新商品開発部を有しています。

そこでは、信じられないような飲料の試作をしています。
 もしあなたのアイデアが本当に優れているのであれば、缶詰にする前に、サンプルを作って持ち込んではいかがでしょうか。相手が信じられないようであればレシピは秘密にしておく手もありますが、あまり意味もないでしょう。相手が本気を出せば、どんなものでも制作し製品化してしまう実力を持っています。

 また、今回のご質問ですが「飲料商品」を作りたいのか、「缶詰め商品」を作りたいのか、では大きな差があります。
 もし、「飲料商品」を作りたいのであれば、飲料として商品の完成度を高める必要があると思います。その飲料商品を、流通(百貨店・小売店等)に対して、どのように流すかが問題です。実は、これも極めて困難なことです。もし缶詰として商品が完成しても、全く同じ問題が発生します。
 したがって「缶詰め商品」で勝負を賭ける前に、一般的な「飲料商品」として発売し、マーケットの厳しい洗礼を受けた方が良いと思われます。
 なお、その「飲料商品」についてですが、まずはレシピを作り、本当に受け入れられる内容と魅力を持たせることが前提です。そして、ご家族でも、ご友人でも、ご近所でも、多くの人たちに試飲していただき、その評価を真摯に受け止めつつ、レシピの完成度を高めることが必要です。
 一般的にパッケージの選択については、その後の問題だと思います。
 ただし「缶詰め商品」の「缶詰め」にこだわる理由があれば、話は別です。電話帳で、缶詰めメーカーを探し、一緒に商品開発をしていただける会社を探すことになります。
 また、蛇足かも知れませんが、新商品の名称や内容物・レシピ・アイデア等ついては、商標登録・特許・実用新案等の申請が可能な部分があれば、是非、お取りになった方が良いかと思います。
    • good
    • 0

近所に農産物加工センター等がありませんか?


近所の場合ですと.鉄缶(炭酸飲料不可)にかぎられますが.
利用料金7000円/日.+消耗品代
です。

販売は農協(農産物加工センターは農協の施設)の即売所になります。
農家次第では.缶詰以外の農産物を連休に数100万/日.平日は0円.売った人もいますが.全体的に話を聞くと元が取れるかどうか(自分の人件費が出ないのは当然.加工等にかかった金(他人に対して支払った金)を回収できること)微妙な状態です。
    • good
    • 0

ka_zu19さん、こんばんは。



どういう飲み物かはわかりませんが、清涼飲料水を販売しているようなメーカーより、その飲み物の原材料を扱っている会社に新製品のプレゼンをして、製造したほうがいいと思います。
素人考えですが、個人で全ての工程を行うのは大変難しいと思うんです。
いかがでしょう?
    • good
    • 0

商品化に関する方法は私では手に負えませんが、少量の缶詰を試作するのであれば参考URLのような製缶キットを使用するのが良いと思います。

もっとも、参考URLの物はドリンクの缶ではありませんが、問い合わせればドリンク用の物もあるかも知れません。また食品ですから、当然ながら缶詰にした後殺菌のための加熱処理が必要になると思います。

また、下記URLは「日本缶詰協会」です。こういったところで、生産を請け負ってくれる所を聞いてみるのも良いかも知れません。
http://www.jca-can.or.jp/

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mokuson/subkit00.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEMS工場とOEM工場の違いについて

EMS工場とOEM工場の違いについて、教えて下さい。
EMS=電子機器の量産を、複数のメーカーから請け負う業態。
OEM=電子機器の量産を、1社のメーカーから請け負う業態。
と解釈しているのですが、間違っていますか?

後、EMSは「既存の工場をまるごと買収して規模を拡大」と何かの資料で読んだ事があるのですが、もう1つ、意味がわかりません。

この2つの利点は何でしょうか?それぞれ、どのようなローコストが図れるのでしょうか?

宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

EMSは、設計の主体が依頼側
OEMは、設計の主体が受託(工場)側

双方に共通する利点は設備に投資しなくてよいことです。
固定費を抑えられます。常に最新の設備が利用できたり、安いメーカーに乗り換えることで安い製品が作れたりします。

EMSの利点は依頼側独自の設計が可能だということです。

OEMだと既存の製品のマイナーチェンジぐらいしかできません。

Q顧客マーケティングと顧客セグメンテーション

この二つの違いが明確に言えません。
多分これらを行うプロセスも違うとは思いますが。
CRMでは必須と思われるこの二つのわかりやすい相違を教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

まず、「顧客マーケティング」とは、顧客のロイヤリティの構築や、固定客の獲得・維持を目的とするマーケティング手法のことを言います。
ちなみに、「商品マーケティング」は、顧客獲得を目的とし、その手段を新商品の開発や商品の高機能化、価格戦略に求めるマーケティング手法です。
一方の顧客セグメンテーションでは膨大な顧客の情報から
R(Recency:最新利用日)、F(Frequency:利用頻度)、M(Monetary:買上金額)の3つの指標から顧客を分類する(RMF分析)ことで、より詳細な顧客セグメンテーションが可能となります。
たとえば、「最近来店している」、「買い上げ金額も多い」、「来店回数も多い」などの項目で抽出した"最も優秀なお客様"をターゲットに、特別サービスを実施しよう!となったり、DMを打とうとなったりするわけですね。

Q経営コンサルタントの仕事とマーケティング

こんばんは。
現在、経営コンサルタントの職に就きたいと考えているのですが、経営コンサルタントの仕事は「マーケティング」とは関係あるのでしょうか?別の言い方をするとマーケティングの知識を持っていないと、経営コンサルタントの仕事は勤まらないのでしょうか?
もし分かる方いらっしゃいましたら御願い致します。

Aベストアンサー

 経営コンサルティングをするとしても、経営全般をカバーするのか、経営の中の特定の領域を深くサポートするのかによって違うと思います。私は経営コンサルティングを本業としていますが、サポートしているのは品質マネジメント・環境マネジメント・労働安全衛生マネジメント・情報セキュリティマネジメントの領域、一言でいえば経営リスクマネジメントです。これらの中ではマーケティングは主要な要素とはなっていません。

QエリアマーケティングのためにGISソフトを

当方サービス業に従事しております。エリアマーケティングのために、商圏調査等でGISを利用したいと思っているのですが、GISソフトにも多種多様あり、選択に困っています。ビギナーなので、いきなりハイスペックなものは必要ないと思いますが、フリーソフトまたは体験版、もしくは安価なGISソフトをご存知の方がおられましたら、URLなどの情報をお教えいただけますでしょうか。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

直接、メーカーさんのHPを貼れませんけど、
このHPがすごく参考になると思いますよ。

参考URL:http://home.csis.u-tokyo.ac.jp/~akuri/

Qマーケティングコンサルタントになるまでの道選びに悩んでます。

こんちちは。
私は、3年~5年先に、外資系コンサルファームで、マーケティング戦略や、事業戦略に携わる仕事をしたいと思っています。分野は情報通信分野を希望しています。

今は、その布石となるような仕事をして、経験を積んだり、勉強したいと考えて就職活動をしています。

しかし、一般企業でマーケティングに従事して、専門性を高めた方がいいのか、コンサルファームに入って、アシスタントからコンサルタントの道を目指した方がいいのか、2社の選択を判断しかねております。

というのも、大手コンサルファームの募集要項を見ると、どれも、コンサルタントとしての職種経験は問わず、各業界における経験や専門知識の方を重視しているように見受けられるからです。

私は、社会人としての経験が浅いので、もし、このままコンサルファームに勤めたとしても、次に希望するコンサルファームに転職したいとなった時に、
「コンサルの仕事してたかもしれないけど、その他の経験が浅いんじゃね・・・」と、書類選考時点で落とされてしまうのでは?と危惧しています。
また、実際コンサルタントとして働くにしても、現場の事をわかっていないと、結局いい仕事ができないのではないかという不安もあります。

しかし一方で、一般企業に勤めるより、コンサルファームでいろんな業界のさまざまな企業を垣間見たり、コンサルタントとしての思考技術、(問題発見/解決力、分析力、論理的思考力等)を培っていく方が、
3~5年後の転職時に、使える人材になり得るのではないかとも考えます。

どうか、数年後の目標のためには、今どちらの選択をするべきかについて、
アドバイスを頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

こんちちは。
私は、3年~5年先に、外資系コンサルファームで、マーケティング戦略や、事業戦略に携わる仕事をしたいと思っています。分野は情報通信分野を希望しています。

今は、その布石となるような仕事をして、経験を積んだり、勉強したいと考えて就職活動をしています。

しかし、一般企業でマーケティングに従事して、専門性を高めた方がいいのか、コンサルファームに入って、アシスタントからコンサルタントの道を目指した方がいいのか、2社の選択を判断しかねております。

というのも、大手コン...続きを読む

Aベストアンサー

コンサルタントの仕事内容がよく理解できていない感じを受けます。
あらゆる分野でコンサルタントが活躍していますが、少なくとも顧客を訪ねて相談、指導を行う人はその分野の経験者です。一方指導を仰ぐ方もその分野での経験者です。販売や経営に自社のノウハウだけでは限度を感じ外部の専門家に相談するわけですから、社内の専門家、経験者を納得させるだけの知識と経験が求められます。(理論や手法だけでは相手を納得させることは出来ません)

従って学卒でコンサルタントになることは出来ません。出来るのはコンサル会社の事務です。即ち、プロのコンサルタントが必要とする資料を探したり、データをまとめたりタイプしたり、プレゼン資料を作成したりする補助業務ならできるでしょう。

あなたが情報通信分野のコンサル業務に興味があるのであれば、その分野に就職し少なくとも営業、業務、企画などの分野で相当の経験をつむのが先決でしょう。経験の多寡によりアウトプットが決まってくるので、経験に見合ったコンサルしか出来ないでしょう。自ずから顧客層も限定されます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報