グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

私は独自に生命保険、火災保険に入っておりますが
心配性な親がいて、
勝手に他の会社の生保、火災保険を契約しました。
(年末調整のため調べ物をしたら発覚しました。)
自力で調べてみたのですが、文章が複雑で
よく分かりませんでしたのでお願いします。

複数の保険に入っているからといって
額面通りの金額が複数入ってくるわけでは
ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

罹災があったときに、「損害」を「時価評価」して支払う保険については、時価以上にかけたとしても、時価で打ち止めですから、時価以上の保険は無駄になります。

この典型的な例が、「火災保険」とか、車の「車両保険」

他人に対する損害賠償を填補する「賠償責任保険」とか、生命保険は、重複してかけても、前者は、支払の限度額が、それぞれの保険の保険金額の合計額になりますし、後者では、保険金額の合計額が死亡した際に支払われます。

但し、保険金殺人などを防止するために、どんな保険でも、同種の保険をかけている場合には、保険会社に対してそれを申告する義務があり(これを告知義務といいます)、それを申告しないと、重複して保険をかけても最悪の場合は、一銭も支払われないことがあります。

この場合、保険をかけた時期が古い方の保険会社には、同じく重複して別の保険をかけたことを、通知する義務もあり(これを通知義務といいます)、結局、いっぱい保険をつけたのに、どの保険会社からも支払がない可能性があります。

また、たとえ親や兄弟でも、他人に保険をつけることも禁止されており、これも、保険が支払われない理由になります。

一度、上記の観点から、損害保険、生命保険など全部をチェックされて、無駄をなくすとともに、必要な保健は各保険会社に通知、告知をしなおしておかれるといい思います。

いざというときの保険が、いざというときに役にたたないでは、困ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
要点や関連事項を幾つも押さえてあり
大変参考になりました。
新加入した保険はやはり、解約しないと
無駄払いになるようので実行したいと思います。

お礼日時:2005/12/01 20:04

人にかける保険と物にかける保険では、考え方が異なります。



まずは生命保険についてです。
契約が既に成立しているのでしたら、両保険とも有効です。つまり保障が重複していたとしても両者から個別に保険金が払われることになります。
ただ本人の知らない契約となると、話は変わってきます。生命保険を契約する際には被保険者名等は直筆で無ければなりません。また体況についても医療機関の審査であれば当然本人である必要がありますし、告知書としても直筆が必要になります。状況のみの判断ですが、本人が知らないとなると契約の際に誰かの偽造工作があったものと思われます。であれば契約は当然無効になる可能性を秘めています。

次に火災保険ですが、こちらも契約通りに…といったことにはなりません。物に保険を掛ける際は物の時価額以上の保険をかけられないことになります。つまり100万円のものが壊れた場合に500万円の契約があっても100万円しか保険金は支払われません。いわゆる「保険太り」ということはありません。ただ火災保険の場合、時価だけではなく再取得価格でも契約ができます。時価とは違い「現在同等のものを入手する費用」といった観点で出された数字です。いずれにしても一定の評価額を越えた部分については保険金が支払われることはありません。今回の事案は契約が2つということです。両者を合算して評価額以上の部分については「保険料の無駄払い」ということです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
悪意が無いとはいえ、親と私の保険に対する無知を
恥じ入っております。
新加入した保険はご指摘の通り、無駄&無効になる
可能性大であるため、解約します。

お礼日時:2005/12/01 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む

Q保険は3つ入れば3社からおりる?

現在、チューリッヒ、ソニー損保、全労災に加入してます。
入院時1日、3社合計で11500円おりますが、入院すると、上記分おりるのでしょうか?
また、手術金や死亡保険も3社合計おりますか?
(ソニーは死亡保険がないので死亡保険のみ2社ですが)
もちろん保険料は3社分毎月払ってますが、自動車保険だと自賠責で賄えた場合は任意保険分が出なかったような気がするので、心配になりました。
幼稚な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
>ソニー損保のsureですが、会社は損保会社です。
なので、入院日額や手術給付金は、他の2社から受け取った場合、ソニーのsureからは受け取れないのでしょうか?
最近は生損相互乗り入れ状態で
生保会社が損保を売り、損保会社が生保を売る、という時代になりましたので「ソニー損保」でもがん保険を売っているのでしょうね。

「生保」として売っている以上は重複して請求できるはずです。生保と損保の違いは「病気入院での給付」が
付加されているか否かです。

ソニー損保のホームページをちょっと探索してきましたが、ちゃんと「病気入院」として付いてますね。

関係ないけどホームページ見てて気付いた点があった
のでひとこと。
「入院特約」と「がん入院特約」とがあり
「入院特約」はがんを除く病気、となっているんですね。
国内生保はがんの場合「入院特約」と「がん入院特約」は重複して支払われますが(ひとつの保険の中から)
ソニー損保は「がんだったら『がん入院特約』からしか出ないよ」
と言ってますね。ここでの重複給付はなしという事のようです。(「シュア」では入院特約とがん入院特約は重複支払いしないと言う事)

だから月々の保険料も抑えられるわけです。

#3です。
>ソニー損保のsureですが、会社は損保会社です。
なので、入院日額や手術給付金は、他の2社から受け取った場合、ソニーのsureからは受け取れないのでしょうか?
最近は生損相互乗り入れ状態で
生保会社が損保を売り、損保会社が生保を売る、という時代になりましたので「ソニー損保」でもがん保険を売っているのでしょうね。

「生保」として売っている以上は重複して請求できるはずです。生保と損保の違いは「病気入院での給付」が
付加されているか否かです。

ソニー損保のホームページ...続きを読む

Q医療保険の重複加入

医療保険に重複加入した場合、2重に請求できますか?がんになったときに同時に2社から支払いを受けることができるでしょうか?

Aベストアンサー

可能です。

保険の「ほしょう」には、「保障」と「補償」があります。

保障の場合には、二重、三重の契約でも問題ありません。
それぞれ請求すれば、支払いを受けられます。
生命保険、医療保険、がん保険などは、これに該当します。

補償の場合には、二重、三重に契約をしていても、
支払総額は「補償額」を超える事はできません。
補償は、火災保険、自動車保険などの損害保険が該当します。

Q保険金の二重?受け取り

手術を受けることになりました。
加入している数社の保険会社に確認したところ、手術費が出るとのこと。
勤め先の福利厚生関係でも、手術費が出るとのこと。
つまりおおざっぱに言えば、手術でかかった費用×加入している保険や福利の数の分だけお金が受け取れると言うことですか?

Aベストアンサー

>つまりおおざっぱに言えば、手術でかかった費用×加入している保険や福利の数の分だけお金が受け取れると言うことですか?
そのとおりです。
二重取りでも何でもありません。
その分、保険金の掛金や会費を払っているんですから。

Q合法的に二重取りはできるのでしょうか?

例えば旅先で車が故障して、
宿泊を余儀なくされたり、レンタカーを借りることになったり。
私の自動車保険の特約はそれらをまかなってくれますが、
私の持ってるクレジットカードにもロードサービスがついています。
保障内容は若干違いますが、まあ似たようなもの。

さて、万一の場合。
申請すれば双方から代金を支払ってもらえるのでしょうか。
例えば、宿泊費が双方のサービスからそれぞれ支払われるか?というような意味です。
あるいは、保険会社同士が相談の結果、宿泊費用は自動車保険の特約から、
レンタカー代金はクレジットカードのロードサービスからのような形に?
もしくは、重複はなしで、支払いはどちらか一方からだけ?

重複がダメなのだとしたら(万一の時は保険を利用するつもりなので)、
せっかくロードサービスがついてるクレジットカードなのに無駄だなあと。
まあ、ロードサービスがついてるから今のクレジットカードを選んだのではなく、
知り合いに頼み込まれて作ったカードにそれがついていただけの話で、
年会費も無料だからロードサービスを使えなくても損はないのですが、
(合法的に)二重取りできるならそれにこしたことはないので。

クレジットカードはロードサービスVISAゴールドカード。
自動車保険は東京海上日動です。

例えば旅先で車が故障して、
宿泊を余儀なくされたり、レンタカーを借りることになったり。
私の自動車保険の特約はそれらをまかなってくれますが、
私の持ってるクレジットカードにもロードサービスがついています。
保障内容は若干違いますが、まあ似たようなもの。

さて、万一の場合。
申請すれば双方から代金を支払ってもらえるのでしょうか。
例えば、宿泊費が双方のサービスからそれぞれ支払われるか?というような意味です。
あるいは、保険会社同士が相談の結果、宿泊費用は自動車保険の特約か...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です
>東京海上は宿泊代しか補償してもらえない。
>でも、帰路にレンタカーも使ったというような時。
>レンタカー代金はカードの方に請求できるのかな?
>なども考えています。
 そういうケースの場合は二重取りではなく、
 ポリシーの違う事故案件に対して、個々に保険金を受け取るだけなので、
 何ら問題は無いと言えます。

>宿泊を余儀なくされたり、レンタカーを借りることになったり。
>私の自動車保険の特約はそれらをまかなってくれます
 当初の説明と異なっていますが、、、。
 東京海上に比べViSAの方が、用意出来るレンタカーの費用が上だから
 代車はViSAで対応したいということなら、カード会社に請求しても構わない。

 ただ、クルマが故障して東京海上に宿泊を依頼するのであれば、
 ついでにレンタカーも手配してもらった方が一遍に片付くと思えるし、
 急な故障で予定時間をオーバーする訳だから、そうするのがベターかと思います。

Q保険は二つ入れますか?

例えばA社のがん保険とB社のがん保険を二つ入っても給付を受けられるのでしょうか。
なにか問題はありますか?教えてください。

Aベストアンサー

複数社に契約しても、問題ありません。
両方から給付金を全額受け取れます。

ただし、これは、生命保険・医療保険・がん保険の場合です。
いわゆる損保の保険……
自動車保険、火災保険などは、複数社に契約しても無駄です。

Q社会保険が二重加入になっていまいました

4月15日に、アルバイトを辞め、4月16日から今の派遣会社のアルバイトを始めました。(共に社会保険あり)
実は、入社日は、3月27日でしたが、以前のアルバイト中に仕事を探していて、今の仕事をすぐに辞められないので、4月16日を勤務開始日にしてもらったんです。
社会保険の加入なんですが、勤務3ヶ月の実績がないと駄目だといわれ、さかのぼり加入も可能とのことでしたので、先日、さかのぼり加入をお願いいたしました。
申請時に、入社日を聞かれて、4月16日ぐらいから働き始めたと答え、7月給与からの分の加入か、入社日からかと聞かれて、保険の空白期間が発生するのが嫌だったので入社日からお願いしますといいました。
数日前、仮の保険証が郵送され、今日、病院で使用し、初めて3月27日加入(二重加入)になっていることに気づきました。
病院から派遣会社に訂正してもらうようにいわれ、すぐに連絡したんですが、一回申請したものは訂正できない、以前の会社に保険料を返してもらい、その間にかかった病院代も、対処してもらうように言われました。
気が重かったんですが、以前の会社に事情を説明して、問い合わせたんですが、夕方、連絡があり、すべて済んでしまっているから、こちらの方が無理だといわれました。
日付の訂正だけなら出来ないはずはないからまだ、支払いもしてないし(7月に受け取る給与で3か月分払う予定)もう一度、今の職場に頼むようにいわれました。
4月16日まで、働いていないし、2重加入なんて起こるとは思っていませんでしたが、4月16日からの加入になるか確認しなかった私が悪いんだろうとは思いますが、双方に断われ困っています。
こういう場合、対処方法があるんでしょうか。よろしくお願いします。

4月15日に、アルバイトを辞め、4月16日から今の派遣会社のアルバイトを始めました。(共に社会保険あり)
実は、入社日は、3月27日でしたが、以前のアルバイト中に仕事を探していて、今の仕事をすぐに辞められないので、4月16日を勤務開始日にしてもらったんです。
社会保険の加入なんですが、勤務3ヶ月の実績がないと駄目だといわれ、さかのぼり加入も可能とのことでしたので、先日、さかのぼり加入をお願いいたしました。
申請時に、入社日を聞かれて、4月16日ぐらいから働き始めたと答え、7月給与からの分の...続きを読む

Aベストアンサー

それは、、、難しい問題ですね。
実は社会保険は二重加入できるのです。
なので、、、両方の会社から断られたらどうにもなりません。
健康保険については保険者が異なる場合には、保険者選択届を出してどちらか一つに出来ます。
厚生年金についてはそのまま二重になります。

ただ厚生年金はもちろんその二重分は年金金額に反映はされます。

あと雇用保険については二重加入は出来ないので、多分派遣会社の方の加入を遅らせることになるのではないかと思います。

では。

Q生命保険と自動車保険の重複部分ってありますか?

生命保険の交通事故による死亡保険金と、自動車保険の人身傷害保険金は重複していると思うのですがまちがっているでしょうか?教えてください。
(自動車保険の人身傷害保険に加入していれば、自損事故や歩行中の交通事故のときでも実損害(逸失利益)といった形で、補償額を上限に保険金が出るというのが私の解釈なのですが、それならば生命保険の交通事故による死亡保障はあまり必要ないでは?という結論になります。これは間違っていないでしょうか?)

Aベストアンサー

難しく書きすぎて質問者様にご理解できているのでしょうか?話も違い方向へといってしまってもいるように見受けられます

まず一番の大きな違いは支払額の内容です
人身傷害は「実損害金額」で支払われます
例えば、年収1億円の医者が亡くなった場合と
無職者が亡くなった場合では、逸失利益等の計算などから
大きな差がでます
これに対し、生命保険の交通事故による死亡保障は
「契約金額」で支払われます
年収1億円の医者であろうと、
無職者であろうと、契約している金額が一緒であれば
支払われる金額は同一です
受け取れる金額に当事者が関与できないのが前者であり、関与できるのが、後者です

(補足)
生命保険の交通事故の保障というのは
災害割増特約・傷害特約のことだと思いますが
これは交通事故だけではなく、
その他病気以外の災害による死亡すべてが保障されます
例えば、お風呂場で滑って頭をうってうちどころが悪くてなくなってしまったような場合や階段から転げ落ちてなくなってしまった場合など病気死亡以外のほとんどのケースをカバーしてくれます。

難しく書きすぎて質問者様にご理解できているのでしょうか?話も違い方向へといってしまってもいるように見受けられます

まず一番の大きな違いは支払額の内容です
人身傷害は「実損害金額」で支払われます
例えば、年収1億円の医者が亡くなった場合と
無職者が亡くなった場合では、逸失利益等の計算などから
大きな差がでます
これに対し、生命保険の交通事故による死亡保障は
「契約金額」で支払われます
年収1億円の医者であろうと、
無職者であろうと、契約している金額が一緒であれば
支払われ...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q複数の保険から同じ保険会社への請求について

有識者の方、ご教授願います。

複数の保険に加入していた場合、加入した保険の分請求できると思ったのですが
保険会社が同一の場合、それはできないのでしょうか?


先日海外旅行に行った際、感染症にかかって後日保険会社へ請求をしました。

保険は、渡航前に加入した海外旅行保険とクレジットカード付帯の保険です。
どちらも請求先の会社が損保ジャパンだったのですが、複数の保険でも請求先の保険会社が
同一の場合は、どちらか一方からしか請求できないといわれました。

とりあえずそのときは、1つの渡航前に加入した保険から請求しました。

今回は海外旅行保険のケースですが、その他生命保険や損害保険の場合でも
同様でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ

初めての回答ですよろしくお願いいたします。

生命保険複数加入の場合
生命保険の場合は、加入しているすべての保険に保険金(死亡保険金、入院給付金等)の請求ができます。

仮に、100件の保険に加入していたとしても、加入している全ての保険に保険金の請求ができます、実際にこれだけ加入する人はいないとおもいますが。


生命保険を複数加入する場合
医療保険、がん保険などの第3分野の保険は、保険加入申し込み時に他社加入状況を調査する保険会社もあります、過大に加入していないか調べます、モラル上の観点からです、全ての保険会社が調査するわけではありません、他社加入を気にしない保険会社もあります。

保険会社が、過大に加入していると判断した場合は、申し込みしても引き受けしません、基準は保険会社ごとに違います。

死亡保険金の場合は、よほど高額の死亡保険金でないと調査しないと思いますが、調査するところもあると思います。


損害保険複数加入の場合
損害保険だと思い浮かぶのは、自動車、火災保険だと思いますが、複数加入しても意味がありません、保険事故が発生しても保険金の支払いの段階で、支払い保険金を按分するからです。

火災保険
A社 3,000万円 
B社 3,000万円
C社 3、000万円

上記の場合、各社1,000万円の支払いで合計3,000万円になります。

損害保険は「実損てん補」が基本だからです。

損害保険の場合は、保険申し込み時に他社加入を全件調査します、複数加入できないことはないのですがあまり意味がないと思います。

傷害保険だと調査するところと、しないところがあるようです。


どちらかといえば、生命保険のほうが詳しいのですが、損害保険も少しかじってましたので
少しでもお役にたてればと思います。

こんにちわ

初めての回答ですよろしくお願いいたします。

生命保険複数加入の場合
生命保険の場合は、加入しているすべての保険に保険金(死亡保険金、入院給付金等)の請求ができます。

仮に、100件の保険に加入していたとしても、加入している全ての保険に保険金の請求ができます、実際にこれだけ加入する人はいないとおもいますが。


生命保険を複数加入する場合
医療保険、がん保険などの第3分野の保険は、保険加入申し込み時に他社加入状況を調査する保険会社もあります、過大に加入して...続きを読む


人気Q&Aランキング