新築を考えています。
台所をガスにするか電気にするか迷っています。
共働きなので、メンテナンスのしやすい電気・・・
電磁波や、停電の時を考えるとガス・・・
料理は炒め物より煮物が多いです。
鍋は、一部無水鍋を利用しています。圧力鍋の利用も考えています。

お風呂もガスと灯油がありますが、経済的なことを考えると灯油かなあ、と思っています。
経済的なことも含めると、どちらが良いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 今晩は。

大分経ってからの回答ですが…。
 経済的なことを抜いての考えですが、私はガスをお勧めします。

 電磁波についてですが、健康問題に関しては疑わしいものは極力避け、予防策を採られることをお勧めします。「電磁波汚染」(天笠啓祐著、日本実業出版社)によれば、IHヒーターは家電の中でも強い電磁波が出る製品だそうです。また、電磁調理器が作る変動電磁場は、人体にも入って誘導電流を作り出し、体内に熱を生じさせるそうです。かなり距離をとっても強く被曝するみたいですね。

 体温が1度違うだけで、人は具合が悪くなったりしますし、男女の産み分けにも関係してきます。また、電磁波の影響については熱や感電などの作用の他に「非熱作用」という、免疫力を下げたり、ガンや白血病、色々な病気の原因物質となったり、促進作用をもたらしたりする働きがあると言われています。電磁波だらけの世の中ですが、なるべく使わなくていいものは使わないようにする、コンセントを抜く・電源を切るなどの姿勢が大事だと思います。

 IHヒーターに限りませんが、電磁波問題を扱った本は大きい本屋さんに行くとけっこう置いてあります。

 もし、将来、電磁波で具合が悪くなるようなことがあると、それにかける医療費が高くつくのでは、とも老います。将来の入院費代わり、と思えば、ガスは長い目で見て安くつくのでは…。
    • good
    • 1

2年前にオール電化で新築した者です。

(北九州在住)
夏・冬とも2シーズン過ごした経験からアドバイスをします。

(コンロ)
IHヒータのおかげで夏の台所回りの暑さから開放されました。それと掃除が非常にしやすく大助かりです。料理で1番助かるのは、揚げ物です。設定温度以上にはならないし、揚げている鍋に広告でふたができます(燃え移ることはありません)。そのおかげで油の飛び散る量が格段に減りました。中華料理など火力が必要な料理でも家庭料理であれば十分な火力はあります。またIHではのりをあぶれませんが、電熱ヒータも付いているタイプであれば問題ありません。マイナス面は鍋やフライパンをIH対応にする必要があることです。2年前に比べればずいぶん種類が増えたように思います。今お持ちの鍋がIH対応であれば新たに購入の費用はありません。(磁石が付けばOKです。)

(風呂)
深夜電力を利用した460Lのタイプを使っています。家族4人(夫婦、大学生、高校生)で冬場はたまに足りなくなることがあります(子供のシャワーがすごい)。追い炊き可能なので足りなくなりそうなときは、昼間沸かしていますが月に2~3回といったところです。マイナス面は考えつきません。

(暖房)
エアコン4台で暖房しています。みな帰りが遅いので居間以外は夜間電力(22時~8時)を使って暖房ということになります。居間はエアコンだけでは何となく頼りないので灯油温風ヒータを併用しています。本当は灯油はあまり使いたくなかったのですが(臭いに弱い)冬の寒さには勝てません。(北九州もけっこう寒いですよ)

以上オール電化のよいことばかり書いたようですが、けっして電力会社に回し者ではありません。料金は夏が1万円ちょっと、冬が2万前後です。ガス代はゼロです(配管してません)。それと停電の心配をしているかもしれませんが、今まで長時間の停電は1度もありません。停電が多い地域の方は止めたほうがよいかもしれませんが、それ以外の地域の方はお勧めだと思います。圧力鍋や無水鍋もIH対応があったと思います。2年間使った感想はオール電化にしてよかった、ということです。経済的にも結構お得だし、部屋がクリーンだし、火事の心配が少ないからです。長々と書きましたが参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

ちょっと見当違いな話になるかもしれませんが・・・。



我が家はガスコンロです。お風呂もガスコンロです。どっちもプロパンガスです。
冬場は1ヶ月のガス代が1万円超えることもあります(T_T)
どうやら他のガス会社と比べてべらぼうにガスの単価が高いのも原因らしいんですが・・・
反対に、数ヶ月前に新築した友人の実家は電気コンロだそうです。
どんなもんなのかなぁと思ってちょっと前に話を振ってみたら、
土鍋とアルミ鍋(雪平鍋とか)が使えない!しょうがないから鍋、買いなおした!と雄叫び上げてました(苦笑)
(どうやらかなりアルミ鍋に依存していたらしいです)
友人も、(アルミ鍋が)使えるのもあるのかもしれないけど・・・と言ってましたので、
もしご自宅にアルミ鍋が多いのなら、アルミ鍋の使える電気コンロがあるのかどうか、とかも確認してから導入を検討してみた方がいいかもしれませんよ。

そんなこと知ってるわよ!ということでしたら出しゃばってすみませんです。
    • good
    • 0

私もいろんな熱源を使用してきて,今はオール電化にしています。

それぞれの熱源にはメリットデメリットが当然あり,メリットだけに目を向けていては思わぬ落とし穴があります。
kirikariさんの生活環境から選択していきましょう。共働きということは,帰ってきてからあれもこれもやらなければならないことでしょう。それには手のかからないものが優先されます。
台所ですが,煮物のとろ火やてんぷらならIHが断然安心。中華鍋で豪快にあおりを駆使してなら,ガスのほうが有利。(IHでもあおりは出来ますが)
新築なら,IHの方が部屋が汚れないなー。燃費はガスも電気もほぼ同じ。

お風呂ですが,燃費の安い順から,灯油,電気,都市ガス,プロパンガスになります。
これもメリットデメリットがあり,一番高いプロパンガスは,大きな配管工事が不要,どの地域でも設置可能等のメリットがあります。
灯油は,給油や機械の耐用年数(これは使用している方にお聞きになってください),電気は大家族には不可能(深夜電力により沸かして貯湯しておきますが,そんなに大きなものは家庭用には無い。5~6人まで)

新築ならばどのような工事でも簡単に出来ますので,モデルルームなどで体験して,ご自分の生活環境に照らして決定されるとよいのではと考えます。

素敵なおうちを新築なさってください。
    • good
    • 2

先日、料理講座で初めてIHを体験しました。


煮魚を作ったのですが、沸騰する時間の早いこと!
焦がしてしまいました。(^^;
北電の方の説明によると、ガスの場合は空気の対流で回りに熱が逃げてしまうのが、IHは逃げないので熱効率がいいそうです。(ガス約40%、IH約83%)
燃焼ガスも出ないので、空気を汚さず換気も少なくてよいそうです。なので、光熱費は北海道の場合で一月500程度IHの方がお徳だそうです。
あと、いいなぁ、と思ったのが、「揚げ物」ボタンです。
170度なら170度に温度を調節して保ってくれるそうです。最近はどんどん進化しているんですね。
私も家を建てるときはIHかな、とちょっと考え始めました。お近くの電力会社などで体験できるんじゃないですかね?
    • good
    • 1

No4の回答で、紹介された回答者です。


環境に関して、住宅内だけの環境、地域の環境、日本の環境、地球環境のどこまで考慮するかで、考え方が変わります。

住宅内だけの環境を考慮する場合は、電気にメリットがあります。
コンロの場合で言えば、中毒事故がない、火災の危険性が比較的低い、汚れの付着物を除去しやすい。
給湯の場合は、メンテナンスフリー、全自動、政策的低料金。

地域の環境を考えた場合も、電気にメリットがあります。
発電所は、遠隔地にありますので排気ガスの影響がない。
危険物である灯油、ガスの貯蔵やパイプラインが不要。

日本の場合でも、電力に利点があります。
資源小国の日本は、それを逆手にとって、原子力立国としての技術を確立しています。
しかし、その廃棄物を処理するのは誰でしょう。
現在電力の寄与を受けている我々ではありません。
自分たちの子孫にツケを廻していることに他なりません。

地球環境的な視点はすでに例にあげられた回答で触れました。

現在、一般的に使われている、電気、ガス、灯油、はどれもドングリの背比べです。
地球環境の視点から見れば、何を選択しても負荷は免れません。
循環可能なエネルギーを、主力に据えない限り、自己満足の範囲内での選択になります。

では、お前はどうしているのだ?と言われるかもしれませんが、
私は、『薪』を主エネルギーとして、熱源として使っています。
だからと言って、山中の人里はなれたところに住んでいるわけではありません。
電気、ガス、灯油も補完的に使っています。
現状では、この三種の神器?なしには社会生活ができないようになっています。
しかし、このサイトで一貫して地球環境を優先したアドバイスをしている立場として、自分でできもしないことを他人にアドバイスできません。
単なる評論家にはなりたくありませんし、説得力がありません。
でも、悲壮感など微塵もありませんよ。
参考までに薪ストーブの三大メリットを上げておきましょう。
1.薪割りで体を使い、体が丈夫になるとともに、体の心から熱が湧き出してきます
2.薪をくべた『薪ストーブ』の遠赤外線放射で、体や部屋全体がぽかぽかと暖められます。
3.薪ストーブの上で、お鍋を置き、コトコトと煮込んだ煮込み料理を頬張って、おなかの中から体が温まります。
さらに、排出される二酸化炭素は、樹木が蓄えていたものなので、他の樹木の生長によってまた蓄えられます。
増加しません。山も息吹を吹き返します。
環境負荷は最小限に押さえられます。おまけに体に良い。
現状では変わり者生活と位置付けられてしまいますが、ほんの数十年前までは当たり前でした。

当たり前を、やらない代わりに捨てたものを念頭において、なるべくで結構ですから自分以外に負荷の少ない設備を選んでください。
総論的な理屈ばかりで、具体性に乏しいアドバイスで申し訳ありませんでした。
ワンポイントアドバイスを付け足しておきます。

コンロは、とろ火機能付きで、立ち消え検知装置の付いたガスコンロ。
我が家でも、「ビタクラフト」のなべがほとんどですので、これで無水調理をしています。

お風呂は、給湯タンク(100リットル以上)を備えた灯油焚き。
環境負荷は無視して、家計の経済性で選びました。
    • good
    • 1

電気厨房については最近は電磁調理器と赤くなるヒーターを


組み合わせたシステムキッチンがあると思いますが、電磁調理
器用の鍋は、結構高価です。電磁調理器用と謳ってあっても
安物を買うと“かかり”が悪くて火力が出ずにストレスの
元となるかもしれません。電磁波については統計学上人体に影響
は無いと言われています。ただ、”統計学上”と言うのが”ミソ”
ですのでもし気になるようでしたらガスにしたほうがストレス
が減るのではないですか?(統計学については別途お調べ下さい)
私の自宅はガスコンロ、ガスファンヒーター、ガス炊飯器、
ガス給湯器。夫婦2人暮らし。冬にはガス代は2万円突破という
悲惨な状況です。
    • good
    • 0

最近、同様の質問がありましたので参考にしてください。


「ガスと電気の給湯器・・・」
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=165797
特にNo.5の回答には考えさせられます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=165797
    • good
    • 0

電気コンロを使ったことが無いので誤解が入っているかも知れませんが、


少ないとは言え炒め物をしますよね。
その時フライパンを返したり、ちょっと浮かせてゆすったりとかしますよね。
ガスだとその間もフライパンに熱を加えられますが、
電気コンロの方は、電磁誘導と言う仕組みを使ってる関係で
コンロとフライパンの距離がある程度近くないと発熱しません。
つまりフライパンを返してる間とか浮かしてる間は余熱で調理することになります。
フライパンをコンロから離さないで料理するって、毎日のことになると
ちょっとうっとうしく感じるかもしれません。

炒め物は少ないそうなのでたいした問題ではないかもしれませんが、
新築と言うことで据付のようなのでちょっと気になりました。

ちなみに、停電対策でしたらカセットコンロを一つ買っておけば何とかなりますね。
    • good
    • 0

問題は、電磁波でしょうか?


電磁波については賛否両論ですので、迷うところですね。

でも、便利さから言えば、電気コンロでしょうか?
ホームステイしていた家が電気コンロを使っていたのですが、とにかく便利&快適でした。掃除も楽ですしね。

IH式だと、鍋自体が発熱するように加熱するので、熱効率が極めて高く火力もガスコンロ以上です。
排熱(回りの空気を暖めてしまう熱)が少ないため、キッチンの気温上昇が少なく冷房代がかからないですしね。
炒め物が少ないのでしたら(炒め物も焦げるほど火力はあります)、やはり電気がいいかもしれませんね。
いろんな機能もついていますし。
一軒家でしたら、太陽光発電システムを取り付けると、停電の時も安心です。(長時間だと、ちょっと厳しい?)

お風呂は経済的なことを考えると、灯油でしょうね。
ガスの1/2ぐらいのコストで済みます。
昔住んでいた家は、灯油を使ってお風呂・暖房をしていました。
でも、(今はどのようなシステムになっているのかわかりませんが)給油を頼み忘れると、お風呂にも入れず寒い1日を過ごさなくてはなりませんでした・・・。
今も給油に来て貰わなければいけないのでしたら、あまりお勧めしません。

長々と書いてしまいましたが、暫く共働きを続けられるのでしたら、キッチンは電気(便利さ)、お風呂はガスにされてはいかがでしょうか?(給油を考えて)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低電圧電気取扱者に対する労働安全衛生特別教育講習会

タイトルの定電圧電気取扱者ですが、実際にどのレベルのものでしょう?
規定では600V以下とか、敷設されたものとかですが、
例えば、車の12Vバッテリー交換もこの講習を受けていないと仕事としてはできないんでしょうか?

仕事でとある製品に内蔵されている12V、24Vのバッテリーの接続や取り外し、交換を行っていますが、違法行為でしょうか?

Aベストアンサー

50V以下は規制対象外です(そうじゃないと乾電池交換もできなくなる)

Q【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、 電気

【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、

電気会社も「電気とガスを一緒に電気会社に委託してくれたら安くするよ!」と言うようになった。

ガス会社に合体して請求して貰うか、電気会社に合体して請求して貰うかですが、

ガス会社が積極的で、「うちでシュミレーションするよ!無料で調べるよ!」と言って、

調べてもらうと、

当たり前だけど「ガス会社に一択してくれた方が安くなります」と言って、

ガス会社に電気も委託する人が増えているが、

もし電気会社が「うちがシュミレーションするよ!」と言って調べてもらったら、

多分、電気会社に一択してくれた方が安くなりますね。と言いそうな気がします。

これって既存の顧客をガス会社と電気会社が取り合っていて、結局既存会社に委託することになるんだから何で安くなるのか理解出来ませんよね。

再委託するわけだから、両社は営業費分だけロスが生まれるので、この営業費分を顧客負担に上乗せされるので安くなるはずがないと思うのに安くなっているので、どちらかの委託に移った人だけ得をして、従来のままの客は営業費分上乗せされてなぜか既存ユーザーが新規ユーザー分の負担を払わないといけない携帯キャリアと同じ泥沼に総務省に嵌められて入れられた感じがします。

営業費が追加で発生しているのに安くなる不思議。

誰がその追加分を負担しているのでしょう。

【電力自由化でガス会社が「ガスと電気を一緒にガス会社に委託してくれたら安くするよ!」と言い】、

電気会社も「電気とガスを一緒に電気会社に委託してくれたら安くするよ!」と言うようになった。

ガス会社に合体して請求して貰うか、電気会社に合体して請求して貰うかですが、

ガス会社が積極的で、「うちでシュミレーションするよ!無料で調べるよ!」と言って、

調べてもらうと、

当たり前だけど「ガス会社に一択してくれた方が安くなります」と言って、

ガス会社に電気も委託する人が増えているが、
...続きを読む

Aベストアンサー

電力自由化は、例えばガス会社が電力会社から委託を受けているわけではありません。
つまり委託料だけが増えて料金に上乗せされる(はず?の)ところ、それを既存客に転嫁するというのではありません。
早い話、今までは住んでいる場所に応じて電気の供給を受ける電力会社が固定されていたのが自由になった、しかも電力会社に限定されていませんから、東京に住んでいても東京電力と契約する必要はなく、東京ガスから電気を買うことができるようになりました。
で、東京ガスは例えば、東海電力から電気を安く買って売るというようなことをするわけです。それと今までよりも自由に割引プランを設定するわけです。
ですから別に転嫁が起こっているのではありません。
https://www.tainavi-switch.com/contents/437/
https://www.fhrc.jp/denryoku/magazine/details_5.html
ちなみにガスの自由化は個人消費者向けはまだです。4月からなので今は種をまいているところでしょう。

Q低圧電気取扱特別教育について質問です。

低圧電気取扱特別教育について質問です。
電気工事士(2種)の資格だけでは、電気工事はできないのでしょうか?
小職なりにしらべると、電気工事士(2種)は安全品質上の資格(経済産業省)であって、低圧電気取扱特別教育は工事士本人の安全(安全衛生基準法)についてである。
どちらもないと電気工事はできない?という認識になるのですが、電気工事士(2種)を取得したときは、低圧電気取扱特別教育について何も触れていなかった?と思うのですが、低圧電気取扱特別教育とはどういう位置付けになりますか?

Aベストアンサー

電気工事士のほうは、通常電気の来ていない状態の低圧電路の工事になります。
低圧電気取扱特別教育は、充電電路の場合で、特に充電部分が露出している開閉器の操作をするときに必要となります。
したがって、通常の電気工事では、低圧電気取扱特別教育は必要ないように思えますが、仮設電源などがあるため、この操作をするときは、工事士の免許だけではダメで、低圧電気取り扱いが必要になります。

Q電気炊飯器と、ガス炊飯鍋のランニングコスト

中部電力、東邦ガスです。
電気炊飯器は、タイガー製で、1合でも3合でも蒸らしを入れて、約1時間掛かります。
ガスの方は、コンロに炊飯ボタンがあるので、それを利用すると、蒸らしを入れて30分程度で炊けます。
ガスの場合、炊飯中は、何度も炎が小・大します。

それで、上記の各々のランニングコストはどれくらいでしょうか?
ちなみに電気炊飯器の消費電力(炊飯電力)は、1,210Wと書かれています。

Aベストアンサー

中部地域在住ではないので、東邦ガスとやらが都市ガスなのかプロパンガスなのか存じませんが、プロパンガスなら電気炊飯器の方が安いでしょう

都市ガスだと微妙です

電気炊飯器の消費電力は最大値で、炊き始めから終わりまでずっとその電力ではなく、美味しく炊き上がるように常に火力を調節します
ガスも同様です

正確に知りたいのなら、実験するしかありません

同じ量のご飯を炊いて、電気メーターとガスメーターがどれだけ増えたかで、それぞれ正確な使用量がわかります
使用量がわかったら、それぞれの単価をかければコストが割り出せます
無論、実験の際は、炊飯器以外の電気製品やガス製品は完全にオフにする必要があります
電気製品は単純にスイッチでオフにしても待機電力がかかっている場合もあるので、コンセントを抜くかブレーカーを切ることが必要です

Q安全衛生教育の実施目的

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめとする多くの事業場では、職長は仕事を能率的に進めることに加えて、部下の健康と安全を確保する上で重要な立場にあります。
一方、建設業においては、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働災害を防止するために、その現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要とします。そして、選任された安全衛生責任者は、現場の第一線監督者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を的確に果たすことが求められています。
  このような状況を踏まえ、厚生労働省より『職長・安全衛生責任者教育』が示されおり、この教育を修了した者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者とすることが認められています。

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめと...続きを読む

Aベストアンサー


安全衛生管理体制を敷くため

安全衛生法で決められています

安全衛生責任者教育とは安全衛生責任者として必要な事を研修する事であって 全体に職場の安全衛生環境を向上させる為に責任者としてどのような確認をしてどのように必要なときは処置を行うのか?

職長教育というのは社内でやる事ですから業務としての教育だと思うので法定のものではないと思います。(さまざまな法定事項の確認もあるでしょうが)

Q【ガスと電気の将来】将来的に無くなるとしたらガス会社が無くなるのでしょうか? インフラとして将来的に

【ガスと電気の将来】将来的に無くなるとしたらガス会社が無くなるのでしょうか?

インフラとして将来的にも残り続けるのはどちらだと思いますか?

50年、100年スパンで考えると今後ガス会社は無くなる気がします。

プロパンガス会社が淘汰されていったようにガス会社も淘汰されていく運命な気がしてます。

震災など災害時に早く復旧するのは電気です。

ガスがなくてもオール電化で全て電気で過ごせる時代になっていくと思います。

まさかガス会社が残って電気会社が無くなるって想像出来ますか?

ガス会社はいつぐらいにプロパンガス会社のようにインフラのメジャーからマイナーな会社になっていくと予想してますか?

200年後にガス会社が存在していると思えないんです。

都市ガス会社の話です。

Aベストアンサー

50年では非現実でも、100年スパンだとガス会社どころか電気会社もなくなってるんじゃないかな?有線送電網はすでに維持に無理があるので。

ガス会社がなくなるときは、ガソリン機関の自動車や飛行機が全部なくなった後です。
原油採掘の副産資源なので、石油を使うかぎりガス会社は淘汰されません。
インフラって末端の分布問題じゃなくて、根本の資本力の問題なので。

Q【法律・電気用品安全法】 電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。 どこで見れます

【法律・電気用品安全法】


電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。

どこで見れますか?

Aベストアンサー

経済産業省 電気用品安全法

特定電気用品(116品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

特定電気用品以外の電気用品(341品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/non_specified_electrical.html

Q都市ガスのガスヒーターか、電気エアコン。どちらがお得?

現在、都市ガスのガスヒーターを暖房に利用しています。
ガスの利用は、他にお風呂程度なのですが、冬季は1ヶ月のガス代が1万5千円程度になることもあります。(2人暮らしで、日中はあまりガスを利用していません。)
ただガスヒーターを使うくらいなら、電気代のほうが料金がお得ではないか?と言われ、電気エアコン(電気代年間22000円と表示されていた省エネタイプ)に使用を切り替えようかと迷っています。
立地的に(坂や階段が多いので)灯油ストーブは無理なので、ガスか
電気で迷っています。何かよいアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

1) 都市ガスは 1KWh当り、概ね 10円です。
2)電気は 1KWh当り 概ね 20円です。
3)赤外線ヒーターなどの電気ヒーターを其のまま使えば電気代は2倍掛かります。
4)但し エアコンの場合は外気の冷熱を圧縮し温風を造っています、電気エネルギーが直接熱になる電気ヒーターと異なり、1/5程度の電気で同じ暖房が出来ます。
5)従って 1kwhの熱を得るのに、0.2kwhの電気ですみ、4円でよく、都市ガスのストーブの40%の燃料代となります。
6)2人で都市ガスが1万5千円も使うのであれば、恐らく暖房で8000円を使っているでしょう。
7)エアコンに切り替えれば、3200円程度で済み、4~5千円の節約が出来ます。

電気代年間22000円と表示されていた省エネタイプ
8)年間電気代 22000円とは、1日に18時間使用して、年間に暖房5.5ヶ月、冷房4.5ヶ月、東京の気温を基準です、実際に18時間も使う家庭は少ないと思います。

まとめ エアコンは都市ガスの4割程度のコストで同じ効果です。

Q安全衛生責任者教育講師資格について

安全衛生責任者教育講師の資格を持っていますが、安全衛生責任者の資格とは同等なのでしょうか?再度、安全衛生責任者教育を受けなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

講師資格をお持ちでしたら、自分で教育したと記録を残せばよろしいのでは?

冗談はさておき、安全衛生責任者になる要件はけっこうあいまいな部分がありますので、講師資格でなっても文句を言うところはないと思います。

RSTをお持ちなのでしょうか?

職長、リスクアセスメントのからみはどうなのでしょうか?

Q【法律】電気用品安全法の分類の不思議 電気用品安全法の特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品の分類

【法律】電気用品安全法の分類の不思議

電気用品安全法の特定電気用品と特定電気用品以外の電気用品の分類の仕方に一定の規則性がない気がします。

これはどういう括りで分類しているのでしょうか?

蛍光灯はどちらに該当しますか?

蛍光灯用安定器は特定電気用品で、蛍光灯電線は特定電気用品以外の電気用品です。

蛍光灯の照明器具の本体はどちらに該当しますか?

あとバリバリの電気用品だと思う3相かご型誘導電動機などの電動機が特定電気用品以外の電気用品ってどういうことですか?

電動機は正に特定電気用品な気がするのですが。

適当に作っても特定電気用品ではないので別に厳しい規格基準がないってことですよね。

ベル用変圧器やリモコン変圧器、ネオン変圧器などの変圧器も特定電気用品ではない。

なぜきっちりした基準が必要そうな電動機や変圧器まで特定電気用品に入れなかったのでしょうか?

理由を教えてください。

電気用品安全法を作った人が分類を適当にした?

なんら規則性を感じないんですけど。

Aベストアンサー

規則性はあります。
電気用品安全法は、その前の法律である電気用品取締法を規制緩和する為に成立しました。
電気用品で特定電気用品として、政令で指定する範囲は以下の基準で定められています。
「その構造又は使用方法等の使用状況により危険が生じるおそれの高いものとして、①長時間無監視で使用されるもの、②社会的弱者が使用するもの、③直接人体に触れて使用するもの」といったものが指定されています。
したがって、動力機器などの三相電源の機器は指定されていません。
ネオン変圧器などは、一般の人が手を触れる機器では無いので、指定されていないわけです。
ベル用変圧器やリモコン変圧器は、1次側配線のみ電気工事士が電源に接続する形式のものは、電気工事士以外は手に触れないし、一般の人が触れるのは、60V以下の2次側配線だけなので、指定されていません。(1次側は電気工事士以外は手を触れる事は出来ないようになっているはずです)
蛍光灯の場合は、安定器別置型の場合は、一般の人は手を触れませんが、照明器具に内蔵されている形式の場合は、蛍光管を交換する場合に手を触れる可能性があるので、指定されています。(あくまで、安定器のみが対象ですから、器具自体は指定されていません、ただし組み込まれているので、結果的には、PSEの認証機関の認証は受けているでしょう)

規則性はあります。
電気用品安全法は、その前の法律である電気用品取締法を規制緩和する為に成立しました。
電気用品で特定電気用品として、政令で指定する範囲は以下の基準で定められています。
「その構造又は使用方法等の使用状況により危険が生じるおそれの高いものとして、①長時間無監視で使用されるもの、②社会的弱者が使用するもの、③直接人体に触れて使用するもの」といったものが指定されています。
したがって、動力機器などの三相電源の機器は指定されていません。
ネオン変圧器などは、一般の人が手...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報