木や草の花が咲く時期は、どうして違うのでしょうか?
春に咲く、夏に咲く、秋に咲く、春と秋に咲くという植物があるのはなぜ?
冬に咲く花ってある?
種別で言うと、いつの時期に咲く花の種類が最も多いのですか?

A 回答 (2件)

boyaさんが紹介されている参考URLに書かれていることで概ね間違いありませんが、補足しておきます。



一番大切なのは日長(日の長さ)です。
植物は越冬するために様々な工夫をしていますが、
その手段の一つとして種子をつくって種子の状態で休眠するという方法があります。
種子を作るためには、当然、花を咲かせなければなりませんが、
そのタイミングが悪いと(例えば、暑すぎたり寒すぎたりするなど)、花を咲かせることが出来ず、
種子も作れなくなってしまいます。
花を咲かせるのに適した季節を知るための、最も正確な環境シグナルは、日の長さです。
気温や日照(光の強さ)が年によって違うのに対して、日長は規則正しく変化します。
そのため、植物は日長を測定する仕組みを備えています。
より正確には、植物は、日(明期)の長さよりも夜(暗期)の長さを測定していると言われていましたが、
明期、暗期のいずれも測定しているというのが最近の知見です。
どのような仕組みで日長を計っているのかは、徐々に解明されつつあるところです。
もちろん、日長だけでなく、温度が関わることは、サクラの開花が例年より遅いとか早いとかで良く聞くことだと思います。

細かいことを言うと、「花芽を分化させる」と「花を咲かせる」を別に考えなければなりませんが、
説明がややこしくなるので詳細略です。もし、必要であれば、補足します。

>春に咲く、夏に咲く、秋に咲く、春と秋に咲くという植物があるのはなぜ?
原産地の違いによります。
赤道に近く日長がほぼ変わらない地域では、日長が長い、短いに関わらず花を咲かせる中性植物が多く分布しています。
逆に緯度が高い地域では、春から夏にかけて日が長く、秋になって日が短くなると温度が急激に下がります。
このような地域では、夏の間に花を咲かせ種子をつくって、種子の状態で越冬するのが有利なため、
長日植物が多く分布しています。
温帯地域では、春から夏の間に十分に成長し、秋になってから花を咲かせても寒くなる前に種子を作ることが可能なので、
短日植物が多く分布しています。

冬に花を咲かせる植物なら、ビワも今が盛りですね。

どの季節に種類が多いかは、正確には分かりかねます。
    • good
    • 0

日照の時間と強さや気温の問題です。



たまに、寒い日が続き突然暖かい日が続くと春に咲く花が、秋や冬に咲く場合が有ります。これを狂い咲き
>冬に咲く花ってある?
冬に咲く花としては、サザンカやポインセチアです。

>いつの時期に咲く花の種類が最も多いのですか?
たぶん、春でしょう・・・

参考URL:http://kyoto.cool.ne.jp/tamtom/tanj.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色鉛筆でアニメイラスト

色鉛筆だけでこのような
デジタル風のイラストを書くことは出来ますか?

Aベストアンサー

デジタルで色鉛筆風に描くことはできますが、色鉛筆だけで添付画像のようなイラストを描くことはできません。

デジタルで色鉛筆風に描かれたイラストをアナログの色鉛筆だけで描くことはできますが・・・

Q何故花は春や夏や秋に咲く物が有るのでしょうか?

ハウス栽培などを除き・・

自然の中で育つ花はそれぞれの季節になると一斉に咲き出します。

例えばコスモスは秋に咲きます。

春と秋は気候的にも良く似ていて気温も同じようなものだと思うのですが

何故毎年揃って同じ時期に咲き始めるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ季節に咲いた方が、同じ種の個体の間で花粉を交換できるからです。
とくに温帯の植物は、季節の変化をきっかけにして同時に花を咲かせるような仕組みを作りやすかったのだと思います。

でも、ハキダメギクとか、ノゲシとか、コハコベとか、ホトケノザとか、春にも今ごろ(10月)にも咲く(真夏には咲かない)植物もありますね。

Qイラスト(手紙などに書くポップな落書き程度)の色鉛筆

手紙や手帳に落書き程度のポップなイラストを色鉛筆で書きたいのですが、
発色の良い色鉛筆が見つかりません。
こちらでよく名前が挙がっている
ステッドラやファーバーカステルの試し書きをしてみましたが、
パキッとした発色が見られませんでした。(特に黄色!)
(色鉛筆にパキッとしたものを求めるのが無理なのかもしれませんが…)
プリズマカラーはクレヨンのような書き味らしいので、気になっています。
クレヨンのようなということで、擦れたりしないか心配です。
(手帳に書いた際、ページに写って欲しくないのです。)
マジック系のペン、絵の具以外で手軽に使えるようなもの、
発色のよい色鉛筆があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ご希望に添う発色かはわかりませんが、
水彩色鉛筆(描いたものが水で溶ける色鉛筆)は発色がいい印象を受けます。
様々な会社から出てますので、画材屋さんなどで描き味を試してみてはいかがでしょうか。

また、黄色などの発色についてですが、12色セット、
24色セットなどに入っている一般的な黄色では明るすぎて、
niotastoneさんの求めている色ではないのかもしれません。
(極端ですが、黄色ではなく山吹色とかの微妙な色の方が
 見た感じにパキっとは見えますよね。)
大きめの画材屋さんですと、黄色ひとつとってもたくさんの色が
一本ずつバラ売りしており、しかも試し書きができます。
メーカーさんにこだわって一式を揃えるのではなく、
そういった売り場で「このメーカーさんの山吹色は求めているイメージに近い」とか「ここのメーカーさんの赤が好き」とか
自分の理想の発色に近いものを一本ずつ 決めていくとうのはどうでしょうか?

Q葉より先に花が咲く植物(ウメ・モモ・コブシなど)に共通する点は、草でなく樹である以外に、何かあります

葉より先に花が咲く植物があります。
ウメ・モモ・コブシ・モクレン・ハナミズキなどですね。
かれらに共通する点は、草でなく樹である以外に、何かありますか?

Aベストアンサー

コルチカムなどは無視?

Q色鉛筆イラストのサイト探してます

趣味で色鉛筆で絵を描いているものです。日々、自分の描いた絵と格闘しながら上達の糸口を探って悶々としております。

芸術の秋といわれるように、もっと気合を入れて取り組んでみようと思い、人の描いた絵を研究しようと色鉛筆イラストのサイトを探しています。

基本的に制限はありませんが、できればリアルな絵を描かれているサイトを見たいと思っています。ご存知でしたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。はじめまして(o^^o)
私が個人的に好きなサイトです。
個人の方のサイトですが、見ていると楽しい気分になります。いかがでしょうか・・・。

参考URL:http://www010.upp.so-net.ne.jp/akino-kozaiku/hpnote1index.html

Q春に咲く?暗い紫色の花?葉っぱ?の謎の植物。

いつもお世話になっております。
うちの庭に毎年生えてくる植物の名前を教えてください。
春に咲く?暗い紫色の花?葉っぱ?の謎の植物です。
写真参考

飼っているウサギが好んで食べているようです。
うちの母は、
薄紫の傘の中にお地蔵さまが居る奇妙な春の印象と称しています。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

私にはマムシグサに見えるのですが……。
これ、人間には有毒です。
寡聞にして知りませんが、ウサギには大丈夫なのでしょうか?

……今ざっと調べてみましたが、マムシグサの毒といわれているものははシュウ酸カルシウムの針状結晶が口やのどに刺さることによって激痛を起こす、ということのようですね。
ウサギさんが好んで食べるということは、ウサギさんには痛くないのでしょうね。

シュウ酸カルシウムそのものは小松菜なんかにも含まれていたはずなので、桁外れに量が多いということでしょう。
大量のシュウ酸カルシウムはウサギの尿結石の主な原因だそうですが、シュウ酸とカルシウムを別々に食べると危険なだけで、シュウ酸カルシウムそのものを食べても吸収されないそうです。
念のためこれからは食べさせないほうがいいのではないかと愚考します。

マムシグサ
http://blogs.yahoo.co.jp/chameleon_arms/51657474.html

マムシグサ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%82%B5

ウサギの飼い方(尿結石)
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/rabbit/keep/keepEmergency/nyoukesseki.html

こんにちは、

私にはマムシグサに見えるのですが……。
これ、人間には有毒です。
寡聞にして知りませんが、ウサギには大丈夫なのでしょうか?

……今ざっと調べてみましたが、マムシグサの毒といわれているものははシュウ酸カルシウムの針状結晶が口やのどに刺さることによって激痛を起こす、ということのようですね。
ウサギさんが好んで食べるということは、ウサギさんには痛くないのでしょうね。

シュウ酸カルシウムそのものは小松菜なんかにも含まれていたはずなので、桁外れに量が多いということでしょう。
...続きを読む

Qイラストに色鉛筆(?)..

イラストに色鉛筆(?)..
それとも...


最近趣味でアニメキャラを
書いています
下書きまでは上手い具合に
書けるんですが
どうも..._
それ以降の色塗りが
上手くいかず、
失敗してしまいます。

金銭面的に
コピックは不可能のため
水彩色鉛筆や
クレヨン/クレパスや絵の具
様々使いましたが
上手くいきません
多分...塗り方が
下手くそなんだと思います
コピックみたく
ハッキリとした色で
塗りたいんですが
どうやって塗ったら
良いでしょうか?
後、塗る時に下書きの上から
塗っても良いんでしょうか?

Aベストアンサー

水彩で、鉛筆書きのまま彩色する場合、
水彩紙を使い、
まず、色を塗る範囲に水だけをつけた筆で水を塗り、
その後、カラーインク等を薄めて筆で塗ると割りと均一に塗れて失敗が少ないです。
発色もかなり良いです(経年劣化というか光に弱そうですが)。
ただし、陰影をうまくつけようとすると、慣れというか経験が必要です。

ほか、リキテックスとかアクリルガッシュなどのアクリル系の絵の具を
使うと、一度塗った後の上塗りができ、微調整が可能です。
リキテックスは透明水彩なので、下書きは鉛筆でも
乾いた後なぞれば何とかならないこともないです。
ペン入れした方がいいとは思いますが。
リキテックスも発色はいいです。最初から自分好みの色だけ買って
揃えると良いです。

アクリルガッシュは不透明水彩なので、下書きの線は見えなくなります。
ポスターカラーみたいな色付けにしたいなら、
こちらの方が乾いた後に修正できる分良いかもしれません。

Q桜の花はなぜ花だけ先に咲くのでしょうか?

なぜ,桜は花が先に咲いて,その後から芽吹いてくるのでしょうか?生物学的な回答,文学的な回答なんでもかまいません。自由な発想でご回答ください。

Aベストアンサー

No.6の補足です。

秋口に無理やりにでも花を咲かせて葉を展開するのは、冬までのわずかな期間に光合成をするためだといわれています。葉を展開し、冬になれば葉を落とす。
春咲きの桜であれば、当然、春になれば花を咲かせます。でないと、また春から夏に向けて葉を展開できませんから。

本来、花とは生殖のための器官です。ですが、生殖以外の目的(葉をつけるため)でも花を咲かせなければならない桜は、ある意味、不器用な生き方だともいえるかもしれませんね。

Qイラストを色鉛筆で上手く描くにはどうすればいいですか

さいきん、よくコンセプトアートを描くのですが、最近やっとカラー化しようと決心し、カラー化したのはいいのですが、ひとつ難しい(というか、想像がうまくできない)ことがありまして、
色鉛筆で、手前のぼかし(例:桜の花びらが散る時に手前に見えるぼやっとした花びらみたいな)
が、どうしてもうまく表現できません。
これをマスターすれば、恐らくアクション系のイラストも描けるようになるのでは…と考えているのですが、何かいい方法がありましたら教えてください

Aベストアンサー

使いたい色鉛筆の芯を小皿か紙の上でけずり
ガーゼかティッシュに、その粉をつけて
最初はかるく、だんだんと濃く塗るようにしてみたら
いかがですか

細かいところでしたら
先が丸いものに同じようにガーゼかティッシュを巻き付けて
塗ってみる

Q花が咲いた後実を結ばない植物って?

植物と言うのは、種子を作って子孫を残す為に花を咲かせるものだと思っています。
でも、花は咲いても種が見当たらない植物(例えばつつじや金木犀)は何のために花を咲かせるんでしょう?
また、花をつけない植物などはどうやって増えるのでしょうか?

Aベストアンサー

>植物と言うのは、種子を作って子孫を残す為に花を咲かせるものだと思っています
そのとおりです。

>つつじや金木犀は何のために花を咲かせ
金木犀の場合は、日本にあるのがほとんど雄花ばかりなので、通常は実を見る機会が
ないだけです。ごくまれに実を付けてニュースになることがあります。
ジンチョウゲも同じです。
つつじについては良く知りません。

>花をつけない植物などはどうやって増えるのでしょうか?
少なくとも種子植物の仲間で花を付けない植物はありません。

ある種の植物(もちろん種子植物です)が花を付けないように思えるのは
● 花が非常に小さくしかも退化しているので花には見えない。
(カワゴケソウ科、ミズハコベ科、ウキクサ科の植物はほとんどそうです。)
● 地面の下か地表すれすれのところ、または水中(水草の場合)など見つけにくい
ところに花を付ける。(ハラン、カンアオイ、セキショウモなど)
● 芽を出してから花を付けるまで非常に時間がかかる上に、花を付け結実したら
枯れてしまう。(リュウゼツランなど)
などの理由で花を見る機会が少ないためです。

しかし花を付けても実を結ばない、あるいは実は出来ても種は出来ない植物は
沢山あります。これは上で書いた金木犀やジンチョウゲのように、雄株と雌株が
あるのに、たまたまある地域には片方しか入らなかったような例もあります。

しかし雄蕊も雌蕊もそろった立派な花を付けるにも関わらず実を付けないものも
沢山あります。これは三倍体と呼ばれる一種の遺伝的な変異です。
身近な例でいえば
ヒガンバナ、ミョウガ、シャガ、ヤブカンゾウ などです。
これらの植物はいずれも古い時代に中国から食用や観賞用の目的で持ち込まれた
ものです。どれも中国にあるものは実を付けるのに、三倍体の方が繁殖力が強い
のか、人間にとって都合が良かったのかわかりませんが、日本にあるものはすべて
三倍体で実を付けません。

で、こういう植物は種の代わりに地下茎を伸ばして増えます。種と違って元の株と
新しい株との間に遺伝的な違いがないいわゆるクローンです。無性生殖ともいいます。

>植物と言うのは、種子を作って子孫を残す為に花を咲かせるものだと思っています
そのとおりです。

>つつじや金木犀は何のために花を咲かせ
金木犀の場合は、日本にあるのがほとんど雄花ばかりなので、通常は実を見る機会が
ないだけです。ごくまれに実を付けてニュースになることがあります。
ジンチョウゲも同じです。
つつじについては良く知りません。

>花をつけない植物などはどうやって増えるのでしょうか?
少なくとも種子植物の仲間で花を付けない植物はありません。

ある種の植物(も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報