以前「北京原人」という映画がありましたけれど、
あれは一夫一妻制でした。
でも、現在の猿の群れは一夫多妻制が多いです。

人類の発生の頃から一夫一妻制だったのでしょうか?
どうやってそれがわかったのでしょう?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一言で説明できませんが、次の本を読むと結構納得できるかもしれませんよ。



「オスとメス = 性の不思議」(講談社現代新書)長谷川真理子著
    • good
    • 0
この回答へのお礼

突然のPCトラブルで御礼がおそくなりまして、もうしわけありませんでした。

図書館でご推薦の本を読みまして、かなり納得がいきました。
いろいろな条件がそろってどうやら緩やかな一夫多妻制の状態で、
その後、食糧難などの条件がつき、多くの養いが難しくなるにつれ、
一妻の割合が多くなっていったようですね。

ご推薦の本では、生物学的な見地からの考察もあり、とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 17:26

イスラムの一夫多妻は、もともと、男の数が低くなるような要因が(戦闘など)あって、その結果うまれてきた合理的な制度だと思います。

野生動物の間では、強い遺伝子を残すために、敢えて生存競争に不利なオス(キジみたいに天敵に見つかりやすい色など)がメスに選ばれる、というのがありますが、そういうこと(オス同士で戦うのもふくめ)であれば、一夫多妻でも合理性が出てきます。
原人の生活がどのようなものだったか(「神の手」の先生がウソを広めたのでどこまで正しくわかっているのか?)、によって違うのではないでしょうか。

前の回答で
>発情期以外でもオスを受け入れることです。
とありますが、「発情期を失ったサル」(大島清氏の本にあった)ということになると思います。
サルの間でも、発情期以外には他のオスが交尾しても寛容なボス、というのがあるそうです。

サルでも、「お山の大将」のサルもいれば「孤高(?)」のサルもいますから、ニホンザルなどの生態で原人を考えるには無理があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンが止まってしまいお礼が遅くなりました。
申し訳ありません。

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 17:21

参照する参考書が今手元にありませんが、かって得た知識の中から覚えている部分を私流に書けば次のようになります。



人間(原人?)も一夫多妻だったようです。理由は
*メスの発情期
*メスの保護
*幼児の死亡率が高い(病気、事故、天敵)

オスは子育てを行わず、メスが子育て期間中は発情しない(妊娠もしない)ことから母子を放置して他のメスを探していたものと思われます。(猿やライオンなどは前夫の子供をかみ殺したりして、メスの発情を促します)

人間のメスがオスにも子育てに参加させる(即ちオスを専有する)ために取った作戦は、発情期以外でもオスを受け入れることです。こうして他の動物にみられない発情期に関係なくセックスをする奇妙な動物(人間)が生まれたそうです。種族を守る本能でメスを求めていたのが、専有のメスが一生に10頭(人)前後の子供を生み育てることが出来ればオスも危険を冒してまで他のグループのメスを狙うようなことをしなくなったのでしょう。しかし、今日でも太古の習慣を思い出して専有するメスに満足できないオスはいますね。(本文は分かりやすくするためにオス・メスという表現をしました。女性の方お許しを)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンが止まってしまい御礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

おっしゃるとおり、どうやらゆるやかな一夫多妻状態だったようですね。
あの映画もあながちまちがいではなかったということで納得いたしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 17:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇家と一夫一婦制

天皇家はいつから、どういう理由と経緯で一夫一婦制になったのでしょうか? 女帝論とか、女系天皇論とか、養子宮家論とか議論する前に、御側室をおくというほうが古来からの伝統にかなっているはずですが、どうして議論にされないのでしょうか?

Aベストアンサー

大正天皇のご生母ですが、柳原愛子という女性で、明治天皇没後は二位局と呼ばれて皇族に準ずる扱いを受けておりました。
明治天皇の皇后は昭憲皇太后(皇后ではなく皇太后とするには訳があるのですが、これは本題とは関係なし)で、この方が民間で言う「妻」となります。
つまり「妻」という座は我々一般人も天皇も1つしかありませんが、事実婚は法律でどうこうすることは出来ず、今上天皇や皇太子さまが愛人をもたれ、婚外子が出来ても、後は周囲の理解が得られるかどうかで、法律が介入することは出来ないと考えます。
総理大臣が同じ事をやっても、田中角栄氏が愛人の有無で辞任することはなく、宇野宗佑氏が辞任したのは、前者が愛人にも十分な愛情とお金を与えて、文句が出ず、周囲も問題にしなかったのに対して、宇野氏は愛人へのお手当てをケチって週刊誌などに書き立てられ、器が小さい男と国民の支持を失ったことで、「道義的責任」といえます。
因みに現在の皇室でも「桂宮さま」

http://www.kunaicho.go.jp/03/d03-10.html

は独身と紹介されますが、ある女性と事実婚されており、世間で言えば「同棲関係」といえます。
正式に結婚されないのにはやむ得ない事情があって、仕方ない面はあります。

大正天皇のご生母ですが、柳原愛子という女性で、明治天皇没後は二位局と呼ばれて皇族に準ずる扱いを受けておりました。
明治天皇の皇后は昭憲皇太后(皇后ではなく皇太后とするには訳があるのですが、これは本題とは関係なし)で、この方が民間で言う「妻」となります。
つまり「妻」という座は我々一般人も天皇も1つしかありませんが、事実婚は法律でどうこうすることは出来ず、今上天皇や皇太子さまが愛人をもたれ、婚外子が出来ても、後は周囲の理解が得られるかどうかで、法律が介入することは出来ないと考...続きを読む

Q「見猿、聞か猿、言わ猿」

日光東照宮の「見猿、聞か猿、言わ猿」は、何か意味があるのですか?
それとも単に彫刻の名称なのですか。

Aベストアンサー

2の追記
家康が、豊臣方に対しての意味で 西の方を見るように葬れと家臣に言い伝えたといわれています。諸葛亮 孔明と同じです。死んでも心残りだったのでしょう。
 その意味でも、「見ざる、言わざる、聞かざる」は幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいいという教えである。というよりも物事への慎重な対処方法の人生訓であるとも言われています。あまり気心を知れてない人または親しいひとでも多くを語るなということです。

Q中世ヨーロッパで一夫多妻制だった国とは?

よく当ると評判の占い師さんにカウセリングしていただいたところ、
私の前世は、中世ヨーロッパの修道院でシスターをしている女性だったそうです。もともとは一般の女性で(すみません、貴族の出身だったそうです)、年の離れた婚約者がいたらしいのですが、自分のやりたいこと(仕事)を優先して結婚はしなかったそうです。占い師さん曰く、当時の結婚は家と家との結びつきという意味合いが大きく、貴族の間では一夫多妻制の習慣があり、彼には既に何人か奥さんがいた上での婚約だったらしいのです。仕事に生きる!と婚約破棄をしてみたものの、最終的には修道院に入りシスターになったそうです。
さて、前置きが長くなりましたが、中世のヨーロッパ(キリスト教圏)で貴族間の一夫多妻制が許されていた国ってどこですか?またいつ頃の時代(13世紀とか15世紀とか)でしょうか?占いや前世のお話は嫌いな方もいらっしゃると思いますが、そのあたりは触れないでいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

ヨーロッパのキリスト教国では、一夫多妻は許されません。
ただし、愛人のようなものは黙認でした。
フランスあたりでは、ポンパドール夫人のように、国王の愛人となり、国政に重要な影響力を持つ者もおり、国王や貴族の愛人は、庶民などの夢でもあった事は事実です。
また、恐妻家のフランツ1世も、妻マリアテレジアに隠した愛人と子供がいた事が知られています。

キリスト教国家でなければ、一夫多妻は可能でしたから、ヨーロッパであれば、15世紀以前のリトワニア、キプチャクハン国、トルコ、またはトルコ支配化のバルカン諸国では、ありえないとは言い切れません。

ただ、修道院に入ったという事は、カトリックの国かイギリスである可能性しか考えられません。
となりますと、15世紀以前のリトワニア(1501年リトワニアはカトリックに改宗しポーランドと合同国家となる)か、ハンガリー(1547年トルコがハンガリーの大半を占領)かと思われます。
(正教会では、女性の修道士はみられない)

Q君主制、封建制、共和制、官僚制…の意味と分類について

過去の質問を拝読しているうちに、わからなくなってしまったので質問させていただきます。

君主制、共和制、封建制、官僚制など、統治制度に関する言葉がいろいろとありますが、これらを簡潔に分類できますでしょうか?

君主制の反対語は一般的には共和制ですが、過去の質問では封建制が使われるていることもありました。
また、封建制の対概念としての官僚制という記述もありました。
しかし、君主制の中に封建制が含まれる気もしますし、官僚制と封建制が共存する統治体制もあるような気がします。

各語の意味を正確に理解していないことに問題があるのかもしれませんが、大雑把でも結構ですので、それぞれの言葉の意味をどのように解釈し、どのように分類したらよいかご教授ください。

Aベストアンサー

内政や外交などの政策決定の権限が「誰」にあるかで分類すると「君主制(帝政・王政・絶対君主制など、首長は世襲的)・君主」「共和制(議会制、首長は互選)・議会構成員」「民主制(国民多数による選挙に基づいて、直接的もしくは間接的に政策決定者が選ばれる)・国民」と言う分類になります(「名目上の元首が君主である」場合は立憲君主制とかの名称になっていますね。あと政治用語としては大統領制や議院内閣制などがあります)。

制度として、中央集権的であるか地方分権(分立)的であるかで分類すると、「中央集権制」「封建制」「連邦制」などになります。

「官僚制」とは、行政的な面で「官僚組織」によって運営される制度のことです。「官僚組織」とは、専門的な技術や知識を持った人たちが、権限や機能によって分化され、ピラミッド的に構成されている組織を言います。もっとも機能的な官僚組織は「軍隊」ですね。
こうした組織形態を持たないでプロジェクトや組織運営する方法もありますが(単年度制の委員会方式など)、なんて総称するのか分かりません(「非官僚的組織or運営」としか言いようがないのかな?)。

内政や外交などの政策決定の権限が「誰」にあるかで分類すると「君主制(帝政・王政・絶対君主制など、首長は世襲的)・君主」「共和制(議会制、首長は互選)・議会構成員」「民主制(国民多数による選挙に基づいて、直接的もしくは間接的に政策決定者が選ばれる)・国民」と言う分類になります(「名目上の元首が君主である」場合は立憲君主制とかの名称になっていますね。あと政治用語としては大統領制や議院内閣制などがあります)。

制度として、中央集権的であるか地方分権(分立)的であるかで分類する...続きを読む

Q"人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。"と最初に言ったのは誰?

「人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。」名言だと思います。これを最初に言ったのは誰ですか? うろ覚えですが、有名な歴史学者だったような気が・・・

Aベストアンサー

ドイツの哲学者:ヘーゲル
の言葉だと思います。

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www6.plala.or.jp/yhayashi/jmeigen03.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報