AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

朝のテレビで、天気予報と一緒に為替レートやニューヨーク株式市場の株価を放送していますけど、一体これは誰のどんな役に立っているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

為替の海外の市場が月曜の朝7時に動き出し(海外で夏時間の場合は6時)、為替取引のシステムもその時間に値段が動き出します。



月曜だけはその時間より前に起きますので、ねぼけている目を覚ます意味で、そして今週の重要な指標のニュースなどを聞くために、テレビをつけます。

天気予報と一緒にやっている局は、わざわざ経済番組くむほどじゃないですが、一般企業で海外とつきあいのある企業も多いので、そういった社員さんは為替や株価がいっしょになっているとたすかるのではないでしょうか。

中国や東南アジアに進出している企業も、ドルでお金のやりとりなんかしますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アジア進出企業もドルで対応することができるのですね。

お礼日時:2005/12/04 23:59

 日経新聞を購読しているような人だったら、誰でも関心があるでしょう。

株・為替は投資の基本です。

 10万ドルの米国債(各証券会社で売ってます)を持っている人にとって、1ドル119円が120円になることは、10万円の違いがあるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
朝のニュースは証券を持っている投資家たちの設ける為の情報源になっているんですね。
放送局側の視点としても、ニュースを流すメリットがあるんでしょうか。

お礼日時:2005/12/04 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング