アドバイスお願い致します。父が交通事故にあい、被害者として入院しています。自営業でバイクで移動中の事故で、労災がききます。病院側が、交通事故なので自由診療でということで当初、そうしていましたが、労災がきいたほうが、保険がおりますので、労災にしたいとお願いしているところです。(事故後、まだ5日しか経過していません。)病院側は、どうも労災をいやがっているようで、自由診療でと主張しているのですが、労災がきいたほうが、1日あたりの保険もおりますし、やはり、有利なのではと思って、労災でとお願いしようと思っているんですが。自由診療にした場合でも、入院費などは、加害者側の保険で全部まかなわれるそうです。ただ相手の保険屋さんが、やはり、労災にしたほうがいいといっています。保険屋さんとしては、病院側に沢山支払うより被害者の方に多く慰謝料などで還元したいとおっしゃっていました。まあ、保険屋としても、そのほうが自己負担少なくてすみますしね。
 病院側としては、自由診療のほうが儲かりますし、労災をいやがるのはわかるのですが、労災にすると、扱いがぞんざいになったりするのか心配です。交通事故の被害者としては、自由診療、労災どちらが、被害者にとって有利でしょうか?どちらも、治療費は自己負担ゼロなんですが。
 また、交通事故で、家から遠い病院に入院してしまったため、転院も考えているのですが、今の病院で自由診療、転院後、労災にきりかえるなんてことは可能なのでしょうか?お教え願います。労災、自由診療、何もかもわからないことだらけで、混乱しています。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 病院側が交通事故でと言っているようですが、厳密には、労働災害に当たるか当たらないかは、労働基準監督署長によって行われる法的な判断を待たなくてはなりません。



 しかし、一方では、交通事故ですから自賠責の範囲内で済む話だとすると、その範囲内で考えた方が良いかも知れません。なんと言っても、自賠責だと慰謝料がおりることもありますし。

 それから、自営業の事業主の場合は、特別加入でしか労災に加入することはできません。特別加入の場合は届け出てある基礎日額の8割が休業補償となりますが、労働者の立場と違い、扱いが多少厳しくなります。

 この場合は第三者行為による怪我ですので、自由診療とは少しちがうとは思いますが、診療報酬の面では第三者行為と労災と同じはずですので、病院は手続きの煩雑さを嫌っているのかも知れませんね。労災病院か労災指定の病院でしたら、ことのなりゆきは多少違ってきたはずです。

 治療費の見込み、入院期間の見込み、事故の状況、労災の特別加入の有無、届け出てある基礎日額などをご確認の上、一度労働基準監督署にお尋ねになるとよいと思います。電話なら匿名でも質問を受けてくれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、労災指定病院なら、よかったかもしれません。実は今年の4月にも、自損事故を起こしているので、そのとき、怪我をして労災を受けています。ですから、受け取りに問題はありません。
 入院申込書に、労災、自由診療、自動車保険と3つの選択があったのですが。。自由診療と自動車保険って一緒のような気がするんですけどね。
 労働基準監督署で相談にのってくれるとは存知ませんでした。ご助言、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 14:57

 被害者で、自己負担ゼロであれば、自由診療でも労災でも関係はありません。

しかし、仕事中の事故であれば選択の余地はなく「労災」を適用します。勤務中ではない場合でしたら、自由診療か保険診療の選択となりますが、保険診療を適用するには、保険者の承諾が必要となります。この場合で、自己負担が生じる場合は、当然、保険診療が有利です。自由診療は、厚生労働省が規定している診療報酬制度の適用を受けませんので、自由に金額を決めることが出来、保険診療の2~3倍になっているようです。

 治療が終了するまでは同一の扱いになりますので、自由診療と労災を併用することは出来ません。医師の判断で「症状固定」となるまでは、病院が変わっても同じ扱いになります。ただし、事故に関係のない持病も治療する場合は、その部分の治療は保険診療とし、事故の部分は労災と区分することは可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
自由診療と労災を併用しようとは考えておりません。
今の段階のままですと、自由診療でと病院に言われていたので、労災に変えようと考えて、自由診療と労災がどちらが有利かとおたずねした次第です。

お礼日時:2001/12/09 14:48

転院ですが、どの距離か分かりませんが、現在の病院が良いといわないと転院は難しいと思います。


確か、書類が必要です。
http://member.nifty.ne.jp/yosikun/yosikun254.html
ここに、自由診療と労災の事がのっています。良く読んでみてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームページ勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件

労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件の違いについて教えてください。
休業補償給付の支給要件は、療養のため、労働することができないために、賃金を受けない日となっています。
一方、傷病補償年金は、療養開始後1年6月後以降に、負傷等が治癒せず、傷病等級に該当すれば、休業補償給付に代えて支給されることとなっています。

休業補償給付では必要なる要件「労働することができないために賃金を受けないこと」は、傷病補償年金では要件とならないのでしょうか?つまり働いて賃金を受けても傷病補償年金が支給されるということでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害給付が1年6ヶ月であることにも合わせたのです。
この給付は休業補償給付に代えて支給されるものではなく、別個のもので、要するに重篤かつ治癒困難な長期傷病者に対して手厚い保護をしようとするものです。ただし、これが支給される間は休業補償給付は支給されません。

打ち切り補償は労基法の定めです。労災保険法ではこれに対応させて長期傷病補償給付があったのですが、傷病補償年金の新設により、この給付を3年受けると労基法の打ち切り補償があったものと見做されます。
ただし、労災保険給付は継続されます。

以上のように休業補償給付と傷病補償年金とは、その主旨が異なりますから、支給要件も異なります。傷病補償年金は傷病の療養のために失った労働能力をその程度に応じて填補するものですから、必ずしも「労働することができないために賃金を受けないこと」は要件になりません。現実としては、傷病等級に該当すれば、働いて賃金を貰うのは難しいでしょう。No.2さんのとおりです。
なお、傷病補償年金は月を単位として支給されますから、傷病等級に該当した翌日の1日から支給されます。それまでの半端な日については、休業補償給付が継続して支給されます。

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害...続きを読む

Q交通事故、自由診療と健保診療はなぜ使い分けするの?

交通事故の際に自由診療というのもあれば保険会社から健保利用で行ってくださいとかありますが
(1)いずれにしてもかかった医療費は保険会社がだすのであればなぜそのような使い分けが起きるのですか?
(2)自由診療、健保診療いずれの場合でも保険会社から病院へ連絡がいけば治療費は立て替え払いではなく病院から直接保険会社へ請求となるのですか?
以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO1さんの回答は不適切です。

NO2さんの回答の通りです。自賠責は被害者救済目的賠償保険であり、120万限度に原則過失相殺関係なく100%補償されます。これを超えると任意保険の出番になりますが、任意保険では厳格に過失相殺が適用されます。

したがって、被害者にもある程度過失がある場合、健保でかれば治療費は自由診療の半額で済み その分自賠責補償枠内に収まる効果があります。つまり、過失があっても100%賠償補償されることになります。

交通事故であっても通勤や業務中の事故は労災、これ以外は健保で治療はかかれます。

2)は概ねその通りですが、中には保険会社の一括払いを拒否するところもあります。公立病院に多いようですが、こういうところは当初から健保でかかれます。

余談ですが、ひき逃げや、自賠責未加入の被害事故では、政府保障事業に請求することで自賠責同様の補償をされますが、この場合治療は健保もしくは労災 公的保険でかかるよう明記されています。

Q労災の休業補償給付(休業特別支援金)80%と会社の関わり方

只今、通院中で、自賠責の120万円の枠が切れそうなので、労災に切替えました。
休業損害についてですが・・・
労災からは労災の休業補償給付60%と(休業特別支援金)20%=80%、自賠責から40%の休業損害支給。
労災の休業損害は1ヶ月単位の請求になるわけですが・・・
(1)請求してから、一週間位で、支払われますか?
(2)労災の休業補償適応開始日と、休業補償の金額の確認は、
会社?労災基準監督署?どちらに確認でしょうか?

Aベストアンサー

1週間では支払われません。申請を出してからきちんと審査がありますから。。審査の上特に不可解な点などなければ請求してから約1ヶ月で支給です。でも年末年始がひっかかった今の時期のような場合1ヶ月以上かかる事もあります。でも必ずはがきでの通知がありますよ。通知が無いか切りは振り込まれていない事になります。


2の確認は労働基準監督署に聞いてください。会社に聞いても会社が再度労働基準監督所への問い合わせになりますから。

Q交通事故に被害者側の人身障害の対応

1月に交通事故にあい、頚椎捻挫、腰椎椎間板症、外傷性肩関節炎と診断され現在も、毎日通院をしなければいけない状態です。

なかでも腰椎椎間板症はMRIで酷いヘルニアが見られる状態らしく、痛みに耐えられない場合は手術で取り除く必要があるようですが、手術しても完全に治る保証は無いらしいので、しばらく経過観察のためリハビリを毎日行っている状態です。

また以前とても怖い保険担当の方が状況を見に来られて嫌な思いをした為、現在は手紙でやり取りを行っております。ですが文章の表現がよく分からず今回ご質問をお願い致します。

現在、相手の人身担当の保険会社より『今まで腰痛で治療を受けた事がないか』と尋ねられているのですが、もともと座っぱなしの仕事のため多少の肩こりや腰痛はあり一度病院で診察を受けましたが『座骨神経痛』と診断されましたが、治療は行われませんでした。

この場合、保険会社には『治療はうけてません』と回答して良いのでしょうか。それとも『治療はしてませんが座骨神経痛と診察されました』と回答すべきでしょうか。

また保険会社は以前の病歴については、しらべてくれないのでしょうか?いつ頃病院に行ったか等詳しい事は私も覚えていないのが現状なので保険会社で調べれるなら調べてもらいたい気もしています。

詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。

1月に交通事故にあい、頚椎捻挫、腰椎椎間板症、外傷性肩関節炎と診断され現在も、毎日通院をしなければいけない状態です。

なかでも腰椎椎間板症はMRIで酷いヘルニアが見られる状態らしく、痛みに耐えられない場合は手術で取り除く必要があるようですが、手術しても完全に治る保証は無いらしいので、しばらく経過観察のためリハビリを毎日行っている状態です。

また以前とても怖い保険担当の方が状況を見に来られて嫌な思いをした為、現在は手紙でやり取りを行っております。ですが文章の表現がよく分...続きを読む

Aベストアンサー

それ、値切る為の交渉だとおもうけど?。
そうきいてくるってことは病院から、ヘルニアがあるときいてるからだとおもうよ。
痛みの原因は、持病と判断して、交通事故との因果関係がないとして支払い削るためかも。

かといって、「うけてません」では、元から持病があるといってるようなものだし、素直に診断結果いえば多分、そのぶん削ってくる。
事故でヘルニアになったという事例はあるのかな?
少なくとも俺は聞いたことないから、多分、どうあがいても近々保障打ち切り決定出てくる可能性が高いかと。

Q労災の休業補償期間は医師の診断書通りでしょうか?

医師の診断で全治3か月の場合、
労災の休業補償も3か月と考えてよいでしょうか?

現在労災休業中です。
診断書を作成してもらい、全治3か月と書いて頂いたのですが、
これは労災も3か月間、休業補償が受けられると考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

診断書が限度ではありませんし、診断書に書かれている日数で完全に治るわけでもありません。

治療が終わった時、若しくは症状が固定された時、までが労災の担当範囲になります。

一般的に全治3ヶ月は、3ヵ月後から働けるではなく、1週間ほど安静にして、それ以降は制限を付けながら徐々に復帰して行くと言うものもありますし、3ヶ月と書かれていても、1年治療に掛かる事もあります。

労災の休業給付は、全治ではなく、働けない期間です。

Q交通事故(原付バイク・被害者側)-修理費用の負担について

一週間前、道路で直進している私(原付バイク)を追い越ししようとした相手(乗用車)に接触され転倒し全治2週間の怪我をしました。現在通院しつつ相手の保険会社と折衝を開始したばかりですが、まず私のバイクが修理するにしても新車に買い替えるにしても14万円かかるところ、乗って10年と古いため保険会社はその半分の7万円しか負担できないと言ってきました。私としては古くても問題なく乗れていたバイクを壊されて7万円を負担させられるのは全く納得いきません。そこで、

Q1. 事故の相手に残りの7万円を負担してくれるよう要求するのはどうでしょうか? 相手は保険で全てまかなえるものと思っているようですが。

Q2. このまま保険会社&事故の相手と折り合いがつかず示談が成立しない場合、相手にどんな不利益があるのでしょうか? 行政処分が重くなったりするのでしょうか? 重くなると具体的にどうなるのでしょうか?

Q3. 7万円ほどのことで、調停や裁判などを相手にほのめかしたりするのはおかしいでしょうか? 実際に起こすかどうかは別として。

何分知識がないため、どうか宜しくお願いします。ちなみに過失割合の話ははっきり出ていません。

一週間前、道路で直進している私(原付バイク)を追い越ししようとした相手(乗用車)に接触され転倒し全治2週間の怪我をしました。現在通院しつつ相手の保険会社と折衝を開始したばかりですが、まず私のバイクが修理するにしても新車に買い替えるにしても14万円かかるところ、乗って10年と古いため保険会社はその半分の7万円しか負担できないと言ってきました。私としては古くても問題なく乗れていたバイクを壊されて7万円を負担させられるのは全く納得いきません。そこで、

Q1. 事故の相手に残りの7...続きを読む

Aベストアンサー

A1.物の評価額は時価額とされています。ということで賠償についても時価額が限度になっています。これはどうすることもできません。14万円ほどで購入し10年間利用していた…まあ大切に利用していたことは伺えますが、半分しか減額されないのはラッキーといったところですね。その年数を考えれば1割の1万4千円ほどと評価されても文句は言えません。とここまでが法的解釈です。つまり7万円を越える部分については請求に当たっては法的根拠のない要求であり、相手もその請求に応じなければならないといった法的義務はありません。応じるとすればあくまでもそれは好意です。質問者さんとしてはそこに期待する他ありません。法的義務がないので保険も機能しません。相手の立場から言えば保険から7万円を支払うことで、法的義務を果たしたことになります。つまり「保険で全てまかなえるもの」は正しい判断です。

A2.事故そのものにおける行政処分等には関係がありません。それより「示談不成立」→「司法の場へ」となったら、不利になることはあっても有利になることはあまり考えられません。

A3.上記を踏まえて判断してください。

A1.物の評価額は時価額とされています。ということで賠償についても時価額が限度になっています。これはどうすることもできません。14万円ほどで購入し10年間利用していた…まあ大切に利用していたことは伺えますが、半分しか減額されないのはラッキーといったところですね。その年数を考えれば1割の1万4千円ほどと評価されても文句は言えません。とここまでが法的解釈です。つまり7万円を越える部分については請求に当たっては法的根拠のない要求であり、相手もその請求に応じなければならないといった...続きを読む

Q労災休業補償の待機期間について

労災休業補償の待機期間について

Aベストアンサー

休業補償給付は、
休業した日の第4日目から療養のため休業を要する期間支給されます。

休業初日から通算して3日間の待機期間は、
休業補償給付は支給されません。

http://rousai.mints.ne.jp/kyuugyou4.html

Q交通事故の加害者:被害者側が家に来て困っています。

宜しくお願いします。昨日、母が事故を起こしてしました。一時停止から出るときに右から来た車に接触してしまいました。被害者は70歳位のおばあちゃんです。お互いの車が少々破損した程度です。今日になって被害者が軽い鞭打ちだとわかりました。

困っているのは被害者の息子(40~50歳)です。事故直後、母が被害者に「大丈夫ですか?ごめんなさい」と言ってしまった為に「あなたごめんなさいって言ったんですね!あなたが全て悪いって事ですね!一筆書いて下さい!」と事故現場を見てもいないのに、電話でまくし立ててきたそうです。一筆は書きませんでしたが…。一旦は保険屋と話します。と落着いたかに見えたのですが、先程、2人が家に来て「ただ走っていてぶつかって来たのに、1対9には納得できない」「こちらは保険屋を使わない」「あなたが保険屋に私が100%悪いと言えばいい。あなた泣いて謝ってたじゃないですか」など色々言われました。「保険屋に任せてあります」と言ったところ「誠意がない」と言われました。昼に持って行った菓子折りも返されました。
双方走っていた場合10対0はないと聞きますが、そういう判例で納得するとは思えません。
母は気が弱く、私も力不足で明日も来るのではないか?と恐怖を感じております。相手の家と400mくらいしか離れていませんので、怖いです。

「9対1の1を払え」と言って来るような気もします。明日も「保険屋に自分が100%悪いと言え」と言いに来るかもしれません。一応話は聞くべきなんでしょうか?
どう対応したらいいのでしょうか?
家に来られること自体苦痛です。恐喝罪などにはならないんでしょうか?
物損が人身になったので、被害者と警察に行かなくてはなりません。その時の注意点等ございましたら教えてください。母は本当に参ってしまっています。宜しくお願い致します。

宜しくお願いします。昨日、母が事故を起こしてしました。一時停止から出るときに右から来た車に接触してしまいました。被害者は70歳位のおばあちゃんです。お互いの車が少々破損した程度です。今日になって被害者が軽い鞭打ちだとわかりました。

困っているのは被害者の息子(40~50歳)です。事故直後、母が被害者に「大丈夫ですか?ごめんなさい」と言ってしまった為に「あなたごめんなさいって言ったんですね!あなたが全て悪いって事ですね!一筆書いて下さい!」と事故現場を見てもいないのに、電...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。この度は大変ですね。一通り答えは出ていますし、弁護士委任の手続きに進んでおられるようですから、お礼の欄に書いておられる点について書かせていただきます。

まず、何故保険会社を相手が使わないかという点ですが、これは相手のことですのであくまでも推測の域をでませんが考えられるのは以下の二つくらいでしょうか?
第一に、相手は無過失を主張していますから、そもそも保険会社を使う必要がないと思っていると考えられます。契約者が無過失事故を起こした場合保険会社は動きません。事故の対応などについてのアドバイスくらいはしてくれますが、今回のお相手の場合、無過失主張ですから保険会社に連絡すらしていない可能性が高いです。

次に考えられるのは、保険から支払いを受けると等級プロテクトなどの特約に加入していない限り、保険の等級が翌年から3等級下がり、来年以降の支払い保険料が増加する事になるため過失ありの場合でも、保険会社をあえて使わないということもあります。相手方はあなたのお母様のお車の修理代の1割を保険で支払えば等級が下がり、そして相手方の車は16万キロ走っているとのことですので恐らく車両保険などにも入っていないと思われますので、あなたのお母様のお車を直すためだけに等級が下がってしまうという事になるわけです。自らに非がないと思い込んでいる以上保険料が上がるのは我慢ならんといったところでしょうか。被害者意識が高い場合に限らず、支払いが軽微である場合には、保険を使わずに自腹で等級を維持することは良くあることです。しかし、結局は保険を使うか使わないかは本人の問題ですから、いずれにせよあなたが気にする必要はありません。

次に、弁護士を立てて相手が負けた場合法律上守られるのか?とのことですが、弁護士対応といっても最初から訴訟を行うわけではなく、まずは弁護士が代理人として相手方と示談交渉を行い、それでも駄目なら調停、それで駄目なら最終手段として訴訟という流れになると思われます。ただ、今回は相手の過失が1割程度で車の損傷も少しということであり訴訟になる可能性は私見ですが極めて低いと考えます。なぜならばわずかな金額を争う為に弁護士を雇うなどの訴訟費用が高く付き、あなたは保険会社が費用負担してくれますが相手方は保険を使わなければ自己負担せざるを得ず、費用倒れに終わる為その前に和解してしまうのが通常です。相手がお金の問題ではなくメンツを問題にしているのであれば費用に関わらず訴訟までもつれ込むことも考えられるかもしれませんが、相手の今までの行動をみると考えづらいのではないかと思います。
一旦和解すれば、お互いにその件について請求することは出来ません。してくれば不当請求ですから放置すればいいですし、家に押しかけて今と同じ様なことを行うのであればまさに警察の出番となります。決着した後のことを心配することはありません。

いずれにせよ、こういった不安に思っておられることなど、全て弁護士さんに相談すれば適切なアドバイスをもらえますし、委任してしまえば弁護士が窓口なって交渉を行いますから、お母様も随分精神的に楽になれると思います。
やるべきことはやっておられますので、必要以上に気に病まれないよう、お母様を力づけて差し上げて下さい。

こんにちは。この度は大変ですね。一通り答えは出ていますし、弁護士委任の手続きに進んでおられるようですから、お礼の欄に書いておられる点について書かせていただきます。

まず、何故保険会社を相手が使わないかという点ですが、これは相手のことですのであくまでも推測の域をでませんが考えられるのは以下の二つくらいでしょうか?
第一に、相手は無過失を主張していますから、そもそも保険会社を使う必要がないと思っていると考えられます。契約者が無過失事故を起こした場合保険会社は動きません。事故...続きを読む

Q労災、休業補償について質問お願いします。

質問があります。
1・労災は申請してから何日くらいで認定されるんですか?
2・労災認定ならないと休業補償はもらえないんですか?認定まで半年かかったら半年間は無収入ってことになりますよね?
3・休業補償は怪我して休んだ次の日からの分がもらえますか?それとも病院に行った日からですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について。
まず認定されるなら書類を提出すれはすぐにでも認定されます。
2について。もちろん認定されなければ休業補償はもらえませんよね。。

もちろん認定まで半年1年とかかる場合がありますがその間は
収入は0と言うことになります。
でも普通の怪我なら認定されないなんてことはありませんけどね。あるとすれば椎間板ヘルニアや精神的病などの場合です。明らかに仕事が原因だという証拠がありませんし、提示もできないですからね。要は遺伝的要素のあるものは認定されるまでにものすごく時間がかかるか認定されないかのどちらかです。
ちなみに私の弟ですが明らかに仕事が原因で椎間板ヘルニアになりました。
もちろん労働基準監督署も仕事の内容を見にきて納得の上でしたが結局認定されるまでに1年かかりました、。

3について怪我して休んだ日からではなく「待機3日」をおいてからです。
例えば今日怪我して仕事を休めば今日、明日、明後日は含みません。

Q交通事故で被害者になった時の相手側の保険会社との交渉について

先日知り合いが車で交通事故に遭いました。軽トラックに乗車中、カーブを出てすぐで減速していたところに、対向車線からセンターラインを大きく割って逆走してきた乗用車との正面衝突です。いわゆるもらい事故です。

相手(加害者)は、任意保険・自賠責に加入しています。

しかし、被害者は任意保険には加入していません。
被害者の家族・親戚にも、任意保険加入者はいません。

なので、被害者(私の知り合い)は、自分で慰謝料の請求などをすることになってしまいました。
任意保険に加入するお金も無いくらいなので、当然、弁護士への依頼も金銭的理由からできません。

ここで質問なのですが、
相手(加害者)が、「弁護士費用特約」のある保険に加入していた場合、
被害者は、弁護士に慰謝料の請求を依頼し、その費用を、相手(加害者)の加入している保険会社に請求することは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>相手(加害者)が、「弁護士費用特約」のある保険に加入していた場合

その保険で就く弁護士はあくまで「相手(加害者)」の弁護をする弁護士になります。
「相手(加害者)」が自分のお金で保険料を支払って弁護士を雇うという形ですので、
被害者とはあくまでも対立構造にしかならないです。

被害者は自分で保険会社に請求を出すか、弁護士を雇うしかありません。
保険交渉はご自身で、示談などの提案があったら、その書面等を基に、地元にある
無料で相談ができる弁護士(市役所の相談会とか法テラス弁護士とか)に相談して
みるのが一番だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報