南アメリカ大陸のブラジル側とチリ、ペルー側では海岸線の地形が大きく異なっていてブラジル側はなめらかなのにチリ側はごつごつしていますが、どうしてですか?氷河とか関係あるんでしょうか、教えてください。

A 回答 (3件)

海岸線だけで考えるより、地上の様子や、それに続く海底


の様子を見てください。要するに、太平洋側は、アンデス
山脈から直ぐに海溝などの深い海へと急降下状態で、河川
の土砂堆積が海面上であまりなく、逆に大西洋側ではなだ
らかに平野から大陸棚へ移行し、河川の堆積物が多くさらに、なだらかになります。
 チリの先端付近は氷河によって削られた地形がそのまま
沈降したと考えられ、スカンジナビア半島とおなじフィヨ
ルドの地形だそうです。
    • good
    • 0

 地形に関してはあまり専門ではないのですが、南アメリカ大陸の場合、西は環太平洋造山体の一部をなすアンデス山脈が立地し、造山運動が盛んになっています。


 このことも急な地形・ごつごつした地形と関係があるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

先の回答も一つの可能性として言われています。


別の説を;
かつて大陸は全てが一つに集まった『パンゲア大陸』であったという説があります。北半球はローラシア、南半球はゴンドワナといいますが、南アメリカ大陸の東側はアフリカ大陸の西側とくっ付いていた場所であり、大きな地殻変動を伴う移動で形が崩れたのに対し、南アメリカ大陸の西側はゴンドワナ時代から海に接していた部分であるため、滑らかであると‥
こういう大陸移動説によるものであるという解説もできます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。
いろいろな可能性があるのは結論を出すのが
難しくなりますが、その分考え甲斐があります。
kawakawaさんの教えてくださったことを参考に
よく考えてみたいと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海の塩のでき方の確かめの実験

海の塩のでき方の確かめの実験は、どのようにやればいいのでしょう?
塩酸の濃さなんかも教えてくださると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今と昔の塩素イオンの濃度が変化しなかったと仮定すると、http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/why_salty.htmlを参考にして、
現在の海水1kg中の塩素イオンは 19.353g、
さらに塩素と水素の質量比は
Cl : H= 35.45 : 1.008 だから、
19.353g×(1.008/35.45)=0.5502g(水素の量)
すると、濃度は
(19.35+ 0.5502g )/(1000+0.5502)=0.01989
つまり、1.989%(質量パーセント濃度)です。
原始の海については次のURLにもう少し書いてあります。

参考URL:http://www.mef.or.jp/bnm/harayama/chigaku2/make07.htm

Q氷河地形

氷河地形についてです。
圏谷と懸谷という地形がでてきたのですが、2つの地形がどのような地形なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

No1さんの答えは、ちょっとまずいんじゃないかな。
圏谷は氷河地形、懸谷は河川地形で、本来別物。。
1.圏谷(けんこく)とは、 圏谷氷河が削って形成した凹地形で、氷河が消滅した跡に残された、椀形の地形。
>U形の椀型地形を特に、U形カールと呼ぶ。⇒いいません。氷帽氷河や圏谷氷河から、氷河が拡大し、谷氷河となって流下すると、氷河の底がU字型に削られる。氷河が消滅した跡残されたU字型の谷を、U字谷といいます。U形カールというのはまず使わない言葉です。
2.懸谷
>懸谷(けんや)・・・
⇒よみは「けんこく」です。この地形は、河川地形として定義されていますので、氷河地形ではありません。ただ、圏谷氷河等が消滅した跡に、圏谷氷河の下流の岩壁(模式的には本流の谷氷河のU字谷の岩壁)に川が流れて、水が流れるようになり、氷河地形起源の不協和合流する支流ができ、成因は別ですが、河川地形の懸谷と形は似ているので、懸谷といっています。厳密には、氷食懸谷とでも言うべきでしょう。
3.
> つまり、氷河形成されたものの内、「圏谷」は氷河本流が作り出した谷。「懸谷」は、氷河支流が作り出した谷のことである。
⇒「圏谷」は、氷河本流支流の別はない、また、「懸谷」は、河川地形ですので、対比するのが不適切でしょう。
 上述の 氷食懸谷の場合でも、水は支流の水ですが、懸谷の岩壁は氷河本流が作ったものであることが多く、支流が作り出した谷とはいえない。

No1さんの答えは、ちょっとまずいんじゃないかな。
圏谷は氷河地形、懸谷は河川地形で、本来別物。。
1.圏谷(けんこく)とは、 圏谷氷河が削って形成した凹地形で、氷河が消滅した跡に残された、椀形の地形。
>U形の椀型地形を特に、U形カールと呼ぶ。⇒いいません。氷帽氷河や圏谷氷河から、氷河が拡大し、谷氷河となって流下すると、氷河の底がU字型に削られる。氷河が消滅した跡残されたU字型の谷を、U字谷といいます。U形カールというのはまず使わない言葉です。
2.懸谷
>懸谷(けんや)・...続きを読む

Q化石のでき方を教えてください

化石のでき方を教えてください

Aベストアンサー

既に回答は出てますので別な観点からアドバイス

私も以前から疑問に思ってたことがあります
何で石になるのか?どうゆう過程でなるのか?です
答えは動植物の炭素CがシリコンSiに何万年もかかって入れ替わるのだそうです(TVより)
Siは岩石の主成分ですから な~る程と思いました

Q北海道の特異な海岸地形について

いま、北海道の潟湖、網走湖、能取湖などの海岸地形について調べているのですが、情報が少ないので参考になるサイトや情報を教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

下記のブログに
砂嘴で知られる野付半島や
北海道最大の潟湖であるサロマ湖のが画像があります。
砂嘴や砂州の形成と潟湖が密接な関係にあることが実感できます。

臥牛蝦夷・日本の地理
http://green.ap.teacup.com/nanaematsu/


下記の論文はサロマ湖の形成に関するもので,
専門的かつ古いものですが,何らかの手がかりにはなると思います。
後半で能取湖や網走湖への言及もありますし。
PDFファイルです。

北海道サロマ湖の後氷期の地史
http://www.gsj.jp/Pub/Bull/vol_22/22-11_04.pdf

Q地層のでき方

ちそうのでき方教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
書くのは、大変なので参考URLを見て下さい。

参考URL:http://skura.hp.infoseek.co.jp/r01/chi001m.html

Q南北に細長~~~いチリの地図

どうでもいいことなんですけど、トリビアってことでお願いします。

北東・南西に弓形に長い日本列島の地図って、
ものによっては北海道が日本海に・沖縄諸島が太平洋に
それぞれ区切って描かれていますよね。
これは言うまでもなく、日本をなるべく正方形にまとめて描いたものなんでしょうが、

では、南北にひじょーーーーーに細長い南米・チリの地図。
この国の地図をなるべく正方形にまとめるために、
例えば「北部・北中部・中部・南中部・南部」というように細切れにして
まとめた地図ってあるんでしょうか?
何かすごく見てみたい気がするんです。(^^;

Aベストアンサー

面白かったので引き続き探してみました。

http://www.echileuk.demon.co.uk/chbas_in.htm

http://www.ncl.ac.uk/wrgi/wrsrl/projects/chile/chile.html

でも結構、細長い地図が多かったです。あと、

http://www.internationalreports.net/theamericas/chile/2002/chilesfruit.html

のように、地名などを書くことによって正方形に近くなっているもの。
南アメリカ大陸ごと書いているもの。

ふと思ったのですが、日本って斜めじゃないですか。そうすると
必然的に左上と右下に余白(海)ができる。だから、そこに離島
の地図を配置する。

如何でしょうか?

以上

Q低気圧のでき方

私の持っている資料集にシベリア気団(冷たい高気圧)と小笠原気団(暖かい高気圧)が日本の近くで交わって低気圧が発生しやすいという図があるのですが、低気圧のでき方って基本二つぐらいだったと思うと混乱しています・・・なのででき方を詳しく教えてください。あと、暖かい高気圧と冷たい高気圧の意味がよくわかりません。ご教授いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

最初に高気圧とは何かから、高気圧は単に地球規模で「周りより気圧が高い部分」です、だから複数の高気圧が出合うと挟まった部分は標準水面の1013hPaより高くても低気圧に分類されちゃうし、事実低気圧の挙動をする。高気圧を縦割りにすると地表部分では付近に空気を吹き出す、真ん中では上から下への風が吹いている、天辺では周りから空気を吸い込んでいる、位置は成層圏。
>シベリア気団(冷たい高気圧)と小笠原気団(暖かい高気圧)
シベリア気団は冬将軍、シベリアのとんでもない低温に冷えた地表に触れると、化学で習う「冷たい空気は重い」に従って冬冷やされた空気が重くなったもの。
小笠原気団、は海の上にあり陸地より暖まりにくいので、上記に従い高気圧になっちゃう。(ここ結構プロでも説明に苦労する、それは一年を続けて見ないとなっとく出来ないから)
「両方の高気圧が存在する時期」には真ん中に低気圧が出来ちゃう、嫌だと言っても無駄。
なおこの時期を過ぎると小笠原気団より圧倒的に大きな低気圧が産まれる、非常に熱い海面で軽くなった空気が吹き上がり、地表では気圧がとんでもなく下がる、これこそ台風の登場。
冬のど真ん中、シベリアはどんどん冷えるその為上空の空気が落ちて来る、ここまで来たらシベリア気団(冷たい高気圧)から日本海側は猛吹雪になる。

最初に高気圧とは何かから、高気圧は単に地球規模で「周りより気圧が高い部分」です、だから複数の高気圧が出合うと挟まった部分は標準水面の1013hPaより高くても低気圧に分類されちゃうし、事実低気圧の挙動をする。高気圧を縦割りにすると地表部分では付近に空気を吹き出す、真ん中では上から下への風が吹いている、天辺では周りから空気を吸い込んでいる、位置は成層圏。
>シベリア気団(冷たい高気圧)と小笠原気団(暖かい高気圧)
シベリア気団は冬将軍、シベリアのとんでもない低温に冷えた地表に触...続きを読む

Q迅速地形図と正式地形図の違い

タイトルのとおりなのですが、地形図の種類の中で
迅速地形図と正式地形図とあります。地図化する際の測量の方法が違うようなのですが、どのように違うのか詳しく教えてください。

Aベストアンサー

大雑把には、迅速図は三角点成果を使用しないで作られた図面、正式図は三角点成果を使用して作成された図面、と理解しています。いずれにせよ、明治時代の話です。

Qざくろ石のでき方

ざくろ石のでき方がネットにのっていなく困っています
だれか教えてください・・・お願いします・・

Aベストアンサー

ざくろ石の意味するところが明確でないからでしょう。↓wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%98%E6%A6%B4%E7%9F%B3

Q地上の地形、水中の地形の違い

地上の地形、水中の地形の違い

地上の風景は山が有って、水がそれを侵食して、崖や滝が有って、
時に平地が連なったり、山が連なったり、たまに奇岩地形が有ったり
砂漠や湿地、火山、とても多くの写真を見れるので
なんとなく想像がつくのですが、

水中の地形は、どういう事が起きて形を成しているのでしょうか?
明確なお答えでなくても構いませんので、
水中の地形はどんな作用で形を成しているのか教えて頂けると幸いです。

水中も空中のように遠くまで地形が撮れれば
もっと楽しい新しい風景がそこには広がっていそうに思えるのに・・
実際潜って見て驚いた風景などをご存知な方がいらっしゃいましたら
そちらも教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一例ですが、陸地で形成された地形が海面の上昇や地面の沈降などでそのまま海底地形になったものがあります。富山湾のおぼれ谷がその例だそうです。


人気Q&Aランキング