日本に来年帰国します。子供が現在日本学年で来年4年生になろうしている男の子です。米国の小学校において言語のハンデを考えて1年遅らせています。未熟児の影響があってか、学力の面でも多少問題があり、日本に帰国してからの新しい学校生活に不安を持っています。本人はいたって健康です。ただ体格も小さく、日本語、英語の会話は問題ありませんが読み書きがかなり出来ません。今までは現地でゆっくりと成長を見守ってきましたが、日本に帰国することになり、新しい環境と日本の教育方法に不安を感じています。日本の公立小学校に問い合わせたら「特別学級」の制度はあると言われました。でも、本人は障害があるわけではないので出来ればよい環境で少しづつ教えていきたいと思います。また、せっかくの英語を無駄にもしたくないのです。日本のどこでもかまいません。何か良いクラス、学校、学園がありましたら教えてください。
長くなってすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

帰国子女のためのバックアップ関連団体です。


教育相談や学校情報もありますので。
ご参考までに。


海外子女教育振興財団
http://www.joes.or.jp/


帰国子女のための外国語保持教室(首都圏・関西)
http://www.joes.or.jp/f_foreign.htm


海外子女教育・帰国児童生徒教育等ホームページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく連絡をとってみました。海外子女教育振興財団は親切に応対してくれました。有り難うございました。

お礼日時:2001/11/27 13:29

皆さん仰るように、どの地域に編入しようとされているのかわかりませんが、


関東であるならば、東京学芸大学の各付属(大泉中学校は特に)には、帰国の子女が割りと多かったですよ。

参考URL:http://www.u-gakugei.ac.jp/~fuzoku/attached.html
    • good
    • 0

蛇足ですが、せっかくのネイティブな英会話力を生かしたいのなら、それなりの学校を選ばないと発音上無理があると思います。

それは英語教師じたいに発音の良い人が少ないからです。もし英語に力を入れた学校を選びたいのなら、その辺まで考慮した場所にしなければいけません。そしてもしそういう学校がないのなら、民間の英会話教室に通わせるなどをして、お子さんなりに学校の勉強とは違う努力する必要があるでしょう。
このままではせっかくの綺麗な発音が、成長したあかつきには日本的なカタカナ英語になっていた、ということにもなりかねません。文法や単語は持続して覚えていくことは可能ですが、発音ばかりは常に話しつづけていなければ簡単に忘れていってしまうんです。

「帰国子女受け入れに力を入れた学校」と、「英語の授業に力を入れた学校」は違うということを念頭においておいた方がいいでしょう。
    • good
    • 0

 関東地方の、帰国子女受け入れの実績がある学校一覧が、下記URLにありますが、希望の地方はどちらでしょうか。

希望されている具体的な年が決まっているか希望があるのでしたら、直接その市町村の教育委員会に問い合わせしてみるのも方法です。

参考URL:http://www.haseko-hln.co.jp/frame/kikokusijo.htm
    • good
    • 0

神戸で帰国児童を受け入れている(帰国子女教育学級がある)学校で有名なのは、神戸大学発達科学部附属住吉小学校(地元では神大付属と呼んでいますが)です。


やはり地域を限定されてから質問されたほうが、良い回答が得られると思うのですが・・・。

神戸大学発達科学部附属住吉小学校
http://www2.kobe-u.ac.jp/~kurara/fuzoku/fusyo/E- …

東京文化小学校
http://www.tokyobunka.ac.jp/yosho/shogakko/

明星小学校
http://www.tama.or.jp/~meisei-e/

他にも『帰国子女 小学校』で検索すると、いくつかみつかります。
    • good
    • 0

地方は問わないと言うことでしょうか。

この回答への補足

夫婦の実家が京都と金沢なので出来れば関西方面で探したいのですが…回答有り難うございます

補足日時:2001/11/26 16:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰国子女枠入試ができる大学

帰国子女枠入試試験がある大学を探しています。私は海外の生活が長かったため、日本語の方が苦手で、漢字などあまり書けません。こんな私でも入れるような大学はあるのでしょうか?もし良い大学、帰国子女にお勧めな大学をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

だれも回答しないのでわたしもよく知りませんが、回答します。
以前慶応大学に帰国子女枠があるとこのサイトで見ました。早稲田大学も知り合いのブラジル人が学んでいましたからあるのではないかと考えます。上智大学やICUなんかもありそうな感じですね。あ、それと国連大学というのもありますね。詳しい方の回答がなかったら、以上たった5つですから直接事務局に聞いてみたらいいと思います。

Q帰国後の学校手続き 

アメリカ駐在中ですが、数か月後に本帰国となります。主人の勤務地の都合上、今まで住んだことのない土地に引っ越すことになるので、家選びは帰国後、実際に家と周辺環境を見てからにしようと思っています。(ちなみに家さがしの一時帰国はできません)。しばらくはホテル暮らしになると思うのですが、家選びをしている最中(住民登録ができない状態)では、長男(小2)の転校手続きはできないのではないかと思うのですが、日本に足を踏み入れてから、何日以内に学校に通わせないと教育の義務違反になる等の法律はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 うろ覚えで間違っていたらごめんなさい。
 義務教育に関する実務をしていました。
 住民票があればもちろんスムーズですが、なくても居所の教育委員会に申請すれば通学できると思います。純然たるホテルでは難しいかもしれませんが、ウィークリーマンションなどでは住民登録は可能かと思います。一時ご実家に身を寄せて住民登録をして、そこから通わせていた方もいらっしゃいました。
 義務と言っても、それはお子様の健やかな成長のためであって、違反になるとかならないとかではなく、帰国なさってどの地域に住んでお子様を育てたいか、それから、なるべく学校に通わないでいる期間を作らない方が教育上望ましいと言う主旨なので、親御さんの率直な願いに行政に希望してよいと思います。アメリカの法制上の実務は知りませんが、違反だペナルティだという事はありません。
 不当に子供の学習権を侵害していたら義務違反だと言うような事です。

Q帰国子女が大学の一般入試を受けるのは、やはり難しいのでしょうか?

帰国子女が大学の一般入試を受けるのは、やはり難しいのでしょうか?
現在高校1年で、これからはIBを取ると決めています。しかし、私の行きたい志望校は帰国子女枠がありません。これは諦めるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

知り合いに帰国子女が数人いるものです。
 帰国子女が帰国子女入試以外の試験で受験することはそこまで不利になりません。以下は、
①帰国子女が帰国子女入試で受験
②帰国子女が一般入試で受験
③非帰国子女が一般入試で受験
を使って書いていきます。

まず、帰国子女は①、②のいずれも受験でき、多くが①を選択するのは「①の方が楽」だからです。帰国子女入試は、受験できる人が少なく倍率も低めになります。また一般とは違い受験勉強をかなりしている猛者がほとんどいません。そのため合格しやすく、帰国子女が大学に入学して思うことは「一般では絶対に入学できなかった」だそうです。
 その逆で帰国子女がわざわざ②で受験すると帰国子女入試で合格したであろう大学の3ランクぐらい下になることが多いです。そのため多くの人が①を使いますが、一般で合格する人もいます。確かに海外の教育機関ではまともな教育を受けられず、本来その子が持っている能力を養成できないという部分はありますが、ほとんどの場合「お買い得」になります。
 確かに②は①よりお得感はありませんが、③よりはお得感が強いのも事実です。他の方が挙げられているように英語を海外でしっかり勉強できていれば、その分だけ受験勉強で必要な勉強量が少なくなったり、他の科目に時間を割けることができます。私立文系の英国社において英語がほとんど勉強不要であれば単純計算で他の科目は1,5倍、場合によっては2倍近く増やせます(受験勉強において英語の勉強時間はかなりの時間が必要です)。その分だけでも②は③よりかなり有利です。

 そもそもなんですが、このように帰国子女が大学入試において優遇されるのは「親の七光り」が原因です。
 というのも、帰国子女が帰国子女になったほぼすべての原因は「親の海外赴任」であり、その時点で「親は社員を海外に派遣できる企業に勤め、その社内において優秀である」ことが言えます。そうなると家庭内での教育もしっかりしている確率が非常に高く、また場合によってはコネ入社などもできる可能性が高いと考えています。そうなると大学が公表している「卒業生の就職先」などでも有名な企業を載せることができます。帰国子女入試の入学者は高い確率で「大学のブランドアップに貢献してくれる人」であると言えます。「そういうことが原因ではなく、一般試験では計れない能力をひ評価しているのでは?」と思うかもしれませんがそれもありません。多くの大学では帰国子女として出願できる要件は「小学校から高校卒業までに海外生活が3年以上」などになっており、極端な話、小1~小3の3年間でも帰国子女入試の受験が出来ます。帰国後9年間日本の教育を受けておきながら「海外帰り」として受験できてしまうのです。小1だろうと、その時点で「親が優秀」なのは変わらないわけであり、特別な試験を作り「親が優秀な人限定入試」の代わりに帰国子女入試にしているにすぎません。テレビの女子アナウンサーは多くが名門大学出身者ですが、そのほとんどは一般入試を経ていません。国公立大学の場合はほとんどが一般入試ですが、私立出身者のほとんどが帰国子女・内部進学者です。難関大学出身者であればほとんどがしっかりしていますが、帰国子女・内部進学者の方がより親の安全性が高いと踏んでいるのでしょう。
 もちろんこうした要素は帰国子女入試に限らず、自己推薦入試でも行われていますし、小学校入試においてはそもそも受験生の優劣などは「親がどれだけお金が使えるか」で決まると言っても過言ではありません。受験生としては使える制度は多いに活用すべきです。

 ただ、大学受験の講師の経験から書かせてもらうと、大学絵選びは「まず自分がいきたい大学を選び、その目標達成のために受験方式や受験科目を決めていくべき」であり、最初から受験方式や受験科目から大学を選ぶと深層心理的には志望していない大学を選ぶことになり後々後悔することになります。それが、入学直後なのか、就職活動中なのか、入社後なのか、結婚をする時なのかは分かりませんが、自分が目標としていた大学に入学していて問題が起きても「しょうがない」になりますが、そうでないと「受験の時○○していればよかった」という後悔をします。
 いきたい大学に帰国子女枠がないということは、その大学は先に挙げた「親の七光り」を嫌い、「受験生自身の能力だけで判断する」ことを選択している大学です。そのような大学に合格・入学するためには、その大学が求める人材に自分がなる必要があります。もっとも、帰国子女入試がないということで諦めるのであれば「最初からその大学には本気で行きたいわけじゃない」わけであり、それが分かっただけでも儲けもんです。

知り合いに帰国子女が数人いるものです。
 帰国子女が帰国子女入試以外の試験で受験することはそこまで不利になりません。以下は、
①帰国子女が帰国子女入試で受験
②帰国子女が一般入試で受験
③非帰国子女が一般入試で受験
を使って書いていきます。

まず、帰国子女は①、②のいずれも受験でき、多くが①を選択するのは「①の方が楽」だからです。帰国子女入試は、受験できる人が少なく倍率も低めになります。また一般とは違い受験勉強をかなりしている猛者がほとんどいません。そのため合格しやすく、帰国子女が大...続きを読む

Q高等小学校って・・・?

本を読んでいましたら、「○○さんは明治時代に高等小学校を出ました」と書かれていました。明治時代の高等小学校とは、今でいうとどの学校を卒業したことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「高等小学校」は年齢的には現在の小学校の高学年から中学校の前半くらいに相当する生徒が通う学校ですが、
その位置づけには今日との教育制度の違いや、明治時代でも時期によって若干の制度の違いがありますので、
仮に現在の制度に換算すると、おおむね高校~中学校くらいに相当するものと考えればよろしいかと思います。

明治19年に「小学校令」によって始めて規定されたときは、
「尋常小学校」の4年間の課程に引き続き、「高等小学校」の4年間の課程が定められていました。
(この時代の義務教育は4年間の尋常小学校のみです)

明治33年に「小学校令」が改正され、高等小学校の課程は「2年または4年」とされました。
その後、明治40年には義務教育の年限が6年に改正され、高等小学校の課程の一部が義務教育化されることとなりました。

Q帰国子女の大学院入試

はじめまして、私は今現在上海の某大学に留学している女子大生です。タイトル通り、帰国子女の大学院入試について質問をさせて頂きました。
今の大学を卒業後、埼玉大学の大学院入試を受けようと思っております。学科は日本語科希望です。入試の形式は、第一次と第二次、それぞれ違っていて、第一次は7月、筆記試験と面接、第二次は1月、面接と企画書提出、ということです。上海では、新学期が9月ということで、期間的には必然的に第二次の面接と企画書提出ということになります。


そこで質問なのですが、埼玉大学の大学院入試には帰国子女枠がなく 一般枠と同じ待遇になります。中国に留学していた私にとってはやはり不利なのではないしょうか?

また、帰国子女が日本語学科に入るのは難しいですか?

どなたか、帰国子女入試について詳しい方、埼玉大学院生の方や経験者の皆様、アドバイスや勉強の仕方を教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

帰国子女の特異性をうまくだせば

有利に展開できますよ。

最初から負け戦はしないことだね。

Q35歳でも小学校教員に採用されるでしょうか

現在35歳です。家業のため教職への思いをこれまで断念していたのですが、やはり未練があります。今からでも小学校の教師になることはできるのでしょうか。教育大を卒業し、教員免許はもっています。実際この年齢で採用があるのでしょうか。そのあたりのことを教えていただければと思っています。(大阪市が希望です)

Aベストアンサー

 大阪府の今年の教員採用試験の概要のペ-ジ(↓)がありますので,ご覧になってみてください。

 「受験資格」には, 『昭和41年4月2日以降に出生していること。ただし、教員として平成13年3月31日までに通算3カ年以上の在職経験がある場合、あるいは、民間企業又は官公庁等での正規職員としての勤務経験が平成13年3月31日までに通算3カ年以上ある場合は、昭和36年4月2日以降に出生していること。』という一文があります。

 johnpaul さんの場合,「民間企業又は官公庁等での正規職員としての勤務経験が通算3カ年以上」に該当すれば受験資格がありますが,該当しない場合は大阪市では無理のようです。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/kyoshokuin/kyousai/kyousai.htm

Q慶應義塾大学へ帰国子女枠で入学した方に質問です

慶應義塾大学 法学部または商学部に帰国子女枠で入学された方に質問です

親戚に入学希望者がいるのですが、10年以上も海外生活をしており、入学後、日本語での授業等についてゆけるかどうか心配しています。慶應義塾大学は帰国子女が多いと聞きますが、他の入試制度で入学してくる生徒は優秀な方ばかりですよね。せっかく入学しても落ちこぼれてしまっては意味がありません。その子は、海外では、現地校だったため、一日のほとんどを英語で生活していました。両親とも日本人ですので、家では日本語を使用していました。また、土曜日に日本語補習校に10年以上通っており、漢字検定は準2級をもっています。インターネットのおかげで、日本のニュース、新聞にも触れる機会がありました。帰国子女予備校で相談したところ、問題なくついてゆけるでしょう、とのことでしたが、実際に同じような状況の帰国子女の方がいらっしゃったら、是非、アドバイスをいただけないでしょうか?将来的には、日本企業でも海外取引が多いところか、外資系企業で働きたいと思っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は慶應商学部出身です(一般試験ですが)。

 多くの友人に帰国子女の友人がいるのでそれを参考に回答いたします(自分含めた8人で食事に行き6人が帰国子女の時がありました)。比率にすれば他の大学より高いと思います。100人いれば7,8人程度は英語がネイティブクラスでしょう。
 私の周りには日本語で不自由な思いをしている人はいなかったですが、中には「日本語より英語が得意」な人は結構いました。また、思考回路に英語の回路があるのか、たまに帰国子女同士で英語で会話していました。ただ、日常会話が理解できれば大学の授業は問題ないと思います。ほとんどの学生は初めて聞く言葉が多い授業(学問の専門用語は、ネイティブであろうと日常では聞かないので)が普通です。また慶應は内部生が4割、推薦入試組も多いので、一般試験を突破したときに使った頭を使うことはほとんどありません。むしろ試験間際になって過去問を集める等、内部生が得意とするネットワークがモノを言います。
 まぁ、帰国子女が非常に多いので、万が一先生の話していることが理解できなくても、英語に訳してくれる友人がすぐ見つかるとは思います。日本語が一切話せなくても、教室には熱心な中国留学生等が大抵いるので彼らに英語で聞いても大丈夫でしょう(そのシーンを見たことないですがそれくらい、日本語がなくても平気です)。ただ試験は日本語しかないのが普通なので読み書きは出来るようになりましょう。

 質問者さんが心配されることよりむしろ大事なのは「帰国子女を自慢しない謙虚さ」です。多くの帰国子女は、一般試験を突破していないので帰国子女であることに後ろめたさを感じるものですが、中にはそれを鼻にかけている人もいます。そうした人は、学生生活でも多くは得をしないでしょう。多くの帰国子女は非常に謙虚で勉強熱心です。私はそうした彼らが大好きで、また「私が経験していない海外生活などの)彼らにしかないものを吸収しよう・自分が知っていることを出来るだけ知ってもらおう」と、非常にいい経験をさせてもらいました。
 「海外は○○だ、日本がおかしい」などという発想では大学ではやっていけません。日本という独自の文化を理解する過程として謙虚に日本の大学に来るよう親戚を送り出してあげてください。
ご参考までに。

元塾講師です。私自身は慶應商学部出身です(一般試験ですが)。

 多くの友人に帰国子女の友人がいるのでそれを参考に回答いたします(自分含めた8人で食事に行き6人が帰国子女の時がありました)。比率にすれば他の大学より高いと思います。100人いれば7,8人程度は英語がネイティブクラスでしょう。
 私の周りには日本語で不自由な思いをしている人はいなかったですが、中には「日本語より英語が得意」な人は結構いました。また、思考回路に英語の回路があるのか、たまに帰国子女同士で英語で会話していまし...続きを読む

Q学校の呼称について・・・小学校、中学校

日本の学校の呼称として、「小学校、中学校、高等学校、大学」と続くのですが、以前から違和感を持っています。まず、小学校=小さい学校、中学校=中ぐらいの学校、と「大きさ」で分けています。
そして、高等学校=程度の高い学校、大学=大きく学ぶ、といった具合で、一貫性がないと思われるのです。大学は学校なのに「学校」の文字が付きません。

どうしてこのような呼称を付けたのでしょうか。
英語では、初等学校、下級高等学校、上級高等学校、というように学ぶレベルで名付けているようですが・・。

Aベストアンサー

日本では小学校は初等教育
中学校は前期中等教育
高校は後期中等教育
大学は高等教育と分けられています。
小学校、中学校は基礎となることを学び
高等学校では進路に応じて高度な普通教育教育及び専門教育を学びます(学校教育法 第50条)
そして問題の大学ですが大学は深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。(学校教育法 第83条)

ですから質問者さんが言っていた「大学=大きく学ぶ」ではなく、学んだことをより大きくしていく学校なので大学と言うんだと思います

Q教育学部英語科で、帰国子女を受け入れている国立大学を探しています。

こんにちは。
今ニュージーランドの高校に留学している高校生です。まもなく留学してから1年が経ちます。留学は2年間を予定しています。
実は、進路のことで相談があります。

来年留学を終えたら、日本の大学に帰国子女枠で受験したいと思っています。
志望は、将来英語の教員になりたいので「帰国子女枠のある、国立大学教育学部英語科」なのですが、なかなか条件に合う大学がありません。

私は単身留学なのですが、そもそも単身留学自体を受け入れていない国立大学や、教育学部に帰国子女枠がない国立大学が多いのです。

留学で親に経済的な負担をかけているため、大学は私立ではなく、国立大学にしたいのですが・・・・。

何かいい大学をご存知の方はいらっしゃいますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教育学部在中の者です。
小学校の教員なら兎も角、中高の教員なら、むしろ、教育学部でない方が教員になりやすいとも聞きます。
(採用試験でその学部で専門的に学んできた人に勝てないとか)
小学校で英語をやるところも増えてきていますが、英語の知識を生かし、高校等で教えたいなら、外国語学部も良いかなと思います。
(大学のHPを見れば、修得可能資格が記載されていると思うので、教員免許修得可能か確かめてくださいね)
外国語学部なら、帰国子女枠があるところも多いのでは?
(質問の答えになっていなくて、すみません)

Qなぜ小学校、中学校などの学校の先生になりたいのか

私は学校の先生になりたいと思ったことが全くありません。
なぜ教員志願者は教員になりたいと思うのでしょうか。どこで触発されたのか、給料、やりがいなど教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、教えるのが好き、子供が好き。まぁ、分からないではありません。これは初等と女子に多い。
3位は、自分に合った職業だと思う。

2位と3位は教員の子供が比較的回答する項目です。親をみていてそう思うのでしょうか。

困ったちゃんですと
・部活の指導がしたい。これは体育の免許を取得しようという学生に多い。要するに部活が指導できれば免許は何でもいいという阿呆です。
・別の大学志望だったが、落ちたので。という学生も無論います。これは理系に多い。こういう学生は教員は「滑り止め」で本音としては、大学院でどこか理系のラボにいきたいと考えている場合が多いです。

もちろん就職という話ですから、公務員としての安定性だとか賃金のことなども背景にあることは当然でしょう。特に芸術系・技能系の学生ですと、例えば「本当は音大(美大)に行きたいけれど、将来食えるかどうか不安なので」という心情はあると思います。それを「きれい」に語れば、3位の「自分に合った」という回答になるのでしょうね。

その辺は、普通の学生と変わりません。

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報