卵を温めると、ゆで卵になりますが、
化学的に説明すると、どういう現象が起こっているのでしょうか?
タンパク質が何らかの化学変化を行っているのだと思うのですが・・・。
それから、なぜ元の卵には戻らないんでしょうか?
水だったら、水→氷→水・・・となるのに・・・。
実際、茹でたのに割ったら生に戻ってた・・・なんてコトがあったら
かなりビックリするけど・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Q9:新鮮なたまごはゆでたときに殻がむけにくい?」
ゆで卵が白くなるのに「グルコース」も関与しているようですね・・・?
http://www.comlink.ne.jp/~eggfarm/egg2.htm
(一般的なタマゴの栄養成分分析例)

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/yu/yu43/43-25.htm
(蛋白質を生かす)
このページによると「ゲル化のメカニズム」は未だ解明されていないようですね?
でも、12種もの蛋白質があるのですね!

結論的には、
・卵白のゾル⇒ゲル化であり、不可逆的である(熱変性)。
・ゲル化のメカニズムは不明(研究中!)

ご参考まで。

参考URL:http://www.comlink.ne.jp/~eggfarm/sitsumon.htm
    • good
    • 0

 こんにちは


 タンパク質の性質はポリペプチド(アミノ酸の多数結合したものの意味)の性質でほとんど説明できるが、変性についてはこの限りではない。これは、科学的変換ではなく、タンパク質の物理的や生物的性質を著しく変えるが、化学構造にはほとんど変化がない。可逆変化も不可逆変化もあるが、卵を加熱するとアルブミンが凝固する。この変化は不可逆変化の代表である。
 タンパク質の一次構造・二次構造・三次構造・四次構造についてはご承知でしょうから、その三次構造のうち球状タンパク質が卵アルブミンで、繊維状タンパク質(毛や皮膚・爪など)より変性を受けやすい。この変性の機構は球状の構造がほどけるように壊れてしまう、と一部わかっている。元に戻らないのは、同じ球状の構造をとれないからだとされている。
 と、大学で何年も昔に習ったのですが・・・
参考文献 有機化学の基礎 東京化学同人
    • good
    • 2

追加。

先ほど、アミノ酸の分子、と書いたのですが、アミノ酸の状態までバラバラになって絡まるのでなく、たんぱく質の状態ですね。

「卵白アルブミン」で検索したら、構造についての模型がありました。

参考URL:http://www.yamaguchi-u.ac.jp/yu/yu43/43-25.htm
    • good
    • 2

「水→氷→水」(水蒸気も)の変化は、「化学変化」ではなくて、「物理変化」です。



アミノ酸の分子が熱で立体的に網状に絡まっちゃうので、解けなくなる、という話を聞きました。
 (分野は、「化学」でいいですよ。)
    • good
    • 2

おはようございます。



タンパク質は、基本的には、多数のアミノ酸が一本の鎖状につながったものですが、その鎖が立体的な構造をしているためさまざまな化学的な性質が現れるのではないでしょうか。

熱を加えると、その鎖の立体構造が不可逆的に変形してしまうため、いわゆるタンパク質の熱変性が起こるのでは、と思います。

生物学や化学に詳しい方の補足や訂正をお願いします。

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とお返事ありがとうございます。
生物の方で質問するべきだったでしょうか・・・。
タンパク質について勉強してみます。

お礼日時:2001/12/06 08:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身近にあるモノで楽しめる化学反応を教えてください

コーラにメントス入れるとコーラが噴水のようにあがります。そのような身近にあるモノで気軽にできる化学反応を見れるものをお教えください。できれば死ぬようなことがない安全なモノでお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ★
そうですね・・・氷に塩をかけると-10℃ぐらいになるので、
冷蔵庫を使わなくてもシャーベットが出来るとかですかね?
青色の折り紙には銅の顔料が使われているので、
燃やすと励起されて緑色の炎色反応が見られますね。
乾燥剤として使われているシリカゲル(青色)に少量の水を加えると、
表面に付着している塩化コバルトの配位数が変わりピンク色のシリカゲルになります。
そいつを電子レンジで加熱すると水分が蒸発して元の色に戻りますよ。
乾燥剤として使われている生石灰に少量の水を加えると発熱して消石灰になります(危険)。
100℃近くになりますが、少量ではなく大量の水を加えると大丈夫です。
その消石灰の水溶液の上澄み液(石灰水)を少量取り、ストローで息(二酸化炭素)を吹き込むと透明な液が白濁します。
白濁したものは水に不溶の炭酸カルシウム(チョーク)ができるからです。
その白濁液にさらに息を吹き込むと、水に可溶な炭酸水素カルシウムが出来てもう一度透明な液になります。
これぐらいでよろしいでしょうか?

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q調理卵 ゆで卵だけどうして硫黄くさい?

化学のカテか悩んだのですがこちらにしました。

生のときにはもちろん、目玉焼きや卵焼きなどではしないのに、ゆで卵のときだけ硫黄のにおいがするのはなぜですか?

Aベストアンサー

白身には硫黄を含むアミノ酸があります、
そのアミノ酸が熱により分解して、硫化水素を発生します。
硫化水素の発生反応は、温度が高く、時間が長いほど反応するので、
長時間過熱したゆで卵は硫黄臭も強くなります。

目玉焼き、卵焼きは硫化水素が出ても微量なうえ、
殻などにくるまれていないので拡散していき匂わないです。

茹で卵をおいしく作るコツは(硫黄臭を出さないで)、
水から茹でて、沸騰後8分ぐらいが目安です。

Q身近な化学変化について

中学二年生です

化学変化についてレポートを書かかないといけなくて
身近なものの化学変化について書こうと
思ったのですが分からないので質問させていただきました

身近な化学変化について知ってることやサイトがあれば教えてほしいです

お願いします!!!

Aベストアンサー

・電池
・漂白剤
・毛染め(パーマ)
・レモンティー
・調理
・サビ
・使い捨てカイロ

生化学的ですが。
・食べ物の消化
・代謝
・腐敗
・発酵


人気Q&Aランキング