新聞、テレビなどの報道の仕方の問題点について知っていることを教えてください。

A 回答 (3件)

 マスコミの犯罪に関する報道について少し述べさせてください。



 私たちは「○○事件の犯人は誰々であった」というような表現を、新聞やテレビでしばしば見かけます。凶悪な事件の終末(?)をセンセーショナルに報道し、かき立て、世間の注目を集めます。これを目にした多くの人々は、「あの事件もついに解決したか」とか「ようやく犯人が捕まったか」などと思うでしょう。問題はここにあります。マスコミは、被疑者が警察に逮捕されたという事実のみでその被疑者を犯罪者と決めつけ、事件はそれで終了したかのように扱います。しかし、実際にはその被疑者が犯人かどうかはその後の取調べや裁判などの様々なプロセスを経て初めて判明します。被疑者の段階では、彼が犯罪者かどうかは、マスコミはおろか警察にすら分かりません。にもかかわらず、マスコミは被疑者を犯罪者として扱い、またそれを裏付けるような曖昧なニュースソースによる様々な情報を書き立てて世間の注意を引き、解釈を押し付けます。多くの人たちはそれを信用して、マスコミの解釈を「真実」として受け止めます。

 マスコミにとっては情報が商品です。商品は売れなければなりません。マスコミにとって、犯人が誰であるかを慎重に確実にあぶり出すことよりも、不十分な情報による事件の解決というセンセーショナルな記事の方がよほど商品としての価値があります。マスコミは自らの記事に対しては責任を負いません。「誰々が犯人であった」と言った翌日に、「誰々は実は無関係であった」と述べることもままあります。彼らにとっては、真実を追求することよりも商品が売れることのほうがはるかに重要です。これこそが冤罪助長の温床であると言っても過言ではないと思います。

 マスコミが社会の木鐸であった時代はもはや過ぎ去りました。彼らもまた、他の企業と同様に利益を最重視します。あとは私たち受け手がマスコミの報道をいかに冷静に受け取るか、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 まったくその通りだと思います。
 今のマスコミは事の真実よりも利益を考えた報道になってきていると思います。
 回答有難う御座います

お礼日時:2001/11/21 20:16

 問題点はいろいろありますが、一つは杜撰な報道があることです。

これは取材の精度ではなく、取材以前の基本的知識が欠けている報道だということです。

 たとえば先日の浜岡原発の事故では、読売新聞と朝日新聞に「放射能を含んだ水」という表現がありました。これが論理的におかしいことは、少し考えれば(あるいは辞書を引けば)誰でもわかると思います。

 また、アフガン攻撃のためにインド洋に向かうアメリカ海軍の映像に、TBSは「戦艦」というテロップを付けました。戦艦(battleship)に分類される軍用艦は20世紀中にすべて退役し、今ではどこの海軍も持っていません。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/chatarou/essay/99-10-0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 戦艦というものが無くなっていたとは知りませんでした
 回答有難う御座います。

お礼日時:2001/11/21 20:06

もっとも問題にされていることはニュースに中立性がないということです。


昨日のニュース番組であるアンケートの結果が読み上げられました。

最初のアンケート
「自衛隊を派遣することをどう思うか?」
賛成40%くらい、反対47%くらいでした。このときのキャスターの
コメントは「反対が多数をしめました」というもので結果も画面に
表れていました。

次ぎのアンケート
「派遣によってテロが抑制されると思うか?」
思う47%くらい、思わない40%くらいのほとんどさかさまな結果に
なりました。このときのキャスターのコメントは「思うが思わないを
僅かに上回りました」といった感じのもので、結果も1秒映ったか
どうか分らないほどです。

アンケートの結果を改ざんすることはないんでしょうが、
結局、伝え方に局もしくはキャスターの主観が反映されていると思います。
他にも52%と48%というアンケート結果でも都合によって
「反対が過半数を占めました」という場合もあれば
「ほとんど変わりませんでした」という場合もあります。
注意して見ると面白いですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答して頂き有難う御座います。
 ニュース番組はnoribou11さんの言う通り確かに中立性がありませんね
 今度からはいろんな点に注意して見ていきます。

お礼日時:2001/11/21 19:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマスコミの問題点を小論文に・・

マスコミの問題点を論じて小論文に書かなければいけないのですが、難しくてうまく書くことができません。

プライバシー侵害、捏造問題(トライしてみたものの難しくて途中で諦めてしまいました)など色々あると思うのですが、比較的論じやすく解決策が提案しやすい問題は何でしょうか??。

できれば最近のニュースぼどを例にあげて教えて下さると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 マスコミの問題は大きく言えば、構造的問題と報道的問題に分けられるかもしれません。構造的問題というのはマスコミが社会構造のなかでどういった仕組みになっていて、報道をしているかということで、マスコミが民主的な媒介者として適切に機能しているのだろうかということ。

 もう1つは報道そのものに偏りがあったり、嘘八百だったりするという問題。多くの場合は構造的な問題も関わっています。

 前者の場合は、たとえば記者クラブ制度の存在です。このとっかかりは宮台真司と神保哲生のまる激トークオンデマンドの対話を本にしたのが良いでしょう(いまは3冊あります)。古いですが、今なお重要な問題を提示しています。記者クラブがメディア企業の寡占的状況を生み、小さなメディアが参入するのに歯止めをかけています。これによって情報の多様性が否定され、画一的な情報が流れます。もちろん人々が同じ情報を受容し、一面的な見方だけを採用してしまうので、あほになります。この意味で長野県元知事の田中康夫が県の記者クラブを廃止したのは強力な改革でした。(もちろんメディアからつるしあげにあいましたが・・・)

 後者はいろいろありますね。

 戦争報道が一番楽かもしれません。新書でもいくつか出ていますから。
わかりやすいのはイラク戦争の偏った報道。「アメリカのイラク侵攻は正当だ、正義だ!」と一面的に報道した結果、大衆はみなそれを信じ込んでしまいました。9・11直後、この無批判な戦争肯定論に対して「待った」をかけようとした人たちが何人かいましたが、みなつるしあげにあい、つぶされました。

 あとは人権侵害に近い報道。たとえば公判中の人はすぐ悪魔的な犯人であるかのように報道されがちで、ほんとうは無罪だった人なんかが多大な社会的被害を被っています。このあたりは浅野健一が書いていたと思いますが・・・あと有名なのは、イラク戦後復興の取材にいって人質にとられた3人の人がいましたよね。彼らが帰ってきた時、小泉が「けしからん、自己責任をしっかりやってほしいものだ」と行ったことをうけ、日本のバカマスコミは小泉にのて自己責任論を巻き上げ、3人を批判。フリーランスのいわば同業者をつぶしにかかりました。

 これは海外メディアからは日本メディアが頭がおかしいのではないかとずいぶん批判を浴びています。結局、構造的問題がからんでいます。メディアの寡占的な状況が、きわめて偏った報道で一面的に述べるという悪い報道を繰り返しています。

 プライバシー侵害は被害者の講演など本が出ていますから、そこからベースにすると良いでしょう。

 マスコミの問題は大きく言えば、構造的問題と報道的問題に分けられるかもしれません。構造的問題というのはマスコミが社会構造のなかでどういった仕組みになっていて、報道をしているかということで、マスコミが民主的な媒介者として適切に機能しているのだろうかということ。

 もう1つは報道そのものに偏りがあったり、嘘八百だったりするという問題。多くの場合は構造的な問題も関わっています。

 前者の場合は、たとえば記者クラブ制度の存在です。このとっかかりは宮台真司と神保哲生のまる激トー...続きを読む

Q新聞とテレビの報道の違い。

質問の通りです。新聞報道と、テレビ報道の、双方のメリット、デメリットを教えてください。
また、この質問の答えになるようなサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

他の人の答えももっともだと思うのですが、さらに付け足すなら。

テレビ
1メリット:臨場感をもって伝えられる
デメリット:扇情的になりやすい
2メリット:次々新しい情報が与えられる(受身でも情報がたくさん手に入る)
デメリット:すぐに情報が薄れる

新聞
1メリット:一旦文字に置き換えるので比較的冷静
デメリット:現場の空気を伝えにくい
2メリット:文字として情報が残りやすい
デメリット:自分から読むという行動をしないと情報にたどり着かない

これらも上げられるかな。
最近ではテレビの速報性も、ネットにとって代わられつつありますし、さらにさまざまなメディアとの比較も必要でしょうね。

Q新聞とインターネットニュースのメリットデメリット

新聞は金がかかる反面、嫌いなものも好きなものもまんべんなく詳しく読める。
ネットニュースは無料だが、画面を長時間見ると疲れる、読む内容が好きな記事に偏る、いろいろありますが、皆さんは新聞とインターネットニュースにそれぞれどんな魅力や欠点があると感じていますか?

ネットニュースメインの方は新聞しか読まない方をどう思うか。新聞メインの方はネットでしかニュースを読まない方をどう思うか、もそれぞれ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。30歳既婚女性です。
我が家は新聞はとらずにネット(とテレビの)ニュースを見ています。

新聞は月額料がかかるし、古新聞を古紙回収に出すのが面倒だし、実際にとっていたときはテレビ欄氏か見ない日が多かったので・・・。広告見て買い物で得する金額と新聞代では圧倒的に新聞代のほうが高くつくと思いました。テレビ雑誌を買うほうが安いし、携帯やネットでもテレビ欄を見れますし。
他の方も書かれていますが、契約・解約が面倒くさいし、引っ越した先の新聞やがガラが悪かったりと嫌な思いをしたこともあります。
ただ、4コマ漫画は好きなので見たいですね。(^-^)
現在は雪国で暮らしているので、「寒いのに郵便受けまでとりに出るのが嫌だ。」というのもあります。(笑)

ネットのニュースは常に新しい情報が更新されているから気になる情報がいち早く手に入る。その反面、不確かな情報もたくさん流れていますけど。
携帯でもたいていのニュースは手に入るので「いつでもどこでも」見られるという便利さが私にとっては最大の魅力かもしれません。何よりも情報料は無料ですからね。


新聞しか読まない人をどう思うか・・・
私たちの親世代はほとんどがそういう人だと思いますが、別にどうも思いません。ネットで見たい人にはネットのほうが好きな理由もあるし、新聞だけの人も新聞が好きな理由がそれぞれにあるから。
わかりにくい書き方をしてしまったような気がしますが、私はこう思います。

こんにちは。30歳既婚女性です。
我が家は新聞はとらずにネット(とテレビの)ニュースを見ています。

新聞は月額料がかかるし、古新聞を古紙回収に出すのが面倒だし、実際にとっていたときはテレビ欄氏か見ない日が多かったので・・・。広告見て買い物で得する金額と新聞代では圧倒的に新聞代のほうが高くつくと思いました。テレビ雑誌を買うほうが安いし、携帯やネットでもテレビ欄を見れますし。
他の方も書かれていますが、契約・解約が面倒くさいし、引っ越した先の新聞やがガラが悪かったりと嫌な思い...続きを読む

Qマスメディアとメディアの違い

タイトルと同じなんですが、マスメディアのメディアはどこが違うのでしょうか?
マスコミ関係の勉強をしていて疑問に思ったことです。

Aベストアンサー

メディアとマスメディアは混在して使われる(同じ意味で)場合も多いですね。

メディアは直訳で媒体(紙ー印刷物、電波、DVDなどの電子メディアなど)ですね。メディアを情報を伝える手段(方法)と考えれば:

情報を伝えるのに、直接人から人に伝えるのではなく、媒体を介して伝える。狭義には、特定の目的を持って、特定の人から特定の人に伝える媒体、簡単な例ではポストイットのような「メモ」もメディアですね。車載搭載のカーナビもメディアです。

マスメディアは、不特定多数の人々に手軽な媒体(テレビ、ラジオ、新聞など)を介し、情報を伝えると考えられるのではないでしょうか。

注)マスコミはマス・コミュニケーション

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む

Q過去の人権侵害や報道被害について教えてください。

過去のニュースや新聞での人権侵害や報道被害は、どのようなものがありましたか。なるべく詳しく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マスコミの報道の自由をかさにきた大衆イジメは許せないですね!以下ウェブ「日本を守るのに右も左もない」他より引用しました。


ケアすべき人たちを傷つけるマスコミ報道
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=153401

生徒の心を傷つけても平気な朝日は許せない! ~04年「アエラ」の記事より~
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=152504

マスコミの捏造報道が地域医療を破壊した。http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=153436

司法の世界では「表現の自由」より「報道被害」を重視
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?t=100&o=10391&k=30

「坂本弁護士一家殺害事件」に見るマスコミの問題性
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=151706

報道が正義を唱えれば、事実は歪曲される
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=152523

浅野ゼミ
http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/

マスコミの報道の自由をかさにきた大衆イジメは許せないですね!以下ウェブ「日本を守るのに右も左もない」他より引用しました。


ケアすべき人たちを傷つけるマスコミ報道
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=153401

生徒の心を傷つけても平気な朝日は許せない! ~04年「アエラ」の記事より~
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=152504

マスコミの捏造報道が地域医療を破壊した。http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=153436

司法の世界では...続きを読む

Qテレビの問題点

テレビが人に与える悪いところ、問題点はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

・良くも悪くも影響力が大きい。
・必ずしも正しい情報とは限らないが、一方的に報道されるので鵜呑みにすると大変。
・コメンテーターが一人だと、情報の正しさや問題点の大きさが分かりにくい。(反論者が必要)
・CMでは、メリットしか言わないので、デメリットが分からない。
・あまり見すぎると依存症になったり、考えなくなる。

Q日本のメディアと海外メディアの比較

日本のメディアと海外メディアの比較


日本のメディアが海外メディアに劣っている点・優っている点を調べているのですが
検索方法がへたなのか、調べることができません。

日本のメディアが海外メディアに劣っている点・勝っている点はどういうところがあるでしょうか?

多くの回答がもらえれば幸いです。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

上杉隆氏の著書『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)、『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 (小学館101新書) がお薦めです。
上杉氏は現在はフリーランスですが、以前ニューヨークタイムスの記者をしていたこともあって海外メディアとの比較が随所に書かれています。

劣っている点だけになってしまいますが、私が思いつく日本のメディアの問題点は下記です。

●記者クラブの問題点
「画一報道」相手組織対クラブ組織という取材の形が常態化すると、画一的な報道が横行する。

「ぬるま湯」独自取材への意欲を失い、発表情報を無批判に右から左へ垂れ流すだけの仕事に疑問を感じなくなる。

「癒着」発想や思考法まで取材相手の当局や大組織に似てしまう危険がある。毎日相手の話ばかりを聞いていれば洗脳もされる。

「閉鎖性」様々な便宜供与はメディア側の既得権益と思いがちだが、本質は国民(読者、視聴者)の既得権益なのだ。外国のメディアやフリーのジャーナリストにも解放されるべきである。

●新聞社において記者・編集サイドと経営サイドが近すぎてジャーナリストの独立性が保たれていない。

●匿名記事が多く、責任の所在がはっきりしていない。

●誤報、虚報に対しての謝罪、検証が不十分である。


★テーマとはズレてしまいますが、参考まで上杉隆氏の「記者クラブ崩壊」より一部抜粋いたします。

◎筆者がずっと言っている『官報複合体』-官僚機構とメディアの癒着こそが問題なのに、記者クラブメディアほその事に気づいていないか、もしくは気づいていても触れようとしないのである。本来、検察とは別の視点からも取材し、それによって得た事実も合わせて報道し、その上で独自の判断を下すのが世界のジャーナリズムの常識である。ところが、日本の記者クラブメディアはその基本を忘れ、”捜査ごっこ”に協力してしまっている。

◎『スピンドクター』を著わした窪田順生氏は言う。
「欧米では、情報操作を表わすスピンという言葉が一般にも浸透し、米大統領府の記者会見場を『スピンルーム』と呼ぶなど、マスコミも世論誘導に敏感です。対して日本では検察などの官僚がスピンドクターとなって記者クラブをスピンの駒に使っているのに、公にそれが語られることはありません」
 その結果、これまで幾度となく記者クラブメディアは検察や警察に踊らされてきた。(中略)
 とりわけ検察と記者クラブメディアが強い「官報複合体」を形成している証拠に、記者クラブメディアは検察批判に対して極めて及び腰である。(中略)
なぜか。それは批判すれば、一定期間出入り禁止処分を食らってしまうからだ。記者クラブメディアは、自分の社だけが情報がないために報道できない「特オチ」を極端に恐れる。

◎かつて『週刊朝日』の記事で検事の実名報道があった時に、東京地検は「厳重に抗議」してきた。しかし筆者に言わせれば、これまで記者クラブメディアが検察に関して実名報道を行ってこなかったことの方が問題なのだ。
 取材源、報道対象の法的立場、社会的立場が弱いものであるならば、人権に配慮して匿名で報道するのは当然だ。だが、公権力である場合は別で、取材源の秘匿義務は制限され、実名報道も許される。これもまた、世界のジャーナリズムの基本原則である。特に検察は国家公務員法によって身分が保障されているだけでなく、捜査権、逮捕権という強力な権力を与えられ、記者会見を開いて自らの主張を発表できる。それなのに存在そのものを秘匿し、匿名報道を繰り返せば、権力側の情報操作に手を貸すことになりかねない。

上杉隆氏の著書『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)、『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 (小学館101新書) がお薦めです。
上杉氏は現在はフリーランスですが、以前ニューヨークタイムスの記者をしていたこともあって海外メディアとの比較が随所に書かれています。

劣っている点だけになってしまいますが、私が思いつく日本のメディアの問題点は下記です。

●記者クラブの問題点
「画一報道」相手組織対クラブ組織という取材の形が常態化すると、画一的な報道が横行する。

「ぬるま湯」独自取材への...続きを読む

Q論文等の本の要約の仕方を教えてください

最近良く本の一章節を与えられ要約してパワーポインタにまとめることをさせられるのですが、どの部分も大事に思えてしまい中々要約という感じに仕上がりません。もし上手に要約するコツなどあるのでしたらおしえてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り返している部分になります。
この部分は、筆者が前の文章をわかりやすく説明し直したり、
例を挙げて説明を増やしている部分だからです。
ここの部分の内容を過不足なく一文でわかりやすくまとめられればOKとなります。

どの文が、どの部分が同じ内容を繰り返しているのかを判断するには、
特定の接続詞や、特定の表現を見つけ出すことです。

たとえば、「例」の部分や「言い換え」の部分です。

 「近年、地球規模で環境破壊が急速に進んでいる。たとえばブラジルでは…、日本では…」

という文章の場合、「たとえば」という言葉の後は、ブラジルや日本の環境破壊の例が詳しく数行にわたって説明されているでしょう。しかし、それは「地球規模での環境破壊の進行」という内容の具体例を説明し直しているだけで、その全内容は「地球規模での環境破壊の進行」という文でまとめられることが多いのです。

要約資料にまとめる場合、
  地球規模での環境破壊の進行
   例) ブラジルの○○○
     日本の△△
という感じでシンプルにまとめられます。詳細は質問されたら口頭で説明ですかね。

また、「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現の前後も、不必要な情報が近くに存在する部分です。

 「~~Aである。これは言い換えると、~~~Bということになる。」

という文章で、Aという内容とBという内容は同じであって、どちらかがちょっとわかりにくい抽象的あるいはまとめ的な表現、どちらかがわかりやすい表現になっている場合が多いです。そういう場合、一方を捨てて、よりわかりやすかったり、より簡潔にまとまっている表現を要約に採用するのです。


これは文章間の関係の話だけではなくて、一文内での余分な情報を減らすことにも使えます。
少し上の文章
  「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現
を例に使いますと、
「すなわち」「つまり」「言い換えると」 = 言い換えの表現
なので、
 『「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの』の部分は不必要でしょう。

これは別に日本語だけに留まりません。英語でも同じです。
 
I like fruits such as apples, oranges, bananas, and mangos.
  → 極端な話、I like fruits. でまとめちゃってもよい
Whether Aの場合 or Bの場合, 日本にとって外交交渉は重要である。
  → AやBがなんであろうが、言いたいことは「日本にとって外交交渉は重要である」なので
   前半のwhether節は要約には不必要な場合が多い
 not only A but also B 「AだけでなくBも」
  → Aについては筆者も読み手もすでにわかっている、メインで言いたいのはBのほう

などのように、特定の表現があると情報の判断がしやすいかな、と思います。


以上の例は、不必要な部分を捨てていけば要約が完成するという、一番簡単な場合を話してみました。もうちょっと高度な作業になると、「例」や「言い換え」の部分の内容を、自分でわかりやすく一文にまとめ直したりしなければいけなかったりします。


■情報の新規性
情報が必要/不必要な部分はどこかを判断するもうひとつのポイントは、その情報が新規なものかどうかです。例として以下のような文を。

 「○○の中に含まれている××というビタミンが~~に効果があることは、これまでにTVなどで数多く取り上げられてきた。しかし最近、ビタミン××は~~だけでなく、△△にも効果があるという報告が寄せられてきている」

この文章の中で、「××というビタミンが~~に効果がある」という内容は、すでに筆者も読み手もわかっている内容なので、この部分を要約に取り上げてもあまり意味がないわけです。
筆者が知らせたくてこのレポート文を書き、読み手も知りたい新しい内容というのは、「ビタミン××は△△にも効果がある」ことです。なので、質問者さんが要約に取り上げて報告すべき内容は、「ビタミン××は△△にも効果がある」だけでよいわけです。



以上、要約をする上で重要だと思われる2点を説明してみましたが、どのような文章を要約するか、また元の文章量がどれくらいのものをどのくらいの分量に要約するかで、情報の取捨選択が変わってきたりします。そこを臨機応変にできるようにするには、ある程度、要約の数をこなすことも重要でしょう。

他にもコツやポイントがあると思われますが、この回答ではこれくらいで。
追加や訂正があったらまた来ます。

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り...続きを読む

Q新聞社とテレビ局の関連性

「新聞社」と「テレビ局」ってつながってるのでしょうか?例えばテレビ朝日と朝日新聞って何か関係があるのかとても気になります。

Aベストアンサー

経営面から見れば、#1さんから#5さんの回答のとおりです。
 しかし番組面からみると、系列の新聞社と直結しているような民放局もありますし、それほど密着していない局もあります。テレビ朝日の夜のニュースには、芸能人あがりのメインキャスターの横には必ず朝日新聞の記者が座っていますが、毎日新聞系のTBSのニュースキャスター筑紫哲也は朝日の記者あがりです。
 人事面でみると、ほとんどの民放局の経営者は系列の新聞社あるいは地方財界からの天下りですが、創設時から民放局に入った人がトップになっている地方の民放もあります。
 東京にある民放キー局と地方の民放は、経営的にはまったく別会社です。「朝日」という名前の入った地方局はたくさんありますが、テレビ朝日の子会社ではありません。地方に住んでいらっしゃる方は、よくご存知のように、テレビ朝日系列の地方民放が東京の他系列の番組を放送することはよくあります。地方民放はその地域の地方新聞社と密接な関係があり、その地方新聞社は朝日新聞とは多くの場合無関係です。
 ただメインのニュースだけは、NNNとかJNNのようにネットワークを組んでいますから、国際ニュース、全国ニュースは、キー局のニュースをそのまま流しています。

経営面から見れば、#1さんから#5さんの回答のとおりです。
 しかし番組面からみると、系列の新聞社と直結しているような民放局もありますし、それほど密着していない局もあります。テレビ朝日の夜のニュースには、芸能人あがりのメインキャスターの横には必ず朝日新聞の記者が座っていますが、毎日新聞系のTBSのニュースキャスター筑紫哲也は朝日の記者あがりです。
 人事面でみると、ほとんどの民放局の経営者は系列の新聞社あるいは地方財界からの天下りですが、創設時から民放局に入った人がトップ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報