濾紙電気泳動をおこなうときに、pHはどのように関係してくるのですか?
また、pH6.0においてグルタミン酸、リシン、セリンの混合溶液の濾紙電気泳動を行うと各アミノ酸はどのように分離するのか、分かる方教えてください!!

A 回答 (3件)

 では私は後半を。

と言っても,edogawaranpo さんの回答で十分とも言えるんですが。

 edogawaranpo さんがお書きの様に,正(+)に帯電した分子は陰極(-)側へ移動し,負(-)に帯電した分子は陽極(+)側に移動します。もちろん,中性分子はどちらにも移動しません。

 ここで,アミノ酸には (+)H3N-CHR-COOH ⇔ (+)H3N-CHR-COO(-) ⇔ H2N-CHR-COO(-) の3種の状態が存在する事を思い出して下さい。この中のどの状態で存在するかは,溶液の pH で決ります。当然,酸性になるほど左の状態が多くなります。edogawaranpo さんがお書きの「等電点」では真ん中の状態で存在し,分子全体としては中性になり,等電点より酸性側では正(+)に帯電し,等電点より塩基性側では負(-)に帯電します。

 後は,「グルタミン酸、リシン、セリン」の等電点を生化学の教科書でお調べ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん、本当にありがとうです!!
これで疑問解決できそうです。

お礼日時:2001/11/15 17:19

前半だけ


電気泳動で分離精製しようとする物質は.大体が生体物質の蛋白質のような高分子でしょう。
すると.pHに依存して.末端かるぼん酸の電化が変化します。すると.移動速度が変化します。酸性では.かるぼんキシルきにHがついていますから.移動しにくく.アルカリ性では.Hが外れていますから.移動しやすくなります(逆だったかな?アミンの話だったかも知れません.1回学生さんがやっているのを見て.おもしろ半分に先生からいろいろ教えてもらったので.記憶があいまい)。

あと.アミノ酸のぱあいには.とう電点となるPhが存在します。ある特定のpH(等電点)では.電荷がなく移動しません。アルカリにすると-の電荷を受けて.+極に移動し.酸性にすると+の電荷をうけて-極に移動します(これも逆かもしれません)。
    • good
    • 0

こんにちは。



アミノ酸の等電点はご存じですか?

アミノ酸は、カルボキシル基(-COOH)とアミノ基(-NH3)がそれぞれイオンになりますが、この二つの基がイオンになる割合が変わります。
等電点 pH では、二つの電離が等しく、アミノ酸分子としては電荷が相殺されて電荷を持たないのと同じ状態になります。

等電点より低い(酸性)側の pH では、アミノ基が沢山電離しプラスに、高い方ではカルボキシル基が沢山電離してマイナスに電気を帯びます。

そうすると、どっちに引っ張られるかは判りますね。あとは、等電点の pH ↓から想像してみてください。


参考URL:http://www.sat.affrc.go.jp/saikin/Chromatography …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました!!
参考URLもとっても助かりました!!

お礼日時:2001/11/15 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSDS-ゲル電気泳動

SDS-ゲル電気泳動で、サンプル試薬をウェルにアプライするのですが、このサンプル溶液にグリセロールが入っていると実験書に書いてありました。
これは試薬をアプライしたときに試薬が拡散せずに下に落ちていくのに関係しているらしいのですが、これは何故なのか詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

sarurujiさんこんにちは。
簡単に言うと比重の問題です。
SDSでもアガロースでも電気泳動の際にはゲルを泳動用のbuffer中に浸した状態で流しますね。

その際ウエルが解放状態にありますので、当然アプライしたサンプルはbuffer中に
拡散しようとします。グリセロールはこれを防いでくれます。

グリセロール以外にシュクロースなどを用いたりもしますが、用は糖を高濃度で加えて
比重を重くしているわけです。

しかし、サンプルが20とか30とかになると、アプライしている最中に僅かながら拡散が始まったり、
ゲルに浸透し始めてしまうので、大量のサンプルを扱うときはパラフィルムなどの疎水シート上で
グリセロールや泳動用色素とサンプルをミックスして並べてから一気にアプライします。(既にやってるかもしれませんが)

Q酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

マンノースにカルボキシル基を持たせたいのです。

Aベストアンサー

結論から言いますと、できると思いますが

・マンノースの5つある水酸基のうち、どの部分に結合させるか
・アミノ酸のどの部分と結合させるか
(N-グリコシル化?それとも片方のCOOHとラクトンを形成?)

この2点を制御して、1種類の生成物を得るのは難しいと思います。

Q電気泳動のゲル

電気泳動の基礎的なことですが,質問させてください.
単純に考えると,電気泳動は電荷を持った粒子に電界中において移動させるものと思っております.このとき粒子が電気泳動する媒体(アクリルアミドゲルなど)は絶縁体なんですか?それとも導体とか電解質とかなんですか?
キャピラリー電気泳動なんかで,もしゲルが絶縁体だったら,キャピラリーがくねくねしていると電界が掛からないだろうし,導体だったら電流が流れてしまうし,電解質だったらゲル自体が電気泳動してしまうんじゃないかと思いました.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ゲル担体は電気的に中性と考えてよいです。
ゲルを満たしているバッファーは電導性です。

ゲル担体は「ふるい(篩)」として働きます。電荷によって移動する物質を、ふるいの通り抜けやすさで分離しているのです。分子量が大きいほどふるいの網目を通り抜けにくくなり、立体構造が網目に引っかかりやすいほど通り抜けにくくなります。

核酸の電気泳動、タンパク質のSDS-PAGEでは、分子量と電荷が比例するので、ゲル担体(ふるい)がなければ分子量にかかわらず同じ速度で移動します。
ゲルというふるいがあり、分子量が大きいほど通り抜けにくくなるので、分子量に応じた分離ができるわけです。

QL-アミノ酸とD-アミノ酸の違いは?

L-アミノ酸とD-アミノ酸の違いは何ですか?

Aベストアンサー

L-アミノ酸を鏡に映して見える像がD-アミノ酸の形です。

右手と左手の関係という感じですね。

物理的性質は変わらなかったと思います(遷光度が+と-が逆になるぐらいです)。

化学的性質も同じですが、構造だけが、右手と左手みたいな違いになります。

しかし、生体になると、話は変わります。

ほとんどの場合、L-型のアミノ酸で存在し、D-型のアミノ酸は、かなり少ないです(微生物がたまに使うぐらい?)。

Q電気泳動は何のためにするのでしょうか

米の品種判別実験でDNA抽出精製してからPCRをかけその後電気泳動するのですが、PCRはDNAが複製するんですよね、コレをやり電気泳動をすることで何がわかるのでしょう、また電気泳動は何をするため使われるんでしょうか

Aベストアンサー

例えば、農薬Aに対して、それを分解することで耐性を持つ品種を作るとすると、その品種が農薬A分解酵素を作るようにしてやればいいですよね。
そこで具体的には、農薬A分解酵素をコードした遺伝子を組み込んでやります。

上で組み込まれた遺伝子が増幅するようにプライマーを作ってPCRをすれば、改良された品種ではその部分が増幅されます。これに対して、その他の品種では何も増幅されないか、あるいは非特異的な増幅が起こります。
よって、PCR産物を電気泳動したときに、ある決まった長さ(プライマーデザインからあらかじめ分かっている長さ)のPCR産物が確認できれば、農薬Aの耐性を持つように品種改良されていることが分かります。

Q【髪の毛の主成分は「アミノ酸」です】って本当ですか? 髪の毛ってアミノ酸? というか髪の毛だけで

【髪の毛の主成分は「アミノ酸」です】って本当ですか?

髪の毛ってアミノ酸?

というか髪の毛だけでなく人間の身体って全部アミノ酸から出来ているので髪の毛だけに限った話ではないのでは??

髪の毛はアミノ酸から出来ている。体は何から出来ていますか?

あと美容メーカーの謳い文句で「髪の毛はアミノ酸から出来ているので、髪の毛にアミノ酸を塗り付けて髪の毛の品質を高めよう」ってアミノ酸から出来ているからアミノ酸を外塗りして髪の毛が本当に復活するのでしょうか?

アミノ酸で髪の毛の質を上げるという美容用品は水素水と同じエセ科学ですか?

Aベストアンサー

私たちの体の大部分は水とタンパク質で構成されています。
もちろん、私たちの髪の毛もタンパク質で構成されています。

そして、髪の毛は18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質でこのタンパク質のことをケラチンと呼びます。ケラチンは髪の毛以外にもツメや皮膚などの角質層を形成する成分となります。

(アミノ酸系のシャンプーが頭皮・頭髪に良いというのは髪の毛がアミノ酸で構成されているからです。)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9308147.html

Q電気泳動でのバッファー選択

ふと思ったのですが、アガロースゲル電気泳動ではTAEを、ポリアクリルアミドゲル電気泳動ではTBEを使うのはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

文意からするとDNAの電気泳動のようなので以下のURLを参考にしてください。
緩衝溶液の種類によって分離能が変わってくるようです。一般的に2種類の緩衝剤を混合して緩衝溶液を調製すると2箇所のpH領域で緩衝能を持ちますが、TAEやTBEの場合、そのような理由では用いられてはおらず、pH調整用に酢酸やホウ酸を加えているのでしょうね。

参考URL:http://bio.takara.co.jp/catalog/qa.asp?ID=53

Q有機溶媒におけるフタル酸水素カリウムpH標準溶液

フタル酸水素カリウムが水溶液におけるpH標準物質として用いられているのはご存知だと思います。
有機溶媒においてもフタル酸水素カリウムのpHの値付けがされているという事実は知っているのですが、具体的に有機溶媒の種類まで把握できておりません。
いま、参考書などを読んで、探しているのですが、なかなか見つかりません。
どなたか、種々の有機溶媒におけるフタル酸水素カリウムのpHがまとめられている文献などをご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pH標準液のことだね。
4pHの標準液として使われる。
これはJISで規格化されているのでJISのサイトを参考にすると良いだろう。
JIS K 0018~0023に規定されている。
しゅう酸塩pH標準液 (JIS K 0018)2pH
フタル酸塩pH標準液 (JIS K 0019)4pH
中性りん酸塩pH標準液 (JIS K 0020)7pH
ホウ酸塩pH標準液 (JIS K 0021)9pH
炭酸塩pH標準液 (JIS K 0022)10pH
りん酸塩pH標準液 (JIS K 0023)7pH

0℃、5℃から95℃まで5℃刻みで値が公開され補完式もあるがリニア補完で十分な精度を出せる。
ラボ用機器や計装機器においてPH計の校正(キャリブレーション)に使われるので
それら計装機器を扱っているメーカーやpH標準液を販売しているメーカーで値を公開している。
例:東亜DKK http://www.y-dkk.com/yusb01setu07.shtml

Q電気泳動の正確さ

電気泳動のことで質問なのですが、電気泳動はどれくらい正確に測ることができるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

ゲルの状態(濃度・均一性)によって若干ずれたりしますので、
精度はその時々によって異なる…というのが実感です。

また、ゲルの端と中央で温度差が生じると、サンプルの移動に影響があります(「スマイル」と言われていて、「( 」←こんな感じになります。)
誤差を防ぐためには
・ゆっくりと(50Vで)サンプルを流す、
・両端のレーンはできるならば使わない ほうが良いみたいですね。

Qアスパラギン酸グルタミン酸の構造式の覚え方

この二つはかなり似ていますが、ぱっと見分けるための覚え方(ごろ、名前の由来)などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

アスパラギン酸の構造式は、

あ す ぱ ら

と唱えながら炭素を4つ書いて、その両端をカルボン酸として、一方のカルボン酸のとなりにアミノ基をつければ出来上がり。

グルタミン酸の構造式は、

ぐ る た み ん

と唱えながら炭素を5つ書いて、その両端をカルボン酸として、一方のカルボン酸のとなりにアミノ基をつければ、同様に出来上がり。

私はこのように覚えましたよ。


ちなみにリシンの炭素数は

りしんりしん

で6個と覚えました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報