一人で始めようと思っていた新規事業に、パートナーができました。
うまく説明できないので、流れを一通り説明させてください。

私は現在飲食店の店長をしています。経営者に委託されていますので、給料は
完全出来高制です。
その設備を利用して、来年からお弁当宅配業者にお弁当の製造卸を始めることにしました。そのことについては経営者の許可はもらっています。
弁当の方はいずれ会社にしようと思っています。
さて、その店で現在働いてくれているアルバイト君がいます。
彼は弁当の話しを聞いて、一緒にやりたいと言ってきました。
今ある設備を利用し、足りないものは知り合いが調達してくれるので、
かかるお金は材料の仕入れと多少のガソリン代です。生活費などは、店の経営の方で
まかなえているのでそんなに用意しなくてもよさそうです。
で、仕入などの資金として、とりあえず50万用意することにしました。
(そんなもんで十分なのです)
そうしたらバイト君が、一緒にやるからには出資もしたいというので、
そのうちの20万を出してもらうことにしました。
こういった場合、利益の分配はどうすれば良いのでしょうか?
もちろん利益がないときには、収入もないということは承知してくれています。
そのほか、どうやっていけば仲がこじれずにすむのでしょうか?
(2人で始めたのに、今は口もきかないという人が身近にいるもので、聞いても教えてくれないけど・・・)
あと、個人事業の場合はトップは「代表」ということになるのでしょうか?
そしたらもう一人も代表というのは、ありですか?

本当に素人で申しわけありません。昨日の今日で、まだしかるべきところに相談にも行っていないものですから。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>利益の分配はどうすれば



 利益への貢献度によって判断すべきです。
 大変に難しい課題です。
 組織の大小に関わらず、皆が最も困っている課題です。
 年功序列はそうした「課題」から目をそらすには都合がよいかもしれません。けど、それでは納得しないですよね?
 何をもって、その個人に対しての価値を設定するか? 正確に回答できる人はいないと思います。


>どうやっていけば仲がこじれずにすむのでしょうか

 経験的に言うと、変な意味で平等意識を持たないことです。給料を同額にするというのは、最も問題が生じると思います。

 平等を維持するのはパワーが要ります。シーソーに乗りながら仕事をするようなものです。
 最初から差をつけた方が長続きすると思います。反面、相手を冷静に評価する目、そして場合によっては相手の利益貢献度が高いと思えば、自分よりも報酬を増やしてあげる位の器量があると言う事ないです。

 出資金の割合と利益配当は区別した方がよいと思います。出資金=会社への貸付金 と割り切って、年利X%換算で利息をそれぞれ貰おう、という位の気持ちでいたほうがよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございます。
身の回りの経験者の方にも聞いてみましたが、Yoshiakiさんと同意見の人もいれば
まったく逆の意見の人もいて、結局はここで質問を投げかけてみても答えが出るということはなく、私はこう思うという意見を参考に自分で決断するほかはなさそうです。結論はまだ出ませんが、まったくの平等というのは避けようと思っています。

お礼日時:2001/12/18 12:59

アルバイト君とパートナーを組む必要性は何ですか?


資金ですか?
あなたには無い能力が有るからですか?
ただの労働力であればバイトを雇った方が良いのではないですか。

もし、「どうしてもやりたい」と思うなら
全てを折半が良いでしょう。
出資、労働、配当等。

それでも間違い無く問題は起こるでしょう。残念ながら。

この回答への補足

必要性をお知りになりたい理由が、アドバイスや回答に関わるものではないと判断したので長くなりますからお答えしません。ただ、打算的に考えた時の最善策だけを選択していけば間違いはないということもなく、その逆もしかりだと思います。
いろいろ検討してみましたが、問題を起こさないようにする知識はもちろん必要だけれども、起きてしまったときにどうやって乗り越えるかの方が大切かな?と思うようになりました。初めての取り組みに不安になるのは当然のことで、はじめる前から頭で考えていても進めないですよね。
今回の質問に回答が少ないことからも、簡単に答えが出るものではないということを実感しています。

補足日時:2001/12/18 12:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2次元平面における2点間の平均距離

xy座標平面上の(0,0),(a,0),(0,b),(a,b)の4点からなる平面AB.

その平面ABに含まれる2点を任意に選んだ時


その2点間の距離をa,bを使って表したいです.


お願いします.

Aベストアンサー

任意の2点をrr1=(x1, y1), rr2=(x2, y2)とする。この2点間の距離は
r12 = √([x1 - x2]^2 + [y1 - y2]^2)
これを、0 < x1, x2 < a, 0 < y1, y2 < b という範囲で平均したらよろし。つまり、
r12 dx1 dy1 dx2 dy2
を上の範囲で積分し、ABの面積の二乗でわったらよろし。

Q個人事務所の代表は、経営?運営?

個人事務所の代表は、自分の事を、「個人事務所を経営している」という表
現が正解ですか?
それとも、「個人事務所を運営している」という表現が正解ですか?

会社法人(株式、有限、合資など)ではない、個人事務所の場合は、「経営している」という表現は、不適切ですか?

Aベストアンサー

個人事業主も、小さいと言えど一応「経営者」です。
会社組織で大きかろうが、小さかろうが、代表取締役なら「経営者」です。
運営者は、経営者の取り巻きと考えれば、個人事業主は、一人二役か・・・
見方を変えて「どんなもんだい!大したもんだろ!」と胸を張って生きて下さい。
ご参考まで

Q3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離

3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離。残差ではない。)

--

点と平面のZ軸方向の距離(残差)の二乗和を最小とする場合には、
平面をax+by+c=zとして、Σ(ax+by+c-z)^2をa,b,cのそれぞれで偏微分して
それを=0とした連立方程式を解くことで解を得ることが出来ました。
また、式の形も、ある点のxとyを平面の式へ代入した際の値と、点のz値の差分を見ており、
簡単に納得のできるものとなりました。

これに対して、点と平面の距離(空間的な最小距離)の二乗和を最小とする場合には、
どのような流れで計算すれば良いのでしょうか?
点と平面の距離は|Ax+By+Cz+D| (A,B,Cは単位ベクトル)として求まりますが、
これをどう使うのかが分かりません。
Σ(Ax+By+Cz+D)^2をA,B,C,Dのそれぞれで偏微分して=0としても、
定数項が無いため、連立方程式の解がすべてゼロとなってしまいます。
強引に、Σ(A'x+B'y+C'z+1)^2として変形させて解いてみましたが、
得られたA',B',C'からA,B,C,Dに戻すと、Dがきちんと出ませんでした。(他についても怪しい。)

こういった状況に迷い込んでしまい、どう考えるのが良いのか分からなくなってしまいました。
指南いただけませんでしょうか?

3次元での点群に対する最小二乗法での平面の算出について(点と平面の距離。残差ではない。)

--

点と平面のZ軸方向の距離(残差)の二乗和を最小とする場合には、
平面をax+by+c=zとして、Σ(ax+by+c-z)^2をa,b,cのそれぞれで偏微分して
それを=0とした連立方程式を解くことで解を得ることが出来ました。
また、式の形も、ある点のxとyを平面の式へ代入した際の値と、点のz値の差分を見ており、
簡単に納得のできるものとなりました。

これに対して、点と平面の距離(空間的な最小距離)の二乗和を最小とする場合に...続きを読む

Aベストアンサー

平面の式は、単に Ax+By+Cz+D=0 としたのでは、一意に決まりません。
同じ平面が、 2Ax+2By+2Cz+2D=0 とでも 3Ax+3By+3Cz+3D=0 とでも
書けるからです。
そのために、「(A,B,C) は単位ベクトル」としたのではありませんか?
だから、Σ(Ax+By+Cz+D)^2 を最小化するときに、単なる最小値でなく、
A^2+B^2+C^2=1 という制約下での最小値を探せばよいのです。
ラグランジュの未定乗数法が使えます。

あるいは、制約なしで、Σ(Ax+By+Cz+D)^2/√(A^2+B^2+C^2) を最小化
してもよいのだけれど。

Q経営コンサル事業を始めたいのですが。

自社(中小企業です)において40年ほどの企業経営実績と大手メーカーとの取引実績があります。
これらの経営分析や経営問題解決等のノウハウを生かして、経営コンサルタントの業務を開設したいと思います。
この開設の場合、資格の必要性、届出、法的手続き、規定など、どのようなことが必要になりますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ペーパーを気にされるよりも、まず、

会社設立→営業を取ってくる

ここでキャッシュフローを早い段階で作らなければいけないと思います。
お金の流れができてきてから、事務所や事務員、それから規定などに注意を払えばいいと思います。

以上、ご参考まで。

Q点と平面の距離の算出

仕事の関係で急に空間図形の処理をしなければ
いけなくなりました。

点(xf,yf,zf)が乗っている平面F(ax+by+cz+d=0)があり、
点M(xm,ym,zm)の方向余弦が(l,m,n)だった場合、
平面Fと点Mの距離を求めるためにはどうしたら
いいのでしょうか?

単純に点Mと平面Fとの最短距離を求めるだけなら
垂線をひっぱって内積の関係を使ったりすれば
できるかもしれませんが、方向余弦がからんでくると
もうよくわかりません…
簡単な問題なのかもしれませんが、
数学から離れてずいぶんたちますので
どなたかお力を貸してくださると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

横から失礼します。

(x0,y0,z0)を通り、方向ベクトル(a,b,c)な直線の方程式は、
(x-x0)/a=(y-y0)/b=(z-z0)/cと表すことができます。
なので、この直線と平面の交点を出して、(x0,y0,z0)とその点の距離を求めてやれば良いと思います。

Qカフェを経営しつつ、その料理に使った商品を客に販売できる?

今、経営学部に通う大学一年生です。

将来自分の店、または会社を作りたいと考えています。
親がとあるネットワークビジネスをしていて、その商品が好きで品質も
いいと思っているので、
将来その商品を使った軽食を出せる店を作りたいと考えています。

ネットワークビジネスなので、店に来たお客さんに商品を販売出来たら
儲かると考えているのですが、これは法律上可能ですか?

また、この考えは「甘い」ですか?

ちなみに私は料理は好きですが、得意なわけではないです。

Aベストアンサー

アンテナショップというものがあります。
コーヒー豆屋さんが卸だけでなく自前のお店を持つことによって
商品を知ってもらうのと同時に、お客様の反応を得られます。
新商品の開発に役立ったり、取引先への情報として活用できたりと
メリットはお店の利益だけではありません。

ただ、ネットワークビジネスですと契約内容をよく読む必要があると思います。
営業の人に確認してみてはどうでしょうか。
もし契約内容に書かれていなくても、会社のために益になるのなら了承は得られると思います。

カフェで物販して違法になることはありません。
麻薬などは別ですが・・・
レジ横のガムやおもちゃで摘発されたという話は聞きませんので。

Q点と仮想平面の距離(例題)

以前、3D(X、Y、Z)で3点の点が存在する時に、
3点の座標を含む仮想平面の求め方と、別の点(4点目)と仮想平面との距離を教えてもらいました。
自分なりにエクセルで計算式を組んだのですが、それがあっているのかどうかわかりません。
どなたか良い問題を教えてください。
計算途中の式はなくてもかまいません。

Aベストアンサー

答えを考えやすいように、立方体の8つの頂点から適当に
4点選んだ場合に、正しい数値になっているか確認されてはどうでしょうか?

例えば、立方体の頂点を(±1,±1,±1)のようにとって
(1,1,-1),(1,-1,1),(-1,1,1)の三点で決まる平面x+y+z=1と
(1,1,1)との距離は2/√3

Q会社を業績不振で畳んだ経営者のその後の社会的評価を教えてください

起業そのものの質問ではありませんが、起業が失敗した場合の質問です。
ケースバイケースだとは思いますが、倒産ではなく、赤字続きのため、会社業務を
閉鎖した経営者は一般的にはどんな社会的評価をされるのでしょうか?
経営の経験があるということで、キャリアとして評価されるのでしょうか?
それとも業務不振で会社を畳んだということで、デメリットとなるのでしょうか?

ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の意図が汲みにくいのですが、「キャリア」という単語をお使いですので、
将来、別の会社を設立する際に銀行や取引先から見た評価、あるいはサラリーマンに逆戻りして就職活動する時の応募先企業から見た評価としてお答えします。

もちろんケースバイケースには違いありませんが、
「会社を畳んだ」という事実よりも、
「なぜ閉鎖することを選択したか」、「閉鎖にあたって取引先にどの程度迷惑を掛けたか(掛けなかったか)」、「会社経営とその閉鎖という経験を、今後の自分の生きかたにどう活かしていくつもりか」と言ったことのほうが評価ポイントになると思います。

学歴にせよ、職歴にせよ、その他の経験にせよ、
それをプラスにするのもマイナスにするのも、その人の受け止め方次第、というところでしょうか。

Q慶應経済入試で、点と平面の距離を求める問題です

座標空間の原点O(0,0,0) と3点A(1,0,0)、B(1/2,√3/4,3/4)、C(1/2,-√3/6,1/2) があるとき
△OABを含む平面をαとするとき、点Cから平面αへ下ろした垂線とαの交点をHとするとき、線分CHの長さはいくらか求める問題です


解法を見ると、法線ベクトル(a,b,c)=(0,√3,-1)を出して点と平面の距離の公式に当てはめているようなのですが、
|0×1/2+√3×(-√3/6)-1×(1/2)| / 全体にかかる√  0の2乗+√3の2乗+(-1)の2乗
となっていますが、分子のほうに
平面αの方程式 ax+by+cz+d=0 の dの部分がないように思えるのですが
よくわかりませんのでお教えお願いします

Aベストアンサー

No.2です。

ANo.2の補足の質問について

>この問題では、まずは法線ベクトルを求めて、それから点と平面の距離の公式に当てはめて解くのが一番妥当でしょうか?

その通りでしょうね。
一番スマートで、計算も楽な解答です。言い換えれば、計算も簡単で短く、それゆえ計算間違いも起こりにくく短時間で解けるということです。

時間制限や計算ミスが問題になるテストや受験では、計算ミスが少なく短時間で解ける解法が望まれます。

時間が十分ある場合は、他の解法と比較してみることも大切でしょう。色々な解法を知っていれば応用力がつくでしょうから…。

Q会社経営と経営者の秘密

会社経営する人たちは、よっぽどの大金持ちか悪い人ばかりだと聞きました。

私が知り合った経営者も、見た目は普通の会社で真面目に仕事をしてるように見えますが、詐欺で稼いでました。
もう一人、大きな企業と取引していて凄いなーと思う人がいましたが、その人もせこい詐欺師です。
万引きまがいのこともします。

経営者の集まりというJCでは、ドロボウが多いといいますし、そういう話を聞いてると、弱者を食い物にする奴ばかりが経営者になっていて、経営者に向いていて、性格の悪い奴しか経営者にはなっちゃいけないという暗黙のルールがあるように思いますが、どうでしょうか?

誰でも起業できるというのは、引っ掛けで、簡単に起業する奴を騙して食い物にする為のシステムだとも言います。
コムスンの元会長も、経営者で表に立ってたけど結局その裏で操ってる連中に食い物にされて消されましたよね。

彼も悪いことしたかもしれませんが、その後ろにもっと悪い連中がいますよね。だからあそこまで大きくなれたんですよね。


会社経営者が殺されることもよくあります。
計画的だったりしますが、本人は気がついてないことも多いから悲惨です。
頭がよければ、殺されずにすんだのに、やたら真面目で責任感の強い経営者は、何でも素直に受け止めるからまんまと騙されてわなにはまって殺される。
怖いですよね。
つまり、頭が相当いい人やよっぽどのお金持ちなどある程度の力がないと、「経営者にはなっちゃだめ」ということでしょうか?
猫も杓子も経営者になれる時代なのに。

会社経営する人たちは、よっぽどの大金持ちか悪い人ばかりだと聞きました。

私が知り合った経営者も、見た目は普通の会社で真面目に仕事をしてるように見えますが、詐欺で稼いでました。
もう一人、大きな企業と取引していて凄いなーと思う人がいましたが、その人もせこい詐欺師です。
万引きまがいのこともします。

経営者の集まりというJCでは、ドロボウが多いといいますし、そういう話を聞いてると、弱者を食い物にする奴ばかりが経営者になっていて、経営者に向いていて、性格の悪い奴しか経営者には...続きを読む

Aベストアンサー

類友の法則で、そういうおかしな経営者の仲間はおかしな経営者が多いです。

しかしまっとうに仕事をしている経営者も多くいます。
しかしまっとうに経営をしている経営者はあまり表に出てくることはありません。
なぜなら、そんな豪遊できるような稼ぎを得ないからです。
そんな稼ぎを得るのなら、社員の福利厚生に回したり、将来会社が赤字にならないようにと貯金をしますから。

JCの活動を積極的にしている人の中には、親が経営をしていてその後継者であるが、会社の仕事をまともにしないため会社に居場所が無くJCに居場所を求めている人がいます。
そういう人はまっとうに働くことを知らないバカ社長、何も専務などの場合がほとんどです。
そういう人の中にはそういう悪さをしてもいいやという人が混じっている場合もありますね。

弱者を食い物にするような悪い経営をしている人は食品偽装をした経営者などを見てもわかるようにいつかはばれて叩き落されます。
まっとうな経営をしていればそんなことにはなりません。
ただ、経営者になったのに、サラリーマンとそんな大差ない収入だったのに苦労だけ多かったということも十分ありますけどね。
日本は労働組合などがおかしな形で発達して、労働者の権利だけを撒き散らして、労働の義務を忘れてしまっている社員が増えてきているので、経営者の方がよっぽど弱者になっている場合が多々あります。

金儲け以外の何か目的があるのなら間違いなく経営者になることをお勧めしますが、金儲けのためなら経営者以外のほうがいい場合が多いですよ。

類友の法則で、そういうおかしな経営者の仲間はおかしな経営者が多いです。

しかしまっとうに仕事をしている経営者も多くいます。
しかしまっとうに経営をしている経営者はあまり表に出てくることはありません。
なぜなら、そんな豪遊できるような稼ぎを得ないからです。
そんな稼ぎを得るのなら、社員の福利厚生に回したり、将来会社が赤字にならないようにと貯金をしますから。

JCの活動を積極的にしている人の中には、親が経営をしていてその後継者であるが、会社の仕事をまともにしないため会社に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報