プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は、日本は、立憲君主国家であり、資本主義国家であり、民主主義国家であり、社会主義国家でもある。
と聞いてきて、また、前2者に対してはそう思います。
貴族階級による君主形態を持っている以上は、民主主義であるはずはないし、経済的に搾取する側と、搾取される側が存在し、激しい格差(主に勝ち組、負け組の区分)がある以上は、社会主義とは言えないと思います。
また、報道、教育にも相当の圧力が掛かってる以上は言論の自由もないものだと思います。
皆さんは、どう思い、どうあるべきだと思いますか?

A 回答 (5件)

個人個人で、「ちょっと」が、どこまでか違いますよね。

その感覚の違いです。
おおむね、立憲君主国家であり、資本主義国家であり、民主主義国家であり、社会主義国家でもあると、思います。
立憲君主だから、民主主義ではないという論法ですか?
自分の理解では、天皇は、象徴であり、政治に口出しはしないと思いますが。
むしろ、金持ちのための政治ということで、民主主義ではないというならば、頷きます。

社会主義といえたのは、数年前くらいまでかもしれませんね。確かに。でも、キャノンみたく、終身雇用を守っているトコもあるんですよ。
これからの10年で、日本型経営が消えるなんて、誰にもわかりません。確実に、総中流社会は終わるので、クラス分けすれば、そういう意味では、社会主義の終焉かなと思います。

どう思うか?
私は、20代前半ですが、
私人としての立場なら、
日本なんて、知らないから勝手にやってくれ、日本人として、自覚させることはなにもなし。つまり、文化的にきわめてアメリカで、東洋的な文化を忘れている国家に、自己としてのアイデンティティを重ねあわせる所以などなし。むしろ、グローバルコスモポリタンとして、自己のルーツを形成するからいいですよと。

公的な発言では、
日本文化復興キャンペーンにつきます。だって、あなたは、自分のことを日本人だと自信もって言えますか?
これで、政治は変わる!
あとは、大企業への就職と、いい大学への入学が、母親の最大の自慢というのをいかにしてかわらせるかが、ムズカシイ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございます。今のこの国に、あなたと同じように、物事に対して、問題意識を持って科学的に考えれる人は、そう多くはない筈です。
確かに日本人は自分たちの文化を大切にしないし、外国人のほうが詳しいのでは??と思うことも多々ありますね。
私としては、「右に倣え」的な発想が大嫌いな訳で、いつかは起こる'国家の破綻’の前にクウェートにでも逃げようと思いますね。

お礼日時:2005/11/16 21:38

質問者は高校生ぐらいだろうと思いますが、基本的な知識を勉強した方がいいですよ。


まず、現在の日本には皇族はいますが、貴族はいません。立憲君主制は、元首を世襲の君主にする政治体制ですが、君主の権力は、憲法によって限定され、現在では、完全に名目化しています。イギリスやスエーデンやオランダを見てもわかるように、民主主義と矛盾しません。
日本が社会主義だというのは、中央官庁の強大な権限をからかった言い方で、冗談のようなものです。
    • good
    • 3

どう思いどうあるべだと思うかということだったので


未来形でいいますが、

私は平和主義国家になってほしいですね。
国同士も日本内もってことで
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます。非常に独創的でいいと思います。
というよりも、大好きな回答でした。
ある哲学者(高橋 庄治という人)が、世界はいずれは共産主義になるだろうといっていました。
赤い発想だとか何とか誤解を招くかもしれませんが、やはり資本主義→社会主義→共産主義という流れが必至だと、私も思います。
世界がそういう方向に向かえば、それは平和主義なのかもしれませんね。

お礼日時:2005/11/16 23:11

社会体制と政治形態がごちゃ混ぜになっていますね。


資本主義、社会主義というのは、生産関係から見た社会体制、経済体制の種類です。立憲君主制とか、民主主義というのは政治形態です。
大雑把にいえば、日本は資本主義経済で、民主主義の社会です。
天皇は象徴で政治的実権をもっていません、貴族階級は存在しません。君主が絶対的権力を持っているのが絶対主義。法を定めるものの、君主が政治の実権を握っているのが、立憲君主制です。ですから、立憲君主制ではないです。
間接民主主義のなかの議会制民主主義であり、議院内閣制を採用した政治制度であると言えます。
経済体制はどうか、というと、生産関係によって経済体制が決まります。生産手段をもつ資本家と生産手段をもたない労働者とが存在する、というのがもっとも基本的な資本主義の定義です。搾取とか、搾取されるとかは2次的なことです。資本が個人に属していますし、どの商品をどの程度の量生産するかは個人(会社、資本家)が決定しています。大部分の労働者はサラリーマンなど、自分の労働を売って賃金を得ています。ですから資本主義社会です。だた国家が企業の生産計画などにいろいろな手段で介入してきていますので、国家に統制された資本主義と考えられ、「国家独占資本主義」とも言われます。

報道、教育に相当の圧力がかかっている、というのは、私には賛成しかねます。私が知っている範囲では、国が言論統制をしているとは思えません。まあ、教科書問題なんてのは、統制に入るのかもしれませんが、どの教科書を採用するかは、教育委員会なり、理事会なりにまかせられていますよね。反体制的な本を出版することも出来ますし、そういう勉強もできます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長文による回答、有難うございます。
3者様の回答を見ると、この国の場合、履行する社会体制や政治形態よりもむしろ、それを管理運営する人間に根本原因があるみたいですね。
非常に参考になりました。

お礼日時:2005/11/16 22:39

貴族階級=皇族の人たちは、選挙権が無いはずです。

よって君主形態ではありません。
政治は、民主的な選挙によって決まっているので、十分民主的だと思います。

社会主義は資本主義経済のため格差が生れているので、その通りだと思います。
ただ、日本は福祉が行き届いているので、餓えずに暮せるという意味では社会主義的な面もあると思います。

言論の自由は憲法で保障されています。独裁国家と違い、反政府主義的な発言や出版物を発行しても逮捕されません。また、政府による検閲なども行われていない筈です。
ただし、公共良俗反するものや名誉毀損、侮辱などはその限りではありません。
報道や教育に圧力を掛けているのは政府ではなく、個人や団体なので国は関係ありません。

結局は、何を持って判断するかで違いが出るので、個人が日本は○○国家だと主張すればその通りなのではないでしょうか。

私としては、日本と言う国は好きなので、現国家体制が維持でき、自分の生活が変わらないなら国家が何主義でも構いません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます、いい意見だと思います。
ただ、今現在皇族の方々が世襲によって権力(戦時中と違い、殆どありませんが・・・)を譲り受け、国民の莫大な税金によって建てられた皇宮に住み、税金によって支えられた食生活を送っている以上は、形式としてだけでも君主制は君主制だと思います。
「立憲君主国家」として公言してる以上、まさか総理が君主と言う訳ではないでしょう。
また、言論の自由という法律は、少しもマスコミの報道を透明化しないので、やはり無いと思います。

お礼日時:2005/11/16 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!