忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

自分は論文を書いたときによく先生から文章全体が幼いと注意されます。今まで本等を読むことが少なかったせいで構成を考えたりするのが苦手で、語彙力もかなり少ないです。もう時間が無いので即効性がある方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

上達 文章」に関するQ&A: 文章上達法

A 回答 (8件)

即効薬はありません。


文章上達の王道はない、ということです。
あなたの年齢を18歳とした場合、他の同年齢の方々は18年の歳月をかけて、日本語を駆使するケクニックを積み上げてきています。それも意識してではなく、読書と模倣等の習慣を通してです。
それを一週間とか、一ヶ月で追いつこうとする「ずぼら」な態度はいけません。達成できたとしても、あなたの日本語はいつか、馬脚を露わすでしょう。
今から携帯をやめ、そのぶん本を読みなさい。他の連中がサボタージュしている間に、多読して追いつくしかないのです。探偵小説や刑事ものなどは飽きが来なくていいとおもいますよ。クライマックスもありますし、筋書きを追うには格好の教材です。
私の知っている著明な大学の学生は、年間四百冊の読書を目標にしていて、「ハウルの城」などもその中に入っています。ところが、その父親たるや、年間1トンという読書目標ですからおどろきです。
このような方には追いつけませんが、年間読書10冊の人に追いつくには、年間20冊読めば読書量のうえでは追いつきます。そして、文章を書くときは、読んだ本の一部の書き方を模倣しなさい。そうしているうちに、先行集団に追いつき、追い越すはずです。
これからは「ウサギとカメ」で行きましょう。
なお文章書きの練習にはYa○oo!の「智慧袋」回答者になってみるのがいいと思います。軽いですから…。中には立派な意見もありますよ。そういう書きかたを何度も繰り返して模倣することです。模倣は上達への入口です。
    • good
    • 1

一般的に「幼い(未熟な)文章」とは、


1.しゃべり言葉を多用している
2.論理の展開が未熟、またはむちゃくちゃである
3.主述が明確ではなく、文章のねじれなどがある
4.論点が明確ではない
5.自分の視点だけで理論が展開されており、その背景、なぜそうなのかという説明がない
などが該当します。質問文を見ても、
「書いたときによく~」「少なかったせいで~」といった部分、そして「少なかったせいで構成を考えたりするのが苦手で」(での連続)といった部分などに、「幼さ」が感じられます。

まず、自分で文章を書いてみて、客観的な立場から「校正」してみて下さい。それで、どこが悪いのかを考えましょう。「よくわからない」という場合は、具体的な基準を設け(しゃべり言葉の部分はどこか、主語は明確になっているか、説明は十分かなど)て見直すと良いと思います。
みなさんがおっしゃっているように「即効性」のある方法はありせんが、自分の文章のどこが「悪い」のかを明確にするだけでも違ってくると思います。
    • good
    • 2

No.1です。



(私の書いたものには どちらでもよろしいのですが)
皆さんから戴いたアドバイスやご回答に お礼やコメントを 書くだけでも練習になりますよ!
    • good
    • 0

一言で!!


 王道はありません。「文章の作成能力は、読んだ文章の量に正比例する。」からです。
    • good
    • 0

 即効性のある特効薬はありません。

ただ、文章、ことに論文というものは、出来るだけ余分な言葉を省くこと、必要なことはすべて盛り込むこと、できるだけピッタリの単語や熟語を使って最小限でズバリ表現すること、そして、言いたいことを主語から順に書くこと、これが基本です。

 いずれにしても、文章の構成力と語彙はどうしても必要なことですし、このような訓練がないと、書くものだけでなく、日常の会話や報告といったシーンにもその不足が表面に出てしまいます。

 幼い......と指摘されたこと自体、教育と勉強の場で得た大切な飛躍のチャンス、これから先々、社会に出て苦労しないように、今からでもこうした能力を磨くように心掛けてください。
    • good
    • 0

 現在の問題は、あなたの書いている文章が論文調ではないために幼く感じられるということではないでしょうか。

論文は、自分で考えて書くのではなく、他人の文章を真似て書くものです(特に自分の先生のもの!)。似たような文献をよく検索して書いたらいいと思います。
だから、本を沢山読んだからといって、論文は書けるようにはなりません。
語彙とは、必要だから使われるものです。必要なければ、難しい単語や言い回しは不要です。
 ある特定の先生の論文や、ある一人の作家をまとめて読むとします。おそらく、どれも同じように感じられることがほとんどです。個人の語彙力なんてそんなもんです。
がんばってください。
    • good
    • 0

そういう便法はありません。


人の文章を読んで会得するしかありません。
先生に指摘されたときに、どこが幼稚か質問すべきでしたね。又このような質問はその場で先生にこそすべきことです。「先輩のレポートを見て参考にしろ」などと教えてもらえたかも知れませんよ。

書店に行けば「論文・レポートの書き方」「文章の書き方」「原稿の書き方」に関する類書が並んでいます。少なくとも一冊は備えておくべきです。一生使えます。
    • good
    • 0

文章を書く、読むしかないのでは?



ただ 「幼い」の意味合いが具体的にわかりませんので なんともいえません。
また、「時間が無い」とのことですが どの程度なのでしょうか?

また、サイトで質問ばかりではなく 回答を書くことも訓練になるかもしれません。
=========
その後 フランス語は いかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文章が幼い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!

文章が幼い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!

「しっかりした文章書く人」「文才ある!」と思われるような文章を書けるようになりたいです!

根本的な原因は分かりませんが、とにかく日本語が下手だとか、文章が幼いだとか、
友人からも教授からも言われます。


具体的には
「何を言ってるのか意味が分からない」
「2行で言える事5行で書くよね」
「誰にでも分かる言葉で説明してくれるよねww」
「インプットの能力は高く、頭もキレるけど、アウトプットの能力がなさ過ぎる・・・」
「もっと賢そうな語彙を使って文章書けよ。」 
「絶対、卒論っぽい文章を書くのに苦労すると思うよw」
「結局何がいいたい?」
「あそこど言葉使うのやめてくんない」
「話がつまらないw」
「言い方の問題だよ。もっと良い風に伝えられるのに・・・勿体ないよね」
「お前の抱える諸問題は言語能力を上げれば8割型解決する」
と、ここ一ヶ月で言われた気がしてます。

高野秀行さんや竹内久美子さんのように、惹きつけられ、ッスと頭に入ってきて、イメージしやすくて、説得力のある文章をかけるようになりたいです。

何をしたらよいのでしょうか?

本や新聞を読んで語彙をつけるのと、
ロジカルシンキング本とかを読んで論理性を高めることですかね?
去年の夏休み、結構「考具」の本とか何冊も読んだんですけどね汗。。


しゃべったり、ブログ書いてるだけで、
もうアホな日本語を垂れ流してて
生き恥みたいです!

文章だけでも賢そうに書きたいです!
どなたか助けてください!


あー!
今も頭の中にモヤッとしているイメージを全て言語化できなくて苦しい!
この「苦しい」って感じも、頭の中にあるイメージとはちょっと違う!
まぁいいや!
全てダンスとか絵画で会話する世の中になったらエエのに笑


すいませんw
もうすぐ24歳なので、
本気でバカを治したいです・・・・。
よろしくお願いします。

文章が幼い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!

「しっかりした文章書く人」「文才ある!」と思われるような文章を書けるようになりたいです!

根本的な原因は分かりませんが、とにかく日本語が下手だとか、文章が幼いだとか、
友人からも教授からも言われます。


具体的には
「何を言ってるのか意味が分からない」
「2行で言える事5行で書くよね」
「誰にでも分かる言葉で説明してくれるよねww」
「インプットの能力は高く、頭もキレるけど、アウトプットの能力がなさ過ぎる・・・」
「も...続きを読む

Aベストアンサー

No.7です。

書き直した文章と、指摘を受けた文章を読みました。
まず、後者の添削をします。

日本語の文章としては、大きな問題はないと思います。(おかしい部分は他の方が既に指摘されているので割愛します)
ただし、伝え方の点では拙さが見られます。

とくに、ストレスを感じる3つの点については説得力がありません。
3つの点は、一般的に見てそれほど特異なことではなく、人によっては当たり前のことです。
したがって、どうしてそれらがストレスになるのかが伝わりにくいです。
ストレスになる理由をしっかり伝えるには、どんな学生がいるのかという例だけではなく、
それらの学生との接触を不快に感じるあなた自身の性質・性格についても触れる必要があります。
”毎日刺激に晒されることに不慣れであるが故に”と書かれてはいますが、これだけでは漠然としていて弱いです。

また、克服するための手段にも説得力がありません。なぜ、その方法で克服できるのでしょうか。
「相談する」「本を読む」と具体的な行動が書かれているように見えますが、それだけで本当に解決するのでしょうか。
それで解決する見込みがあると思っているなら、その理由も書きましょう。
そうでないと、結局は「とにかく頑張る」と言っているだけにしか捉えられません。


結局のところ、あなたの文章には客観性が欠けていると思います。
ご自分でも小学生の日記を例に挙げていらっしゃいますが、確かにそれに近いです。
日本語自体に重大な問題がなくても、内容がかなり一方的だと感じます。
何を見てどう感じたかは伝わっても、
「どうしてそう感じたのか」、
「感じたことからどうしてその結論が出てきたのか」、
ということが理解しにくいです。
あなた自身にはあまりにも自明であるために、説明の必要を微塵も感じないかもしれませんが、
あなたのことを知らない赤の他人に理解させるためには説明が必要です。

改善する方法として、ゆっくりと声に出して読み返すことをお勧めします。
黙読は自分一人の頭の中だけで完結してしまうので、他人に伝わりにくい文章があっても気づかないことが多いです。
声に出して耳から入ってきた言葉を聞きながら読むと、ある程度客観性が増すと思います。
また、自分ではない他人になったつもりで読むことも重要です。
私自身、自分の書いた文章を音読すると「何言ってんだ、コイツ」と思うことがあります。


補足の文章を読んでいる限り、今後上達していける素養は十分にあると思います。
いろいろと文章上達関係の本を読むのも良いですが、自分自身のチェック能力も高めるように訓練されると良いと思います。

No.7です。

書き直した文章と、指摘を受けた文章を読みました。
まず、後者の添削をします。

日本語の文章としては、大きな問題はないと思います。(おかしい部分は他の方が既に指摘されているので割愛します)
ただし、伝え方の点では拙さが見られます。

とくに、ストレスを感じる3つの点については説得力がありません。
3つの点は、一般的に見てそれほど特異なことではなく、人によっては当たり前のことです。
したがって、どうしてそれらがストレスになるのかが伝わりにくいです。
ストレスになる理由をし...続きを読む

Q時候の挨拶→「~の候」って?

今、秘書検定の勉強をしているのですが、時候の挨拶がわかりません。

「~の候」(例えば「早春の候」)とは、どういう意味なのでしょう?そもそも読み方は、「そうろう」でいいのでしょうか?

あと、読み方でわからないのは、
「更衣」、「霜冷」です。

どなたか教えて下さい!!お願いします。

Aベストアンサー

 候には、もともと古い中国の暦で、360日(陰暦は一年が360日)を72等分した単位(5日間)のことを示すことばでした。今でいうと「週」みたいなものです。そこから「季節」「時期」という意味が生まれてきました。ちなみに候が二つで「旬」=10日間という単位になります。今でも一月を上旬、中旬、下旬と三つにわけるのはこの名残です。
 手紙などの冒頭の挨拶でつかうときは「~のこう」と読みます。「~というふうに季節もうつりかわってきましたが」というほどの意味です。なお候をコウと音読みにするので、「~」の部分も音読みにするのがふつうです。
 「更衣」はコウイ。衣替えのことで、本来は旧暦四月一日(現在の五月初旬)に春着を夏着にあらためた行事です。秋や冬にも衣替えは行いますが、古くから和歌のなかで「更衣」といえば夏のそれについて主に詠まれてきたので、「更衣の候」といえば初夏のことです。キサラギは二月のことで、更衣とはまったく別物です。二月は寒いので「着、更、着」(着物の上にさらに着る)でキサラギなのだという語源説がありますが、これは平安時代からある俗説で、まったくのウソです。「着」と二月は関係ありません。
 「霜冷」はシモビエでもかまわないでしょうが、「そうれいのこう」としたほうが音読としてはしまると思います。ちょうどもうすこし寒くなったころに使う挨拶ですね。
 時候の挨拶は「~の候、いかがおすごしでしょうか」あるいは「~の候、ますますご清祥のことと存じます」というふうに、つづけて相手の安否を問う書き出しにするのが作法です。この場合、私信ですと手紙のおわりに「なお末筆ながらくれぐれもご自愛ください」と相手を気遣う言葉を置いて前後照応させます。また時候の挨拶をつけるときには「拝啓」などではじめて「敬具」等でおわり、つかないときには「前略」などではじめて「早々」等でおわります。
 「みぎり」は「候」を日本語におきかえたもので、むかしは女性が手紙を書くとき、コウではいかにも硬いので「みぎり」と言替えて使いました。「そうしゅん(早春)のみぎり」でも今ではかまわないようですが、できれば音読みの言葉をさけて「はつはるのみぎり」などというのがもとの使い方からいってふさわしいような気もします。
 「~の候」というのはきわめて硬い言い方ですので、公用の手紙や目上の親しくない人でなければ「******となってまいりましたが」でおきかえるのが今ではふつうでしょう。

 候には、もともと古い中国の暦で、360日(陰暦は一年が360日)を72等分した単位(5日間)のことを示すことばでした。今でいうと「週」みたいなものです。そこから「季節」「時期」という意味が生まれてきました。ちなみに候が二つで「旬」=10日間という単位になります。今でも一月を上旬、中旬、下旬と三つにわけるのはこの名残です。
 手紙などの冒頭の挨拶でつかうときは「~のこう」と読みます。「~というふうに季節もうつりかわってきましたが」というほどの意味です。なお候をコウと音読みにするので、...続きを読む


人気Q&Aランキング