私の友人が酒を飲んで人を殴ってしまい、現在警察署の留置場という所に入っています。先日面会に行ったのですが、本人が「今度起訴されて『未決』に行く事になる。」と言っていました。「未決」というのは拘置所という所らしいという事はわかったのですが、本人もどんな所かわかっていませんでした。留置場より厳しいとは言っていましちたが、一体何が違うのでしょうか?

A 回答 (3件)

留置場(代用監獄)は警察署に設置されている身柄を拘束する施設で、本来は、逮捕中の被疑者を拘束する場所 



拘置所は勾留されている被疑者・被告人を拘束する場所(全国7ケ所、支所109ケ所)

実際の拘置場はどんなところか?
経験者に聞くのが早い(笑)ということで参照URLへどうぞ。
 

参考URL:http://www.testudio.com/majin/net5.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考URLを見ました。よくわかりました。でもこんなんじゃあ本人には言わない方がいいですね。結局体験するんでしょうけど今から不安をかき立てるような事はやめときます。しかし・・・横になることも許されないとは・・・結構きついでしょうねぇ。

お礼日時:2001/12/02 21:37

友人の方が起訴になったら検察庁から警察署に通知があり留置場の看守から「起訴された」と知らされます。

そして近日中に裁判所から「起訴状の謄本」が送達されます。

拘置所に移管する期日は罪状、取調べの進行状況によって異なります。規定では取調べが終了したら移管になるのですが、犯罪者が増加していて拘置所も満員で空きがないので、代用監獄として認められている警察署の留置場に拘置所の空きが出るまで収監しています。

他の方が言っているように拘置所は留置場とは違います。留置場と同じ感覚でいたら地獄ですよ。この辛さは入った人間にしか分からないでしょうね。前に拘置所見学といって拘置所がどんなところか見てきましたけど、「絶対悪いことやめとこう」って誓いましたよ。でも何回も出たり入ったりして拘禁生活している人間が現実いるのですよね。私には考えられないです。

友人の方は文面から初犯のようですので、恐らく執行猶予か罰金で済むのではないかと思います。これに懲りて今後は絶対に罪を犯さない事を誓って下さいとお伝え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。弁護士さんが間に入って相手側と示談して嘆願書みたいなものを書いて貰うと言っていました。だからたぶん執行猶予にはなるんじゃないかとも言っていましたが、裁判は下手したら来年になるかもしれません。それまで・・・拘置所ですね。そんなに厳しいんですか?酒を飲んで喧嘩なんてどこでもある話のようですが、一歩間違えたら本当に怖いですね。

お礼日時:2001/12/03 09:37

「拘置所」は「検察」の管轄で、裁判の結果実刑をくらうと「刑務所」に入れられます。

あくまで判決を言い渡されるまでは「罪人」ではありません。したがって、逃亡や証拠隠滅を防ぐための収容であって、留置場より厳しいとは思えません。法のもとにあるわけですから。弁護士との接見も自由です。
むしろ、留置場のほうが「自白強要」など、冤罪を引き起こす場所になっていると思います。「弁護士を呼べ」といっても、最初から「犯罪者あつかい」で聞いてくれなかったり、ということがあるそうです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=67964
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。今回のは冤罪ではありませんが、一歩間違うと他人事ではありませんね(笑)。お~怖っ!

お礼日時:2001/12/02 21:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留置場について。 友人からとある事情で、自分から留置所に入っていると手紙が届きました。 手紙には検閲

留置場について。

友人からとある事情で、自分から留置所に入っていると手紙が届きました。
手紙には検閲の印?のようなものは何もありません。
住所は確かに警察署の住所です。

質問なのですが
自ら希望して留置所に滞在することが出来るものですか?
留置所からの手紙でも検閲の印がないということはありえますか?

お詳しいかたがいらっしゃったら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

留置所から手紙?

警察で留置なら
取り調べ中だから
弁護士以外は接見禁止
のはず。

無料ホテルじゃないから
希望では泊まれません。

刑務所から
手紙なら、わかるけど。

イタズラでしょ?

Q留置場→拘置所→刑務所その都度費用が掛かりますか

親族が手紙で、その都度下着や衣類トイレットペーパー等自分で購入しないといけないと送金を要求しますが、本当に服役にそんなにお金がかかるものでしょうか、
また、国選弁護士はそうした質問に答えてくれませんが国選弁護人の職務はそんなもんなのでしょうか。現在は刑が確定し拘置所にいるようですが、刑務所に移るのにお金がかかると手紙がきました。ちなみに拘置所にいるときに3万差し入れしました、刑期は1年3カ月です、後いくら位掛かるのでしょうか?

Aベストアンサー

費用についてはNO.2が正解です。

私は国選弁護士について回答します。
弁護士には国選と私選がいます。国選は経済的理由により弁護士を雇えない人のために、国が費用を負担しています。当然弁護士の収入は悪く、私選にはある成功報酬もありません。つまり被告人が有罪になろうが重罪になろうが関係ないということです。

ですから、人にもよりますが基本的には適当です。費用の件にしても国選弁護士は絶対に詳しいはずです。にも関わらず、面倒だから答えてくれなかったのでしょう。

国選なんてそんなものですよ?

あと反省させるのであれば、お金は差し入れないことです。刑務所でお金を持っていると博打に使いますよ?ヤクザとかが絶対に誘ってきますから。相撲の勝敗とか晩御飯のおかずとか、賭け事の対象になるものはいくらでもありますからね。

Q留置所の手紙

留置所から手紙を送ることは可能だと思うのですが、その送り先が外国の住所だとどうなるのでしょうか?

外国にいたら、その外国の住所と、日本の刑務所(または拘置所)との間で手紙のやり取りは可能でしょうか?

また、初犯ではない場合、初公判から判決がくだるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

あと、裁判のために留置所から拘置所にいったん移されると思いますが、だいたい初公判のどれくらい前に拘置所に移動になるのでしょうか?

もし留置所から拘置所に移された後に、差し入れの手紙が留置所にとどいたら、その手紙はどうなるのでしょうか?

いろいろ質問してすみません。どうしても教えていただきたいので、
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>その送り先が外国の住所だとどうなるのでしょうか?
何も問題ありません,検閲されて中身に問題があれば(解読しにくいスペル)
その部分だけ削除せよでの修正だけです。
発送信できる状況でしたら接見禁止は,取れてるでしょうしね。

>初犯ではない場合、初公判から判決がくだるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
全て刑事事件の中身によって公判の長さは変わってきます。
初犯でも再犯でも,簡単な窃盗事件,傷害,器物損壊,業務妨害
など比較的軽い事件なら起訴から3,4月内でしょうし,
複数の大規模な詐欺や,重罪,などでは,余罪と共犯者の供述にも不一致が在るほど,長くなるでしょうね。
経験上では判決まで,8ケ月以上かかる刑事裁判では長く思えますし,それなりの重い判決になるのでは。

>だいたい初公判のどれくらい前に拘置所に移動になるのでしょうか?
通常に考えて留置場で起訴をもらって,初公判が大体約一ヶ月先ですよね。
と,言うより起訴をもらってから一週間~10日で拘置所移送が普通でしょね。
しかし,今は混み〃らしいですねw
拘置所でも,雑居より独居房の方がリザーブ状態でしょ。また女子なら
尚更,そんな時代のようです。

>差し入れの手紙が留置所にとどいたら、その手紙はどうなるのでしょうか?
移送にて元に返信されます。直前なら荷物に入れてくれます。
向こう(拘置所で読みなさい)と言う感じで留置所は,かなり親切ですしね。
決して届かなかった手紙にはなりません。
届かなかった手紙は拘置所に送った手紙が確定になった誤差の時期の
分だけで,その手紙は数年後に玉手箱のように残ってます。
昔の例の参考にして下さいね。

>その送り先が外国の住所だとどうなるのでしょうか?
何も問題ありません,検閲されて中身に問題があれば(解読しにくいスペル)
その部分だけ削除せよでの修正だけです。
発送信できる状況でしたら接見禁止は,取れてるでしょうしね。

>初犯ではない場合、初公判から判決がくだるまで、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
全て刑事事件の中身によって公判の長さは変わってきます。
初犯でも再犯でも,簡単な窃盗事件,傷害,器物損壊,業務妨害
など比較的軽い事件なら起訴から3,4月内でしょうし,
複...続きを読む

Q留置場と拘置所の身体検査の違い

30代女です。
去年、詐欺罪で逮捕起訴されて拘置所に入ってました。
判決を受けた人間で質問する身分ではないのかもですが疑問に思っているので質問させてください。

拘置所の入所検査の時に服だけじゃなく下着も全部脱いで全裸を指示されて調べられました。
留置場では上は脱いだけどショーツはそのままで体にガウンを掛けて検査だったから全裸になったのはショックでした。
複数の拘置所の女性係官に囲まれた中で拒否できる雰囲気は全くありません。
調べられ方も留置場の時とは全く違う厳しい指示をされて裸のまま両手を上げた格好で全身を見られて細かい傷の位置まで調べられて調書に書き込まれたり、肛門、陰部も「ここに異物を持ち込んでいないことを証明する」ために足を広げて前屈みの姿勢になって調べられました。

ここで質問です。
「あたしは厳しく検査されて調べられるケースだったのか?」
「拘置所に入る人は全員があたしのように留置場よりも厳重に調べられるのか?」

 疑問がずっと胸中に残っています。どうか教えて下さい

Aベストアンサー

身体検査は、例外なく行われるようです。
警察署の留置場と拘置所の違いは、被疑者であるか、被告人であるかの違いです。
また、刑が確定し、刑務所で服役するとなれば受刑者となります。

どの施設であっても、危険物や、麻薬などの禁制品あるいは外部からの通謀、更には内部の者に対し外部からの報復、暗殺などを防ぐために行われる、重要にして必要な業務なのです。

質問者さんがそのつもりはなかったとしても、過去にそのような事案が発生していることから、徹底した身体検査がおこなわれるのでしょう。

事の軽重はあっても犯罪を犯した人達を扱うところです。そこでは被告人の人権を尊重しながらも、事故防止に最大限の配意が成されます。

施設ごとのマニュアルに従った正規の手順ですので、もう二度とそのような施設に入らないことを願ってます。

Q留置所への手紙の出し方

留置所にいる人へ手紙を送りたいのですが、宛名をどう書いたらいいのか分からずに困っています。 
警察の住所は分かっているのですが…留置所に居る人へ届けるには…? 
一日も早く送りたいので、どなたか知っている方教えて下さい。おねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。
no.1さんの補足ですが、「**警察署 留置係内 **様」でも
届きます。

ちなみに留置所の中では、手紙の返事はなかなか書けません。
検閲の制限もあるし、筆記具が常に使えるわけではないからです。

でも留置所の中では手紙はとても嬉しいものらしいので、
頻繁に出してあげてください。
そしてできるだけ早いうちに面会に行ってあげてください。

Q留置場から拘置所への移送をなるべく早く出来る様に弁護士にお願いする事は

留置場から拘置所への移送をなるべく早く出来る様に弁護士にお願いする事は出来ますか? 知人が5月始めに捕まり6月22日に初公判があり 全面的に認めているため次回が結審となりましたが、結審が9月です 現在勾留されている留置も一杯で被告人が三分の一らしいのですが[拘置所が空きがないため留置から確定する人が三分の一だそうで]弁護士等を通して 拘置所移送を早める事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

拘置所がいっぱいなら誰に言ってもダメですよ。
まだその留置場から拘置所に行けれていない被告人もいるのですね?
要するに順番がありますので、それは守らなければいけません。

Q警察の留置所

逮捕されてから、警察の留置所に1ヶ月以上居ることはあるんですか?
もし、保釈されるとしたら拘置所に行く前に出れるんでしょうか?
保釈されなかったら、そのまま拘置所行きになるのでしょうか?

警察の留置所は、どのようになっているんですか?
何人か一緒の部屋に居るんですか?
よく、ドラマとかに出てくる牢屋みたいな感じなんでしょうか?

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

少し、詳しく解説しますね。

1.まず、逮捕された場合、48時間以内に送検するかどうかが決定されます。「この程度だったら、まぁ、お目こぼししようか」と警察が判断した場合には、2日間で釈放です。

2.送検が決まった場合、取り調べのため最長で20日間の拘留が認められます。本当はここで拘置所に送られなければいけないのですが、実際には警察の留置所に「代用監獄」ということで留め置かれているのが普通です。

3.ここでさらに取り調べがされます。その上で、不起訴(裁判にかけない)となれば同じく釈放されます。つまり、23日目に釈放です。

>逮捕されてから、警察の留置所に1ヶ月以上居る

ということですと、これは、可能性としては2つあります。

一つは、起訴されて、初回の裁判を待っている。その場合本当でしたら拘置所(東京だったら小菅かな)に送られているのですが・・・。その場合、当然弁護士とは連絡が取れているはずですから、あなたが身内の人なら状況は分かるはずですよね? それがわからないとなると・・・。

もう一つは、余罪があって、さらに勾留延長がされている場合です。これは別の犯罪ですから、別に20日間拘留期間が取れるのです。こちらの可能性の方が高いでしょう。

>保釈されるとしたら拘置所に行く前に出れるんでしょうか?

まず全ての取り調べが終わり、起訴されると、裁判の日程(3ヶ月後くらい)が決まります。それまでの期間、拘置所で生活することになります。この時に、いわゆる「保釈金」を払って、外に出ることができる場合があります。

場合がある、というのは「保釈申請」というのをするのですが、これが認められるかどうかは分からないからです。例えば、否認しているとか態度が悪いとか、共犯がいる等の場合は駄目でしょう。

>保釈されなかったら、そのまま拘置所行きになるのでしょうか?

一ヶ月以上拘留されているということは、何も無しの保釈はあり得ません。そこはしっかり覚えてください。

起訴されたら「保釈申請」をして認められる以外、裁判が終わるまで、シャバに出ることはできません。一回目の裁判が終わった時点で、保釈申請が認められることもあります。

>警察の留置所は、どのようになっているんですか?

留置場は何人かで一緒です。起訴されて代用監獄(拘置所の替わり)に入っている場合は一人部屋です。

4.今後の流れ
まず、裁判の日程が決まったら、それまでの間、拘置所にいることは分かりましたね。その時に、保釈申請が通れば、自宅に戻ることができます。ただし、裁判自体は無くなりません。
単純な罪で、本人が認めている場合、裁判自体は2回で終わります。起訴されてから4ヶ月程度。つまり、取り調べ期間を含めて、最長5ヶ月程度は、拘置所にいる可能性があります。

その後、実刑判決が出れば、そのまま刑務所行きです。

少し、詳しく解説しますね。

1.まず、逮捕された場合、48時間以内に送検するかどうかが決定されます。「この程度だったら、まぁ、お目こぼししようか」と警察が判断した場合には、2日間で釈放です。

2.送検が決まった場合、取り調べのため最長で20日間の拘留が認められます。本当はここで拘置所に送られなければいけないのですが、実際には警察の留置所に「代用監獄」ということで留め置かれているのが普通です。

3.ここでさらに取り調べがされます。その上で、不起訴(裁判にかけない)となれば同...続きを読む

Q留置場、拘置所、刑務所?

の違いはなんですか?

留置場
まだ逮捕されてない??
警察にある、幽閉されているけど飯は金があればいろいろ食える??
どちらかというと場合によっては保護(よっぱらいなど)する場所?

拘置所
逮捕されているがまだ有罪ではなくこれから取り調べをする為に入る?
金さえあれば保釈金を払い認められれば出られる?

刑務所
有罪判決が出て懲や禁固刑を受ける場所。
拘置所のように金があっても自由はない、まさに囚人。
もちろん出られない


でOKですか?
昨日のテレビでは拘置所に入る時点で尻の穴まで調べられる。
と言っていましたが少年や少女の場合もやるのでしょうか?
少女の場合は前の穴とかもやるのでしょうか?
特に小中学生だとやばい気がします。
そこまでやると同姓であってもいろいろ人権上問題があったりしないのですか?

また罪み重さにより扱いが違うのでしょうか?
ちょっとした万引きで懲役1ヶ月??ぐらいから凶悪殺人事件死刑囚もいます。

ちなみに禁固刑というのは働かなくてもいいんですよね?
狭い部屋とはいえ3食昼寝付きの比較的自由な生活ができるんでしょうか?

の違いはなんですか?

留置場
まだ逮捕されてない??
警察にある、幽閉されているけど飯は金があればいろいろ食える??
どちらかというと場合によっては保護(よっぱらいなど)する場所?

拘置所
逮捕されているがまだ有罪ではなくこれから取り調べをする為に入る?
金さえあれば保釈金を払い認められれば出られる?

刑務所
有罪判決が出て懲や禁固刑を受ける場所。
拘置所のように金があっても自由はない、まさに囚人。
もちろん出られない


でOKですか?
昨日のテレビでは拘置所に入る時...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 一言で言うと、留置場&拘置所は、「疑われている人を収容する施設」です。
 一方、刑務所は「刑罰を受ける人を収容する施設」です。
 まとめると、留置場&拘置所は「被疑者・容疑者」を収容する施設で、刑務所は「裁判の結果、犯罪者になった人」を収容する施設です。

☆ 留置場について

 まず、留置場について説明します。
 犯人が、犯罪を犯した結果、警察に逮捕されると、当然、警察署に連行されていきます。
 その後、取り調べたり、捜査するために引き続きその犯人の身柄を拘束する必要がある場合に、犯人が収容される施設のことを留置場と言います。
 留置場は、警察署や警察本部の中にあり、運営しているのは警察官です。
 基本は、留置場に身柄を拘束されるのは逮捕後48時間までですが、必要があれば10日、もしくは最大20日まで拘留されることもありますし、拘留期間終了後、起訴された後も留置場に身柄を拘束されることがあります。

 酔っ払いなどを保護する場所は「保護室」といって、留置場とは全く別の施設です。(酔っ払いは犯罪者で無いので、犯罪者が収容される施設の留置場にいれることはおかしいからです)

 留置場では、3食が無料で出ますし、自費で食べ物なども購入できます(制限はあります)

☆ 拘置所について
 その後、その犯人の捜査が終了し、裁判を受けて、判決がでるまでの間、身柄を収容するための場所が、「拘置所」です。
 拘置所を運営しているのは法務省で、監督しているのは検察官です。
 警察が犯人を逮捕すれば、警察署の留置場で身柄を拘束しますが、ホリエモンのように検察官(この場合、東京地検特捜部)が逮捕した場合、身柄を留置するのは拘置所です。
 また、死刑囚も拘置所で身柄を拘束されます。死刑は拘置所で執行されます。

☆保釈について
 起訴された後、被告人が一定のお金を裁判所に預けることを条件に釈放されるが、裁判所からの呼び出しに応じなかったり、逃亡すればお金は没収され、再び身柄を拘束されるといった制度です。
 誰でも保釈ができると言ったわけではありません。逃走しそうな人や、証拠を隠滅しそうな人は保釈が認められません。
 もちろん、裁判の結果、有罪となって実刑になれば、再び身柄を拘束されます。
 保釈される=無罪になるわけではありません。
 保釈される=有罪判決が出るまでの間、釈放されていることにすぎません。

☆刑務所について
 刑務所は、裁判の結果、有罪判決がでて、懲役刑や禁固刑に処せられた場合に収容される施設です。
 
☆身体検査について
 確かに拘置所や刑務所に入る前は、身体検査を受けますが、医師によってお尻の穴まで見られます。(ガラス棒を突っ込まれる)
 この身体検査の法的な根拠は「監獄法」という法律に定められていますし、医師が行うので人権上問題がありません。
 なお、小学生は刑事未成年ですので、拘置所や刑務所に入ることはありませんし、未成年者は拘置所に入りませんので、大人がするような身体検査はありません(少年鑑別所で、大人とは異なった方法で身体検査がなされます)

☆その他
>また罪みの重さにより扱いが違うのでしょうか?
 当然、罪の重さによって刑罰を受ける期間がことなります。
 罪の程度が重ければ、長い間刑務所に入っていなければなりませんし、何回も犯罪を犯している人であれば、たとえ、同じ犯罪を犯したとしても長い間刑務所に入っていなければなりません。

☆禁固刑について
 たしかに禁固刑は、懲役刑とは違って働かなくてもかまいませんが、希望によって働くこともできます。
 仮釈放になるためには働くことが条件ですので、働くことを希望する人が多いです。

☆3食昼寝つきについて
 留置場は、3食昼寝付です。取調べが無ければ、食べて寝るだけです。
 拘置所は、3食と時間制限がありますが、昼寝タイムがあります。
 刑務所は、3食はありますが、昼寝はありません。

 留置場と拘置所は、支給される3食のほかに、自費で好きな食べ物や雑貨、本などを購入することができます。
 刑務所はできません。
 

 

 こんにちは。
 一言で言うと、留置場&拘置所は、「疑われている人を収容する施設」です。
 一方、刑務所は「刑罰を受ける人を収容する施設」です。
 まとめると、留置場&拘置所は「被疑者・容疑者」を収容する施設で、刑務所は「裁判の結果、犯罪者になった人」を収容する施設です。

☆ 留置場について

 まず、留置場について説明します。
 犯人が、犯罪を犯した結果、警察に逮捕されると、当然、警察署に連行されていきます。
 その後、取り調べたり、捜査するために引き続きその犯人の身柄...続きを読む

Q留置所に外国語で手紙

留置所にいる知人に日本語で書いた手紙は届いたようですが
外国語で手紙を書きたいのですが入れてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語で書いた手紙が届いたという事は接見禁止ではないようです。

外国語の手紙が禁じられているのは証拠隠滅の恐れ等があるからです。

外国語の手紙は、日本語の翻訳を添付(翻訳者が署名捺印し日付の明記必要)したものだったら届けてくれるはずです。
翻訳は法廷などで通訳人として登録されている方に頼んだ方がいいと思います。
公訴前と後でも留置管理方針が変わりますので、弁護士の方に相談されたほうがいいと思います。

Q留置所から拘置所、裁判までの期間について

彼が捕まり今で7日経ちました。今は留置所にいるとのこと、まだ全ての取り調べが終わっておらず彼につく弁護士も決まっていません。彼は窃盗の罪(被害額300万ほど)で捕まりました。警察側の話では彼が捕まったのは今回が初めてだが、他にもしたことがあると彼が警察に申し出たらしく、彼は初犯なのですか?と私が尋ねたところまだ分かりませんと言われました。
窃盗で初犯の場合執行猶予がつくことが多いと聞きましたが、この場合はどうなるのでしょう?
額も消して小さいとは言えないと思います。
また彼の罪が確定したら必ず拘置所に移送され裁判が行われるのでしょうか?
起訴され裁判になるのは確実らしいのですが、警察の配慮で規定通りに拘置所に送ると捜査に時間がかかり、彼にも負担がかかると言うことで留置所においてもらっているようです。
本人は捕まってすぐ刑事さんの方に自分の罪は素直に認め反省をしていると言う意思を伝えたみたいです。
彼に対する判決が下りるのはいつになるのでしょうか?
詳しい方・ご経験のある方よろしければご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

彼は預貯金が50万円以上あると申告したか、若しくは本人自身が私選
弁護士を希望しているのでしょうか?でなければ国選弁護士がつくはず
です。本人が私選弁護士を希望しているのであれば、国選弁護士では
難しいと思うほどの余罪なり何なりがある可能性もあるので、急ぎ私選
弁護士を探したほうが良いと思います。

起訴されるのはだいたい7/10か7/11あたり。余罪があってもとりあえず
この一両日中に起訴はされます。
拘置所に移送するかどうかの判断がなされるのはここから先の話です。

拘置所に移送されないのは、即決裁判で拘置所への移送が非合理的
だと判断された場合や、拘置所の収容人数が多くて受け入れできない
場合、または、追起訴の予定があって取調べが続くような場合です。

拘置所に移送する予定は無いと刑事が言っていたのは、恐らくその時
まだ即決裁判になる可能性が高かったのではないかと思われますが、
この後、通常裁判の方向性が出てきた可能性が高いと思います。
通常裁判になるようだと、例え時期は遅れても、いずれ拘置所に移送
されることになります。

即決裁判か通常裁判かは、起訴される時に渡される起訴状を見れば
わかります。即決裁判なら『即』のゴム印が目立つ場所に押してあり
ますが、通常裁判だと何も押されていません。

また、追起訴についての予定も起訴状でわかります。起訴状の右上に
追起訴の予定の有無と、予定があればだいたいの起訴予定時期まで
書いてあります。
これは1回目の公判で、裁判官が検察官に追起訴の予定の有無を尋ね
ますので、傍聴席で聞いていて確認することもできます。

起訴から裁判までの日数は、即決裁判だと約20~30日後。この場合は
1回で結審します。
通常裁判だと、求刑が約30~45日後くらい、判決は求刑から約1~2日
後になります。
これはいずれも東京の場合です。場所によってはもう少しかかる場合も
あるようです。
   
>本人は捕まってすぐ刑事さんの方に自分の罪は素直に認め反省をしていると言う意思を伝えたみたいです。

まぁ言えば、こんなことは普通のことです。
1日も早く私選なり国選なりの弁護士をつけて、起訴される前に被害者
への被害補償と示談を成立させたほうが良いです。
微々たるものですが、国選弁護士でも国から成功報酬(執行猶予付き
判決を勝ち取った場合など)や評価がありますから、私個人としては、
この程度の事件なら国選弁護士で良いのではないかと思います。
   

彼は預貯金が50万円以上あると申告したか、若しくは本人自身が私選
弁護士を希望しているのでしょうか?でなければ国選弁護士がつくはず
です。本人が私選弁護士を希望しているのであれば、国選弁護士では
難しいと思うほどの余罪なり何なりがある可能性もあるので、急ぎ私選
弁護士を探したほうが良いと思います。

起訴されるのはだいたい7/10か7/11あたり。余罪があってもとりあえず
この一両日中に起訴はされます。
拘置所に移送するかどうかの判断がなされるのはここから先の話です。

拘置所に移送されない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報