この前道端にまだ使えそうな自転車が落ちていたので
拾ってきました。実際まだ乗れるしカゴがついてないだけなのでちょっとキレイにしてあげれば十分使えます。
でもこの自転車ふる~いさびたカギの鍵穴にカギがささったままでした。でも誰かに捨てられたようなのでついもらってきちゃったんですが、これは違法でしょうか?
違法なら直ちにあった場所に返してきます。
ちなみに名前などは一切ありませんでした、防犯登録のシールも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

落ちていた場所がゴミ捨て場であった場合は違法ではありません。


ゴミ捨て場に捨てるということは持ち主が自転車はいらないという
意思表示をしたことになります。ですからゴミ捨て場の自転車を拾うことは
違法ではありません。
しかし質問のケースの場合はゴミ捨て場ではなく道端に落ちていたのですから
持ち主がいらないという意思表示をしたことにはなりません。
持ち主が置き忘れて行っただけかも知れません。
道端に落ちている自転車を拾うと遺失物横領罪となり罰せられます。
ですから自転車は他の方の言うとおり警察に届けてください。
    • good
    • 0

該当自転車について.どなたか.遺失物として手続きを取ろうとして.警察官又は行政管理者(行政の管理者がいる場合に限る)に対して.拒否されたという経験はありますか?



拒否された経験を持つ場合には.行政によって「価値のあるものではない」との判断がなされていますから.ゴミとして取り扱い可能です。つまり.所有権が否定されたとみなされます(公務員の場合の推定事項)から.自己の所有物として取り扱い可能です。
次に.落ちていた場所が自己の管理する場所でしょうか。自己の管理する場所に自己の管理するものいがいのものがあった場合には.忘れ物ですから.2年間保管義務が生じます(期間ば疑問.民法のどこかに書いてあったはず.遺失物法はこの期限を短縮するもの)。2年を過ぎたらば.ゴミとして取り扱えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さんたくさんの回答ありがとうございました。
お話を総合してみると戻してきた方がよさそうなので
戻してきます。
それでは

お礼日時:2001/12/04 17:40

はじめまして、mowoさん。

とても、大事なことですので、よく聞いてください。質問の状況かぎりでは、それは、違法です。遺失物横領罪となりますが、だいだいの場合、とくに悪質でない限り、微罪処分ということになります。これは、ごく軽微な犯罪については、警察署長の権限に任せ、検事がタッチせず、通常の起訴をしない処分です。要件として、いろいろありますが、反省しているか、目的物の価額等で微罪処分となります。前科とかにはなりませんが、事情聴取をうけ、警察に記録がのこります。あなたにとり、いいことではありません。これは、防犯登録云々とは何にも関係ありません。あなたは好意で拾ったと思いますので、貴方の取る道は、その自転車を捨てるか、持ち主不明の自転車を見つけたので、もったいないと思い、拾って自宅で預かり、警察に拾得物として、届けるしかないです。そうすれば、持ち主が6か月出てこなければ、あなたのものとなります。そこまでほしい自転車ですか。あなたの気持ちもわかりますが、捨てなさい。ちなみに、防犯シールがなくとも、登録してあれば、車体番号も登録されていますので、警察でわかります。
    • good
    • 0

これは回答にはなってませんけど、



友人はゴミ捨て場に落ちてた自転車を拾って
警察に捕まりました、
ただ事情を話すと調書はとられたみたいですけど
犯罪等にいたらなかったそうです、
防犯シールがついてたらしく相手に連絡すると
なっとくしてくれたそうです、警察が連絡しました、
で、一応は自転車の返却と菓子折りもって
おわびにいったそうです、
でも、壊れてた自転車をなおして乗れるように
して捕まるなんて世の中かわってますね。

それに逆の立場の場合ですけど
盗難自転車が見つかりました、でも壊れてます
でも必ず引き取りにいって下さい、らしいですね。
そのあとに自分で処理してくださいらしいです本当は、

ちなみに防犯シールや名前がついてないものは
警察も対処しようがなく、どうしようもないみたいです
駅等に放置される自転車のほとんどは一定期間保管されて質が良いものだけリサイクル販売等(正規のルート)で販売されて、あとは屑鉄です、ほとんどが屑鉄です
修理する関係ルートがほとんどなく、リサイクルできないのが現状らしいです、ボランティアや身障者の方が修理してることが多いし、
こういうところでリサイクル販売もされてます、
できればこういうところで購入をお願いしたいです
3000円程度らしいですし、

最後にこれはテレビでもやってましたが違法らしいです、でも防犯シールもついてないのに捕まるのかな?
    • good
    • 0

ゴミ捨て場のゴミを拾うのはなかなかに楽しいものがありますが、自転車だけは拾ってはいけません。



もしかしたら、他の誰かが盗んだものを乗り捨てたのかもしれませんし・・・。

何かの拍子に自分が犯罪者扱いされてはつまらないですからね。それよりも最近は数千円で中古自転車を購入できますので、そちらの方がお勧めです。
    • good
    • 2

今現在誰の所有物でもないという確たるものはありませんよね。


だから勝手に拾得することは出来ませんね。

こういう状況の場合は、警察に落とし物として届けましょう。
もし、誰かが捨てたのであれば、半年後には合法的にmowoさんの所有物となります。

では。
    • good
    • 0

こんばんは、


多分違法ですよ、持ち主が所有件を放棄しないといけないみたいですよ。
防犯シールの無いチャリに乗っていて、警察官に職質されたら間違いなくチェックされますよ。点数稼ぎしてるらしいので。
しかもチャリンコ屋さんも保障書や領収書のないチャリには防犯登録してくれないようですよ。
だから返してきた方が良いかと思います。
もしかして抜け道があるかもしれませんが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「これが直ちに違法行為とは言えない」となる条件は?

よく、裁判の判決文などで
「たとえ被告が●●の行為を行ったとしても、これが直ちに違法行為とは言えない」
といった文章を見かけることが良くあります。

この
「これが直ちに違法行為とは言えない」
となるような状態については、一定の条件があるのでしょうか?

また逆に法律の中で
「●●を行った(あるいは行わなかった)場合、直ちに違法行為となる(あるいは相手は速やかに●●しなくてはならない)」
というように余地を挟まないモノ、というのはどのようなものがあるでしょうか?

詳しいかた、お願いします。

Aベストアンサー

その文章の通りです。
明確に違法行為と言えない状況であれば、直ちにそうとは言えないでしょ?
完全な絶対というものはこの世には存在しません。
ergo
疑問の余地を挟まないモノ、などというものも存在不可能です。

Q違法駐車中の車両に自転車がぶつかってきた場合の両者の過失割合は?

夜間ですが、電灯も明るく、視界は良好であり、また、道路幅の広い道に違法駐車していたところ、後方より自転車がぶつかってきた場合の過失割合はどのようなものでしょうか?刑事/民事両面からのアドバイスをお願いします。

1)道路は坂になっており、車両前方へ下っており、自転車はその坂を車両
後方よりある程度スピードを出した状態で下ってきたところ、車両にぶつかっている。
2)事故時、車両搭乗者は車内で寝ていた為、ぶつかった衝撃で事故が起き
たことを知った。

Aベストアンサー

1)民事においては自転車の運転者に過失100%です。違法駐車はこの場合、
 過失相殺に考慮されません。 
 刑事面ではバンパーなどをヘコませていれば器物損壊になります。
 この場合、賠償の意思が全くないようなら親告罪ですので乗用車の所有者
 の告訴をもって立件しますが違法駐車は交通社会の敵という社会通念もあり
 検察はその点を汲取り、警察からの書類送検を待って、初犯なら略式命令を
 もって科料もしくは罰金刑を科すと思われます。
 しかし、謝罪・賠償を完全に終えた場合、被害が既に回復されているという
 ことで 何も罪には問われないと考えております。

2)事故時、車両搭乗者....この場合、搭乗者の寝ている・寝ていないには
 特に関係が無いと思われます。
 

Q違法駐車を回避するため歩道の縁石に接触し自転車で転倒、違法車両又は道路管理者に法的処置は出来ませんか?

20時ごろ自転車に子どもを乗せ、自転車通行可能な歩道を走行し、歩道の曲がり角を曲がって数十メートル先に歩道を完全にふさぐ様に自動車が違法駐車されていました。歩道から車道へ回避する時、縁石が見えず接触して転倒し私は足を打撲し、子どもは擦り傷程度ですみました。違法駐車がなければ、そのまま歩道を走行して転倒もなかったと思います。またその道路は最近工事が完了し歩道と車道との縁石もわかりにくい状況です。警察に通報し現場確認をしてもらっていますし、病院で診察もしています。そこで1,違法駐車を回避するために転倒した(違法駐車には接触なし)ので、駐車していた相手に治療費等の損害賠償請求は可能でしょうか?2,縁石が見えにくい事で道路管理責任者に対し、改善又は損害賠償請求等が可能でしょうか?どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

道路交通法に以下の規定があります。
第七十条 (安全運転の義務) 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
これは、単なる努力義務ではなく、
第百十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
九  第七十条(安全運転の義務)の規定に違反した者
により、懲役を含む罰則が予定された義務です。
また、
第二条 (定義) この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
八  車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。
十一  軽車両 自転車、荷車...
十七  運転 道路において、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)を...
により、車両等には自転車を含みます。
また、第七十条の“他人に危害”の他人には、事故相手方だけではなく、同乗者(今回は子ども)を含みます。

よって、自転車の運転者であった質問者は、“道路、交通及び当該車両等の状況”に応じて“他人に危害を及ぼさないよう”に運転する義務がありました。

ここで、一般に“駐車している自動車”は事故を回避する可能性はないので、回避義務は運転中である質問者にあります。また、通常“歩道と車道との縁石”が存在する状況が多いのは周知されているので、質問者には予見義務があったと考えられます。
よって、本件事故では、質問者(運転者)の安全運転義務は大きく、かつ過失も大きいと考えられます。

但し、当該駐車車両の駐車状況や、縁石の状況が、一般に予見できない状態であり、かつ一般(運転業務中)に要求されるだけの注意を行っていてもなお回避する可能性がないのであれば、質問者の過失は否定されます。
そのためには、事故当時前後で同地点を通過した自転車の大半(例えば、10台中8台とか)が同じ事故(転倒)している事実がなければ困難でしょう。

道路交通法に以下の規定があります。
第七十条 (安全運転の義務) 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
これは、単なる努力義務ではなく、
第百十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
九  第七十条(安全運転の義務)の規定に違反した者
により、懲役を含む罰則が予定された義務です。
ま...続きを読む

Q大家が入居者の部屋のカギをなくして、通知しないで隠しておくのは違法?

大家が入居者の部屋のカギをなくして、通知しないで隠しておくのは違法?

Aベストアンサー

違法とまではいえないと思いますが過失はあると思います。
つまり、通知しないことだけを争点にして法的に争うことはできませんが、何か事故や損害があった際には過失責任を問われるということになります。

Q強制執行、差し押さえ。財産、勤務先などは一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

強制執行、差し押さえについて。相手の財産、所得、勤務先などの情報は一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

(1)裁判、手続きを全て自分で行い、かつ、相手の財産、所得状況がまったくわからない場合、
強制執行、差し押さえは可能なのでしょうか。
裁判所に申請するだけで、裁判所もしくは該当機関があいての財産、所得状況を調べてくれるのでしょうか。

(2)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえをしたいが、相手の財産、所得状況や、勤務先がわからない場合、
どういった方法で調べることができますか。

(3)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえ、資産の売却などは自分でするのでしょうか。
裁判所などどこかの機関がしてくれるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)調べてくれない。したがって強制執行はできない。

(2)ケースバイケースだろうから、ここで一般論を答えられる人はいないと思う。
勤務先を調べるなんて、その人を知っている人に聞くか、自分で尾行でもするかだね。

(3)強制執行等は自分ではできない。申し立てによって裁判所がやる。

この辺で概要がわかるよ。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_02_01.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報