ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ATM隠し撮りの犯人が逮捕されましたが、当初の逮捕理由は、ATMの周りで不審な行動をしていて(これだけでは逮捕できない)、そして職務質問をしたところ持っていた紙袋からカッターナイフが出てきたことが逮捕理由だったと、報道ステーションで言っていましたが、カッターナイフで銃刀法違反になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

別件逮捕というやつですね。


警察に一度にらまれれば、弁護士付きの金持ちさん以外はたいてい逮捕可能なんじゃないでしょうか。
日本はどんどん警察国家化していっているような雰囲気がある。
    • good
    • 3

脅したり相手を傷つける目的等で所持している可能性が高い場合カッターナイフであろうと何であろうと法律用件に合致していれば当然逮捕されないと私たちは常にカッターナイフで脅されたり刺し殺される可能性が付き纏います。


犯罪者の人権より善良なる大多数の安全の確保が当然優先されるべきで当然の処置です。
普通の人は絶対に理由なくカッターナイフを持ち歩くことなんてありません。
常に理由なくカッターナイフを持ち歩く人がいれば本人が悔い改めて所持しないようにしない限り大多数の善良なる国民のためにさっさと逮捕されるべきです。
    • good
    • 1

刃渡り6cm以上の刃物を携帯している場合は、銃刀法違反(第22条)になります。

違反は1年以下の懲役または3万円以下の罰金に処せられます。正当な理由があれば携帯してもよいのですが、疑い(容疑)をかけられないように、使用しないときは厳重に梱包し、むきだしでベルトにつけたり、裸のままポケットに入れたりしない注意が必要です。
なお、刃渡り6cm以下の刃物でも携帯には注意が必要です。軽犯罪法第1条の2には「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他、人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は拘留または科料に処する」とあり、刃物の寸法は示されていません。

私としては今回のように、逮捕尋問するための別件逮捕的な行為は法的に正当であっても違和感を感じてしまいますね。警察がその気になれば、誰でも逮捕される可能性があるとも言えるわけで。
    • good
    • 1

刃を目いっぱい出せば刃渡り10センチくらい。


確実にアウトです。
正当な理由がなければ。
6センチが基準ですが、それ以下でも正当な理由がなければ軽犯罪法違反です。

つまり正当な理由なければアウトです。
    • good
    • 0

合理的な理由が無ければ逮捕されます。



「今、買ったんだ」って言えばいいんでないの。

今回の件では、警察の得意技を食らってしまったんですね。

警察の得意技に転び公妨なんてのも有るしね。
    • good
    • 0

オウム真理教の信者狩りにも使われましたよ。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銃刀法違反の「正当な理由」って?

銃刀法違反で検索してみたところ、「正当な理由なく刃渡り6cm以上の刃物を持ち歩いた」場合に違法だということがわかりました。

私は普段学校に行くとき、常に筆箱にカッターを入れています。
理由は「ちょっと便利だから」です。
例えば・・・服の裾がほつれて糸が出てしまったとき。消しゴムが小さくなったのでケースを消しゴムのサイズに合わせて切りたいとき。プリントの1部だけをノートに貼りたいとき。などなど。
はさみと違って、カッターはペン型で嵩張らないので、持ち運びに便利なのです。

これは法律で言うところの「正当な理由」になるのでしょうか?
また、これがカッターではなく、同じ理由でサバイバルナイフやペンナイフ(一見万年筆だけどキャップを取ると刃がついているナイフ)などを持っていた場合はどうでしょうか?

・・・まぁ、こんなことで逮捕しにくる暇な警察官もいないでしょうが・・・。

Aベストアンサー

カッターナイフの不法所持で逮捕されるケースは、結構あるのが現状です。(もっとも批判の声も大きいようですが)

rollingcatさんのケースですと、問題ないはずです。
登下校中に文房具としてカッターナイフを運搬(※)していることは、誰の目から見ても正当な理由だと思います。ただ、理由を聞かれたときは「文房具として学校で使用する」とした方が面倒がないかもしれません。

※運搬とは、梱包等をして直ぐに使用できない状態で持ち運ぶことを言います。

>サバイバルナイフやペンナイフ~
サバイバルナイフはキャンプに行くとき等でないと、なかなか正当な理由にはならないかもしれません。ペンナイフなら、しっかり仕舞って文房具として所持していることを伝えれば大丈夫かもしれません。

いずれにせよ、刃物を無闇に持ち歩かない方がいいと思います。また、持ち歩くときは「運搬」の状態にしておくのがいいでしょう。

Q銃刀法違反でいくら位の罰金になるのでしょうか?

友達が、コスプレして模造刀を持って町を歩いていたら、警察官に職質され模造刀を持っていたということで、銃刀法違反として警察署に連れていかれました。
模造刀は亜鉛クロームメッキであり、鑑識に回されたようです。

ちなみに、模造刀は刀用の袋に入れて持って歩いておりました。
銃刀法違反という事でいくら位の罰金になるのでしょうか?
また、罰金の分納は可能でしょうか?

本人は労役に就くのを嫌がっております。
ちなみに、前科はありません。

Aベストアンサー

やりましたね!、
竹で拵えてアルミ箔でも巻いとけば良いものを、
鑑識で殺傷能力有りとなれば立派な銃刀法違反です、
金属なのでそうなるでしょうね、
銃刀法違反は刃渡り6cm以上の物を所持すると問われます、
13歳以上の様ですから「知らなんだ」は通りません、

そうなった場合は恐らくですが、初犯でもあることなので略式起訴、地裁には送られないと思います、簡裁で判決が出ます、罰金の金額は20万円見当、
当日一括納付です、それ以外は有りません、
支払えばそれで釈放です、

出来なければ、刑務所の労役場へ収監されて一日5千円の計算で役務に就労さされます、
本人が望むと望まざるとに関わらず、
収監されるわけですから外部との行き来は当然出来ません、謝絶されます、
当然スマホなんかは持ち込めません、

支払いできなければ、40日程度のお務めを果たして来てください。

Q観念的競合と併合罪ってどう違うんですか?

全然分かっていない質問ですが、どうか教えてください。
観念的競合って併合罪とどう違うのでしょうか?どちらも刑が跳ね上がるものなのでしょうか?一つのことをすると2罪になる、というのと、二つのつみを一つにするっていうのはなんとなくわかるのですが・・・
あと、併合罪で、長い方の罪の半分を足してより長い刑罰にできるっていうのは、たとえば14年のつみと10年の罪を犯した場合、14のほうに、10年の2分の1の5年をたすんでしょうか?(そうすると19年になりますよね)それとも10年のほうに14年の半分の7年をたすんでしょうか?そうすると17年になります。それとも長い14年のほうに、それの半分の7年をたして21年にするってことなんでしょうか?いろいろ聞いてしまってすみません。どれか一つでも教えていただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

具体例で考えると分かりやすいです。

たとえば、1発の銃弾で2人殺してしまったら、1個の行為で2個の犯罪を犯していることになります。これを、観念的競合というわけです。

また、1発ずつ発射して、それぞれ1人ずつ殺した場合、2個の行為で2個の犯罪を犯しています。これを併合罪というわけです。

だから、両者の違いはズバリ、1個の行為かどうかです。

それと、観念的競合の場合は、そのうちで一番重たい罪の刑になります。ですから、刑が跳ね上がると言うよりも、お得な感じです。2罪犯しているのに、1罪分でいいのですから。

これに対して、併合罪は、原則として重たい罪の1.5倍です。質問文の例では、長期が21年になるかな。

やっぱり、1個の行為しかしてない犯罪者はちょっと軽いのです。

Q銃刀法違反で逮捕されました

従兄弟(21歳 男)が家出をし、東京で銃刀法違反で逮捕されてしまいました。
深夜に車で寝ていた所を職務質問されて、カッターナイフか彫刻刀のような物を所持していたため、逮捕されたそうです。

彼は反省しているそうですが、持っていた理由を「珍しい刃物だったため、地元へのお土産にしたい」と警察に話したそうです。その理由をあやふやに思われて、身柄送致後、釈放されずに、勾留されてしまいました。
ちなみに彼は初犯です。

私達は刑事手続き等に詳しくなく、今後家族はどのような行動を取れば良いのか教えて下さい。 
「弁護士を雇う必要性があるのかどうか」
「必要があれば、どのような機関に連絡を取れば良いのか」
「今どのような生活をしているのか」等を教えて頂ければと思います。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

検察庁に送致されたということを前提に回答します。
現在の段階では、検察が起訴するかどうかはわかりません。
起訴猶予になる可能性もあります。
起訴猶予となれば、すぐにでも釈放されますが、起訴されると、約10日間から27日間は、拘留されます。
犯罪性があれば、もっと、長くなるかと思います。
さて、弁護士に依頼するか?弁護士に依頼するに越したことはありませんが、現段階では、裁判になっていませんから、本人への面会、保釈の申請が主な動きになるはずです。本人が犯罪に関与した、または、基礎の可能性が高いとなれば、事前の準備を含め、弁護士への依頼は必要と考えます。
しかし、銃刀法違反、初犯ということであれば、罰金刑で終わるのではないかと考えますが、その際、弁護士への依頼は、費用的にも負担が大きくなり、結果的にあまり効果を生むとは考えずらいものがあります。
弁護士を探す場合は、日本弁護士連盟などにご相談されると紹介をしてもらえると思いますし、相談窓口(有料)もありますので、一度連絡を取られると良いのではと思います。
現在、本人は、当然のごとく、身柄を拘束されていますので、留置場に入っています。
面会はすでにできるはずです。
差し入れも、金属類や機械類、凶器にならないものなら差し入れが可能です。
本人が、お金を持っていれば、出前も取れます。
とりあえず、面会に行かれて、状況を確認されることが良いのではと思いますが。
それから、弁護士のことなどを考えても十分間に合います。

検察庁に送致されたということを前提に回答します。
現在の段階では、検察が起訴するかどうかはわかりません。
起訴猶予になる可能性もあります。
起訴猶予となれば、すぐにでも釈放されますが、起訴されると、約10日間から27日間は、拘留されます。
犯罪性があれば、もっと、長くなるかと思います。
さて、弁護士に依頼するか?弁護士に依頼するに越したことはありませんが、現段階では、裁判になっていませんから、本人への面会、保釈の申請が主な動きになるはずです。本人が犯罪に関与した、または、...続きを読む

Q銃刀法の正当な理由になりえるか?

このたび子供が切り出しナイフの所持により、警察で供述調書をまかれました。

第22条
何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りではない。
法第22条ただし書きの政令で定める種類又は形状の刃物は、次の各号に掲げるものとする。
刃体の先端部が著しく鋭く、かつ、刃が鋭利なはさみ以外のはさみ。
折りたたみ式のナイフであって、刃体の幅が1.5センチメートルを、刃体の厚みが0.25センチメートルをそれぞれこえず、かつ、開刃した刃体をさやに固定させる装置を有しないもの。
法第22条の総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のくだものナイフであって、刃体の厚みが0.15センチメートルをこえず、かつ、刃体の先端部が丸みを帯びているもの。
法第22条の総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが7センチメートル以下の切出しであって、刃体の幅が2センチメートルを、刃体の厚みが0.2センチメートルをそれぞれこえないもの。

形状的には合法で問題ないのですが、その他正当な理由で・・・

私としては、事故の際のシートベルト切断用に持たせているつもりでした。
警察の調書に私から貰った等書かれていますが、正当な理由にはならないのでしょうか?

検察至上主義で略式起訴の判断は検事が行うと思いますが、社会通念上どうなのかなって思いました。

私見では、問題ないと考えてましたが・・・。

このたび子供が切り出しナイフの所持により、警察で供述調書をまかれました。

第22条
何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りではない。
法第22条ただし書きの政令で定める種類又は形状の刃物...続きを読む

Aベストアンサー

事故の際のシートベルト切断用ですか・・・
いろいろな理由があるものですね・・・

私見ですが、状況によっては、
正当な理由になると思います。


まず、ご質問の銃刀法22条については、
厳格に解されるため、正当な理由は限定的に
なります。

故に、料理人などが
仕事で運ぶような場合を除いては
正当な理由とはならないものと
解されます。

但し、形状的には問題ないということですので、
正当な理由などなくとも銃刀法違反にはなり得ず、
考慮する必要はありません。
(形状的に本当に問題ないのかどうかは
不明ですが・・・)

そうであるなら、
他の回答者さんもおっしゃってますが、
ここでは軽犯罪法に触れるか否かが
争点になります。


さて、まず軽犯罪法1条2号によって
全ての形状の刃物が、正当な理由無しには
携帯できません。

しかし、この場合の正当な理由は、
銃刀法に比べるとかなり広く解されることに
なります。

平成20年の秋葉原事件以降、厳しくなった
という都市伝説が一般的にまかり通っていますが
実は平成21年に無罪の判例が出て以降、
若干ゆるくなっています。
(本当は、秋葉原事件以前のほうが
若干ですが、より厳しかったのではないか
と言われることすらあります。)

その判例から考えた場合、
護身用の物の携帯が絶対的に必要となる可能性があり、
且つ、それが予想出来るものであって、
なお且つ、必要最小限のものであること、
が正当な理由の基準になると
解します。

例えば、護身用ナイフの事例で言うと、
人を傷付ける可能性の少ない小さなナイフの場合は、
あまり護身にはなり得ず、絶対的必要性までは
ありません。
(逆に、人を傷付ける可能性のあるナイフ等は、
銃刀法で禁止されることになります。)

そこで、ご質問の事例ですが、
事故の際のシートベルト切断用ということなので、
事故があれば絶対的に必要になる可能性は
あります。

しかし、予想できるものでなければならないので、
他人の車に乗る予定の日に携帯させたのでなければ
違法になると思います。

なお、自分の車の場合、車に保管出来るので、
携帯する理由にはなりません。
(子供と書いてあるので、自分の車ではない
と思いますが・・・)

そして、必要最小限でなければならないので、
非常に小さなナイフ(出来ればハサミのようなもの)であり、
可能な限り人を傷付ける可能性の低いものでなければ
なりません。

当然、ナイフを人に見せびらかしたり、
じゃらじゃらとファッション的に携帯せず、
隠匿携帯させる必要があります。

概ねですが、以上の条件が満たされるのであれば、
私は正当な理由になり得ると思います。

事故の際のシートベルト切断用ですか・・・
いろいろな理由があるものですね・・・

私見ですが、状況によっては、
正当な理由になると思います。


まず、ご質問の銃刀法22条については、
厳格に解されるため、正当な理由は限定的に
なります。

故に、料理人などが
仕事で運ぶような場合を除いては
正当な理由とはならないものと
解されます。

但し、形状的には問題ないということですので、
正当な理由などなくとも銃刀法違反にはなり得ず、
考慮する必要はありません。
(形状的に本当に問題ないのかどうか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報