人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

フランスで移民の暴動が最近報じられていますが、
なぜフランス政府は移民をそこまで受け入れるので
しょうか?

労働不足ですか?それとも植民地時代の償いでしょうか?

人口6000万人の内、500万人が移民であると聞いて、
驚きました。

またフランスに限らず、イギリスも移民が多いと思いますが、同様にスペインやイタリアをはじめ、デンマークや
スウェーデンなども移民を積極的に受け入れているので
しょうか?

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

戦後労働者の不足でアフリカ、アラブ系移民を積極的に受け入れましたが、今はフランス経済も停滞しているので受け入れには非積極的です。



彼らは子供の数が多いので移民2世、3世も大勢います。2世、3世はもうフランス国籍を所有しているので、追い出すことが出来ません。

フランスが移民受け入れに積極的でなくなった今も、移民希望者は増える一方で、取り締まりが難しいのです。不法入国者、観光客VISAで入国してそのまま、等。

イタリアやスペインもアフリカ大陸に近いので、移民も多いです。フランスは生活保護、社会保障がかなり充実しているので、移民にとってはフランスに住むことはかなり魅力的です。

ドイツでもトルコ系移民の問題はありますし、オランダで、移民反対派のヴァンゴッホの息子がイスラム系移民によって殺害されたり、と西欧各国で移民問題に悩んでいます。移民を募集しているわけではなく、アフリカ等の国との経済格差により、積極的に移民が来てしまうのです。

これらの移民はイスラム宗教を信仰していることもあり、西欧文化とのずれが問題を起こしています。フランスには以前、イタリアやスペインからの移民も多く受け入れていましたが、特に問題はなかったようです。
    • good
    • 1

ヨーロッパ諸国は国境を接して長く離合集散や戦争を繰り返してきました。

昔は国力すなわち人口だったので、他の国から移民を受け入れるというのは国を富ませるための大原則だったはずです。このため移民には寛容だった歴史があると思います。

また、フランスは大農業国なので、昔から他国の季節労働者を受け入れてきました。季節労働者と国籍を取得した移民とは違いますが、外国人と暮らすことにあまり抵抗がなかったのでしょう。

それから、植民地を経営していた時代が長く、植民地から多くの有色人種を労働者として受け入れてきた伝統がある。こんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やはり労働力不足だったのですね。
しかし今でももう労働力不足ではなくなって
しまったのでしょうか?

日本も少子化で今後移民の受け入れを
寛容にするのでしょうか…」

お礼日時:2005/11/08 16:18

フランスで、第一次世界大戦後、重労働力の不足で移民を受け入れたそうです。

欧美では、移民自体を積極的に受け入れていると思います。現実上、人種、文化差別問題は、どこの国にあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やはり労働力不足だったのですね。
しかし、
第一次世界大戦後ということは
最近はもう移民を受け入れてないのでしょうか?
移民2世、3世が増えているだけなのでしょうか?

お礼日時:2005/11/08 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多民族国家フランスにいるアフリカ系移民の気持ち

彼らはどのように感じて生きているのでしょう?

ワールドカップでフランスの黒人の表情がテレビに映るたびに考えてしまいます。

Aベストアンサー

私は先に回答されているお二方のご意見には賛成しかねます。
確かにフランスは寛容の精神を謳ってはいますが、それはあくまでも建前であって、本音の部分でフランス人が真に寛容であるかどうかは甚だ疑問です。

国籍の出生地主義にしたって、移民の子弟へのフランス国籍付与は実際は制限的なものですし(この制限を強化しようとする動きは絶えません)、移民排斥そのものをうたう極右の台頭も気になる要素です。エリートを養成する高等教育機関(グランゼコルやその準備学級)における非白色人種の子弟の比率の低さにも目を見張るものがあります。滞在許可証・労働許可証を取得するのも至難の業。
これはほんの数例ですが、本音の部分では如何に社会に異分子が入り込むことを嫌っているかが見て取れるかと思います。

また、移民が自ら望んでフランスに移住したとしても、元よりは多少なりとも良い生活がおくれるかもしれません。しかし、それよりももっとよい生活をしているフランス人が否応無しに目に入ります。なんだかんだ言っても移民への風当たりは強い。特に黒人への目は厳しいかと思われます。社会的上昇の機会も限られています。
国籍的には同じフランス人であってもその差は歴然としているでしょう。不満が募るのは至極当然かと思われます。
私はアフリカ系低賃金労働者と実際に話をしたことがありますが、あまり幸せそうとはいえませんでした。

ただ、ワールドカップで「フランス、フランス!」と応援すれば一時的にではありますが、人種にかかわらず「国民的」一体感が味わえるものかもしれません。
フランスが勝ち進んでいる間は、ですが。

↓↓「フランスの国籍法と移民法の再改正の動き」

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zr6k-situ/weil.html

私は先に回答されているお二方のご意見には賛成しかねます。
確かにフランスは寛容の精神を謳ってはいますが、それはあくまでも建前であって、本音の部分でフランス人が真に寛容であるかどうかは甚だ疑問です。

国籍の出生地主義にしたって、移民の子弟へのフランス国籍付与は実際は制限的なものですし(この制限を強化しようとする動きは絶えません)、移民排斥そのものをうたう極右の台頭も気になる要素です。エリートを養成する高等教育機関(グランゼコルやその準備学級)における非白色人種の子弟の比率...続きを読む

Qなぜフランスは農業国なのに先進国なのか

フランスってよく農業国っていわれますよね?でも、大概の先進国は工業国ですよね。近隣諸国のドイツやイギリスはそうだし。日本だってそうです。アメリカは農業もすごいですか、どちらかというと工業国だと思います。農業国というとどうしても発展途上国に多く見られる傾向があります。それなのに、どうしてフランスは先進国にもかかわらず農業国なのでしょうか?

Aベストアンサー

面白い質問だと思い、調べてみました。

参考URLはEUの公式ウェブからです。これによると、フランスでは農業はGDPの2.3%を占めているだけです。農業人口も4.2%で、17%のEllada(ギリシャ)や12.5%のポルトガルと比べるとかなり低いですね。これで見る限り、フランスは農業国と呼ぶわけにはいかなそうです。

ではなぜそう言われるのか?

農林水産省 国際政策課の統計を見ると、「主要農産物は、小麦・大麦等の穀物、牛乳、肉類である。フランスはEU(15カ国)内において、小麦産出額の36%、とうもろこしの41%、牛肉の22%、ワインの33%を占めており、それぞれEUで最大の生産国となっている」と書いてありました。さらに「フランスの農産物の自給率は、ほとんどの品目で100%を上回っており、特に小麦・とうもろこし・砂糖・チーズ・バター等では過剰が問題になっている。」ともあります。

…ということはフランスは工業国であるが、農業生産性が高くNo3の方が書かれているとおり自給率も高いので農業国ともいえる、ということなのでしょう。

なお、アメリカも農業国といわれることはありますよ。これも同じ理由でしょうね。

参考URL:http://europa.eu.int/comm/agriculture/agrista/2001/table_en/en2012.pdf

面白い質問だと思い、調べてみました。

参考URLはEUの公式ウェブからです。これによると、フランスでは農業はGDPの2.3%を占めているだけです。農業人口も4.2%で、17%のEllada(ギリシャ)や12.5%のポルトガルと比べるとかなり低いですね。これで見る限り、フランスは農業国と呼ぶわけにはいかなそうです。

ではなぜそう言われるのか?

農林水産省 国際政策課の統計を見ると、「主要農産物は、小麦・大麦等の穀物、牛乳、肉類である。フランスはEU(15カ国)内において、小麦産出額の36%、とうもろ...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフランス語で日本の住所を表記したいのですが

こんばんは。
〒239-0807
かながわけん よこすかし ねぎしちょう
です。
教えて下さい。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
下記でいかがでしょうか。

(番地) Negishi-cho, Yokosuka-shi, Kanagawa-ken, Japon (code postal: 239-0807)

番地が最初にくること、郵便番号も最後にくることが多いです。


人気Q&Aランキング