グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

学校の課題でソネット形式について調べてるのですが、どこが韻をふんでるのかなどがさっぱりわかりません・・・・どうか教えてください。

「一つのメルヘン」
秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があつて、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射してゐるのでありました。

陽といつても、まるで硅石か何かのやうで、
非常な個体の粉末のやうで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもゐるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでゐてくつきりとした
影を落としてゐるのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……


お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ソネットという形式についての課題なのか、中原中也のソネットについてなのか、


日本のソネット一般についてなのか、どうももう一つはっきりしないのですが。
それに学校の課題ということなので、あまり詳しく述べません。
あとはご自分でお調べください。
そうでないと、質問者さんの勉強の手助けではなく、妨げをすることになります。

まず、ソネットはヨーロッパで始まった非常に古くからある形式で、厳格な韻律と押韻が定められた、
定型詩としては最も短いもの、連作されるのが普通です。
(つまり短いとはいっても、短歌や俳句からいえばなんとも長い韻文になるのですが)

英詩の場合でいいますと、多くは弱強五歩格の10音節で1行をなし、これが14行集まって1編となります。
また、脚韻はその踏み方によって大きく分けてイタリア型(ペトラルカ風)とイギリス型(シェークスピア風)とがあり、
さまざまな韻のヴァリエーションがあって精緻を極めます。

フランス語やドイツ語など、その言語の特性に合わせた固有の韻律と押韻が生み出されているので、
一括りにできないのですが、1編14行であることは共通です。

現代の詩は無韻律自由詩が主体でしょうからソネットはほとんど作られていないと思いますが、
欧米人のこの形式への思い入れは今なお熱いものがあると聞いています。魅力的な形式なんですね。

 ※

このヨーロッパ詩の富をなんとか日本に持ち込もうとしたのが中村真一郎、福永武彦などの「マチネ・ポエチック」ですが、
日本語による詩のリズムや音楽性の獲得は別のところにあるということが、ややもすれば軽視されたこの運動は、
彼らの詩藻をもってしても、はかばかしい実作が生まれず、あだ花となりました。
(中村氏は最後までご自分の才能の不足を嘆いていらっしゃいましたが、そうではないでしょう)

日本の詩歌はヨーロッパや中国の詩と異なって、短歌や俳句に見られるとおり、
5音と7音の組み合わせを主体とする「音数律」構成です。
これは日本語の音韻が単調だからで、
これでは、たとえば押韻によって時におもしろい効果が生み出せても、すぐマンネリ化し、反復に耐えなくなります。
枕詞や序詞、掛詞が発達した理由の一半はここにあるという人もあるし、
また、近代以降の詩ではオノマトペー(擬声語、擬態語)が詩の音楽性獲得のためにしばしば大きな役割を演じています。
ルフラン(折り返し句)もそうですね。歌謡性を獲得します。

中原中也はマチネ・ポエチックの運動よりちょいと前に亡くなっていますから、直接の関係はなかったと思います。
彼が大好きだったヴェルレーヌが音楽的なソネットを沢山書いていますから、その影響かなと思います。

お題の詩は4・4・3・3行4連による、いわば無韻律のソネットということでよろしいのではないかと思います。
(4・4・4・2行4連でも14行になりますね。中也はこれも書いていますから、興味があったらお調べください)

あと、この形式で多くの詩を作った人は、
とっさに思い出す範囲では立原道造、谷川俊太郎(詩集「62のソネット」)などが思い浮かびます。いずれも青春がうたわれています。
また明治時代の蒲原有明に「茉莉花(まつりか)」という5音と7音を巧みに組み合わせた優れたソネットがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
参考にさせてもらいながら自分でも
しらべてみます。

お礼日時:2005/11/06 19:19

まあソネットというのはもともとはヨーロッパ語の14行詩だから、完全にソネット形式になってるかどうかはよくわかりませんが。

(アクセントの位置とかは一緒になりようが無いです。格、というやつね)
2行目koishi~kawaraとカ行の音。3行目soreni~sarasaraで、サ行。
4行目sarasara~sashiteとサ行。などなど同一子音の頭韻がふまれています。他にもあると思いますが。
一方、脚韻についてはまあ、一応あるのかな、という感じです。日本語の場合、末尾に来る音が限られているので、文体の関係で韻のようになっているのか、それとも意識してやっているのか判別が困難な場合もあります。とはいえ、第2連、~やうで~やうで、は意識的でしょう。第1連の2~4行のタ行や、第2連の3~4行目のタ行、第3連の2~3行のタ行このあたりは韻を踏んでいるのかどうかはっきりしませんが、少なくともタ行の響きを作っているのは確かです。(それこそ韻の本義なのですが)
なお第1連のさらさらと~てゐるのでありました、と第4連末の同様の句は、韻というより再現といったほうがいいとおもいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おりがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2005/11/06 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詩の投稿の仕方

詩の投稿をしてみたいんですが、自分のものと募集要項にあったところが
ありません。そういう時はどうすればいいんでしょうか?なるべく信用できる
所に送りたいんで、直接雑誌社とかに送ればいいんですかね。でもいきなり
そんな事していいんでしょうか。探し疲れました><

Aベストアンサー

ごきげんいかがですか?hpでちょっと詩もやってますので
参考になればとも・・

1)詩人のプロになりたい・・とおっしゃるのでしたら
やっぱり出版社ですよね。
出版社の「募集要項」にあわない。
考え方をちょっと変えましょう。その「募集要項」は
出版社が出した「お題」と考えては如何ですか?
出版社はその募集要項という題で募集していると。
自分の作品を照らし合わせるのではなく、
そのテーマで自分の作品を書くんです!

2)力量を測る、でもって作品は外部になるべく公表したくない。
MLなんかどうでしょうか?確かにこれでもパクられる可能性は
あります。でもプロになろうという方ですからそれくらいのリスクは
やむをえません。以前私もメンバーでした「声の鍵」なんかどうですか?
アマチュアばかりですがほんとに素敵な詩を書かれる方が多いです。
「誰にも読まれない」詩ってなんか辛いでしょ。
おまけに人の詩も読めます自分の力量をはかるにもいいかも?
http://www.koekagi.com/

3)楽しみの延長で。本来ならこの行き着く先がプロなら
素晴らしいことなんですが、「詩人」ではなく「詩が好き」と
いう人が年に4・5回リレー・グリ-ティングといって
1つの詩を何人かがパートで作ります。また「詠み水晶」という
45文字の定型詩や、「My Greeting」というかなり短めの詩的な
フレーズを扱っているページもあります。

本来は1)ですが何か自信にぐらつきができたときに2)・3)も
役に立つかもしれません。頑張ってください!!

ごきげんいかがですか?hpでちょっと詩もやってますので
参考になればとも・・

1)詩人のプロになりたい・・とおっしゃるのでしたら
やっぱり出版社ですよね。
出版社の「募集要項」にあわない。
考え方をちょっと変えましょう。その「募集要項」は
出版社が出した「お題」と考えては如何ですか?
出版社はその募集要項という題で募集していると。
自分の作品を照らし合わせるのではなく、
そのテーマで自分の作品を書くんです!

2)力量を測る、でもって作品は外部になるべく公表したくない。
...続きを読む

Q汚れつちまつた悲しみに・・・

中原中也の、汚れつちまつた悲しみに・・・、という有名な詩の意味を、どなたか教えてください。この詩は、いったい何を表現しているのでしょうか?伝えたいことはなんなのでしょう。ひたすら悲しい、ということは伝わってくるのですが、あまりよく分からないのです。

Aベストアンサー

 
詩にしても和歌にしても、俳諧にしても、これはこういうできごとの折りに造られたものだ、という説明を聞いて、意味が分かるとかは本当はおかしいのです。

作品を読んで、聞いて、何かの心の感銘を受けて、その後、その作品が作られたときの状況や経緯をしって、なるほど、よく分かるということで、作品としての感銘・感興は、説明と独立していなければならないのです。

造られた状況が分からないと、感銘がないとか感興がないというのは、作品になっていないのです。

中原中也の詩は、その点、少し問題があるのです。読んでも、よく意味が分からないとか,何を言っているのか感興がないという人がかなりいるのです。その他方、中也の独特な作風というものに惹かれる人がかなりいるのも事実なのです。

幾つかの作品を読んでみて、中也は、その言葉にどういう思いを込めたのだろうか、と考えていると、ある程度,何かが分かってきます。無論、分からない、感じられないということもあります。

この作品は、著作権が切れているはずで、引用してもよいはずです。全文は、下の参考URLにありますが、一行置きに繰り返される、「汚れちまった悲しみに」と「汚れちまった悲しみは」をはずしてみます。次のようになります:

>汚れつちまつた悲しみに

>今日も小雪のふりかかる
>今日も風さへ吹きすぎる

>たとへば狐の皮裘(かはごろも)
>小雪のかかつてちぢこまる

>なにのぞむことなくねがふなく
>倦怠(けだい)のうちに死を夢む

>いたいたいしくも怖気づき
>なすところなく日は暮れる……

「汚れちまった悲しみに」という表現が、自嘲的で投げやりな表現だという感じは確かにあるのです。「悲しみ」が「汚れる」とは、何と気障な、とも感じるのですが、他方、これは非常に自嘲的な言葉に響きます。それでは、「汚れちまった悲しみ」を除くと、詩はどうなるかというと、上のようになります。

二連目の「たとへば狐の皮裘(かはごろも)」というのは、何を言っているかよく分からないのです。感覚的に分かるか分からないかの問題のようになります。

しかし他の行は、通俗的な言葉のようで、しかし、

>今日も小雪のふりかかる
>今日も風さへ吹きすぎる

ここには、何か痛々しい感情の苦痛と絶望のようなものが、造形されています。この表現自体、まだ自嘲的な感じがしますが、中也の他の作品を見ると、やはり、こういう自嘲的な感じの言いまわしが出てくるのですが、しかし、他方、その部分だけを見ると、高度に冷静に緻密に彫琢された、詩的形象が含まれています。

中也の詩は、どこかユーモラスで自嘲的な言いまわしと、綺麗な詩的形象と、そして悲哀というか、切ないような悲しみの三つの要素から大体できているのです。

この作品にも、この三つが含まれていて、この場合、詩的形象が一番希薄というか、形象はあるのですが、それが自嘲的な表現に隠れてしまっています。

どこかユーモラスで自嘲的な言いまわしは、中也が自分自身を反省的に眺めている結果,出てくるのだとも感じられるのです。この詩の場合、自虐的とも言えるレベルまで来ているのですが、しかし、上に抜き出したラインを見ると、詩の形象彫琢は行っていることが分かるのです。

中也の詩は、自意識過剰で、自己の感情に溺れているようにも思えるのですが、良く読むと、冷静にそのような自己を眺めている視線があるのです。「自嘲」とは、そういう状態だとも言えるのですが、中也の場合、ただ自嘲に溺れこんでいないというのが、彼の作品を「詩」と評価する人たちの見方でしょう。

自嘲し、悲哀の感情に溺れているように見えるなかに、冷静に詩の言葉を彫琢している中也という詩人がいるということになるのです。すると、これは、単なる自嘲や自虐ではなく、もっと複雑な屈折した意識のありようの表現であるとなります。

どこかユーモラスな自嘲的な屈折した、いわば青年期の自己の客観視のような視点と距離の取り方、それに先に述べた,詩としての形象彫琢と、悲哀という組み合わせで、「中原中也世界」というものが出来あがっているのです。

自嘲的な視点に心動かされる人と、詩的彫琢に心動かされる人と、悲しみのある言葉に心動かされる人がいるということになるのですが、これらは、どれも、中也の詩の世界を前提にしているのです。

この「汚れちまった悲しみに」は有名な作品ですが、これは詩ではなく、青年が日記に書くような感傷的で自意識過剰な言葉の羅列だと感じられる人には、これはそういうものに見えるのです。

立原道造という青年詩人がいて、若く亡くなりますが、彼の感傷的リリシズムの詩は、エピゴーネンが一杯あるが、しかし、立原はエピゴーネンとは一線を画しているという評価を昔,読んだことがありますが、「一線はなかった」というのが答えだったと思います。

中也の場合も同じで、こういうスタイルのエピゴーネンはたくさんいるのです。そこで一線があるのかというと、あるのですが、ないとも言えます。しかし、中也の詩は模倣できないのです。こういう自嘲的で悲哀のある詩の真似はできますが、「中也の詩」にはならないのです。

この詩は、投げやりになり自嘲的になって、「人生はこんなものさ」と言いつつ、感傷的に悲しみや絶望をうたっているように思えますが、どこか、「冷静さ」が入っているのが特徴なのです。自分を反省して自嘲する自分自身を、また冷静に眺めている自分がいるというような構造です。

何重にも、こういう自己観察、自己省察の視点があるのではないかというのが中也の詩で、立原の詩は、ここまで自己省察した視点がある意味ないとも言えます。

立原の詩は、詩的空間からある距離を置いて、詩を形象している作者がいるのですが、中也の詩は、もっと自己観察・自己省察が錯綜しており、もっときっちりした詩的イメージを彫琢できながら、敢えてそれをしない中也という存在が感じられるのだとも言えます。

実はわたしもこの詩はよく分からないのです。しかし、中也の他の詩のなかに、その哀切さと美しさに心動かされる作品があるのであり、そこからすると、この詩にも、大きな感銘を受ける人がいるだろうと想像できるのです。

この詩がよく分からない場合は、中也の他の作品を読んでみて、どれか心に感銘を受けるものがあれば、もう一度引き返して、この詩に戻ってくると、違って見えてくる可能性があります。

最初に述べたように、この詩がどういうできごとの背景で造られたのか、関係がないのです。

No.1 の方の回答が簡潔で見事に中也の詩の構造を言い当てているのですが、そういう意識は、実は大勢の人が持っていて、しかし、彼らは中也ではないのです。しかし、中也の詩に心動かされる人たちなのです。

「近代人的意識」と言えば、小林秀雄につながって行くのが分かるでしょう。
 
>汚れちまった悲しみに
>http://macalfa.tripod.co.jp/YomuFiles/yogore.html
 

参考URL:http://macalfa.tripod.co.jp/YomuFiles/yogore.html

 
詩にしても和歌にしても、俳諧にしても、これはこういうできごとの折りに造られたものだ、という説明を聞いて、意味が分かるとかは本当はおかしいのです。

作品を読んで、聞いて、何かの心の感銘を受けて、その後、その作品が作られたときの状況や経緯をしって、なるほど、よく分かるということで、作品としての感銘・感興は、説明と独立していなければならないのです。

造られた状況が分からないと、感銘がないとか感興がないというのは、作品になっていないのです。

中原中也の詩は、その点、少し...続きを読む

Q現代詩を投稿できる本、賞を教えてください。

メルヘンチックな詩ではなく、恋愛や生活する中の目線で感じた事を
現代詩として書いています。他ジャンルで文屋をやっているのですが、
転向をまじめに考えている者です。
公募ガイドは購読していましたが、あんまり現代詩を投稿できる賞が
掲載されないので(俳句や川柳が多い)もっといろんな賞等の場を
知りたいと思っています。現代詩が投稿できる専門の本や出版社が
やっている賞などについて教えて下さい。職業柄、周りに投稿や
賞への応募をしていることを知られたくないのでこちらに質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「公募ガイド」はご覧になっているとのことで,参考 URL のウェブサイト「登竜門」はご覧になっていますでしょうか。「公募ガイド」にない公募も多数掲載されています(ジャンルによっては公募ガイドより多いものもあります)。

参考URL:http://compe.japandesign.ne.jp/

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

QYouTubeからiTunesへの音楽の取り込み方

YouTubeからiTunesへの音楽の取り込み方を教えてください。
機械オンチなため、iPodの本を見ても、インターネットで調べても、いまいち操作がわかりませんでした…

どうか、こんな私に丁寧に教えてください。

ちなみに、試行錯誤しているうちに、Lunascape4、Kingsoft Writer、Kingsoft Presentation、Kingsoft Spreadsheetsというソフトをダウンロードしてしまいましたが、意味ありますか?

Aベストアンサー

意味ないです。
っていうか試行錯誤しているうちに、得体の知れないソフトを落とすとか
質問者様の困惑振りが伺えて失礼ながら大爆笑。


YouTubeからiTunesへの音楽の取り込み方
1・YouTubeから音楽データだけを取り込みます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114867476

2・↑の方法で音楽(MP3)をデスクトップに保存。iTunes起動。
iTunesはフルスクリーンにしない。デスクトップが見えるように。

3・iTunesのメニュー編集>設定>詳細タブ>「ライブラリへの追加時にファイルをiTunesフォルダにコピーする」にチェックされているのを確認。

4・デスクトップにあるMP3を、iTunesの曲名などが表示されている部分にドラッグアンドドロップ。

5・大成功

----------------------------------------------------
・Lunascape4
タブブラウザ。質問者様には不要。
・Kingsoft三種
オフィス系ソフト。不要。

意味ないです。
っていうか試行錯誤しているうちに、得体の知れないソフトを落とすとか
質問者様の困惑振りが伺えて失礼ながら大爆笑。


YouTubeからiTunesへの音楽の取り込み方
1・YouTubeから音楽データだけを取り込みます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114867476

2・↑の方法で音楽(MP3)をデスクトップに保存。iTunes起動。
iTunesはフルスクリーンにしない。デスクトップが見えるように。

3・iTunesのメニュー編集>設定>詳細タブ>「ライブラリへの追加...続きを読む


人気Q&Aランキング