リレーがスイッチとしての機能を果たしているのはわかるのですが、いったいどういった構造というか、原理でスイッチ機能を電子的に行っているのですか?
是非教えてくださいm(__)m。

お願いいたします。

A 回答 (1件)

文字だけの説明のし方に自信がないのですが、


金属片が2つあります。片方は固定されていて(固定子)もう片方は公園にあるシーソーのように動きます(可動子)。
ただし、シーソーは真中に支点がありますが、これは端っこにあります。
シーソーが降りたところに固定子があり、つまりシーソーが下りると2つの金属がくっつきます。
シーソーが上がると2つの接点は離れます。つまりスイッチですね?
で、このシーソーの下に金属鉄心に巻かれたコイルがあります。これが電磁石となって、コイルに電流を流すと磁界が発生してシーソーを下に引っ張り、接点が閉じます。
電流を切ると、バネの力でシーソーが跳ね上がり、接点が開きます。


    \
     \
 接点   \
―――    \―――
    ∥       | |
   〓〓〓――――――||||―┐
   〓〓〓      | |  │
   〓〓〓―――――――――――┘
    ∥
     電磁石

↑固定ピッチフォントで見てください。
こんな説明でわかりますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ