一昨日、アメリカのエンロン社が破綻したため、その社債を組み入れていたMMFが元本割れしてしまいました。(泣)
 そこで質問なのですが、元本割れしたMMFは新規購入できない、すなわち預り資産が増えませんので、運用資産を売却する一方になってしまいます。ということは、基準価格は下がる一方であり、機動的な運用ができない以上、元本を回復する見込みは全く無いということでしょうか? それならば、一日でも早く売却したほうが得なような気がするのですが、いかがでしょうか?
 専門家の方のご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>元本割れしたMMFは新規購入できない、すなわち預り資産が増えませんので、運用資産を売却する一方になってしまいます



元本割れという事実に対して、解約が殺到しているのが現状です。このため、投資信託会社の行動としては、解約が落ち着くまでは運用の主体を現金または他の資金流動性の高いものにせざるを得なくなります。このことより、運用に足かせが嵌められることとなり、良いパフォーマンスが期待し難いという面はあると思います。
現在のような低金利下では、元本を回復し新規引き受け可能な状況になるまでのハードルは相当高いと思われますので、早期の元本回復という面においては難しいと判断しています。

但し、現在、元本割れで解約し、別の商品に入れ替えたとしれも元々の元本に回復することも困難です。初期段階で基準価格が下がり始めた段階であれば、一旦解約した方が有利であったと言えますが、この段階においては、解約が一巡している可能性もあり、底を叩いてしまう可能性も否定できません。

エンロン社の件に関して、予想していた所は少なく、投資担当者の責任を追及することは酷ではありますが、元本割れを起こした所は信頼できないとするか、仕方のないことだったということで継続するかという点が判断基準となるような気がいたします。

エンロン社の社債の回収額が当初見込みよりも上回ることが見通せれば、MMFにおいておいた方が良いとの判断も立ちますが、状況は良くないと思います。

元本が保証されていませんが、ほぼそのような認識で投資なされていた方が多いことを考えると、業界のMMFからの資金流出は当面止まらないということは間違いありません。運用資金が減ることで、運用しやすくなる反面、全体の運用コストは上昇するというデメリットもあります。

他に有望な運用対象があれば、迷わず切り替えということが宜しいと思いますが、それが無い場合の判断は極めて難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。
 破綻後、3日間ほど様子を見たのですが、基準価格が回復する兆しがありませんでしたので、全額解約し、とりあえず普通預金に入れて様子を見ることにしました。
 公社債投信は事実上の元本保証といっておきながら、証券会社や運用会社は一切責任をとらないということがはっきりと判りましたので、ハイリスク、ローリターンである公社債投資信託は今後、やらないことにします。
 安全性優先の資金は銀行へ、遊びの資金は株式や債券に直接投資することとします。(その方が自己責任がはっきりし、あきらめがつきますので...)

お礼日時:2001/12/04 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMMFの安全性、運用会社が破綻の場合

1)円建てMMFは、運用会社が破綻した場合でも投資資金の安全性には影響がないのでしょうか?
(MMFの投資先が破綻した場合、基準価格割れを起こしたことは知っています)

2)上記の答えが「安全」ということであれば、円建てMMFは基準価格割れのリスクは多少あっても、大部分の資金が保全されるであろうという意味で、(銀行が潰れる可能性がゼロとはいえない)銀行預金より実質的に安全との考え方もできるのか?もご教授いただきたく存じます。

銀行の大口定期をMMFに移そうかと考えています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

銀行がつぶれてもペイオフがありますから、1つの銀行について1千万円とその利息までは保証されます。
1千万円以上の資産を持つ人が、安全性を重視するなら、複数の銀行に1千万円づつ預けるのが一番安全です。

ただ面倒ですし、円MMFの元本割れのリスクを許容できるなら円MMFに預ければよいでしょう。私も自分の資金の半分以上を円MMFに預けています。普通預金の金利より利回りが良いですし、定期預金より流動性が高いのが円MMFの魅力ですね。

ただ本当に長期に使わないお金なら、個人向け国債やネット銀行の定期預金で運用したほうが、利回り、安全性の両方の点で円MMFより有利です。

Q資産運用

二年前に購入したオーストラリアの割引国債(AUD)が購入時より日本円で二百万円ほど上がっています。リスク分散のためAUDで持っておこうと思っていたのですが、ここのところ100円切って来ました。

こうなると、少し欲が出てきまして一旦円にして、しばらく様子を見たほうがいいのかと考えたり、

あるいはオーストラリアの国の将来性が日本よりも,良しとするならば目先を気にせず、このまま持っていて、寝かせておくのもありかなとも…迷っています。

皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

豪ドルは今後上昇(円安)方向にいくと思いますので、持ち続けることが
いいのではないでしょうか。
直近の中国の景気に左右される面はあるかと思いますが、
中国経済も長期的に見れば潜在的な経済成長率は高いので
豪ドルは大丈夫だと思います。
資源通貨は根本的に強いと思います。

Q資産運用について(東京電力)

資産運用を始めたいと思っていまして、ご意見伺いたいと存じます。
(全くのど素人です。)
(1)今、円高が続いていますので、ドルを購入すると儲かるのではと思っていますが、どうでしょうか?半年、1年後に110円なんて甘い考えですか?
(2)株についてですが、東京電力は今は落ち目ですが、この第一四半期では業績も少しは取り戻していますし、柏崎の回復次第では、株価も戻らないかな~と思っていますがどうでしょうか?買う時期は決算前の方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京電力は親方日の丸的企業で潰れる事などありえないと
思いますから 大丈夫だと思います。

たまにトラブルで株価が下がる事もありますが一時的なものです。

証券会社によっては1株から買えますので積み立て感覚で
少しづつ買うのは悪くないと思います。

今1株2500円ぐらいでしょうか!?
(最近の株価見ていないで回答してます)
例えば10株だったら25000円程度なので
毎月一回買うというのも有りかなと思います。

Qもしかすると、住宅ローンは最高の資産運用?

住宅ローンの繰上返済と、運用のどちらがメリットが大きいか考えております。

繰り上げ返済額(期間短縮型) : 毎月2万
繰り上げ総額           : 544万円
削減利子              :113万円(12年2ヶ月短縮)

よって、繰り上げ返済による利回り = 113万÷544万×100 = 20.7%

(1)一般の人の意見    : とにかく早く返したい
(2)知識のある人の意見 : 1%台で借りれるのは住宅ローンだけ。繰り上げはしてはいけない。
(3)今の私の意見     : 20.7%の利回りは、そう簡単には出せない。「それ以上の利回りのある運用方法を持っている」、または「今後手に入れられる可能性がある。」場合以外は繰り上げをした方がいい。

以上、私が最近考えていることになります。
アドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

削減されてる利息額113万円は「一年間にかかる利息ではない」ことに気がつきましょう。
12年2ヶ月分の利息を繰上げ返済することで払わなくてもよいということです。
一年間に1%の利息でも、元本が全く同じだとして12年間なら12%相当額になります。
これを年利12%だと考えることはしません。
私は「とにかく早く返す」が利息の支払をしなくてよい年が増えるので有利だと考えます。

QMSCI組み入れを把握できるURLありますか

MSCI組み入れ(スケジュール)を把握できるURLありますか


「サントリー食品インターナショナル MSCIに組み入れられる」
7月18日(木)に、MSCIの対象銘柄に採用されました。


※MSCIとは?  MSCI指数とは?

           M モルガン・
           S スタンレー・
           C キャピタル・
           I インターナショナル社

MSCIというのは、社名の頭文字です。
MSCI社は世界中の45の株式市場のパフォーマンスについて
指数を計算、発表し、これらの指数を一般に
MSCI指数と呼んでいます。



※もし詳しい方いらっしゃいましたらご教授いただきたいのですが、
MSCIにくみいれられる、はずされるというスケジュールはどこのサイトで
見れますでしょうか。早く組み入れ、組みはずしのスケジュールを把握したいため。

Aベストアンサー

 
ここに予定があります
http://www.msci.com/products/indices/quarterly_index_review.html
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報